パーゴラの中央部分、完成
パーゴラの、中央のスペースがやっと完成。
バンザーイ!
f0153164_15101434.jpg

あの、邪魔なお方も・・・
こんな感じに石庭チックに処理してみました。(笑)
f0153164_1510836.jpg

今度はこれからパス(通路)部分に取り掛かりたいけど・・・今からだともう途中で雪が降ってくるだろうから、この先はまたしても来年だなあ。
それよりなによりアプローチを一刻も早く完成させないと!
Top▲ | # by sukomama | 2017-09-21 15:09 | Comments(0)
パーゴラの整備
昨年、秋に整地だけして時間切れとなっていたパーゴラ。
今度はそこに石板を敷き始める。

これが実際にやってみると、想像していたよりずっとメンドクサイ。
下地に砂を敷いて、一枚一枚の水平をとっていく。
地面を整地したとはいえ、完全なフラットではないので、ところどころデコボコ。
しかもデコボコだけでなく、地面そのものがやっぱり高さが違う・・・
それらを均しながら、できるだけ水平にしながら、砂で平らにしながら石板を凹凸なく並べていく。
この、並べる作業も縦横真っ直ぐに・・・きちんと揃うように気を付けながら・・・
そして・・・やっぱりこういった邪魔なお方も・・・
f0153164_14584226.jpg

デカすぎて取り除けない巨岩。
すごいジャマ・・・
でも人力では掘り出せないのでこれまたオブジェに。

石板1枚も結構重い。
それを何度も並べ直し、敷直し・・・
なかなか時間もかかる重労働なのであった。
f0153164_14583674.jpg

Top▲ | # by sukomama | 2017-09-20 14:57 | Comments(0)
とりあえず植物を植える
アプローチの左側の土留め石垣が終わり、右側の土留めも固定するのだが、その前に植物を植えた。
もう9月も終わりで植える時期などとっくに過ぎている。
でも、アプローチ工事の為掘り上げていたものがたくさんあるし、ここに植える予定のものもある。
今植えないともう時間がない!ということで、先に植え込んでいった。

アプローチの右側。
やっと岩を置き終えてあとはモルタルで留めていくだけ。
ここに、掘り上げていたハギ、バイカウツギなどを植えた。
f0153164_17204421.jpg

こちらはアプローチの左側土留め。
石垣の内側に土を入れて植栽スペースを作った。
f0153164_17203847.jpg

ここにはずっと前から待機させていたウツギを植栽。
一番手前の緑のやつ。
もう何年も別の場所に仮植え状態だったけどよくがんばった!
やっと安住の地に落ち着いた。(だといいけど・・・)
f0153164_17203391.jpg

これまた何年も鉢植えで仮植え状態だったベニサラサドウダン。
苦労かけたねえ・・・
一番手前の緑。
f0153164_17202119.jpg

あと、他にもずーっと何年も待機していた薔薇苗とか。
来年用の球根も植えた。
もう秋も遅いけど、なんとか頑張って春まで生き延びてね・・・・
Top▲ | # by sukomama | 2017-09-19 17:19 | Comments(0)
巨岩摘み
先日業者に掘ってもらった、アプローチのメイン部分。
次は自分たちでの仕上げ。
これがもう・・・地獄・・・(涙)

まず公道に向かって左の端に岩で土留めを作っていく。
アプローチを掘ってもらった時に出現した巨岩を使いながら土留めの石垣を積んでいく。
勿論自分たちで。
人力で・・・。

ダーと二人でうん、うん、うなりながら巨岩を持ち上げ、丁度うまく凹凸が収まるようにあっち向き、こっち向き、に直しながら・・・
少しずつ岩を積んでいった。
次は、その摘んだ巨岩の隙間をモルタルで塞いでいく。
これは、隙間から土がこぼれないようにと、あと岩と岩の接着。
そうしてやっと完成した左側土留め。
f0153164_16574886.jpg

文字で書くとすごく簡単だけど、これ、何日もかかった。
その間、恐れていた雨が降り・・・
もうアプローチはグチャグチャ、ドロドロ・・・
山土だからネトネトのところに持ってきて、雨が降るとまるで田んぼのようなニチャニチャの底なし沼状態に・・・
足がぬかるみにはまって抜けないし、底なし沼から足を引き抜くだけでものすごーく労力を要する。
f0153164_16574267.jpg

とてもグチャグチャの土の上を歩けないので、とりあえずブルーシートを敷いた。
そうして、今度は左側に取り掛かる。
こちらにも巨岩を積んでいくのだが、その前に、地面の高さが左側と同じになるよう土を掘ったり、土を埋めたり・・・と高さを調整していく。
f0153164_16573644.jpg

そうしてやっと岩を並べて・・・
f0153164_16573028.jpg

ざっと並べたところ。
f0153164_16572485.jpg

これでまた高さを調節したり、岩の根元を土で固めて固定したり、岩と岩の隙間に丁度嵌る大きさ・形の小岩をはめ込んで隙間を埋めたり・・・といろいろやる事がいっぱい。
でもなんとかここまでたどり着いた・・・
とにかく・・・もう、雨が大敵!
仕事ができないというより、土がグッチャグチャになって手に負えなくなるし、何よりドロドロの底なし沼で歩けない!
はあーーー・・・・・・
もう泥にまみれるのはウンザリ・・・・
泥のない世界に行きたい・・・・
きれいで清潔な暮らしがしたい・・・・・・(泣)
Top▲ | # by sukomama | 2017-09-18 16:56 | Comments(0)
再び重機入る
アプローチの道幅の狭い部分は終わったが、これからが本番。
道幅の広い部分に今日、また重機が入った。
f0153164_18414988.jpg

ここもまた、ベランダの辺りから公道にかけて緩い傾斜になっており、地面の高さが違うので、掘るときもなるべく水平になるよう掘っていってもらう。
そうしないとあとで砂利を敷いた時、砂利が流れてしまうのだ。
f0153164_18413941.jpg

ここでもまた、土の中からあとからあとから巨岩が現出。
それもあとで土留めに使うので、脇にどけて置いてもらう。
一通り掘ってもらったら、あとはまた自分たちで手掘りとなる。
Top▲ | # by sukomama | 2017-09-14 18:40 | Comments(0)
清泉寮 ファームショップ
アプローチ工事はまだまだ途中だし、一刻も早く完成させなければならないのだけれど・・・
もう9月に入るとどんどん気温が下がって来るし、ということで・・・
今日は以前から行きたかった、清泉寮ファームショップへ出かけた。
ここは、いつも秋のカンティ・フェアのとき、会場へ向かう途中にショップの裏の道を通るのだが、毎回「なんか景色のよいところだなあ、いつかここで食事してみたいなあ」と思っていた。
幸い9月に入ってもまだ初旬で暖かく、この日は天気も良かった。

ファームショップ・・・というかレストラン。
中でも食事ができるが、右手にテラスがありそこでも食事ができる。
f0153164_1815204.jpg

テラスの前は広々した牧場。
遠くの山々も美しい。
f0153164_181513100.jpg

早速テラスの席に。
天気が良いので日差しがちょっと暑い。
f0153164_181533.jpg

清泉寮のファームの食材を使ったメニューはどれもとても美味しい。
ダーはジャージーミルクのカレー、私はジャージーミルクドリア、あとスペアリブにジャージーミルクプリン・・・
大好きなジャージーミルク、でもジャージー牛は暑さに弱いので、日本で口にできる場所は限られている。
カレーもドリアも美味しく、スペアリブがまたここの名物で、香辛料がたっぷり使われていてとても美味しい。
ジャージーミルクのプリンは言わずもがな。
ミルクの風味が濃厚でとても美味しい。
f0153164_18145771.jpg

食事を終えた後は、牧場の周りを散策。
ぐるっと遊歩道になっているのだ。
スコもモリも嬉しそう。
特にスコは、年のせいかこの頃はあまり歩かなくなってきたのだが、今日は元気にずんずん先に進んで行く。
やっぱりウェスには緑がよく似合う。
特にスコは緑が大好きなのだ。
スコちゃん、良かったね!
f0153164_18144835.jpg

先ほど食事をしたファームショップが小さく見える。
f0153164_1814429.jpg

f0153164_1814379.jpg

牧場をぐるーっと一回りして再びファームショップの前へ。
f0153164_1814248.jpg

ここで今度は清泉寮名物のソフトクリームを食べた。
いつもカンティ・フェアの時はずらーっと並んでいて食べるのを諦めていたので、久しぶりにやっと食べられた。
やっぱり美味しいなあ。

アプローチはまだ途中だったけど、もう「今日しかない」と思って来てよかった。
天気も良かったし、暑くもなく寒くもなく。
何よりスコちゃんが久しぶりに元気を取り戻して歩く姿を見ることができて、本当に嬉しかった。
楽しい思い出ができてよかったね。
ここは一年中オープンしているらしいから、いつか冬の雪の日にも来てみたいなあ。
あ、でも冬はワンコは中に入れないかなあ。
Top▲ | # by sukomama | 2017-09-09 18:08 | Comments(0)
スキレットと車
注文していたスキレットが来た。
なかなか重厚でいかにも「いいものですよー」という感じ。
これで料理すると、目玉焼きでもすごく美味しくなるらしい。
シンプルにお肉を焼いてもとても美味しくできるそうだ。
楽しみ。
f0153164_17502115.jpg

そして・・・
こちらも注文していた車がやっと来た。
f0153164_17501715.jpg

5月に注文してから4カ月、やっと納車。
前のものは14年乗っていたのだが、それでも走るのには問題なかった。
車としてまだまだ乗れるものだった・・・・が・・・
錆があまりにひどくて、もう車検に通らないと言われてしまったのだ。
錆・・・言うまでもなく塩カルによるもの。
下界では積雪がそれほどないので塩カル被害はあまりないのだが、ここでは冬は毎日塩カル散布。
なので錆の進行が下界より早い。
まだ乗れるのに、錆で買い替えなければならないなんて・・・なんだか悔しい。
しかも前の車は本当にずっと活躍してくれた。
頑張ってくれた。
スコットがウチに来たので、それで買ったものだけど、東京からここへの引っ越しの時、コンサバトリーの材料を摘んだり、庭の石板や石材、いろいろなものをいつも運んでくれた。
本当によく頑張ってくれた。
新車が来て、前のものを廃車にして持っていかれる時、後姿を見送りながら胸が一杯になり涙が出そうになった。
ダーと「ありがとう、ありがとうね」
「今まで本当にありがとうね・・・」と心から感謝して見送った。
車だって心があるのだ。
魂があるのだ。

これは、ディーラーからのお礼のブーケ。(笑)
有難くいただきトイレに飾った。
f0153164_17501153.jpg

Top▲ | # by sukomama | 2017-09-03 17:49 | Comments(0)
アプローチ、階段部分の完成
玄関からベランダのちょっと先まで・・・
道幅が狭い部分の階段が完成した。
向こうに見えるブルーシートは、作業中雨や日差しから身を守るためのテント。
f0153164_17382270.jpg

ここは傾斜が結構あるので緩い階段状にした。
また、道はまっすぐでなく緩いS字カーブを持たせた・・・なーんて、書くと簡単そうだけど、すっごく大変だった。
階段の上と下との高低差、それを何段で解消していくか・・・
そのためには土の部分をどのくらいの高さにするか、砂利はどの高さまで入れるか、ステップのU字溝はどの高さに来るよう固定するか・・・
もう、頭の中の計算と実際の過酷な肉体労働と・・・で心身共に消耗した・・。
でも、その甲斐あって、なかなか良い出来栄え。
f0153164_1738697.jpg

しかし・・・こんなものはまだまだ序の口なのであった・・・
これに続くアプローチの広い部分・・・これがまた・・・あまりに悲惨なことになっていくのであった・・・(続く)
Top▲ | # by sukomama | 2017-08-13 17:37 | Comments(0)
砂利敷きに着手
階段部分の土堀り調整が終わり、やっと砂利を敷くことに。
その前に、砂利が土中に沈んでいかないようにあらかじめ防草シートを敷く。
その上に砂利を乗せていく。
始めは玄関前から。
ここから階段を下りるようにして公道の方に向かっていく。
f0153164_19162884.jpg

なんて・・・簡単そうに見えるけど・・・
砂利はカーパークに山積みにしてある。(車はカーパークから出して路肩に駐車)
そこからここまで砂利を運ぶのがまた大変。
何十メートルもの距離があるし、しかもここは階段状・・・。
一粒は小さな砂利でも、一輪車いっぱいだと岩と同じ重さになる。
これを、傾斜地を山道を登るように一輪車をうんせ、うんせと押しながら運んでくるのは大変な重労働。
しかも、掘ったところを砂利でいっぱいにするためには、何十回も往復して運んでこなければならず・・・
運ぶのはダー様がやってくれるのだが、よく頑張ってくれている。
私は、ぶちまけられた砂利を均しながら、あらかじめ決めた高さになるように調整していく。

そして、階段のステップ部分は買っておいたU字溝を使用。
ストッパーとして短く切断した鉄筋を土中に差し、U字溝を固定し、更にU字溝の前後を砂利で埋めて固定。
それを繰り返して階段にしていく。
玄関前から公道に向かって少しづつ・・・
f0153164_1916223.jpg

やっとここまで進んだ。
1日でかなり頑張った。
今日はここまで。
f0153164_19161952.jpg

Top▲ | # by sukomama | 2017-08-11 19:15 | Comments(4)
漆喰塗り、続きとジャム作り
今日は漆喰塗りの2回目。
これでムラなど出ていなければ、天井は終了。
f0153164_19513100.jpg

漆喰塗りながらジャム作り。
毎年どっさりと収穫できるラズベリーが、今年はなんだか調子が良くなくて、ほとんど収穫できなかった。
ハスカップもほとんど収穫ナシ。
多分気温が暖かくなったりいきなり冷え込んだり、が続いていたので地上部が枯れ込んでしまったためだと思う。
でもその分ブラックカラントがかなり採れたので、ちょこっと採れたホワイトカラント、レッドカラントに、市販の苺を足して作った。
甘味料はラカントで。
これでまだ収穫量の半分しか使っていないので、結構な量が採れたのだと思う。
f0153164_195968.jpg

Top▲ | # by sukomama | 2017-08-08 19:04 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin