<   2018年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
本日の作業
今日やっていた作業。
先日、完成したかのように見えたアプローチ花壇・・・
そう、ここですね・・・
f0153164_1565595.jpg

実はここはまだ未完であって・・・
そこに取り組んでいた。
この花壇の手前の部分をこんな感じに・・・
f0153164_1561391.jpg

石で囲って・・・
f0153164_156718.jpg

何とか出来上がり。
f0153164_156241.jpg

はー、すっきり。
石は、今まで掘り出したものが山ほどあるので、大きさとか形とか選り取り見取り。
この、ベランダの下にたんまり貯蔵している。
f0153164_1555689.jpg

しかし、この石たち、1個20キロくらいあって・・・
それを運んで、並べては崩し、埋め込んでは掘り出し、置き換え・・・
を延々とやっていて、もう腕がガクブル・・・
ヘロヘロになった。
疲れたーー・・・・
実際の植え込みはまた後日。

そのあと花壇の宿根草の刈り取り。
今週からもうどんどん刈り取りを始めている。
もう今から冬支度を始めないと、寒くなってから本当に辛いので。
花が終わったものから刈り取りながら、雑草取りも。
f0153164_1555137.jpg

f0153164_1554632.jpg

はー・・・これもすっきり・・・
f0153164_1554097.jpg

しかし、刈り取ってみると・・・え、これだけ?ってくらい植わっていないんだけど・・・
上部が暴れ放題暴れていてグチャグチャだったのに、刈り取ってみたらすごいすっきり・・・
こんなに少ししか植えていないのに・・・雨のせいで上部が異常爆発していたのね・・・
はー・・・株がずっと、スッキリ、しゅっと纏まったままでいてくれたらどんなにかいいのに・・・
そしたらほんとに楽だし見た目も美しいのに・・・
やっぱり多雨の国だから仕方がないのかなあ・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-08-30 15:26 | Comments(6)
どうする?地下茎組
このところ考えているのが、「地下茎で爆増する植物をどうするか?」
地下茎組でも可愛いものや味のあるものがいろいろある。
 ↓
でも植えるととてつもなくあちこち侵略しまくり管理が大変。
 ↓
小まめに抜いていけばきれいに維持できるのだが、そんな悠長な時間はない、全く、ない!

・・・という感じで。
リシマキア・ファイアークラッカー
ソープワート
ポリゴナム
ニワナナカマド
ペルシカリア
アキレア類全部
アエボコデューム
シダルセア・ビアンカ
ボルトニア
カリメリス
モナルダ
アナベル
そして一部のORとルゴサ系薔薇!
ちょっと思いついただけでも結構ある。
中にはモナルダやアナベルのように増殖の仕方が穏やかなものもあるが・・・
ポリゴナムも爆増はするが、ある日突然とんでもないところから顔を出したりはしないし・・・
ソープワートなんか花はとても可愛いのに、行動が全然可愛くない。
ニワナナカマドも花は可憐なのに、生え方がエゲツナい。
こいつら、最悪。
できれば残したいけど・・・管理が大変なのは分かっているので、やっぱりローメンテのために根絶するか・・・
とりあえず、一番ひどいファイアークラッカーとソープワート、ニワナナカマドはリストラだな・・・。

左にある花壇(雑草でぐちゃぐちゃでもはや花壇とは言えないけど・・)に植えたのに、地下茎を伸ばしパス(ここも・・どこがパス?)を通り越して右側のスペースに何本も出現し始めたソープワート。
こうなってくると根絶が大変。
f0153164_15574353.jpg

Top▲ | by sukomama | 2018-08-24 15:58 | Comments(4)
アプローチ花壇
しばらく前から取り掛かっていたアプローチの花壇。
ここですね。
f0153164_14304819.jpg

f0153164_14304218.jpg

この、アプローチ右側の植え付けを今日何とか終えた。
f0153164_14311741.jpg

ここは家を建てる時に造成したため、土の中にはセメントの様な砂?やたくさんの石が埋まっていたので、それを取り除き、培養土や堆肥、腐葉土を混ぜて土壌改良した。
そこにいろいろ植えこみ。
笠さんのブログで見た四季の杜公園や百合が原公園のように、カルーナで縁取られた美しいアプローチを目指して、カルーナを列植。
f0153164_1431968.jpg

岩と岩との間はネズミの宴会場になるので、きっちり防草シートと砂利を敷いて清潔に。
f0153164_1431344.jpg

さあ、次はアプローチの左側の植栽。
植え付けは遅くとも8月中に終わらせないと越冬が厳しいので、どんどん焦ってくる・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-08-21 14:50 | Comments(10)
呪いは続くよ、どこまでも
さてさて・・・
度々我が庭で目撃される「テッポウムシの呪い」であるが・・・
<↓ 過去のテッポウムシ関連アレコレの一部>
 虚しい・・・
 テッポウムシの呪い?
 もううんざり・・・

先日、キヨブタの思いで(お高かったし、ここでは先祖返りして斑入りでなくなる危険性も秘めてるけど、でもずっと憧れだったので)購入したドラモンディ。
f0153164_1674532.jpg

さあ、植え付け~(楽)・・・と思って1日がかりで雑草を処理し穴を掘り、土壌改良して土を入れ替え、さあさあ植えましょう、とポットから出し土を少しほぐしてみたら・・・
まただよ~~~・・・・・!
地際の土の、すぐ下に、穴とオガクズが・・・!
えーー・・・信じられない!
買う時、一応根元をチェックしてから買ったのだけど、地上ではなく土の中の幹に穴があったのだ。
f0153164_1674199.jpg

一応テッポウムシ用の殺虫剤をシツコクスプレーしておいたけど・・・
これは植えられないのでしばらく様子を見ることに。

そして・・・
先日買って来た斑入りのカリガネソウ。
植えようと思ってポットから出すと・・・
これも・・・!
根元に穴がありオガクズが・・・!
嘘でしょー・・・
f0153164_1673677.jpg

もう、次から次と・・・
何で私の買うものはこうなの?・・・・
ウチの庭もテッポウムシだらけだけど、それのみならず、買ってくる苗もテッポウムシだらけ・・・
ニワトコ、ハクウンボク、イチイ・・・
勿論どこも別々の苗木屋とかショップから買ったのだけど、どれもテッポウムシ付き・・・
届いてすぐに見つけたので、うちで食われたのではなく、ショップに置いていた時点で入られたもの。
大体、庭中の木殆どがテッポウムシにダメにされたっていうの、ほんとに他では聞かない。
200本~300本・・・それ以上?数えたことないけど、庭にある木、殆ど全てがテッポウムシにやられた。
それでも生き残ったものもあるけど、庭中の木がやられた・・・ってうちだけで、よそのお庭では聞いたことがない。
それは庭の木の、1、2本がやられた!ということはあるだろうけど、こんなにもひどい被害はどこにもないのでは?
しかも、庭の木をやられるだけでなく、私が買う木、買う木、届いたものを開封してみるとことごとくテッポウムシに食われているのだ。

ほんとに・・・
ネズミといい、テッポウムシといい・・・
ここまでくるとなんか、何者かの悪意を感じる・・・
私が喜んだり嬉しかったりするのを邪魔して、やる気をなくさせよう、苦しめようとする意図を感じてしまう。
目には見えないけど・・・
本当に、きっと「何か」あるんだと思う。
マジで呪われてるよ~・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-08-20 13:00 | Comments(6)
ネズミ被害
薔薇15本、チオノドクサ全滅、スノードロップス全滅、キキョウ50株全滅、バーバスカム・サザンチャーム40株全滅、イカリソウ4種類、バーバスカム・ロゼッタ30株、ブラットマリークロフォード、クレマチス・マクロペタラ、ハルシオン、トリフォリウム、五色ドクダミ、ユーパトリウム・チョコラータ・・・・もう数えきれないほど。
雪解けから今日まで、ネズミに食べられた子たち・・・
茎から葉から根まで、跡形もなく食い尽くされている。
ネズミ被害は普通なら、雪解けに判明するにとどまるのだが、うちではずーっと続いている。
今も、庭中ネズミの穴だらけで、いろいろな植物が食害に遭い続けている。
夏の今でもこんななので、これが、冬になり雪が積もり、来年の雪解けにはどうなっているのだろう・・・
考えるとお先真っ暗、鬱になりそう・・・
今迄はこんなことはなかった。
せいぜいチューリップや百合、またその他の球根が食べられるだけだったのに・・・
去年末から、多分暖冬の影響か?ネズミが大繁殖して食害が物凄くなってしまった。
対策を考えるにしても、ネットで調べてもここまでひどいネズミの被害を受けている庭というものがなくて、参考になりそうな話がないし・・・。
苗屋に相談しても「ネズミ被害など経験がない」し、JAに相談しても「広い敷地でネズミ捕りは非効率的、殺鼠剤くらいしか思いつかない」し。
ネズミの被害に比べたら、鹿の食害なんか取るに足らない。
物理的にネットを張れば簡単に防げるのだから。
これでもか、これでもか、と殺鼠剤をそこら中に埋めて、1箱数十個入りの殺鼠剤30箱位を庭中にばら撒いているのだが、相変らず新しいネズミの穴がそこら中に空き続けている。
バカにされてるの?
こんなにネズミに苦しめられているのはうちの庭だけなんだろうなあ・・・
こういう時、ほんとに「山は嫌だ!」と思ってしまう。
もう、テッポウムシといい、ネズミといい・・・ほんとに呪われている・・・。
(先日買った木の苗にも、またしてもテッポウムシが・・・!)
Top▲ | by sukomama | 2018-08-14 17:33 | Comments(15)
相変らず泥まみれ
玄関ドアを開けてふと前を見ると・・・
おっ、ホップ。
f0153164_16421315.jpg

もう花が咲いてる・・・というか、先日花が咲いていたのが実?になっている。
f0153164_1642849.jpg

普段はウザくてバツバツと切りまくっているのだが、こうして可愛い実を見ると、ちょっとばかりホトケゴコロが起こったりして。(笑)

藪の中ではレンゲショウマも咲いている。
ほんとに蕾が可愛いなあ。
f0153164_1642242.jpg

さて、ここ数日何をしているかというと・・・
花壇とパス作り。
まずは雑草で覆われた地面の草を剥し・・・
この、右に見える草ボーボーだったところを剥したのが、この土が見える部分。
(左は、花壇だったのにこちらも雑草ボーボー、去年新しく作ったばかりの花壇なのに~ 泣)
f0153164_1641587.jpg

で、ここをバチヅルで深く掘っていき、土中に潜んでいるタデやクマザサの根を1本1本抜いていく。
そうしてクマザサの根を大方取ったのがこの、真ん中あたりの黒く見える土の部分。
f0153164_16415218.jpg

この作業を延々繰り返す。
こうして雑草やクマザサを取り除いた後、土壌改良して花壇にしたり、砂利を敷いてパスにしていく。
こうやって少しずつ開墾していくのだが、こうして開墾しなければいけない面積が・・・まだまだあと庭の8割から9割くらい・・・
もう気が遠くなりそう・・・
なので、生きているうちに終わるかなあ・・・とマジで心配するわけで。
なので、雑草を手ハサミでチョキチョキ・・・なんてやってる暇がないのであった・・・
はあーーー・・・・
ちなみに・・・
このスペースではこんだけ、この子たちが出てきました~。
今回はさほど多くはなかったみたい。
小さいのとか・・・
f0153164_16414772.jpg

でっかいのとか・・・
f0153164_16414136.jpg

はあーーー・・・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-08-12 16:59 | Comments(0)
ノリウツギ系、花盛り
自称デルフィ御殿、或はウツギ屋敷と呼ばれる我が家ですが・・・(笑)
「ウツギ」と名のつくものの中でもパニキュラータ系のウツギが只今見頃。

これはノリウツギ・クイックファイアー。
パ二系の中でもいち早く色が移り変わっていくからとのこと。
確かにもう赤味が進んでいる。
f0153164_169425.jpg

こちらはバニラフレーズ。
咲き始めは真っ白だけど、これが段々とても可愛らしいピンクになっていく。
もう庭の終盤当りの秋口になると鮮やかな濃いめのピンクに。
今もすでにうっすらピンクがかってきている。
あ~・・・もう秋なんだなあ・・・
f0153164_1693653.jpg

これはご存知ノリウツギ・ミナヅキ。
同じミナヅキ仲間でライムライトとかファントムとかもあるけど、私は昔からよくあるこちらが好きだな。
f0153164_169302.jpg

でも一番のお気に入りは・・・
この、ブラッセルズレース。
その名の通り、レースのような繊細な花(というかガク)が美しい。
年々株が大きくなって、たくさん咲くようになると本当に美しい。
f0153164_1692447.jpg

ついでに・・・シシウドとか。(笑)
ウツギじゃないけど、なんとなく白のプチプチ花繋がりで。(笑)
何度も草刈りしたのに、根性で咲いてくる。
f0153164_1691862.jpg

フェアリーテイルズで買ったロベリアも、花が増えてきてかわいい。
なんか、見るたびに癒される。
f0153164_1691226.jpg

で、肝心の本家本元のノリウツギはというと・・・
庭には何十株も自生していたけど、殆ど切ってしまった。
なぜなら・・・上記のノリウツギの園芸品種は皆、新枝咲きなのだが、本種のノリウツギは後枝咲きなのだ。
説明するとすごく複雑なのだが、花を見るには枝を切れない。(剪定できない)
枝を切らないと1年で物凄く伸びるので、花を見るために数年剪定しないでおくとすごく高くなってとっても邪魔。
しかも伸びるのが早いから数年で何メートルにも伸びて、高過ぎて枝先に咲く花が見られない。
で、切ると・・・花が咲かない・・・
と、ものすごーく扱いが面倒なのだ。
というわけで、自生のノリウツギは近所に生えているものを観賞するにとどめておくことにした。
Top▲ | by sukomama | 2018-08-08 16:08 | Comments(0)
続行中の作業
ずーっと毎日毎日、敷地の境界線のところの雑草を切り続けているのだが、これが本当にうんざりする作業。
雑草モサモサ・・・
f0153164_13472929.jpg

ハサミでチョキチョキしてスッキリ・・・
f0153164_13472472.jpg

ボーボー・・・
f0153164_13471758.jpg

スッキリ~・・・
f0153164_1347111.jpg

・・・なんて喜んでばかりいられない。
北海道から帰ってからずーっと毎日この作業を続けているのだ。
手作業で、ハサミでチョキチョキしていくからすごーく時間がかかり、1日に1~2mくらいしか進まない。
庭の全ての境界線の雑草を切るには毎日切り続けて2カ月ほどかかる。
他の作業ができなくてものすごくイライラ。
買い込んだ待機苗が山ほどあるのに・・・
ジャングル状態のところを開墾・整備しなければいけないのに・・・
既に整備した花壇が雑草ぐちゃぐちゃなのできれいにしたいのに・・・
・・・と、やらなければいけない作業がてんこ盛りなのに、他のことができず毎日チョキチョキ・・・
刈払い機でガーッとやれば数十分で終わるのに、木が植えてあるので手作業でしかできないのだ。
あー・・・なんかいい方法ないかしら・・・
もう雑草、ウンザリ・・・全面コンクリートで固めたい・・・

先日こんな本を買ってみた。
f0153164_13463097.jpg

言わずと知れた、陽殖園のオーナー武市さんの庭作りの本。
貧しかった子供時代から、成人して自らの庭を作っていくようになる過程が書かれている。
なんだか自分と重なる部分が多くて、とても興味深く一気に読破してしまった。
私も、この数百坪の一人では広すぎる庭を、コツコツとハサミとバチヅルで開墾してきたものなあ・・・
なんだか今の庭を見ながら顧みるととても灌漑深い。
それにしても・・・
この雑草刈り取り作業、なんとかもうちょっと時間短縮できないかなあ・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-08-08 13:46 | Comments(6)
ボーボーな庭
今は丁度初夏の青系の花と盛夏の暖色系の花が混合の時期で、賑やか。
しかし、相変らずボーボー・・・
f0153164_13375377.jpg

雨が少ないのでとりあえずは立っているけど、これが連日豪雨とか台風が続いたら・・・
もう全面総刈り取り祭りにしたくなる・・・
f0153164_13372214.jpg

なんで、暑苦しい時期に暑苦しい色の花が咲くのだろう・・・
「夏はカレー!」みたいな?・・・
f0153164_13371652.jpg

それにしても・・・
地下茎で爆増する植物ばかりで・・・
きれいだから残したいけど、管理が大変。
零れ種組は簡単に引き抜けるけど、地下茎増殖組はかなり力がいるし泥まみれの作業・・・
うう~ん・・・悩む。
f0153164_13371126.jpg

Top▲ | by sukomama | 2018-08-03 13:36 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin