<   2018年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ええ!?
さっきニュースを見ていたら・・・
梅雨明けだって・・・
えええー!?まじにぃー!?
そ、そんな・・・
まだこれから植え替えするものたくさんあるのに・・・
大物も控えているのにー・・・
そりゃ梅雨がなければ・・・っていつも思うけど、こんなフェイントやめてよねー・・・
いつもなら7月19日頃に梅雨が明けるのに・・・。
まだ1カ月近くは楽に植え替えできるなー・・・なんて思っていたのに・・・
なーんか複雑・・・

雨が止んだので庭に出てみる。
ルピナスが死んだ・・・
f0153164_15514967.jpg

あ~あ、オリエンタル・ポピーもぐちゃぐちゃ・・・
今年はパティズ・プラムがいっぱい咲いてくれたのになあ・・・
f0153164_15514468.jpg

ま、それはいいとして・・・
ベル・オブ・ウォキングがなんだか花付きが良い。
去年死んでたはずなのに・・・
f0153164_15513956.jpg

はあー・・・美しい・・・
クレマチス、たくさん種類があるけど、やっぱり子の子が一番好きかも・・・・
f0153164_15513476.jpg

シャクヤクももうそろそろ終わりかな。
f0153164_15512973.jpg

でも薔薇がポツポツと咲いてきた。
シュネーコッペ。
左のケバい子はシャクヤクのアレキサンダー・フレミング。
f0153164_15512349.jpg

そして・・・
大好きなロサ・ポミフェラ。
友人から実生で生えてきたやつをいただいたのだけど、実生のせいか、売っているポミフェラとは色が違うのだ。
もっとずっと濃くてとてもきれい。
もっと増やしたくて何度も挿し木を試したけど、未だに1本もつかない。
f0153164_15511775.jpg

宇部小町。
かわい~い。
ほんとにちっちゃ~いの。
でもとても丈夫でウチの厳しい環境でも頑張って育ってくれている。
f0153164_15511121.jpg

これから段々下界では暑さが厳しくなり、もう庭どころではなくなる。
でも、うちの庭はずーっと何かが咲き続けている。
庭の期間は短いけど、一年の半分は雪に埋もれているけど、こんなところでも生き残っている植物たちが快い風景を作ってくれる。
f0153164_1550578.jpg

こんな厳しい環境でも、夏はずーっと美しい。
私だけの楽園作り、試行錯誤の連続で、まだまだこれからも続くのだー・・・。
f0153164_1550288.jpg

Top▲ | by sukomama | 2018-06-29 13:23 | Comments(0)
諏訪中央病院へ
このところガーデンづいてるワタシ。
今日は諏訪中央病院へ。
別に庭を見に行ったのではないんだけど、診察のついでに「あ、そうだ、お庭はどうかしら?」と。

ガーデンに出てみると・・・
あ、今日はボランティアさんたちの作業日?
傍を通ったら「どうぞ」ってハーブティーをいただいた。
ここのガーデンでとれたハーブで作ったそう。
f0153164_15385274.jpg

う~ん、時期的にはもう春のものが終わっていて・・・
端境期?って感じ。
f0153164_15384746.jpg

f0153164_15384180.jpg

でも緑が心地良い。
f0153164_15383644.jpg

これから夏のものが咲いてくるのかしら?・・・
f0153164_15383112.jpg

このガゼボの薔薇はまだかな。
f0153164_15382455.jpg

フラワーメドウのほうも、メインのポピーやルピナスは終わっちゃっていたけど、まだまだ見られる。
f0153164_15381842.jpg

f0153164_15381277.jpg

f0153164_1538652.jpg

f0153164_15375968.jpg

同じ市内であるのに、やはりうちとは季節が全然違う。
うちはいろいろなものがまだまだこれから。
しかも長く楽しめるのであったー。
Top▲ | by sukomama | 2018-06-27 15:36 | Comments(0)
軽井沢レイクガーデン
久々にショパンさんとお出かけ。
軽井沢のレイクガーデンへ。
今が丁度薔薇のシーズンということでちょっと行ってみたかったので、ショパンさんにお声をかけて。
レイクガーデンには今まで行ったことがなかったので、ワクワク。
予報では前後の日は雨だったけど、この日は曇りとのこと。
曇りなら丁度いいじゃ~ん・・・なんて喜んでいたら、実際にはとてつもない晴天。
くく・・・今日も炎天で写真バキバキかなあ・・・

軽井沢って、昔はよく行ったけど結婚してからは全然行かないなあ。
だって、夏はすごーく暑いし人は多いし、駐車場は高いし・・・で、冬になると人はいないけど店も殆ど閉店。
ということで、わざわざ行くこともなくて・・・
などと思いながらも到着~。
ふえぇ~・・・やっぱり日差しがぁ・・・
f0153164_14593455.jpg

でも、木立もいっぱいあっていい感じだわ。
早速中へ入りましょう・・・
f0153164_151264.jpg

入ってすぐ、右手にはホテルが。
建物はいい感じだけど・・・高いんだろうなあ。
f0153164_1524515.jpg

丁度昼時だったので、まずはランチ。
中庭でワンコ発見。
ここはワンコ連れでも入場できるのだけど、ただしカーとかバッグに入れて、が条件。
モリも連れて来たいけど、カートがなかったから諦めたの。
それにしても、軽井沢っぽいセレブなワンコたちだわ・・・
f0153164_1544542.jpg

昼食も終えて、ガーデンに入る。
おお、やはり薔薇のシーズンですね。
f0153164_1564054.jpg

f0153164_1571469.jpg

丁度見頃。
よかった。
f0153164_1575750.jpg

何と言っても湖があるのがいいなあ。
木々がきれい。
ランドスケープガーデンには、湖と木々がセットだものね。
f0153164_1591276.jpg

長いパーゴラのつる薔薇も丁度満開。
f0153164_15101024.jpg

こんなところでのんびりお弁当食べたい・・・(笑)
f0153164_15111027.jpg

湖に架かる橋もいい感じに。
f0153164_15115333.jpg

ここは、さっき見たホテルの裏側。
f0153164_15122241.jpg

橋を渡って向こう岸へ。
ガゼボにはポールズが満開。
「ガゼボにポールズ」、お約束ね。(笑)
f0153164_15134643.jpg

こちら側は「シュラブの薔薇の森」って感じ。
ふぅー・・・木陰が涼しい。
f0153164_15144721.jpg

こんなフォーマルなエリアも。
f0153164_15153384.jpg

f0153164_15155470.jpg

ヒ-ハー・・・・
そ、それにしても・・・あづい・・・・
結構な広さの敷地。
ずずーっと見回ってやっと出口へ。
暑かったけど、丁度見頃でよかったー。
それにしても・・・
ショパンさんとも話していたんだけど・・・
この広い敷地にごまんと薔薇が満開なのに、全然香りがしないのよ~。
これだけ咲いていれば、普通薔薇の香りにむせ返り、とっても幸せな気分になるはずなのに・・・
つまり、暑さと乾燥で香りがしないのだ。
あちこちでくんくん顔を近付けて臭いを嗅いだけど、強香なはずの薔薇も全然香りがない!
これには驚いた。
ここまで暑いと、香りがなくなってしまうのね・・・

レイクガーデンの向かいには、これも素敵なティーショップが。
f0153164_1521593.jpg

f0153164_15223791.jpg

そんなわけで、只今満開中~・・・のレイクガーデンでした。
それにしても・・・ほんとに暑かったー。
きれいだったけど、香りが全然しなかったのがちょっと残念だったな。
Top▲ | by sukomama | 2018-06-25 14:52 | Comments(2)
恵泉オープンガーデン
自由農園に南高梅が出回って来て、「どうしようかな~・・・」と思っていたけど、結局買って来た。
f0153164_1643341.jpg

甘味料はラカントにしてホワイトリカーで漬けてみたけど・・・
どうだろうなあ・・・カビるかなあ・・・
材料費、結構したから来年まで生きているといいなあ・・・
f0153164_16452424.jpg

今日は待ちに待った恵泉女学園のオープンガーデン。
久し振り~。
たまたま日野春でチラシ見つけてよかったー。
開園時間が短いので、午前中に到着。
周辺には車がいっぱい。
観光ガーデンではないのでカーパークがなく、ガーデンの周囲に停めるしかなく、スタッフの人が大変そう。
f0153164_16481850.jpg

入場料を払い、中に入ると、やはりたくさんの人。
ここは恵泉の学生が勉強するためのガーデン。
なので普段は一般公開はしていないのだ。
年に一度、1日だけ、それも9時から14時までという短時間の一般公開なので、この日とばかり大勢がやって来る。
う~ん、これではきっとガーデンより人を撮ることになりそう・・・
f0153164_16494241.jpg

では、早速歩き始めましょう・・・
シェードにホスタを並べた植栽。
何でもない風景だけど、なんか落ち着く。
こんな椅子に座ったらのんびりできそう。
f0153164_1651421.jpg

こちらは、池とシェード、高山植物などのエリア。
木々の色の取り合わせがきれい。
f0153164_16524389.jpg

今度は有名なボーダーガーデンへ。
長~いボーダー。
やはり今年も、宿根草たちには倒伏防止のネットが施されている。
ここで初めてこれを見て、私もこのネットをJAファームで買ったんだよね。
宿根草は、同じ種類を何本かまとめて植えてボーダーにしている。
ここも、うちほどではないが冬は結構寒いので、植えてあるものも、寒冷地ではお馴染みのものばかり。
f0153164_16553685.jpg

ここも・・・木が美し~い・・・
色や高さ、テクスチュアーも考えられて。
年月が経っているからどの木も立派に大きく育っている。
しかも、広い敷地で無理な剪定などせずのびのび育っているので、樹形が美しい。
あ~、やっぱり木はこんな風に育てたいなあ・・・
f0153164_1712169.jpg

サンクンガーデン。
周囲の花壇には、オールドローズを中心に、低めの宿根草やハーブなど。
f0153164_1723984.jpg

更に奥へと進む・・・
f0153164_1733094.jpg

ここはローズボーダー?
ボーダーに香りのよい種類の薔薇が植えられている。
f0153164_1742645.jpg

いい雰囲気の一角。
f0153164_1754036.jpg

更に進んで、ガーデンの一番奥のエリアまで行き、一旦引き返す。
途中また見つけてしまった・・・
バラクラにもあった斑入りのタデ。
これいいなあ、ほんと、欲しいなあ・・・
でもよく考えたら、これ植えたらウチの寒さだと先祖帰りして普通のタデに戻りそう・・・
そしたらヤだなあ・・・また手ごわい雑草が増えるだけだ・・・
f0153164_1781444.jpg

またサンクンガーデンに戻る。
もう団体さんは行ってしまったわね・・・ホッ。
f0153164_1791570.jpg

f0153164_1793679.jpg

また先ほどのボーダーを通り・・・
f0153164_1710233.jpg

芝の広場へ。
ここのシンボルツリーはリンデン。
樹形が美しい。
f0153164_17111480.jpg

何気に、庭の端を見ると・・・
木が並んで植えてある・・・と思ったら原種の薔薇だった。
背の高さより高い原種の薔薇が、木のように林立している。
まあ、薔薇は木なんだけど。
これ、写真だとイマイチ感覚が分からないけど、ほんとに木みたいに背が高くてヒョロッと立っているの。
薔薇には見えない。
f0153164_1713104.jpg

やはりここも冬は寒くなるので、薔薇は耐寒性の高そうなものが植えてある。
ORとか原種とか修景薔薇とか・・・

ガーデンを散策し終わった後は、入り口近くの苗販売のコーナーへ。
ここでびっくり!
あんなに探し回ったハクウンボクの苗がいっぱい並んでいる~!
ハクウンボク、欲しくてネットで探しまくり、やっと見つけたショップから送られてきた苗は、なんとテッポウムシが入っていた・・・
それも、数匹棲みついていたので何度も殺虫剤を注入してやっと一命をとりとめたのだった。
そんな、苦労して入手したハクウンボクが、ここではこんなにたくさん・・・
しかもリーズナブルなお値段・・・
さすが恵泉、売っているものがツー好みだわ。
f0153164_17182644.jpg

幾つか苗を見繕って購入した後は、お楽しみのランチへ。
以前から行ってみたかったガーデンカフェへ。
今日のランチを予約しておいたのだ。
f0153164_1754335.jpg

前にも行ってみようと試みたけど、道が分かりにくくて挫折したところ。
場所はちょっとした森の中?で、なるほど分かりにくい。
けど、そこが素敵なシチュエーションになっている。
f0153164_17553286.jpg

エントランスから、くねくねと続く細い歩道を進み、ガーデンを横切り・・・
f0153164_1757527.jpg

やっとたどり着いた家屋。
造りは普通のお家なので、玄関で靴を脱いで中に入る・・・
こちらの席に。
f0153164_17591244.jpg

メニューはなし。(笑)
その日のランチのメニューは1種類だけなので。
料理が来る間に、私は庭を散策&撮影。
庭から家屋を見たところ。
f0153164_181339.jpg

ガーデンカフェ、といってもお花いっぱいのガーデンではなく、鬱蒼とした森の中のシェードガーデン。
でも、木漏れ日を浴びながらこんな歩道を歩くのは気持ちが良い。
木や草、苔の香りも心地良い。
f0153164_1834959.jpg

敷地には小川も流れ、小さな池と滝もある。
せせらぎや滝の水音が涼し気。
f0153164_1852752.jpg

f0153164_1854225.jpg

そろそろ料理が出てくる頃なので、席に戻る。
まずは、季節のフルーツと野菜をミックスしたスムージー、そして前菜。
・・・・ってこれが前菜・・・・
凄いんだけど・・・・
これ一皿でお腹いっぱいになりそうなんだけど・・・
でも、すごく美味しい。
f0153164_188245.jpg

Alexと、「美味しいね」と言いながらなんとか前菜を完食。
食べ終わった頃に今度はメインディッシュが。
本日はカレー。
これは・・・なかなか全部食べ切るのに苦労しそう・・・
f0153164_1892133.jpg

そして、そのあとはデザートなんですが・・・
これ・・・
フルーツと、ケーキがなんと3個も・・・!
f0153164_1815205.jpg

でもこのケーキもとても美味しくて、なんだかんだ言いながら全部食べてしまった・・・
そして、コーヒー・・・
キッチンの奥でご主人がゴーリゴーリ・・・と豆を挽いて入れてくれたコーヒー。
一口飲んで「美味しいー!」
ここ最近、こんな美味しいコーヒーは飲んでいなかった、というくらい美味しい。
しかもお代わり自由なのだ・・・
とても美味しいランチを終えて、店のご夫婦としばしお話した後、満腹のお腹を抱えて家に帰った。
はあー、本当に美味しかったー。
いつも予約でいっぱい、というのも納得。
またいつか行ってみよう。

そして、本日のお買い物。
ショウキウツギとカンボク。
そしてトロリウスの苗。
うちにはセイヨウカンボクはあるけど、普通のカンボクはなかったの。
嬉し~。
思いがけない掘り出し物に大喜び。
ショウキウツギも、ウチにあるけどひこばえを掘るのが面倒なので、少し大きく育っていたこの苗を購入。
はあー、思わぬ良い買い物をしたわ。
さすが恵泉、品ぞろえがほんと、ツー好み。(笑)
f0153164_1821196.jpg

今日はいろいろ楽しかったー。
Top▲ | by sukomama | 2018-06-24 16:40 | Comments(6)
ワークルーム天井の続き
先日から漆喰塗りを開始したワークルームの天井。
本塗り。
f0153164_14371782.jpg

半分だけで力尽きた。
あと、これ3回塗る。
しかも天井なのでメチャ疲れるのだ。
しかも、下はテーブルとかPCとか、ソファーとか・・・グチャグチャいろいろあるのでとっても作業しにくい。
PCの上に漆喰が落ちる・・・(笑)
疲れすぎないようゆっくりやろうっと。
Top▲ | by sukomama | 2018-06-20 14:37 | Comments(4)
久々のバラクラ
久し振りにバラクラ見てみようかなと思って、丁度フラワーショウの時期だし、行ってみることにした。
嫌味たらしくフラワーショウオープンの2日前の今日、行ってきた。
フラワーショウの期間は入場料がとんでもなく跳ね上がるので。
f0153164_13305280.jpg

入場料と年間パスの料金がほとんど変わらなかったので、パスポートを購入した。
だけど意外にそれほど来ないものだけど・・・

昨日は「雨」の予報だったけど、結局今にも降りそうなくらい暗かったが雨は降らなかった。
今日は「曇り」の予報だったので今日、バラクラに行くつもりだったのに、朝から快晴。
「やだなあ・・・」と思いながらずっと空を見ていて、ちょっと曇ったかな?と思い家を出てきたのだが・・・
またすぐ太陽カンカン。
あー・・・昨日来ればよかったー。
これじゃあまともな写真が撮れない・・・
f0153164_13372560.jpg

あー、やっぱりダメだあ・・・
日差しが強すぎる・・・
f0153164_13384111.jpg

仕方ないけど取りあえず、撮る。
ここはハーブガーデン。
f0153164_13394152.jpg

日差しもひどいけど、開花状況もなんとな~く中途半端。
f0153164_13404387.jpg

なので、いたるところに大きなポットが設えてある。
f0153164_13421754.jpg

池の鯉でも撮るか・・・。(笑)
f0153164_13425942.jpg

ホワイトガーデンのエリア。
・・・だけど・・・
ホワイトフラワーが・・・ないよ?・・・
パーゴラのランブラーだけ・・・
以前見たときはホワイトフラワーが溢れてとてもきれいだったのに・・・
f0153164_13452675.jpg

新しく薔薇の植栽エリアができていた。
名札は確認しなかったけど、オールドローズかな。
f0153164_1351114.jpg

そして、少し進むとこんな一角が。
f0153164_1352614.jpg

「不思議の国のアリス・エリア」というやつ?
でも・・・なんだかなあ・・・
以前、ここはグラベルで、とても素敵な植栽ですごく気に入っていたのだ。
ところが、そうした植物たちはもうなくて・・・
こんなものが・・・
f0153164_13541927.jpg

観光地によくある、くり抜いた枠から顔を出すやつね。
アリスと、トランプの国の兵士だか女王だか。
植栽が・・・・
全然ダメ・・・・
つまらない・・・

更に歩いてアーチウォークに。
ここも何だかパッとしないなあ・・・
f0153164_13564423.jpg

時期がまだ早いのか?
それとも植栽を変えたのか?
昔はここが一番のキレイどころだったのに・・・

少し先にトイレがあるのだが、昔からこの、トイレ前の植栽がとても好きだった。
「トイレコーナー」という地味なエリアにかかわらず、よく考えられた植栽で、何度見に行っても「いいなあ」としばし魅入っていたものだった。
それが・・・
アナベルだか何だか・・・1種類の植物が生い茂るだけになっていた。
確かにこれだと手が掛からなくていいけど。
だけど・・・全然つまらない。
トイレエリアへの入り口。
かろうじてカルミアが咲いていたけど他は何もなく、ここでもポットが活躍。
f0153164_1415632.jpg

これはいいな。
これはうちにも欲しいな。
斑入りのタデを集めて植えた一角。
周りは歩道なのでタデが逃亡してはびこる心配もない。
何より、斑入りのタデ、とてもいい感じ。
f0153164_1435066.jpg

シェードガーデンをぐるっと回って、「ブルー花壇」のエリア。
ただ単にアジサイのポットを置いただけなんだけど・・・
他にブルー花、ないよ?
以前は確かゲラとかいろいろあったはず。
f0153164_1455680.jpg

池のグンネラ。
手前はミズバショウで、その奥。
右の奥の方に見えるやつとか。
イギリスのグンネラを見慣れてしまうと、なんだかとても貧弱に見えてしまう。
しかも、以前はもっとたくさん生えていたしもう少し大きかったような・・・
イギリスのグンネラは葉の1枚が小さな平家くらいあるからなあ。
育たないのはやはり気温の関係かしら?
f0153164_14101828.jpg

メインの芝エリアを通りすぎつつ・・・
f0153164_14122494.jpg

f0153164_14124456.jpg

ここのポールズ(多分)は珍しくもう咲いているのね。
いつもはフラワーショウが終わってから咲き出すのだけど。
f0153164_14132860.jpg

そして、ひと廻りしたらお腹が空いたのでお茶。
年間パスポートで飲食が割引になる事でもあるし・・・
ということでスコーンとハーブティ。
f0153164_14154398.jpg

イギリスのスコーンは、1個がこの3倍くらいあったなあ・・・
で、2個出てくるのね。
クロテッドクリームもたっぷりで・・・
ま、ここでもほんのちょびっとではあるけどクロテッドクリームが付いてくるので、まだマシかな。

ザーッと見てみて・・・
なんだか廃れたなあ・・・という感じ。
まあ、一度倒産しているのだから仕方ないかもしれないけど・・・
植栽の、表はなんとか体裁を保っているけど、ちょっと裏側を覗くと雑草だらけとか・・・
あちこちの建造物が壊れてボロボロとか・・・
何より植栽が・・・
以前はもっと種類が豊富で華やかだった。
今は何だか、本当に「手が掛からない」ということを趣旨にしているみたい。
あ、つまり「手抜き」ね。
空いたスペースにはそこらで売っているような、よくある一年草を植えて隙間を埋めているし・・・
以前は、一つ一つの植物がもっと美しくて生き生きしていた。
そうした植物たちが語りかけてきたものだ。
その生気を受け取って、私も嬉しくなったものだ。
たとえビジネスのガーデンだったとしても、そこで生きている植物たちが、もっと輝いて楽しそうだった。
たくさんの種類の植物たちが生を謳歌していた。
それが・・・
ただ一言、廃れたなあ・・・
そんな感じを受けた久々のバラクラだった。
明日からフラワーショウ・・・
これで何千円ってとるの・・・?
Top▲ | by sukomama | 2018-06-19 13:28 | Comments(2)
薔薇の咲かない理由
今になって、どうしてうちの薔薇が咲かないのか、あんなに苦労して毎年冬囲いしても1個か2個くらいしか咲かないのか、どんどん衰弱していくのか・・・
が分かった気がする。
とにかく・・・寒い。
冬の寒さだけ見たら、北海道でも同じくらい・・・マイナス30℃近くまで下がるところも何か所もあるが、そうした土地でも夏にはたくさん咲いている。
見事に咲き誇っている。
では、うちの何が違うのか・・・
「夏の気温」が全然違う。
北海道は、うちと同じくらい極寒でも、夏は暑い。
うちは、真夏でも、気温20℃以上になる日は片手で数えるくらい。
しかも、春はいつまでも気温が上がらないし、秋はすぐにマイナスになる。
でも北海道は暖かくなるのが早いし、秋も結構いつまでも暖かい日が続く。
しかもしかも、ここでは6月、7月の植物の生育期はまるまる梅雨の中。
下界ではたまに「梅雨の晴れ間」なんてのも見られるが、ここは山なので常に雨雲の中、完全に日照不足だ。
もう、絶対的に低温&日照不足。
でもでも、イギリスだって夏、寒いよ?
ヘタしたら蓼科より、うちより寒いよ?
と思うかもしれないけど・・・イギリスは、冬、寒くない・・・
確かにイギリスも夏は気温が低くて寒いけど、植物の成長できる範囲だ。
涼しくて、ヨーロッパ産の植物には絶好の生育気温だ。
しかも梅雨はない。
そして、冬はそれほど寒くない。
間違ってもうちみたいな極寒の地はイギリスにはない。

つまりうちって・・・
北海道の冬の極寒と、イギリスの夏の低温と・・・双方のキビシイところを併せ持っているのね。
つまり、一年中、ものすごーく寒い、っていう訳ね・・・・
こりゃー、やっぱダメだ・・・
ま、いいけどね。
薔薇はもういらないし。
それにさあ・・・夏、涼しいのはサイコーよ・・・

ヒメカンゾウが咲いてきた。
f0153164_19201490.jpg

オリエンタルポピー、特に一番好きなコーラルリーフも。
f0153164_1920973.jpg

あれ?
いつのまにかサンギソルバが大株になってる・・・嬉しいな。
f0153164_1920393.jpg

この、ソステニキュー!
何年ぶりでしょう。
当地ではなかなか花の咲かないジャーマンアイリス、この子はもう何年も開花していなかったような・・・
お久しぶりね、ソステニキュー!元気だったー?(笑)
しかし開花は1個だけ・・・・(笑)
f0153164_1919589.jpg

葉と花の色の対比がなかなかくどい(笑)ツユクサさん。
でもま、丈夫でいいやね。
f0153164_19195162.jpg

パーゴラから見ると。
f0153164_19194518.jpg

少しづつ賑やかになって来ました。
やっぱり、今の時期、6月から7月にかけてが一番いいなあ。
こんな子たちがたくさんいてくれるので、薔薇がなくてもちっとも寂しくないのよ。
ま、寒さに強いやつ、数本あれば充分かな。
Top▲ | by sukomama | 2018-06-16 12:30 | Comments(6)
天井 漆喰塗り開始
いよいよワークルーム天井の漆喰塗りの開始。
まずは周囲の隅を塗っていく。
f0153164_17431696.jpg

ここはワークルームという名称にしたが、いつもいる部屋。
PCがあり、いろいろ雑多なデスクワークをする場所。
ご覧の通り、漆喰塗りをするため照明を外したので、暗くてすっごく不便。
こんな不便な生活がもう半月ほど続いている。
早く漆喰を塗り終わって照明を付けたいのだが庭の方が忙しくてなかなかはかどらないのだ。
天井だけでも早く終わらせて、暗い生活から脱却したい。
f0153164_17431184.jpg

Top▲ | by sukomama | 2018-06-15 17:47 | Comments(0)
ローメンテから見えてきたもの
おとといと今日とで、第一回目の草刈り機終了。
はー、スッキリ・・・
って、写真だと草刈り後、どれだけスッキリしたかイマイチよく分からないんだけど。
f0153164_16183251.jpg

f0153164_161826100.jpg

時間にしたら、作業時間は延べ3時間弱。
これでも多いかな。
もっと短く簡単に済ませたい。
そのためには少しでもパスの整備を進めなければ・・・
以前、マイロフェの中で梅木さんが語っていた言葉。
「土の見えるところをなるべく少なくするのはローメンテの基本」
本当にそう思う。

去年はかなりの数の薔薇を処分した。
今年もできるだけ抜く予定。
冬囲いの必要なものをなるべく・・・できれば全部なくしたい。
もう疲れた。
短く剪定した後紐で縛って、不織布で分厚く巻いて、その上からスーパーコートで覆って、更にプチプチでまた分厚く巻き、最後に波板で囲う・・・・
毎年冬、これを200本近くの薔薇に施していた。
そして春が来るとそれらをまた一つ一つほどいていき・・・
これらの資材の片づけに何週間もかかった。
ここまでしても、咲くのは、弱いものだと年に1個か2個・・・
新枝咲きのERでも、年々弱って来て花数が少なくなりつつある。
ハイブリッドルゴサでも黄色の系統は弱くて、今年など上部の枝の大半が枝枯れ。
もう無理して薔薇を育てるのはやめた。
他にも、宿根草でも手が掛かったり生育の悪い物、この土地では耐寒性が生育ギリギリなもの・・・そうしたものはもう執着するのはやめた。
また今年はネズミの食害がひどく、かなりの種類がなくなった。
お気に入りだった植物もずいぶんなくなってしまった。
そうしたものを見るにつけ、もう執着するのはよそう、と心底思った。
なくなってしまったものは仕方ない。
そして、この土地でもガンガン元気に育ってくれるもの、そうしたものだけで庭を作っていこう・・・そう思うに至った。
これこそが究極のローメンテ。
昨年、イギリスで生き生きと育つ薔薇たちを見て、本来その土地に育つものこそがその土地に合ったものなのだとつくづく思った。
そうしたもので作られた庭こそが本当のローメンテの庭・・・
やっとそう思えるようになった。
随分時間とお金がかかったけど・・・これはこれで勉強代。
その道を通ってきたからこそ、ここに辿り着いた。
だから後悔はしていないけどね。
オープンガーデンを催される方のような、薔薇の咲き乱れる、お花いっぱいのお庭も素晴らしいと思う。
でも、うちは違う。
うちにはうちの土地でしかできない庭作りがあるはず。
心底そう思うに至った時、なんだかとても楽になった。
そしてここ数年、物凄く負担になっていて、もう嫌になっていた庭だったのに、また再び庭熱が蘇ってきた。
「うちにしかできない庭作り」これからは、これを心に刻んで、再びやっていきまっしょう~!
Top▲ | by sukomama | 2018-06-14 14:37 | Comments(7)
ワクワクがとまらない
6月、梅雨の本格的な雨降りに入る直前。
今の時期の庭は本当にワクワクして心踊る。
アプローチを出入りしていて気が付いた。
キングサリに花が・・・!
f0153164_1716174.jpg

あー、びっくり!
去年植えたばかりだというのに、花が咲いているー!
普通、木の花って植えてから10年近くしないと咲いてくれないのだ。
この子は去年植えたばかりだし、まだ樹高も低いので、あと数年は待たなければと思っていたのに・・・
いやー、優秀ー!
キングサリって、こんなに成長がいいんだー。
なんて・・・植えたばかりだから咲いたのであって、これから10年くらいは何もなしかもしれないけど・・・いつもの事。
f0153164_17161147.jpg

大好きなオレンジのジャーマンアイリスも開花。
f0153164_1716653.jpg

坊主頭も開いてきたー。(笑)
f0153164_1716262.jpg

パラカリウム。
やっぱりきれいだな~。
こんなに手間と時間がかかって短命じゃなければいっぱい植えたいのに・・・
f0153164_17155841.jpg

シラー・カンパヌラータ・・・じゃない、名前変わったんだよね・・・覚えていないけど。
f0153164_17155421.jpg

かわいい赤花ヤマボウシ、サトミちゃんも出てきたー。
f0153164_17154990.jpg

あっちでもこっちでも、無事に越冬した芽吹きや新しい蕾が・・・
毎日嬉しい発見がたくさんで、ワクワク胸が一杯になる。
だけどこれも、そのうち梅雨が本格的になり、毎日ザーザー降りが続くと見るも無残になっていくのだけど・・・
本当に梅雨が恨めしい・・・

ところでこの方・・・
もう数年前・・・4、5年くらい前?に既に亡くなったと思っていたダッチェス・オブ・エジンバラ。
なぜか今、再び出てきたんだけど・・・
もう何年も出てこなかったので、すっかり枯れ果てたと思っていたのに・・・
なんで?
なぜ今頃また出てきたのだろう・・・?
つか、今迄地下で何やってたのだろう・・・?
ほんとに、今の時期はびっくりやらうっひゃー!がいっぱい・・・
f0153164_1715426.jpg

Top▲ | by sukomama | 2018-06-13 17:35 | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin