<   2018年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
初雪
朝起きたらなんだか窓の外が白っぽいので、よもや・・・と思って外に出てみたら・・・
ああ・・・北横岳・・・
白い・・・
f0153164_14142435.jpg

f0153164_14141853.jpg

そして蓼科山も・・・
f0153164_14141234.jpg

うっすらと・・・
とうとう来ましたか・・・
うちが一面白くなるのももうすぐだなあ・・・

さて・・・外気温0℃。
寒風吹きすさび雪のちらつく中、今日も元気に砂利運びー!・・・・(泣)
寒いよー・・・
重いよー・・・
強制労働の日々はまだまだ続くのであった・・・
(って自分で好きでやっているんじゃん 笑)
Top▲ | by sukomama | 2018-10-30 09:39 | Comments(8)
ニコさん
先日タキイから送られてきたカタログ。
f0153164_1355117.jpg

こちらをパラパラと見ていたら、なんとニコさんの記事が・・・。
ニコさんといっても私じゃなく、こちらのニコさんね。
f0153164_13541536.jpg

最近お会いしていないけどお元気そうでよかった。
宿根草の選び方とか、植え方とか・・・
f0153164_13545782.jpg

f0153164_13545033.jpg

前に会った時には、これからナーセリーや苗の通販をやるとか言っていたけど、どうなったかなあ?
今度聞いてみよう。
その時は奥さんとは「スコットランド人の妻、あるある」で盛り上がったのだった。(笑)

ちなみに・・・この「スコットランド流~・・」の本、彼は大嫌い。(笑)
編集部から話があった時からいろいろあって・・・話をするのも嫌だ!とすごく憤慨していた。(笑)
本の出版はもう、絶対、絶対やりたくない!って。(笑)
まあ、ポール・スミザーさんも日本の観光ガーデン造園依頼とか園芸本出版とかにはウンザリしていたようだから、みな同じね、ぷぷぷ・・
ちなみに、ちなみに、彼の大好きなガーデンは、ベス・チャトーのガーデンですって。
Top▲ | by sukomama | 2018-10-28 13:53 | Comments(0)
うちの庭もなかなかいけるかも・・・
秋も段々深まり、庭の紅葉がなかなかきれいになってきた。
今年はいつまでもズルズルと暖かな日が続くので、紅葉もズルズルと続いている。
短期間の一斉紅葉見頃期間、というのがないので、これはまたこれで長期間楽しめていいかも。

紅葉しないカエデ。
それでも右側の1本がちょっと赤くなってきた。
紅葉しなくても銅葉でも、これはこれでバックの借景、お向いさんの見事な紅葉との取り合わせで、良い引き立て役となりなかなかいいじゃない?(笑)
f0153164_17521977.jpg

こちらは、紅葉するカエデ(笑)と、スモークツリー、ヤマボウシ、ニワナナカマドなどなど・・・。
色とりどりできれい。
f0153164_17521230.jpg

ちょっと地味だけど、マルバノキとか黄葉カエデとかドウダンとかウワミズザクラとか・・・。
f0153164_1752597.jpg

こうしてみるとうちの庭の紅葉もなかなかいいかも。
今はまだ木が小さいけど(でも一応、殆どが植えてから10年近くたつのだけどなあ・・・)、もっと大きくなってきたら、それはそれはきれいになることでしょう。
それまでなんとか頑張って長生きしないと・・・。
ところで、今年から使用した冬囲いのネット、この鮮やかなブルーが紅葉の中にあると、お互い引き立て合ってなんだかきれいなんだけど・・・。
やっぱりこのネット、これからも使おうかな・・・。

デリシアで今年も焼き芋を売り始めたので、スコちゃんに買って来た。
芋はデンプンがアレルギーに良くないので元気な時には全く与えなかったが、病気が進んで何も食べなくなってしまった頃、焼き芋をあげたら美味しそうに食べてくれたので、とても嬉しかった。
「スコちゃんが食べてくれた!」と。
それからしょっちゅう買って来たのだけど、すぐにそれも食べられなくなってしまった・・・
焼き芋を見るとあの頃の苦しさが蘇って今でも切なくなる・・・。
f0153164_1752041.jpg

Top▲ | by sukomama | 2018-10-27 17:51 | Comments(6)
パスに取り掛かる
パーゴラ花壇のレイズドベッド改良工事が一区切りついたので、これからやっとパス作り。
防草シートを敷いて、砂利を敷いていく・・・
あ・・・またしても巨岩・・・(手前のデカいやつ 泣)
左側の花壇は雑草ボーボーだけど、ここは来年きれいにしてフラワーメドウに生まれ変わるのだ・・・
f0153164_1739583.jpg

こんな感じに砂利を敷いていくのだけど・・・
これがまたしても重労働・・・(こんなのばっかり)
f0153164_17395176.jpg

家の横にある砂利置き場からバケツに砂利を汲んで少しずつ運んで来る。
砂利置き場。
いろいろ揃えております・・・(笑)
f0153164_17394566.jpg

f0153164_17393377.jpg

今回はこのブラウンの砂利ね。
f0153164_17393924.jpg

しかし、これがまた重い・・・
砂利といっても実質は小さな石。
バケツに一杯にすると、それだけの容量の石と同じ重さ。
10kg、20kg、あるのでほんとに少しずつにして運ぶ。
少しずつなので何十回も砂利置き場とパスとを往復する。
ほんと、すごいハードな筋トレエクササイズだわ。
これだけ過酷な労働しているのに、一向に体脂肪が減らないのは・・なぜ?・・・なぜ?・・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-10-26 17:38 | Comments(4)
レイズドベッドの完成
レイズドベッド、赤レンガを取っ払っての作り直し、やっと完成。
f0153164_20424530.jpg

ほんと大変だったー・・・・
めちゃくちゃ重い重量ブロックを、真っ直ぐ一直線に並べるのに微妙に動かしたり、高さを合わせたり水平にするのに何度も掘っては埋め込み掘っては埋め込み・・・したり・・・
その割にはちょっと曲がっていたりして・・・
でもこれはいろいろやむにやまれない事情がありまして・・・この位置から動かせないのよ・・・
f0153164_20424049.jpg

相も変わらずこんなところもあったりして・・・
f0153164_2042336.jpg

地中の巨岩が邪魔で重量ブロックを置くことができず、半ブロックでしのいでみました・・・

とにかく一応レイズドベッドの作り直しは完了したので、今度はやっとパスに着手~。
はあ、雪が降る前に終わらせたいなあ・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-10-25 20:42 | Comments(2)
ちょこっと紅葉
10月も下旬になり、うちの庭も少しずつ紅葉が進んできた。
庭の中ほどでは肥料が流れて来てきれいに色付かないけど、敷地の境界線辺りではさほど肥料の影響も少ないみたいで。

この2本はナツロウバイ。
むか~し・・・サカタで15~20センチくらいのちっちゃな苗を購入したのが、ここまで大きくなってくれた。
今年は花もたくさんついてくれました。
何よりもライムグリーンの葉の色が好き。
紅葉が始まってちょっと黄味が濃くなってきた。
f0153164_20225332.jpg

ショパンさんからいただいたダンコウバイ。
そこらから取って来てくれた(多分)ものだと思う。
この辺りの山はそこらじゅうにウジャウジャいるので。
黄葉になる木はいろいろあるけど、黄色の鮮やかさがダンコウバイは断トツだと思う。
今はまだ背が低いので紐でくくってあるけど、もうちょっと大きくなったら存分に美しい黄葉を楽しもう。
f0153164_20224781.jpg

こちらはカエデでも隅の方に植えているので肥料の影響を免れたのか、ちょっと紅葉。
これもサカタからの「三笠山」。
f0153164_20224087.jpg

この子はベニサラサドウダン。
花がとてもかわいいので買ったのだけど、紅葉がこんなにきれいだとは知らなかった。
これも、まだ背が低いので積雪に潰されないよう紐でくくってあるけど、もっと大きくなったら紐も必要なくなり美しさを楽しめそう。
花も本当に可愛くて、1本で2度美味しいな~。
f0153164_20223395.jpg

ここら辺はマルバノキとか黄葉カエデとか、普通種のドウダンとか・・・
f0153164_20222625.jpg

9月の終わりには早々に宿根草を刈り取ってしまうので、秋はこうして木の紅葉を楽しみたいものです。
Top▲ | by sukomama | 2018-10-24 20:21 | Comments(0)
冬囲い、終了ー
終わったーーー・・・・!
バンザーイ・・・・・!
f0153164_20122092.jpg

やっと、薔薇と木々の冬囲いが終わった・・・。
今迄は薔薇にはスーパーコートを巻いてその上からプチプチを巻いていたのだけど、昨年はネズミにかじられてボロボロにされたので、今年はプチプチの代わりにネットを使ってみた。
どちらが防寒効果があるのかな~・・・?
来年の結果次第だけど。
f0153164_20121460.jpg

でもスーパーコートにプチプチだと、遺体安置所のような光景だったけど、このブルーのネットだとまだ明るいかな?(笑)
f0153164_2012615.jpg

今年はかなり薔薇をリストラしたから今までと比べて格段に楽になった。
冬囲いも早く終わった。
もうあんな辛い作業には戻れないな・・・

これはエルムルスが埋めてある。
f0153164_20115999.jpg

深めに穴を掘って金属ネットを敷いてそこに土を入れる。
そこに球根を置いて更に土をかけて、最後にこの上にまた金属ネットかぶせる。
ネズミに食べられないように・・・。
なにしろ、うちでは球根という球根がネズに食われてしまうので、球根を植えるにもこんな苦労しないといけないのだ。
普通は百合とチューリップくらいしか食べないと言われるけど、うちではあらゆる球根が食害に会う。
百合・チューは勿論、ムスカリもチオノドクサもアイフェイオンも、ヒガンバナ科のスノードロップでさえ食われてしまうのだ・・・
そんなわけで、球根植えるのもここまでしないといけないのですぅ・・・(泣)

ところで・・・
チェーンソーを新調したので、週末のたびにAkexに伐採作業してもらっている。
必要のない木を伐採したり、混み入った枝を剪定したりしていくうち、こんなに剪定ゴミがたまってしまった・・・
f0153164_20115099.jpg

遥か向こうまでズズ~ッと・・・・
f0153164_20113941.jpg

積み上げたゴミがどんどん増殖していって・・・これ、廃棄処分するのにいくらかかるんだろう・・・怖い・・・・

そして・・・
隣のカエデは赤い・・・(笑)
f0153164_20113184.jpg

ウチのカエデは・・・きちゃない・・・・(笑)
f0153164_20112593.jpg

大昔、「♪うち~のテレビにゃ色がない、隣のテレビにゃ色がある・・・」ってコマーシャルがあったなあ・・・(昔過ぎてコワイ・・・)
ウチ~のカエデにゃ色がない・・・
庭中に肥料を撒くので、どうしてもカエデのところまで流れていくので紅葉しないんだなあ。
庭を作る以前は毎年とてもきれいだったのに・・・残念。
Top▲ | by sukomama | 2018-10-23 20:10 | Comments(4)
現在の作業状況
相変らず花壇の周囲のパスの整備が続いている。
こんな感じで・・・
f0153164_19474272.jpg

表面の雑草は簡単に除去できるのだが、厄介なクマザサを1本1本地道に掘って取り除いて・・・
f0153164_19473522.jpg

それと同時に・・・
このレイズドベッド花壇では、土留めにレッドブリックを使ったのだが、このレンガがどうしても気に入らない。
赤い色が嫌なのね。
で、どうせ整備するついでだから・・・とレッドブリックをやめることにした。
代りに、いろいろ吟味した結果、コンクリブロックを使ってみることにした。
レンガもいろいろいい感じのものはあるのだが、なんせ費用が掛かる。
しかもある程度の高さにするにはモルタルで積んでいかなければいけない。
面倒くさいし、苦労した割にはモルタルなんかすぐに凍結で割れちゃうし・・・
で市販のコンクリブロックを使うことにした。
これだったらある程度高さがあるから積まなくても1個ずつの使用で大丈夫だし。
今迄嵌っていたレンガを取り除いて、おおまかにブロックを並べていく・・・・
f0153164_19472750.jpg

があ・・・・
これが、ものすっ・・・ごく大変なのだ。
冬期間の凍み上りでもあまり浮き上がらないように軽量じゃなくて重量ブロックを使ったのね。
ところがこの重量ブロックってすごーく重いの。
家の入り口に置いてあったブロックを、ここまでAlexに運んでもらったのだけど、大の男の彼ですらもうへとへとになるくらい・・・
1個、10キロ以上はある。
15キロくらいあるかなあ?・・・
とにかくむちゃくちゃ重いのだ。
そのモーレツに重いブロックを、あーでもない・・こーでもない・・・と長さを合わせながら移動したりはめ込んだり、また取り外したり・・・がとんでもなく大変な作業。
特に病気で腕も手も痛くて不自由な身で、この重労働はひじょーに厳しい。
激痛をこらえながらの作業・・・
あまりの痛さに涙が出て、「痛い、痛いー・・・!」と叫んでみたり・・・
近所に誰もいないからいいんだけど・・・
ほんとに地獄のようだった・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-10-18 19:45 | Comments(5)
疲労困憊
今日はこんな作業を。
例の、花が咲かない、実がならないナナカマドの剪定。
f0153164_9143573.jpg

ビフォーの写真を撮り忘れたのでどこがどう変わったのか全然分からないけど・・・
とにかく混み入った枝を切ってスッキリ、どの枝にも陽が当たるようにした。
これで再来年からは花が咲くかなあ・・・(はあ、先だ・・・)

こちらはオオデマリ。
これもどう変わったのか分からないけど、この4倍くらい枝が混み入ってモシャモシャしていたの。
剪定していて分かったけど、やっぱり混み入った部分には花が咲いていなかったし、枝が枯れていた。
やっぱり不要な枝の剪定は必要なのだわ・・・。
f0153164_9142929.jpg

この頃は毎日疲労困憊で、庭仕事を終えて家に戻るともう身動きができない。
そのまま夜までボーッと死人のように過ごす。
何故かというと・・・
こんなことをやっているから・・・
f0153164_9142385.jpg

花壇の周りのパスを整備するべく、バチヅルで掘り返しているのだけど、そうするとクマザサの根っこが地中をずんずん伸びていて、それを掘っていくと花壇の中に入り込んでいるのだ。
で、その花壇の中に入り込んだクマザサの根を掘ると・・・
こんな感じで土の中で巨大に成長&延長しているのだ。
これを完全に掘り出して、取り除いていく。
これがもう・・・本当に重労働・・・
f0153164_9141677.jpg

このクマザサの「モト」はどこかというと・・・
花壇からずっと離れた未開墾の土地からズズ~ッと地下茎を伸ばして花壇の中までやってくるのだ・・・
f0153164_914108.jpg

この、左に見える草ボーボーのところね。
ここに生えているクマザサが地下茎を伸ばして、パス(中央の土が見えている部分)を超えて、右に見えているレイズドの花壇の中まで侵入してくるの。
もーーー・・・・!
おととしこの花壇を作った時には、地中1mくらいまで掘り起こしてクマザサの根は完全に取り除いていたのにーー・・・
せっかくきれいにした花壇の土の中に、遠く離れた場所から新たに侵略者が・・・(泣)
毎日毎日、こうして1本1本、侵入してきたクマザサを地中深くまで掘って抜いていく・・・この作業が本当に辛くしんどい。
毎日、疲労困憊。
これなんか、5m近くあるのよー・・・
f0153164_914589.jpg

これが、どの花壇もこんな感じなので本当に大変なのだ。
せっかく苦労してきれいにして作った花壇なのに・・・
ほんとに大変。

地表に出てきたクマザサの葉を根気よく切っていけば、いつか衰退して枯れるのじゃないか、と思っていたけどそれは大間違い。
花壇に撒く肥料、特に薔薇に撒く大量の肥料を吸って、地下で巨大に繁殖していたのだ。
除草剤を使いたくても、すぐそばに草花があるから使えないし・・・
もうほんとにクマザサにはウンザリー・・・
何か良い駆除方法はないものかなあ・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-10-17 09:13 | Comments(2)
カンティ・フェア
今日はずっと楽しみにしていたカンティ・フェア。
昨年は丁度ウェスティのオフ会と重なってしまったので行けなかったのだが、今年は2年ぶりでの参加、楽しみ~。
清里に着いていつもの「美しの森」のカーパークに駐車。
車のナンバーを見ると、東京や名古屋は勿論、群馬や茨城、三重なども。
遠方からも大勢やって来ている。
ここから会場までは徒歩で30分ほどだが、ピストンバスも出ている。
ピストンバスを待つ人。
ピストンは頻繁に来るのだけど、それでも長い列ができている。
f0153164_11225744.jpg

ワンコはバスに乗れないので(多分)私たちは徒歩だが、徒歩でも十分楽しいのだ。
こういう遊歩道を通る。
f0153164_11243844.jpg

こんな小川を渡り・・・
f0153164_11251974.jpg

こんな森の中を通り抜け・・・
f0153164_11263538.jpg

やがて広々とした牧草地に出る。
右側にはいつもなら八ヶ岳の山並みが眼前に迫るのだが、今日はちょっと曇り気味。
f0153164_11274474.jpg

広々~・・・
モリスも思い切り走れて楽しそう。
f0153164_11285965.jpg

そう、ここは・・・夏にランチに来たあの「ファームショップ・レストラン」。
f0153164_1130833.jpg

カンティ・フェアの日はレストランはお休みなのだ。
f0153164_11311085.jpg

清泉寮前の会場に到着。
会場にはもうたくさんの人が。
美味しそうな臭いと煙が・・・
f0153164_11333687.jpg

「トラクター・パレード」のトラクターたちも、出番を待ち準備。
f0153164_11344380.jpg

今日はどんな美味しいものが出店しているかなあ?・・と早速歩き回る。
すぐに高級ワンコに遭遇。
そうそう、カンティ・フェアではいろいろなワンコに会うのも楽しみなのだ。
f0153164_11363061.jpg

こっちではフェレット連れの人も・・・
f0153164_11372828.jpg

毎年、ヤギとか不思議なワンコとか・・・いろんな動物たちが来ていて楽しいのだ。

この店は、手作りのキッチングッズの店。
この、いかにも手作りっぽいフライパンにすごーく惹かれる。
鉄のパン部分も、取手も、可愛いよね~。
だけど、使い勝手の良いフランパンが既にあるし・・・
なによりお値段が結構いいし・・・
ということで諦めた。
f0153164_1141157.jpg

すでにたくさんの人が陣取って宴会開いている。
f0153164_1143497.jpg

ミヨシのショップも。
でも今の時期なので室内用の鉢植えとか寄せ植えばかりなので立ち寄らず。
f0153164_11451950.jpg

こちらは色とりどりの野菜をディスプレイしたショップ。
見ていて楽しいけど・・・でも実際使うとなるとなあ・・・
f0153164_11465853.jpg

今は、すぐに食べられるものの方が惹かれるなあ。
手作り保存食のショップとか・・・
f0153164_11481747.jpg

そんな中を歩いて行くと・・ややや・・・!
日本酒ー・・・!
f0153164_11435620.jpg

まずは日本酒だな・・・(笑)
そして隣には・・・新そば。
f0153164_1149544.jpg

こりゃもう、今日のランチは日本酒に新蕎麦で決まりだな・・・
と思ったら・・・・
なんと蕎麦屋に長蛇の列がぁ・・・・
ああ、やっぱりみんな新蕎麦食べたいのね・・・とほほ・・・
f0153164_11513556.jpg

ということで・・・並びましたよ、新蕎麦。
もう、何十分並んだかしら?
随分待ってやっと新蕎麦入手!
何故かこの時点ですっかり日本酒のことが念頭から消えていて、そのままフラフラと他の店を覗いて歩く・・・
f0153164_11551379.jpg

と、そこで目に入った地ビールの店!(←キミはアル中か?)
f0153164_11565326.jpg

なんか美味しそう・・・
そしたら、なんと「地ビール3種飲み比べセット」なんてものがあるじゃあありませんかー!
ということで・・・
地ビール3種、入手。(笑)
勿論私一人で飲むのよ。
Alexは運転手ですからね。(笑)
f0153164_1158826.jpg

ステージでは北杜市市長の開会の挨拶が始まった。
うしろの写真が清里開拓の父、偉大なポール・ラッシュさん。
f0153164_120257.jpg

自分のランチだけでなく、Alexの分も入手しないといけないので(←すっかり忘れていた)、そこらの店で適当に美味しそうなものを購入。
ここにも高級ワンコが・・・
かわいいなあ。
f0153164_1231912.jpg

巨大な鉄板の上の山になった肉!
すごい・・・これがまた、すぐに売り切れてしまうのもすごい。
f0153164_1242811.jpg

なんとかパパのランチも買って、パパとモリのところに戻ってきた。
f0153164_1253561.jpg

シートに座り、「はあ~・・・やっと落ち着いてランチだわ・・・」と食べ始めたら・・・
今度は待ちに待った「トラクター・パレード」が始まるじゃありませんか~・・・
f0153164_1265468.jpg

大好きな「トラクター・パレード」。
食べかけたご飯を置いて、カメラを掴んで急いでパレードのコースに走った・・・
はあ、忙しい・・・ゼーハー・・・
早くしないとトラクターが行っちゃう~・・・
f0153164_1214262.jpg

このトラクターは、開拓当時、農業の効率化のためにポールさんがアメリカから取り寄せたものなのだ。
農民たちが少しでも楽になるように、効率よく作業ができるように、とわざわざこんなものをアメリカから取り寄せるのは、本当にすごい事だったと思う。
f0153164_12153088.jpg

f0153164_12161022.jpg

f0153164_1216442.jpg

あ、しまった、今年こそあの荷台に乗ろうと思っていたのに、美味しいものに気を取られて申し込むのを忘れていた・・・(笑)
f0153164_12174716.jpg

クラムチャウダーと、右の食べかけは苦労して入手した新蕎麦。(笑)
f0153164_12194147.jpg

パパのためのガレット。
なかなか美味しかった。(←人の分も横取りした 笑)
f0153164_1221142.jpg

そしてデザートは、「3種デザート盛り合わせ」。
パンプキンプディングとアップルパイ、アプリコットのコンポート。
これが凄ーく美味しかった。
パンプキンプリンは濃厚で、アップルパイはフィリングのリンゴが大きくゴロゴロ一杯で・・・
二人で1皿でも十分なボリュームだった。
はあー・・・満足。
とっても美味しかったので、この店でお土産にクッキーやマフィンなどいろいろ買ってしまった。
f0153164_12244065.jpg

お腹がいっぱいになったところで、他のショップもゆっくり見て回る。
こちらは、サングリアがとってもきれいで美味しそう・・・
飲みたいけど、もう満腹でこれ以上入るスペースがない・・・残念。
f0153164_12265268.jpg

こちらはお菓子の店。
ワンコのおやつも売っている。
f0153164_12282263.jpg

ハスキーちゃんに遭遇。
f0153164_12295850.jpg

あとで写真を拡大してよく見てみたら、この店はワンコグッズの店だったのね。
知っていたらもっとよく覗いてみたのに。
f0153164_12301444.jpg

こちらはダルちゃん。
f0153164_12303471.jpg

シートエリアの小ステージではコンサートが。
f0153164_12311846.jpg

そのあと、大ステージではジャスの演奏が。
f0153164_12314745.jpg

お腹もいっぱいになり、お土産も買ったのでそろそろ帰ることにした。
会場を出る時、入り口に貼ってあったスケジュールのポスターを見るとこんなことが書かれていた・・・
f0153164_14394226.jpg

「フィナーレになぜアメイジング・グレイスを歌うのか」
ちょっと驚いた。
毎年、閉会式にはアメイジング・グレイスを歌っていたのか・・・閉会までいたことがなかったから知らなかった・・・
「アメイジング・グレイス」といえば、言わずと知れた黒人奴隷解放の象徴の歌。
映画の「アメイジング・グレイス」もとても良かった。
数年前、この映画が日本で公開されると知った時にはとても嬉しかった。
絶対素晴らしい映画だから。
なのに、公開直前、数日前に東日本大震災が勃発した。
日本中が映画どころではなくなり、いつのまにか映画の公開の話は消えてしまった。(その後、上映されたのかしら?)
アメイジング・グレイスの歌ができた訳と、その曲を支えに、困難を乗り越えイギリスの奴隷売買制度を廃止するに至った、実話をもとにした素晴らしい作品だ。
それがなぜカンティ・フェアで歌われるのか・・・
ここに書かれているように、ポールさんがアメリカから遠く離れたこの未開の地?にやって来て開拓し、農業、畜産業を広めていくにあたり、どれだけの困難を乗り越えていったのか・・・
今でこそ清里といえばお洒落な観光地だが、その当時は貧しくて閉鎖的な農村であっただろう。
気候的にも、今でも寒冷地だが昔はもっと厳しい気候だった。
その地に、近代的な農畜産業を広めていくには想像できないほどの困難があったと思われる。
それでも深い信仰心を土台とした不屈のフロンティア・スピリットでポールさん、そして開拓に関わった地元の人々は今の清里の基盤を築いていったのだ。
奴隷売買の廃止にしても、ポールさんの清里開拓にしても、信仰心があればこそ、成し遂げられた偉業であったと思う。
なので、その心を忘れないように、閉会式では皆でアメイジング・グレイスを歌うということだ。
今迄何度もカンティ・フェアに来ていたけど、これは初めて知った。
そして、なんだか胸が一杯になった。
いつも「美味しい物~」とか「ワンコ、かわいい~」なんて喜んでいたけど、カンティ・フェアの本当の意義とはここにあったのだ。
ポールさんや当時の人々の苦労と困難を忘れないように・・・
感謝を忘れないように・・・
それが本当のカンティ・フェア開催の意味なのだった・・・

今日は、美味しいものをたくさん食べて、可愛いワンコたちにも会えて(笑)・・・とても楽しかったけど、何よりもこのポールさんのことを、今迄よりも知るとができたことが一番素晴らしい収穫だった。(今までは「写真のおじさん」だった 笑)
私も、苦しい時にはポールさんの軌跡を思い出し、前に進んで行く勇気をもらおう・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-10-13 11:16 | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin