カテゴリ:北海道 2018年( 19 )
Top▲ |
ワンコと行く北海道・庭巡り 帰ってからのお楽しみ
家に帰り、ボーッと緑濃ゆい原生林を懐かしみながらも、楽しかった日々を思い起こさせてくれるのがちょっとしたお買い物。
はい、毎度恒例、お土産披露。
でも今回はそれほどお買い物はしなかったのよ・・・いや、実は・・・ごにょごにょ・・・

富良野プリンスで購入の塩。(笑)
わさびとかおにぎり用とか、紫芋、唐辛子、などなどいろんな種類が少しずつの塩で、これに使用されているのが「岩塩」なので即購入。
f0153164_11523713.jpg

十勝のスーパーで何故か安売りしていた南部せんべい。(笑)
と、新千歳で買ったお菓子。
f0153164_11523393.jpg

イコロの売店で売っていた宿根草ガイドブック。
日本の園芸書では珍しくHZも記載されているのでいいかな、と。
f0153164_11522857.jpg

これは大森カントリーガーデンで見つけた花瓶。
f0153164_11522066.jpg

繊細な浮き彫りの柄がとてもきれいで、お仏壇に飾るのにぴったり。
f0153164_11521577.jpg

そして・・・
早くも届いた、大量買いの苗の詰まったイコロ便。
f0153164_1152880.jpg

この後も続々と大量の苗が届く予定なのであった・・・(何が「あまり買い物しなかった」って?・・)
Top▲ | by sukomama | 2018-07-10 11:49 | 北海道 2018年 | Comments(0)
ワンコと行く北海道・庭巡り 大人のワンダーランドガーデン③
えこりん村を出て、千歳空港へ向かう。
カーナビのモニターには、今迄に走った道程が表示されている。
f0153164_1119716.jpg

見やすいようアップにして位置を変えてみましょう・・・
f0153164_1119229.jpg

すごい・・・
北海道の面積の4分の1くらいの広さを走っているんじゃない?
今回の旅行で回った走行距離、1500キロ。
とんでもない長距離を走り抜けたものだ。
おかげでAlexは疲れてグッタリ。
今回、車をレンタルする時Alexだけを運転者にしたので私は運転できなかったのだが、今度来た時は二人で運転しないと。

しかし、本当に楽しかったー・・・
ガーデン巡りは勿論最高に楽しかったのだが、ドライブ自体もとても楽しかった。
車で走っているだけで幸せな気分になる場所なんてそうそうない。
イギリスと、北海道と、そしてエコーライン(笑)
特に原生林、行けども行けども家も店も醜い看板もなく、ただひたすら鬱蒼とした森林だけが続き怖いくらい。
人家も店もなく、「ここでガス欠起こしたら熊に食われておしまいだろうな」なんてマジで怖かった。(実際には絶対誰かは通りかかるだろうけど)
町中を走っていても、時々遭遇する用途不明の草原とか・・・
なぜここにこのような草原があるの?と謎に包まれたきれいな草地。
公園でもなく個人の庭でもなく、きれいに芝を刈ってあるので誰かが手入れしているのだけど、一体これは何なんだろう?・・・という草地があちこちに。
こういうのほんとイギリス、いいな~。
そして、土地があるからどこも広々、とにかく緑の面積が大きい。
同じ緑の風景でも、長野と違う・・・
とにかく汚い看板、広告がなく、人家もないから電線もなく、景色が本当に美しい。
そう、何もせずにただ緑の中を車で走っているだけで幸せなのだ。

空港に行く前にレンタカー店舗に寄って、車を返却。
今回の旅行で一番の高額出費がこのレンタカー。
1週間で10万はちょっと厳しいよなあ。
もっと安ければちょくちょく北海道へ行けるのに。
そして送迎バスで新千歳空港に到着。
これから松本空港に着くまではモリスはずっとケージの中。
ちょっと我慢していてね。
f0153164_11185642.jpg

搭乗時間にはまだ時間があり、お昼時でもあったので、到着した時にテイクアウェイした1階の天ぷら屋でまたしても天丼を購入し、ロビーのベンチで食べた。
搭乗ゲートのある2階へ上ったのだが・・・
ここに何やら飲食店があるじゃないの・・・
そちらの方へ行って見ると・・・
あああ・・・・
何ということ!飲食店がいっぱいー!・・・
し、知らなかった・・・2階は土産物とか美味しいもののショッピングモールだったのねー!・・・
え~ん、知っていたらランチもここで食べたのに・・・でも天丼、すごく美味しかったからいいけど・・・
もうそろそろ搭乗が始まる時間だったのでゆっくりはしていられなかったのだが、とっても気になって急ぎ足でウロウロした。
わあ・・・すっごい美味しそうな店がいっぱい・・・
近くの店で大急ぎでAlexのクライアント用とか自分用のお土産を買い、よつ葉ショップでデザートを購入。
もう、美味しかったー。
f0153164_1118519.jpg

他にもほんとに美味しそうなものや楽しそうなものがたくさん~・・・
でももう時間がなかったので、後ろ髪すっごく引かれながら急ぎ足で搭乗ゲートへ向かった。
くくう~、なんという心残り!(そんなに? 笑)
だってねえ、せっかく「美味しいもの天国」の北海道にやって来たのに食事の殆どがセブンイレブンだったのよー。
ペンションの朝食とか、レストランでの食事とか、なんて数回だけ。
後は殆どがコンビニご飯でした~。
スイーツパラダイスの十勝だってソフトだけだったし・・・
もう・・・今度来た時には絶対、たっぷり時間をとって、ここで美味しい物探訪だわ!
こうしてまた一つ次回の来道目標ができたのであった・・・

時間がないのでよつ葉のソフトを食べながら走り、(笑)なんとか搭乗手続き。
モッたん、しばしのお別れ。
頑張ってね・・・
f0153164_11184774.jpg

新千歳の外はかなりの雨。
午前中えこりん村では雨がなくてよかったー。
f0153164_11184377.jpg

そしてテイク・オフ。
北海道を後にすると徐々に雨雲が晴れてきた。
1時間ほどで長野市の市街地が見えてきた・・・。
f0153164_11183774.jpg

やがて懐かしい松本が・・・
f0153164_11183383.jpg

無事、松本空港に到着。
モリスも無事に引き取り。
車も無事にあったー。
f0153164_11182972.jpg

中央高速に乗り、諏訪に近くなると、前方に虹が・・・。
なんだか「お帰りなさ~い」と歓迎されているようでちょっと嬉しかった。
f0153164_11181372.jpg

まだ時間はたっぷりあるので、食料のお買い物をする。

しかし、新千歳から1時間半、ほんとにあっという間に松本。
そして、午前中は銀河庭園を回って感激していたのが、午後にはD2茅野店でお買い物・・・
なんかすごく不思議な感じ・・・
10℃の十勝から31℃の松本へ。
そして15℃の我が家へ・・・目まぐるしい。
けど快適~。
夏の15℃って一番いいよねえ。

この1週間、日本中が豪雨災害に見舞われて大変だったみたい。
その同じ1週間、私達は北海道で庭三昧。
北海道も豪雨が続いたのに、その豪雨の合間を縫うように、どこに行っても奇跡的にほとんど雨にも当たらず傘も必要なく、楽しく庭巡りを遂行することができた、寒かったけど。(しつこく)
本当に有難いことだ。
そして早急にガーデンの復旧に努めてくださった「風のガーデン」や「えこりん村」などのスタッフの方々、本当に感謝!
そのおかげで庭観賞を楽しむことができた。
そしてつくづく思ったのだけど・・・
普段私達ってシャバから隔絶された大自然の中でアドベンチャーファミリー(←いい映画だよ~ 笑)やっていると思っていたけど・・・
すみません・・・謝罪いたします、訂正いたします・・・
私達の環境なんて全然都会暮し、大都会。
もっともっと壮大で広大な秘境があったのだー。
そしてそこで生活している人々がおるのだー。
こんなゴミゴミした喧騒の町(←一応八ヶ岳)に戻ってくると、あの、どこまでも続く人を拒むほどの大自然がとても懐かしい。
あ~、また行きたいな~・・・
北海道の原生林が私を呼んでいる~・・・
また近いうちに絶対行こう・・・
あ、でも夏、暑いんだよね(晴れたらね)・・・これ、何気に最大の難関・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-07-09 11:12 | 北海道 2018年 | Comments(0)
ワンコと行く北海道・庭巡り 大人のワンダーランドガーデン②
ボートハウスガーデンを出て更に歩くとこんな素敵な光景が・・・
う、美しい・・・
緑がなんて美しいの!
同じグリーン系でも、真鍋庭園はダークな色調だったけど、ここは明るく鮮やかなグリーンを中心にしたグラデーションで彩られている。
これがとても私好み!
こんな緑さえあれば、ほんと、花は僅かな添え物程度で十分なのよね~。
f0153164_11205052.jpg

丘の裾にはホビットのお家みたいなのも。
ここも入ってみたいけど、さっさと進まないと・・・
f0153164_11214117.jpg

そしてここがー・・・
出たー、ドラゴン・ガーデン!
このグルグルの段々花畑が、ドラゴンのとぐろをイメージしているのだと思う、多分・・・
f0153164_1123173.jpg

分かりやすいよう半分割してみました~。
左側。
f0153164_11241611.jpg

右側。
f0153164_1125507.jpg

上に登るとこんなテラス風のスペース。
f0153164_1126436.jpg

下を見下ろすと・・・
暖色系の植栽がきれい~。
f0153164_11273870.jpg

f0153164_11275368.jpg

周囲にはところどころドラゴンの背びれが浮かび上がっているの。
f0153164_1129218.jpg

ここも・・・
ゴツゴツ・・・
これだけ見たら、何か分からないけどね。
f0153164_11304966.jpg

f0153164_11311450.jpg

水の神様だから、やっぱり水もあります。
f0153164_11325862.jpg

f0153164_11331367.jpg

いやー・・・
すっごく楽しい!
楽しくてしかも美しい!
植栽も美しいし、お手入れ・管理もしっかりしているので、更に気持ちよい。
ほんと、素晴らしいガーデンだわ・・・

テラスに登って更に進むと、今度は可愛いキッチンガーデンのスペースが現れる。
このヤナギで編んだレイズドベッドがいいですね。
f0153164_113758.jpg

で、何気に見てびっくりしたのが・・・
この低木、何かと思ったらなんと!レモンバーベナなのよー。
ええ!?ここでレモンバーベナ、越冬できるの!?
鉢植えではないし、しっかり地植えにしているし・・・
それとも秋には掘り起こして室内保管するのかな?
ここでレモンバーベナが越冬できるとしたらえらいこっちゃ・・・
f0153164_11352415.jpg

隣の部屋はリーフのお野菜。
f0153164_1145389.jpg

出入り口から下の景色を覗いてみると・・・
f0153164_11461674.jpg

いた、いた・・・
サバンナの動物たち・・・
f0153164_11464457.jpg

キッチンガーデンから階段を上り、さらに上の階へ。
下を見下ろすと・・・
f0153164_11481114.jpg

横は・・・
きれいな緑のベンチスペース。
すごくきれいに手入れされている。
f0153164_11493632.jpg

そして上の階へ上り詰めると・・・
ここもすっごく素敵!・・・
f0153164_1151656.jpg

ここは定番のパープル&イエローのガーデン。
ここも花は殆どなく、パープル系の草木とイエロー系のものとで構成されている。
センターのシンボルツリーは勿論、クリムゾン・キング!
f0153164_11544660.jpg

はあ~・・・きれいだな~・・・
ここも、パープルはロイヤルパープルにディアボロにカラドンナとか・・・
イエロー系は黄金葉コデマリやシモツケや・・・
f0153164_1158248.jpg

タイムなどの匍匐性のものも・・・
f0153164_11591257.jpg

ところどころバリエガータの葉物も配してあったり。
f0153164_11595265.jpg

あまりにきれいで足が固まっちゃって、しばらくぼーっとしていた。
ずっとここにいたいなあ・・・。
そして、行く先には不思議なあずまや?が・・・
f0153164_1212423.jpg

ここのエリアもとても楽しいのだ。
何がいいかって・・・
この、アイアン製のクリーチャーたち!
f0153164_1245385.jpg

f0153164_124191.jpg

どれも欲しいー!
あの、コッコちゃんといい、どの作品もほんとに見事で遊び心豊富でかわいくて・・・ワクワクする!
1個でもいいからウチの庭に欲しいなあ・・・
すごく楽しいだろうなあ・・・凍結にも強そうだし・・・
しかもよく見ると・・・
この地面、すごい・・・
何気にすご~く凝ってる。
これ、1個1個手作業で石を嵌めていったのかなあ・・・
f0153164_125946.jpg

f0153164_125255.jpg

この右側にあるアーチ、これなんだと思う?・・・
f0153164_1253764.jpg

これはなんと、鉄筋でできているのだ。
f0153164_12103070.jpg

こんなちょっとしたお遊びがほんとに好き!
f0153164_1211074.jpg

少し階段を下りると、小さなポンドガーデン・・・
f0153164_1215249.jpg

f0153164_12135356.jpg

あの不思議なあずまやの裏側はこんなことになっていたのね・・・!
f0153164_12142923.jpg

今度は少しずつ下に下りていく。
途中こんなベンチも。
ベンチそのものも素敵だし、周囲の植栽もとても良い。
テキトーに何か植えるのではなく、ちゃんと考えて植栽されている。
こんな小さな部分でも手を抜かないというか・・・
ほんとに、見る人が見れば分かるというか・・・
しかも、ここに植えられているのって・・・トチノキ?
ほんとに?だとしたらすごいシブいチョイスだけど・・・違うかな?
f0153164_12183744.jpg

横を見ると、こちらもきれい~。
あまり目立たないスペースなのにきちんと手入れされている。
こういうところにそのガーデンのレベルと真価が現れるのよね。
こういったあまり目立たない、人が立ち入らない場所もきちんとしているということ。
それにしても、広いのにほんとにゴミ一つ落ちていない。
f0153164_12204150.jpg

そして、下まで降りると・・・
とうとう出ました、グラスのサバンナ。
f0153164_12213682.jpg

多分ヤナギ?の動物たち。
f0153164_1223729.jpg

グラスがサバンナの草原を表しているのかな?
草の間から動物たちが見え隠れする。
f0153164_1224174.jpg

f0153164_12243456.jpg

グラスって、ちゃんと手入れしないとほんとにただの草ボーボーになっちゃうから大変なのだけど。
ここはきちんと管理されているので、グラスの美しさが際立っている。
f0153164_12255367.jpg

その先に進むと、広々したメドウに出た。
f0153164_145910100.jpg

ところどころ草を刈り残してワイルドフラワーなどを植えている。
これも、きちんと芝を刈って草花の部分と対比させないと、ただの荒れた野原になってしまう。
f0153164_1515865.jpg

途中に池があり、向こう岸にも何やら古城っぽい建物が。
f0153164_154413.jpg

元来た方角へ戻ると小さなホワイトガーデン?
f0153164_1551999.jpg

そして、やっと出口に到着・・・
した途端、入口の方からゾロゾロと団体が・・・
どう見てもガーデンには興味ありそうもない大勢のオバサン・オジサンの団体。
きっとツアーか何かでここもコースに入っていたのだろう。
あ~、良かった・・・丁度私が見終わった頃入場してくれて・・・
行く先々でこんな団体さんに囲まれていたらたまったものではなかった。
入口では待ちくたびれたAlexとモリが待っていた。
f0153164_159408.jpg

つか・・・バックの大蛇が気になるんだけど(笑)・・・
f0153164_151047100.jpg

銀河庭園を出たところにはこんなものもある。
アルパカショップ。
中ではアルパカ関係のグッズとか、羊毛フェルトの教室などもある。
羊じゃないけど。(笑)
f0153164_15124480.jpg

なんの予備知識もなく訪れた銀河庭園だったけど、とても良かった。
ガーデン全体にワクワクする遊び心が溢れていて、勿論ガーデンデザイン・植栽も素晴らしく、管理もパーフェクト!
こんなに良いところだとは全然想像していなかった。
至る所に楽しい工夫がなされていて、さながら大人のためのワンダーランド。
そう、ここは大人のワンダーランドガーデンなのだー。
今日歩いた場所の他にも見るべきポイントはたくさんあるのだが、Alexとモリを待たせているし、飛行機の時間も気になるので早足で回って来てしまった。
こんなに広くて見どころ満載のガーデンだとは思わなかったし。
今度は絶対たっぷり時間をとって、ゆっくり見て回りたい。
本当に素晴らしいガーデンだった・・・

ところで、私が庭巡りをしている間、Alexとモリはこんなところで遊んでいたらしい。
f0153164_15191780.jpg

えこりん村の向かいのファーム。
広くて羊がいっぱいで・・・イギリスみた~い!
羊~!
もうヘアカットが済んだのかな、皆マルガリータ~。
f0153164_1521481.jpg

うっひゃ~・・・
ほんとにイギリスだわ~・・・!
f0153164_15222273.jpg

Top▲ | by sukomama | 2018-07-09 07:14 | 北海道 2018年 | Comments(0)
ワンコと行く北海道・庭巡り 大人のワンダーランドガーデン①
本日は旅行最終日、家に戻る日。
搭乗予定の飛行機は14時25分新千歳発。
・・・結構時間あるじゃん・・・
午前中時間があるから・・・どこかへ行こうかな?・・・
あっ!・・そうだ、えこりん村へ行こう!
先日は豪雨被害の為休園していて入場できなかったえこりん村。
もう水も引いたのでは?ということで昨夜ネットで調べてみたら、やはり通常通り営業している様子。
新千歳空港からもすぐ近いので、搭乗にも便利だし。
ということで急遽、本日の午前中はえこりん村へ行くことに決定した。
しかし問題は・・・えこりん村はワンコ不可なの・・・(悲)
あんなに広い敷地なのにね・・・
広々としてワンコも走り回れたら喜ぶのになあ・・・
でも仕方ない、私が見学している間Alexとモリにはどこかで時間を潰してもらおう。

今朝の朝食。
相変らず美味しい・・・
景色も美味しい・・・
とても素敵な宿だったので、おいとまするのがちょっと寂しいな。
f0153164_16474026.jpg

オリガちゃんも相変らずのびのび寛いでいる。
残念なことに、マシューちゃんはもうすでにハンティングに出かけちゃったんですって。
ええ~、残念!
最後にご挨拶したかったのに・・・
あ~、マシューちゃん、ほんとにほんとに可愛かったー。
もうスーツケースに詰めて持って帰りたいくらい・・・(笑)
f0153164_16503076.jpg

食事を済ませお会計を済ませた後は、高速に乗って一路恵庭市へ。
と、高速を走っていると突然前方にツインタワーが・・・
「あれ?あれってネットで見たことある・・・」
f0153164_1653253.jpg

そう、あれが星野リゾート・トマムだ。
へ~え、こんなところにあったのね。
f0153164_16553499.jpg

そして、えこりん村に到着。
水浸しだったカーパークもすっかり水が引いている。
よかったー。
f0153164_16562845.jpg

早速銀河庭園へ入場。
まだ早い時刻なのでほとんど人がいない。
よかったー。
f0153164_17272872.jpg

可愛いハウス。
その後方にはきれいなボーダーが続いている。
ここでもって、もう「なんだか・・ここ、いいかも・・・」
f0153164_1729156.jpg

緩やかなカーブを描くロングボーダー。
植えられているのは定番のジギとかデルフィなんだけど・・・
色使いがとても素敵~。
f0153164_17324266.jpg

抑えた色味が品があって・・・
見慣れた植物なのに、改めて良さを発見。
f0153164_17342485.jpg

続いてフォーマルなヘッジのガーデン。
f0153164_17354577.jpg

更に進むとこんなお家が。
なんか・・・建造物がどれもすごくいいんですけど・・・
これだけでもう、このガーデン・・・なんかいいかも・・・と思ってしまう。
f0153164_17362967.jpg

そして・・・
出たー・・・憧れのメドウ!
以前、このガーデンができたときの記事を雑誌で見た時、バニー・ギネスがデザインしたこのぐるぐるメドウがすごくいいなあと思って、いつか見てみたいと思っていたのだ。
じっくり見て回りたいけど、まだまだ先が続いているのでここは後にして・・・
f0153164_17402846.jpg

ここはローズガーデンの入り口。
f0153164_17414777.jpg

ここを進んで行くと~・・・
きゃあ~・・・素敵!
f0153164_1742504.jpg

きれいで、かわいくてワクワクするエリア~。
もうね、ポイント、ポイントで「わ~、これいいなあ」「ひゃあ、素敵ー!」「きゃあ、かわいいー!」っていうのがいっぱいなの。
f0153164_17453432.jpg

もー・・・可愛いでしょう?可愛いでしょう~?
f0153164_17494717.jpg

この先がローズガーデンなんだけど・・・
このコッコちゃん、そばにいるガーデナーさんと比べればわかるけど・・・デカい。
欲しい!
こんな素晴らしいオブジェがあっちにもこっちにもてんこ盛りなのー!
もう、みんな欲しいー!
f0153164_17522629.jpg

欲しい、欲しい、デカいコッコちゃん・・・
隣の薔薇の絡まるスクリーン?ゲート?も素敵~・・・
f0153164_17564371.jpg

小さなハウス。
細かいところまで考えられていて、屋根のセダムも可愛い。
多分この中はいろいろガーデングッズが収納してあるのかな。
f0153164_1759272.jpg

撮影ポイント。
左の椅子に座ると、丁度額縁に縁どられたように見える。
f0153164_180979.jpg

こういうオブジェが至る所に点在していて、どれも欲しい~。
f0153164_181742.jpg

花壇はというと・・・
こんな感じでフツーに薔薇が植栽されている。
でも、色とりどりできれい。
f0153164_182248.jpg

ここにも小屋。
小さめなのがいいのよね。
f0153164_1825869.jpg

ここにも。
隣に生えている木との取り合わせがいいのだ。
f0153164_1835961.jpg

ローズガーデンを抜けて、再び先ほどのショップ?へ。
小屋の入り口に季節限定の薔薇スイーツの看板があったから、多分ここでお茶ができるのかな?
f0153164_10252566.jpg

かわいくまとめられている。
時間がなかったので中は入らなかったけど、今度来るときはちょっと覗いてみたいな。
f0153164_1026961.jpg

こんなかわいいフォーカルポイントがあちこちに。
f0153164_1027236.jpg

つるバラのアーチ。
結構長い。
f0153164_10281245.jpg

かわいいお茶会パーティーのエリアも。
椅子、テーブルがとてもお洒落なの。
実際ここでティーパーティーとかするのかな?
f0153164_10291823.jpg

シェッド。
これは実用より、見せるためのものかな。
f0153164_10305027.jpg

ここもラブリーなエリア。
f0153164_10312617.jpg

ほんと、かわい~い。
f0153164_1032177.jpg

更にフラワーベッドが続く。
f0153164_10332913.jpg

f0153164_1034058.jpg

時々こんな感じで木立の中にこっそり建造物が。
どれも小ぶりで可愛らしく作られているけど、人も入れるのかしら?
f0153164_10354516.jpg

薔薇を中心とした花壇が続く。
f0153164_10364048.jpg

f0153164_10365877.jpg

次に現れたのは・・・
何だろう・・・ブルーガーデンかな?
f0153164_10374930.jpg

やっぱりブルー系の花が目立つからブルーガーデンなのかも。
この中ほどに群生している白い花、すごく気に入ったのだけど何と言う花なのか分からない。
キク科なのは分かるんだけど・・・
近くで手入れされているガーデナーさんに聞いたらなんとエリゲロン。
大型のエリゲロンとのこと。
そうだ、私以前から白の大型エリゲロンが欲しかったのだった~。
うちにある大型エリゲロンはパープルとピンクだけ。
どうしても白が欲しくて探したのだけど・・・でもどこにも売っていない。
イギリスにも種も見つからない。
そうか、ここにはあったのね~。
やっぱりいいなあ・・・
f0153164_10434363.jpg

こちらはフォーマルな感じのローズガーデン。
f0153164_10451239.jpg

f0153164_10453367.jpg

そして、そして、ここがー・・・
すっごく植栽が気に入ったエリア~。
f0153164_10461871.jpg

小さな流れがあったり、オールをディスプレイしていたりと、ボートハウスをイメージして作ったのかな?と思ったのだけど・・・
f0153164_10502985.jpg

f0153164_10521631.jpg

f0153164_10522968.jpg

敷石の上にはこんな流れもあったりして・・・
f0153164_10535652.jpg

f0153164_1054830.jpg

で、この流れに架かるブリッジの名前をよく見てみると、ウェストミンスターとかハマースミスとか・・・お馴染みの名前が・・・
ああ、やっぱりそうだ、これはテムズ川だ~!
やっぱりここはテムズ川とボートハウスをイメージしていたのね。
ここの植栽が・・・ブルー系でまとめられているのだけど・・・これがとても素敵なの~。
f0153164_10572879.jpg

じっくり観察して、しっかり名前をメモ。
来年施工予定のうちのブルーガーデンに取り入れちゃおう。
f0153164_10583146.jpg

Top▲ | by sukomama | 2018-07-09 03:16 | 北海道 2018年 | Comments(0)
ワンコと行く北海道・庭巡り 十勝スイーツはいずこ?③
真鍋庭園を出て、次の目的地へ。
北海道の町を走っていると、時々こうした風景に出会う。
多分防風林なのだけど・・・
なぜに白樺?
確かにとても美しいのだけど・・・
なぜに白樺?(笑)
白樺ってご存知のように、とても弱くて腐りやすい。
伸びるのも早いけど、数年で新旧入れ替えないとバタバタ倒れて大変。
なんでこんな木種にしたんだろう・・・
やっぱりきれいだから?
観光地として見栄えが良いから?
ナゾだ・・・
この木も、まだ若いよね。
最近植えたのかな。
年期がいって来たら、倒れる前に切らなくちゃいけないけど・・・もっと育ったら伐採してまた植え直すのかなあ?
これ、全部切ってまた全部植え直すのかなあ?・・・
ナゾだ・・・
f0153164_16471835.jpg

あ・・・よく見るとここにも、ヤジルシ・・・(笑)
f0153164_16475083.jpg

でも、北海道を車で走るのはとても気持ちが良い。
まず、きちゃない看板が全然ない。
特に山間部はほんとに緑一色、緑一杯。
右を見ても、左を見ても・・・緑、緑、緑・・・
いいな、いいな、イギリスだー。
走っていても対向車もなく、もし何かあったらどうしよう・・・と思うと怖くなるくらい、緑の他には何もない。
ゴミゴミした人家の密集もない。
いいなあ・・・
本当に、こんなところに住めたら最高だな・・・あ、でもダメだ、北海道、夏は暑い・・・(笑)
冬、寒くて、夏、暑い。(笑)
蓼科は冬、寒いけど、夏も寒い。(笑)
やっぱりうちで大人しくしていよう。

さて・・・到着したのはここ、十勝ヒルズ。
f0153164_170334.jpg

「北海道ガーデン街道」の中にも入っていて、ウェブサイトを見たらなかなか素敵な感じの所なのでリストに入れたのだ。
レストランの食事も美味しいらしいので、ランチはここで、と。
車をカーパークに停めたが、なんだかとても混んでいる。
車もたくさん、観光バスまでいる。
人気があるのかなあ?
先日買ったチケットを見せて入場する。
ここも嬉しいことにワンコOK。
北海道のガーデンは、多くがワンコOKなのでほんとに助かる。

ここでランチを、と思っていたのだが、今日はもう予約でいっぱいらしい。
ここの料理が評判なので楽しみにしていたのだが、残念・・・。
でもカフェの方は大丈夫とのことで、後でそちらに入ることにした。

入り口ゲートからずっと続く長~いボーダー。
すごい長さだなあ。
f0153164_1745083.jpg

ボーダーをずっと歩いて行くと、広々した芝に出た。
ここはスカイミラーガーデン。
今はまだ咲いていないけど、ブルーから白にかけてのサルビアが空を映したように植栽されている。
ここも気持ちがい~い。
遥か向こうに霞んで見えるのは日高山脈?
f0153164_1783218.jpg

ここでも勿論、ボール遊び~。
f0153164_1711178.jpg

f0153164_17121086.jpg

そして、この広場に点在するフラワーベッドの植栽がとても素敵なのだ。
すごくセンスいいな~・・・と。
f0153164_17131383.jpg

家に帰ってから、こちらの方のブログを見つけて、始めから一気に夢中で読んだ。
始めは単に社内の配属で「風のガーデン」で働き始め、始終不満たらたらだったのが、いつしかめきめきとガーデナーとしての頭角を現していき、そのうち「風のガーデン」のヘッドガーデナーに。
そして十勝に移住して「十勝ヒルズ」のヘッドガーデナーになり、ヒルズを設計した笠先生にどやされながらもガーデナーとして一回りも二回りも大きく成長していく様子が、まるで青春ドラマを見ているようで、とても微笑ましく楽しく、頼もしい。
先ほどのボーダーもこちらの花壇もこの方が植栽デザイン。
これをそのまま自分の庭に持って行きたいなあ、と思わせる素敵な植栽だ。
いつまでもお元気でお仕事頑張って欲しい。

こちらの植栽も斬新。
黄金葉の低木の隣にロイヤルパープルが植えてあるんだけど・・・
ロイヤルパープルって高木だよね・・・
それを短く切り詰めて仕立ててある。
低いブッシュになったロイヤルパープルがきれいだしかわいい。
このパープルの葉、きれいだわあ。
でもこれ、このまま低木のまま剪定続けるのかなあ・・・
それともある程度したら伸ばして高くするのかしら?
向こうに覗くホスタの葉色と薄いパープルの花の色とも相性ばっちりで、ここも小エリアながら気に入った場所であった。
f0153164_1125894.jpg

そして、これも、別の意味でお気に入り・・・
薔薇の植栽の中に、なぜか雑草が・・・
うちの近所でもよく見かける、あのイネ科の雑草・・・
これがきっちり植わっているんだけど・・・これってどう見ても「雑草抜き忘れた~」ではなく明らかに「植えてる」・・・。
多分、グラスとして扱っているのかしら?
でもこれ、所謂「グラス」として流通しているものでなく、確かにそこらでよく見かける「雑草」(笑)
なんかこんなところにガーデナーさんたちの遊び心を見て、嬉しくなってしまった。
きっちり整然と管理されているガーデンなので尚更こんなところに余裕の遊び心を見つけてしまって、息を抜けるというか、いいなあ・・・と。
f0153164_1175973.jpg

そしてこちらがローズガーデン。
f0153164_11112224.jpg

ここに植えてあるのはERなんだけど、正解だったなと思う。
ERだったらそこそこ四季咲きで、北海道だったら春から秋まで花が見られる。
耐寒性も比較的あり、きっちり冬囲いすれば何とか越冬してくれる。
万一枯れ込んでも、新枝咲きだから剪定後も必ず花が見られる。
本当に良い選択だと思った。
f0153164_11154010.jpg

一般のローズガーデンって好きではないのだが、ここは高木、低木が程よく配され、薔薇だけ、ということもなく落ち着いてのんびり寛げる。
造園屋さん手作りの石積みの建造物もいい雰囲気だし。
f0153164_111717100.jpg

しかし・・・
ここを撮影するのに、団体さんがいっぱいいて、人が引くまでずーっと長い間待っていたのだ。
ひとグループが行ったと思ったらすぐ後から別のグループが来て・・・
あまりに人が多くて見苦しかったので、人がいなくなるのを待っていたのだけど、長い間待っていて疲れちゃった。
f0153164_11215762.jpg

私がローズガーデンで団体が引けるのを待っている間に、Alexとモリスはその先へ。
トンボ池。
f0153164_11254523.jpg

小さな池だけど池の周囲をぐるりと散策できる歩道がある。
f0153164_112755.jpg

この頃から段々雲が晴れて来て、青空がのぞくようになってきた。
そうなると今までの低温から一転して、暑い、暑い・・・
こんな木陰で休みたい・・・というかもう日陰から出たくない・・・
なんなの、この落差?
f0153164_11294412.jpg

本当はまだまだ見どころがあったのだけど、もう暑すぎて限界。
筋金入りの寒冷地体質の私には、20℃超えの気温は厳しい。
暑さで倒れそうになり、このままだと危険だと判断して、急いでカフェまで戻った。
カフェでランチ。
f0153164_11342449.jpg

ランチの後、あずきソフトというのを食べたのだけど、これがとても美味しかった。
なぜあずきかというと、この十勝ヒルズの経営会社が豆の会社らしい。
カフェの中にもいろいろな種類の豆が売っていた。
最後に入り口を出たところで一枚。
この、石積みの門柱から向こうが先ほどのロングロングボーダー。
f0153164_11474493.jpg

とてもきれいに手入れされ、植栽も美しく、いろいろなエリアがあって飽きない、なかなか素晴らしいガーデンだった。
一つ残念だったのは、評判のレストランで食事ができなかったこと。
今度来るときはちゃんと予約しておこうっと。
それにしても・・・
十勝って「スイーツの町」らしいのだけど、振り返ってみれば全然スイーツ食べなかったなあ・・・
唯一ヒルズでのソフトクリームくらい・・・
あちこち走っていたけどそれらしい店も見かけなかったし・・・
どこまでも緑ばかり、牧場ばかり・・・(笑)
きっとあらかじめちゃんと調べれば美味しいショップがたくさんあったのだろうな。
今回の北海道旅行はガーデンだけしか頭になくて、「食」には全然重きを置いていなかったので、次回はちょっと下調べしてから行こう。
帯広も、ちゃんと調べればそれなりに何か食べるところもあるのかも。(←しつこい 笑)
でもそうなると今度はあれもこれも・・・と食べたい店ばかりで選ぶのが難しいかな。

この後、午後からは大森カントリーガーデンへ。
チケットを見せてガーデンに入場しようと思ったら、このチケットは使えないとのこと。
驚いて詳しく調べてもらったら・・・
紫竹ガーデンで、十勝を中心とした数か所のガーデンに入場できる周遊チケットを購入したはずなのに、別の種類のチケットを買わされていたのだった。
この間違い周遊チケットも、十勝周遊チケットとダブっているガーデンがいくつもあったので今まで気が付かなかったのだが、ここ、大森カントリーガーデンだけは含まれていなかったのだ。
がっかりー・・・
紫竹ガーデンでチケットを購入した時、十勝周遊チケットというものが何だか分からなかったらしく「え、ナニソレ?」と言われて、内心「大丈夫かなあ・・・」とは思っていたのだが・・・
もお~・・・紫竹ガーデン、勘弁してよ~・・・
全然ダメじゃん・・・
勿論、入場料を払えば普通に見学できるのだが、疲れていたし、あまりにも暑くてぐったりだったし、何よりウェブサイトでは「ワンコOK]だったのが、規約が変ってワンコは入れなくなっていたのだ。
この暑い中ガーデンを回るのも気が進まなかったし、Alexとモリを待たせるのも可愛そうだったので、「もう、いいや・・・」と入場は諦めた。
その代わり苗ショップでたくさんある苗をじっくりと見て回った。
うう~ん、やっぱり大森カントリーガーデン。
千年の森のダンちゃんも時々やって来るというくらいで、ヨダレ物の品ぞろえ。
もう、あれもこれもと欲しいものばかり・・・
その中からやっと厳選して(笑)、カゴ数個分に絞った。(それでも多過ぎ)
勿論持って帰るのは多過ぎるので、直接家まで発送してもらうことにした。
う~、帰ってから楽しみ~。

暑くて暑くて、私もAlexもモリスもぐったりしながらペンションへ戻った。
やっぱり北海道は夏暑いわー・・・晴れると厳しいー・・・
Top▲ | by sukomama | 2018-07-08 16:39 | 北海道 2018年 | Comments(0)
ワンコと行く北海道・庭巡り 十勝スイーツはいずこ?②
お庭散策の後は今日の始めの目的地へ出発。
再びレストランのない(笑)帯広へ。
先日ここを走っていて驚いたのだけど・・・
この町の街路樹が、なんとクリムゾンキング!
f0153164_11383679.jpg

しかもあちこちの通りで見かける。
な、なんて贅沢・・・
本州ではノルウェーカエデ クリムゾンキングを入手するのはなかなか難しい。
たまに見つけてもすごく高価。
うちのクリムゾンキングは長年探し続けてやっと見つけたものだ。
しかもヒョロヒョロの苗木なのにとても高かった。
それを大事に、大事に、夏にはテッポウムシに入られないよう、冬には鹿に樹皮を食べられないよう、細心の注意をもって育てているのだ。
それが・・・
こんなにいっぱい・・・あっちにも、こっちにも・・・
まるで投げ売り状態・・・(笑)
しかも、通りの街路樹だけでなく、あちこちのガーデンでも度々目にするのよ。
いやあ~・・・北海道にこんなに豊富にクリムゾンキングがあるなんて・・・
意外な発見だった。

そうこうしているうちに到着したのがここ。
カーパークに車を停めて入口へ。
ブルーグリーンのコニファーが見事・・・
f0153164_11453112.jpg

そう、ここはコニファーはじめ多品種の樹木を販売している真鍋庭園。
一歩中に入ると、色とりどりの低木、中木・・・
f0153164_1148410.jpg

ここの見本ガーデンを見学するためやって来たのだった。
と、そのときショップの中から一人のダックスちゃんが・・・
お互い「こんにちは~」のご挨拶。
ここのスタッフの方のワンちゃんだったみたい。
f0153164_11501536.jpg

早速ガーデンの中へと歩き始める。
木が大好きだから嬉しいな~、ワクワク・・・
f0153164_1151317.jpg

始めに通るのはハニーサックルのトンネル。
丁度開花の時期できれい。
f0153164_11532563.jpg

中はランドスケープガーデンのよう。
草木の種類も和洋折衷で。
f0153164_11545316.jpg

池もある。
ここは日本庭園をイメージしたのかな。
f0153164_11554565.jpg

池の端にはこんな植栽が。
ヤマアジサイの中からウバユリが・・・
斬新な組み合わせ・・・
f0153164_1157257.jpg

ベンチで一休み。
多分ここに座って、「真鍋庭園」のサインを入れて記念撮影するのでしょう。
f0153164_1524697.jpg

そばにはこんな植栽も。
つる性のイワガラミを低木に絡ませながら地表をのたうち回らせているの。
これも斬新な仕立て方だ。
f0153164_1221424.jpg

初めて「魚」というものを見たモリス。
興奮&興味津々。
f0153164_12362.jpg

食らいついて離れない。(笑)
ナニ、これ?この面妖な生き物?
ナニー?
魚たちの方も興味津々で集まってきた。
f0153164_124032.jpg

おいおい、あまり近付くと食べられちゃうよ・・・
f0153164_1251811.jpg

更にガーデン内を進む・・・
グリーンだけなのに配色がきれい。
f0153164_14543575.jpg

記念撮影ポイント。
寒冷地なのにブルー系のコニファーが見苦しい部分もなく生き生きと育っている。
さすがだなあ。
f0153164_1456184.jpg

エレガントなガゼボ。
f0153164_14564487.jpg

更に奥に進むと、ちょっとした展望台が。
f0153164_14572029.jpg

高いところには漏れなく登りたい私。
上からの眺めはこんな感じ。
いろいろな緑が美しく配植されている。
f0153164_1459013.jpg

更にずんずん歩いて行く。
ガーデンは結構広く、散策にかかる時間によってコースが分かれている。
私達が歩いたのは、最短のコース。
そして・・・
ここがとっても気に入ったエリア。
高木は、左右で銅葉と黄金葉の対比。
銅葉はこれもまたクリムゾンキングで、黄金葉はフリーシアかな?
低木は今度は高木の反対の配色で、銅葉の下に黄金葉のシモツケだかコデマリだか。
で、フリーシアの下にディアボロかな?銅葉のものが。
更に地面には匍匐性の植物がこれまた銅葉と黄金葉で。
f0153164_1551114.jpg

ここがとても素敵で、花はなく草木だけで構成されているにもかかわらず華やかでとてもきれいだった。
うちにもこんなエリアを作りたいなあ、と思ってしまうほど。
ここの隣は広々とした芝のエリア。
はい、ここでもボール遊びしました。
f0153164_1575592.jpg

華やかなフラワーベッドはないけど、生き生き育っている樹木に囲まれて、森林浴しながらの散策。
気持ちの良いひと時だった。

入口まで戻って来て、たくさん並んだ苗木を見て歩いたのだけど・・・
欲しかったものは見つけられず、結局何も買わずに真鍋庭園を後にした。
Top▲ | by sukomama | 2018-07-08 06:29 | 北海道 2018年 | Comments(0)
ワンコと行く北海道・庭巡り 十勝スイーツはいずこ?①
このペンションでの初めての朝食。
手作りの色々がとても美味しい。
私にはちょっと多過ぎたけど、Alexには丁度良かったかな。
窓からの庭の景色も、食事を一層美味しく感じさせる。
f0153164_17361867.jpg

今朝はお友達に会った。
昨晩から隣室にお泊りのパグちゃん。
とても怖がり屋さんらしいので、モリはあまり近付けなかった。
f0153164_17382882.jpg

そしてこちらは・・・
玄関に設置の足洗い場で、ハンティング前の水分補給するマシューちゃん。
これから外にお出掛けして、ノネズミだか何だかをハンティングするらしい。(笑)
夢中になるとずっと帰ってこない時もあるそう。
フレンドリーで良い子だけど、なかなかワイルドなのね。
f0153164_17404827.jpg

朝食をとった後は部屋に戻り、部屋から直接外に出られるので庭に出てのんびり散策。
庭から私達の部屋を見たところ。
なにやら白い生き物が・・・
f0153164_17424576.jpg

部屋の前はこんな感じ。
本当に緑が気持ち良いですね~。
f0153164_1746721.jpg

ここはダイニング前のテラス。
外壁のアイビーがいい雰囲気。
f0153164_17471612.jpg

庭から家を眺めて。
本当にイギリスのコテージみたい。
f0153164_17481436.jpg

Alexとモリスも出てきた。
しかし・・・これがうちだったらなあ・・・
こんな家に住みたいなあ・・・
f0153164_17484119.jpg

f0153164_17502332.jpg

そうするうちに、先ほどのパグちゃんもお散歩に出てきた。
f0153164_17505462.jpg

そしてオリガちゃんも・・・
オリガちゃん、大はしゃぎ。
確かに・・・
あの巨体で走り回るとちょっと引く・・・(笑)
f0153164_1753062.jpg

でも思いがけず他のワンコとも会えて、モリスにも楽しいひと時だった。
Top▲ | by sukomama | 2018-07-08 05:22 | 北海道 2018年 | Comments(0)
ワンコと行く北海道・庭巡り 最も美しいメドウ③
北海道に来てから、なんとな~くあちこちでよく見かけるとあるショップ・・・
滞在2、3日目くらいから「あれ?」と目に付き始めたオレンジの看板・・・
店名をよく読んでみると「セイコーマート}?
北海道限定のコンビニなの?
あちこちにあるので、入ってみたい衝動にかられたが・・・コワイ。(笑)
Alexも「きっとデイリーストアだよ」と。
(つまりデイリーストアみたいに品ぞろえ悪く、鮮度も悪そう、食指が動くような美味しそうなものもなく、ということですね)
「うん、そんなニオイがするね」と。
それでもあまりに頻繁に見かけるので、やはりこれは一度は入ってみなければいけないのではないか?という気になってきた。(笑)
北海道に来たからには、ホーマックとセイコーマートは一度は必ず足を踏み入れなければいけないのではないか?という気に・・・。(笑)
でも、そばまで行くとどうしても恐れに打ち勝てず、素通りしてしまう私たちであった・・・。
しかしある時、通りかかったセイコーマートを通り過ぎ・・・次の瞬間AlexがいきなりUターンして駐車場に車を入れた。
「え!?え!?入るの!?」と私は驚いて彼を見た。
「うん、やっぱり入ろう」
意を決して二人、恐る恐る店内に入った・・・
(ナニ、この緊迫感? 笑)
f0153164_1028322.jpg

店内はやはり・・・デイリーストアであった。
しかし、「ホットミール」とかいろいろ目新しいものも発見。
初めて見る(スーパーやコンビニでは未だかつて見たことのない)菓子とか、不思議な食べ物とか・・・驚きの連続。
「こ、これは・・・」
「???」
そうして私はその中から、ちょっと美味しそうな、でもやっぱり怖そうな「クリームロール スティックパイ レモン味」というものを手に取り、レジに向かった。
・・・・
車に戻って、封を開けて一口食べてみたけど・・・
ま、普通のスティックパイですね。(って、フツーのスティックパイってどんなの?)
美味しいかと聞かれれば・・・
う~ん・・・・
f0153164_1027568.jpg

しかし、帰って来てから知ったのだが、このセイコーマート、北海道では評価ナンバーワンの人気コンビニらしい。
すんません、勝手なこと言いたい放題で。
今度来道した時には、もっと寄るね。(ほんとかなあ・・)
出来ればパフェとかフォンダンショコラとか・・メチャ美味しそうなデザート、ドカ~ンと置いておいてね・・・

その後、昼食をとっていなかったので帯広の市内で良さそうな店を探すことにした。
一応名前のある都市なのだから、何かしらレストランでもあるだろうと。
しかしこれが・・・なんにもない・・・
あるのは寿司とラーメン、時々焼肉・・・
せめてファミレスでも・・・と思ったけど、それすら見つからない。
デニーズでも、ロイヤルホストでも、ガストでもいいよ・・・せめてココイチでも・・・
しかし・・・なんにもない・・・
どこかにあるのかもしれないけど、市内をくまなく走り回っても何も見つけられず。
その後しつこく市内をグルグルと1時間以上走り回ったが良さそうな店を発見できず・・・空腹と疲労でもうヘトヘトになり「帯広の人って外食しないんだよ」という結論に達し、結局、たまたま見つけたHottoMottoでテイクアウェイを購入して車内で侘しいランチをとった。
ほんとに、何もない町だったー・・・

レストラン探しに疲れてしまったのでその後は大人しく宿に戻った。
カーパークからの入り口。
f0153164_10275183.jpg

ここのペンションでは露天風呂があるらしい。
昨晩も「お湯を沸かしてあるから好きなときにどうぞ」と勧められた。
どんなところかな?と行ってみることにした。
カーパークの奥にある、この、Alexの後方に見える小さな階段を上って・・・
f0153164_10274395.jpg

藪の中をずんずん進んで行くと、小さな小屋が見えてきた。
f0153164_10273710.jpg

ここが露天風呂ね。
f0153164_10273023.jpg

戸を開けて中に入ると、脱衣のスペースとその向こうに湯船が。
f0153164_10272417.jpg

うむ、なかなかいい感じ。
昼間なら、ここでのんびり湯に浸かるのも悪くないな。
でも、昼は出かけていて、入浴するのは夜になる。
夜、真っ暗な中をここまで来るのも怖いし、この寒さ、帰りには体が冷えて湯冷めしてしまいそう。
というわけで結局一度も利用することはなかった。
ちょっと残念。
f0153164_10271710.jpg

部屋に戻った後、昨日は時間がなくよく見なかったので、館内を少しウロウロ。
ダイニングの窓からの眺め。
緑、いっぱい。
f0153164_10264761.jpg

ほんとに庭がきれい。
f0153164_10264099.jpg

ダイニングの外はこんな感じのテラスになっている。
もう・・・イギリスのB&Bみた~い!
晴れた日はここでお茶しても気持ち良いだろうなあ。
f0153164_10263440.jpg

そして・・・
この宿のファミリーたち。
オリガちゃん。
f0153164_1026985.jpg

まだ1歳だったかな?の幼い(笑)女の子。
でもご覧のように巨体なので、遊ぼう!と飛び掛かると皆に逃げられるらしい。
誰も遊んでくれなくて寂しいらしい。(笑)
大型犬だけど、女の子だからヨダレはダラダラ出ないのよ、と奥さんが言っていた。
そしてこちらが・・・・メッチャかわいいマシューちゃん!
f0153164_10254222.jpg

スコッティッシュ・フォールドの男の子。
この子がもう・・・むっちゃくちゃかわいいの!
とってもフレンドリーで人懐こくて性格良くて・・・。
ぷぷ・・この座り方・・・
f0153164_1025388.jpg

ご挨拶すると、ちゃんと答えてくれる。
とっても愛想の良い子なのであった。
お客さん慣れしているのかな?
f0153164_10253360.jpg

今朝は紫竹ガーデンでのモーニング・バイキングだったけど、明日はここでゆっくり朝食が摂れる。
この、眺めの良いダイニングでの朝食、楽しみ。
Top▲ | by sukomama | 2018-07-07 12:20 | 北海道 2018年 | Comments(0)
ワンコと行く北海道・庭巡り 最も美しいメドウ②
ザンネンな紫竹ガーデンを後にして、やって来たのは・・・
そう!あの!・・・「世界で最も美しい」十勝千年の森!
f0153164_10525455.jpg

しょぼしょぼと小雨がちらついてはいるけど、傘をさすほどではない霧雨。
でも、やっぱり寒そう・・・
そんな時、目の前をワンコが・・・
ここもワンコOKの嬉しいガーデン。
ワンコ連れで散歩する人も多いのかも。
f0153164_10594287.jpg

入り口で入場チケットを見せ、奥に進むと、こんな森がしばらく続く。
f0153164_1104812.jpg

一見、自然の森林風ではあるけど、ここもきちんと手入れされているんだろうなあ。
パスもきれいで歩きやすいし。
両脇はチダケサシとその仲間のアスチルベやシモツケ類、タデ類など。
f0153164_1131995.jpg

こんなきれいな小川を渡り・・・
f0153164_114539.jpg

そして・・・
やっと見えてきました、ダンちゃん渾身のあのメドウ・・・
ああ・・・
雑誌などで何度も見た、あの風景が眼前に・・・!
f0153164_114495.jpg

このメドウと後で行くアースガーデンが、2012年に英国ガーデンデザイナーズ協会の「最も美しい庭」としてプライズしたのだ。
以来このガーデンは「世界で最も美しい庭」として多くのガーデナー達の憧れの的。
更に2018年には、この千年の森が国際ランドスケープアーキテクト連盟によっても最高賞を授与されている。
そんなわけで、私も今回の北海道ガーデン巡りで最重要ポイントとして期待していた。
f0153164_1116828.jpg

センターの広い木道から、更に植え込みの中に入っていくと細いパスで繋がっている。
f0153164_11173765.jpg

f0153164_11175346.jpg

植栽は、主にこの土地の自生種やそれから派生した園芸種を用いてある。
これが、本当に美しく調和しているのだ。
一見自然に生えているように見えて、実は綿密な植栽パターンを組み合わせで構成されており、どこから見ても美しく見えるよう考え抜かれている。
勿論、植物自体の管理や手入れも完璧!
枯れているもの、腐っているもの、など全く見当たらない。
あの紫竹ガーデンの後で来たから余計そう感じるのかもしれないけど(笑)、本当に植物の1本1本が生き生きと輝いて見えるのだ。
ヘッドガーデナーの新谷さんが以前「庭で最も大切なことは、清潔感」と言っていたことがある。
まさにその通り!
ガーデンのランク、格を決めるのは、何種類の植物があるかとか、どんなきれいなお花が咲いているか・・・とか以上に大切なのは本当にその清潔感だと思う。
実際イギリスでたくさんのガーデンを見て回って感じたことは、素晴らしいガーデンほどその清潔感を持って管理されている。
素晴らしいガーデンのレベルと、行き届いた管理、は必ず比例するのだ。
この千年の森のガーデンで感じたものも、その「完璧」さなのだ。
一見自然にナチュラルに見えて、実際は完璧な手入れがなされている・・・
ガーデンの中に分け入って、その植栽をよく眺めてみるとそれがよく分かる。
植物の組み合わせ、色の配色、植物の持つ質感・・・完璧なハーモニーを奏でているのだ。
本当に植物が好きな人が見たら、一見してよく分かる。
「あ、こんなところにあんな植物を使っている」
「この、植物の扱い方、すごいなあ・・・」って。
完璧なデザイン、完璧な手入れ・管理・・・
イギリスでしか見られないと思っていたけど、ここ北海道にここまでレベルの高いガーデンが存在するということが、本当に素晴らしいと思った。
イギリスでは考えられないくらい厳しい気候の中での植物選びや管理に、とても苦心したそうだけど、ダンちゃん、よく頑張ったね。
本当に、来て良かったー・・・・すっごく寒いけど・・・(しつこく)
f0153164_11484914.jpg

f0153164_11534873.jpg

メドウの先にはキッチンガーデンとカフェがある。
f0153164_11531357.jpg

ここのデザインもまたお洒落でかわいい。
f0153164_11561921.jpg

傾斜地にレイズドベッドが点在しているのだけど、土留めはきっちり水平を保っていて。
f0153164_11573931.jpg

そして、そのキッチンガーデンの奥にはヤギちゃんハウス・・・
f0153164_11583374.jpg

かわいいヤギちゃんたち。
f0153164_11591758.jpg

あまりに寒いのでカフェでランチか暖かい飲み物でも・・・と思ったけど、結構お高い。
しかもカフェ内はワンコ立ち入り禁止。
なのでそのまま寒さに震えながら先へと進んだ。

ここから先はローズガーデン。
新しく作ったようだけど、なんで今更付け足したようなローズガーデンが?・・・と思ったら、「北海道ガーデン街道」に参加するにあたって、ローズガーデンが必須、とのことだったらしい。
道理で・・・風のガーデンでも付け足したようにローズガーデンが作ってあったわけだ。
「風のガーデン」建設当初は「薔薇がないことがこの庭らしさ」なんて言っていたのだけど・・・
ここ、千年の森にしても、私から見ればせっかくの素晴らしい雄大な自然のガーデンなのにそれこそ「蛇足」。
もともとのコンセプトと違うんじゃな~い?・・・と思ったのだけど、そこはそれ、千年の森ならではのデザイン・センスでローズガーデンを作り上げていた。
f0153164_1648446.jpg

あの、黄色いスカートみたいなの、なんじゃ?・・・と思ったら・・・
アルケミラ・モリスだった。(笑)
f0153164_16495453.jpg

花壇を縁取るアルケミラ・モリスが、べたら~・・・と地面に伏している。
というか、これ、始めからアルケミラ・モリスが倒伏しやすいこととか、雨で地面にべったり寝そべってしまうことを見越して考えられたデザインなのでは?と思うのだけど。
f0153164_16544915.jpg

それにしても・・・
パスには雑草が全然ない・・・
すごい・・・

更に先に進んで行くと、牧場が。
f0153164_16572221.jpg

ヤギちゃんやヒツジちゃんがいっぱい・・・
今年生まれた子ヤギかな?小さなヤギちゃんが目に付く。
f0153164_16575661.jpg

かわいい~・・・
f0153164_16585137.jpg

モリスとご挨拶。
お互い、白い、小さな生き物同士。(笑)
f0153164_1659407.jpg

他にも、サフォーク種の羊もいたり。
f0153164_1704168.jpg

牧場を通り過ぎ、再びメドウに戻ってきた。
この植栽・・・
葉の質感や色、形がよく考えられて隣同士に配植されている。
スパイスのように適度に配されたキミキフーガの銅葉とか・・・
よーく見ると本当に美しいのだ。
f0153164_1734999.jpg

一見、ただの草原のように見えるけど・・・
よく見れば「あ、〇〇だ!」「あ、こんなところに▢▢が・・・」とか、ワクワクする。
花のない時期にも美しく見えるよう考えられているが、控えめな花が咲くとそれもまた美しい。
f0153164_178069.jpg

銅葉の低木はさりげなくロサ・グラウカ。
こんな感じで植物の使い方が抜群にうまい。
f0153164_1791530.jpg

そして元来た道の途中から今度はアースガーデンに出る。
f0153164_17105429.jpg

正面に見えるモヒカン刈りのような小山、あれ、途中の高速から見えたんだよね。
何だろうと思ったら、あれが千年の森の一部、「千年の丘」だったのか・・・
そして、左右から筆でひと刷けしたような、刈り残されたような草のすじ。
これが「植えた植物」ではなく、本当にそこだけ雑草を刈り残していたの。
自然に、そして美しく見えるような位置とバランスに。
ここは平らな草原ではなく、手前からあの「千年の丘」に向かって刈り残した草の部分が美しく見えるよう地面に凹凸を作り、更に視線が自然に丘に向かっていくような緩やかな傾斜に作られている。
絵を描くとき、広い草原を描くときに、私もよくこうした「左右からサッとひと刷け」の草を入れる。
なので、この構成がよく分かる。
実際にはそのような場所は現実にはほとんど存在しないのだが、それを人工的に作り上げてしまったのだな。
ほんとにパーフェクト!
産毛のような雑草の刈り残しと、完璧に手入れされた芝、のコントラストがとにかく美しい。
心が広がっていくような広大な景観は、本当にすごいな・・・と思った。
f0153164_17233782.jpg

ところで・・・
「世界で一番美しい庭」でボール遊びに興じるワンコ・・・(笑)
f0153164_1725138.jpg

更に凄いのは・・・
この霧雨がそぼ降るクソ寒い中、セグウェイに興じる観光客たち・・・(笑)
f0153164_17265810.jpg

だって、ほんっとー・・・に寒いのよー!
もう手足が氷のように冷たくて感覚がない・・・
数日前にお友達から「千年の森は鬱蒼としているからすごく虫に食われるよ・・・」とわざわざ軟膏をいただいていたのだけど・・・
全然出番なし。
もう、虫なんか全員凍死している。
だって・・・10℃以下だもん・・・
とりあえず、目玉の「メドウ」と「アースガーデン」を見たので、もう体も限界なので震えながら車へ戻った。
もっと暖かければ、見てみたいところがまだまだあったのだけど。
あの「千年の丘」にも登りたかったし。
でも、残るお楽しみはまた次回ということで。
本当に美しかったなあ・・・・
本当に「世界で一番美しい庭」だった。
Top▲ | by sukomama | 2018-07-07 10:29 | 北海道 2018年 | Comments(0)
ワンコと行く北海道・庭巡り 最も美しいメドウ①
七夕ですね・・・
でも雨です。
とても寒いです・・・
まあ、それはいいとして・・・
北海道の地を踏んだ日から肌寒い日が続いてはいたのだが、富良野辺りからもう涼しいを通り越してはっきりと「寒い!」。
富良野のホテルでも思いっきり暖房を付けていたし、ここ十勝に来た日にゃもう「冬・・・ですか?」の凍える日々。
だって・・・10℃ですよ?7月なのに?・・・
そんなわけでこちらのペンションでも、一晩中FFヒーター付けっぱなし。
ヒーターなかったら凍死していたでしょう・・・
7月なのに・・・

しかし、それでも、この頃にはもうすっかり北海道の魅力に魅了され「すごい・・・スバラシイ・・・美しい・・・ここに住みたい(笑)・・・」
と、体は冷え冷えだが心は益々アツく昂っていくこの頃なのでありました。(笑)
アメリカに住む妹が何度もわざわざ北海道に旅行に来るのが分かった気がする。
私(や妹に)4分の一流れる道産子の血。
やっぱりこういった土地に惹かれるのは血、なのかしら(笑)

ま、それはいいとして・・・
今日訪問する予定の紫竹ガーデン。
ここでは朝から朝食バイキングが食べられるということなので、今日の朝ご飯はそのバイキングを予約していた。
朝、身支度を済ませたらすぐに紫竹ガーデンへGO!
生憎の天気で時々小雨が降るが、それほどひどい降りではないのでまだよい。
紫竹ガーデン入口。
なんか・・・ホームセンターの入り口みたい・・・(笑)
f0153164_17542345.jpg

入口の窓口で、今度は「とかちなんとか・・」という十勝地方を巡る割引チケットを買う。
受け付けた女性が、なんだかよく分かっていなかったが・・・大丈夫かなあ?・・・
でも一応、数か所のガーデンを回れるチケットみたいだから大丈夫かしら・・・
ここはワンコOKなので、モリスも一緒に入場。
勿論ワンコは無料。

入口からズラッと苗が並ぶ。
f0153164_17541720.jpg

見るのは後にするとして、まずは朝食。
レストランの中に通され席に着き、さあお食事・・・
で、ちょっと意外だったのは、メニューがかなりな和食だったこと。
f0153164_1754111.jpg

イングリッシュブレックファーストみたいな洋風の朝食を想像していたのだが、勿論トーストやパン、ケーキ、加工肉やサラダなども多種類あるのだがお惣菜が、ナスの煮びたし、肉じゃが、煮豆、漬物、煮物・・・など和風なものが多い。
勿論和洋折衷大歓迎なので美味しくいただいた。
f0153164_1754482.jpg

朝からなのであまり量は食べられないが、それでも1700円というお値段でこれだけいろいろ食べられるのは結構お得かも。

お腹がいっぱいになったところで早速お庭散策。
f0153164_17535411.jpg

時々小雨が降るので、やはり寒い。
雨はそれほどではないのだが気温が低くて。
f0153164_17534829.jpg

f0153164_17534212.jpg

f0153164_17533678.jpg

ところが、お庭なのだが・・・
一体どうしちゃったの・・・?
というくらい何と言うか・・・
大体花が少ない。
花がなくても葉で楽しむシェードガーデンならいいのだが、フラワーベッドに花がない・・・
ない、というかあるんだけど、どれも枯れていて、しかも雨で倒れてぐちゃぐちゃに腐っていたり・・・
なんだか無残なのだ。
ボーダー花壇とか、クレマチス花壇とか、見どころのはずのガーデンが、どこも花は枯れ腐ってバタバタ倒れていて・・・
確かにこのところ豪雨が続いていたから荒れているのは仕方ないとしても、他のガーデンがきれいに手入れされてとても美しかったので、「なんで・・・?」という感じ。
そもそも庭中歩いても、手入れをしているスタッフが一人もいない・・・
今は稼ぎ時なのに、お手入れしなくていいのかしら?・・・と不思議に思ってしまう。
安心して見られるのは芝だけというか・・・(笑)
f0153164_17532654.jpg

f0153164_17532077.jpg

まあ、いいよね、モリにとっては芝の上を走り回れることが一番だものね。
ということで、お庭観賞というよりグリーンの上でモリスを走らせるだけでこちらのガーデンの散策は終わった。(笑)
f0153164_17531473.jpg

かつて、何十年も前の事、紫竹ガーデンがオープンしてから度々雑誌に掲載されるようになった。
色とりどりの花で埋め尽くされたその美しいガーデンをウットリ眺めては「いつか訪れてみたい・・・」と夢に見ていた。
まだ日本でガーデニングというものが今ほど一般的ではなかった頃、紫竹ガーデンは憧れのガーデンだったのだ。
けれど・・・
今こうして見ると、なんだか時代に取り残されているような・・・
ガーデンのデザインもそうだけど、せめて庭管理はきちんとされた方がいいのでは?と思ってしまう。
まあ、朝食が美味しかったからここはこれでいいか、なんて。(笑)
さあて・・・次はいよいよ・・・
あの!あの!・・・ガーデンです~!
Top▲ | by sukomama | 2018-07-07 02:52 | 北海道 2018年 | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin