カテゴリ:イギリス 2015年( 56 )
Top▲ |
英国・里帰り&庭巡り 恒例、お買い物祭り
朝の9時10分に無事成田に到着。
帰りの高速で早速「美味しいスタバ」のコーヒーを買う。
ほんとに、日本のコーヒーは美味しいなあ・・・。
f0153164_1518128.jpg

そして・・・
待ちに待った我が子たちとのご対面。
よかった、二人とも元気そうで。
f0153164_1520121.jpg

しかし・・・今回のウェールズ行きのテーマって「ウェールズの幽玄なる山々と湖を巡る旅」あるいは「フィッシュ&チップスとクリームティー食べ放題、激太り&食い倒れツアー」・・・じゃなかったっけ?
どれだけフィシュ&チップス食べたっけ?
で、クリームティーは?・・・
特に、私が大好きなクロテッドクリームのクリームティーは?・・・
ええ!1回も食べていないんじゃな~い?・・・
とりあえずフィッシュ&チップスは、海沿いを行くからどこでもいくらでも食べられるだろうと予測していたのにも拘らず、あまり食べる機会がなかったなあ。
フィッシュ&チップスとクリームティーは食い倒れ出来なかったが、最後の最後でヨーグルトで食い倒れてしまった・・・という情けない結末で幕を閉じる今回のウェールズ紀行なのであった・・・。

まあ、それはそれとして・・・
毎回恒例のお土産お披露目。
今回もあまり高価なものは避けて(笑)趣味のものばかりをチョイス。
ウェールズのチーズ。
ウェールズって実はチーズが名産らしい。
外国製のものだからちょっと臭いが激しいかな?と思ったけど、物は試しでいくつか購入してみた。
f0153164_1523198.jpg

ロビンのジョーロ。
かわいいでしょ?
あまり実用的ではないけど、庭のオブジェとして。
f0153164_15235897.jpg

f0153164_15242635.jpg

mumが持たせてくれたお土産。
ホットチョコレートと、キャドバリーのデカいチョコ。
f0153164_15254249.jpg

ホテルのアメニティーのホットチョコレートとクッキー。
後で飲んでみたら、このホットチョコレートがすっごく美味しかった!
でも残念なことに日本では売っていない。
f0153164_15272873.jpg

ハンドクリームにロクシタンのフレグランス。
f0153164_15283684.jpg

素敵なマグカップとガラスのコースター。
f0153164_1530163.jpg

かわいい~!
ウェスのマグカップとスタチュー。
マグカップは二人分欲しかったのに、残り1個しかなかったの。
残念~。
f0153164_15313024.jpg

ウェスのマグネットとmumに買ってもらったウェスのエプロン。
f0153164_15324776.jpg

スコットとモリスへのお土産。(笑)
作業員用ジャケット。
可愛いよね~?・・・
f0153164_1534752.jpg

f0153164_15342093.jpg

ティータオル。
素敵な柄がたくさん。
f0153164_15353092.jpg

ウェスのレターセット。
f0153164_1536433.jpg

マスタード、シロップ、バーベキューソース、ミントチョコ。
f0153164_15365390.jpg

イギリスの雑誌。
f0153164_15381680.jpg

ワンコ関係と家畜関係。(笑)
f0153164_1539328.jpg

かわいい・・・
f0153164_15392478.jpg

かっ・・かわいい・・・(笑)
f0153164_1540868.jpg

そして、凄ーく美味しいM&S(マークス&スペンサー)のチーズとバター。
もう、これとっても美味しくて、もっと買ってくればよかったー。
f0153164_1541473.jpg

・・・と、相変らず数は多いけど皆リーズナブルなものばかり。
でも自分的にはとっても素敵なお土産ばかり。
また当分これで楽しめそうだわ・・・。
はあ・・・アルパカ、飼いたいなあ・・・(笑)
Top▲ | by sukomama | 2015-07-06 15:08 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り 最後の最後にアクシデント
昨日買っておいたヨーグルトとフルーツでいつものメニューの朝食を摂る。
ヨーグルトは大好きな蜂蜜入りのグリークヨーグルト。
大容量のパックなのでたくさん余ってしまった。
今日もう帰る日なので持って行けないし・・・勿体ないなあ・・・
ええ~い、全部食べてしまえ!と意地汚く、大容器のヨーグルト、全部お腹に流し込んだ。
これが後々大変なことになろうとは・・・
知っていたらやらなかったのに~・・・

カーパークに出たらマグパイが・・・
Alexのmumが好きな鳥。
意外に大きいのだ。
f0153164_16303115.jpg

ホテルの入り口付近。
Beefeater・・・イギリスらしいレストラン名。
確かに皆よく牛食べるね。
f0153164_16302560.jpg

ホテル内の廊下。
f0153164_16301945.jpg

空港へ向かう途中、寄ったSA。
ドアにはワンコと水入れのサインが。
f0153164_16301472.jpg

こんな感じに、ワンコ用の水が用意してある。
さすがワンコ・フレンドリーな国。
f0153164_1630888.jpg

そして、とうとうヒースローに到着・・・
f0153164_1630231.jpg

BA専用の第5ターミナル。
この広いターミナル、端から端までズラーッと全てがBAのカウンター。
すごいなあ。
f0153164_16295574.jpg

f0153164_16294988.jpg

チェックインした後カウンターで荷物を預け、いつものようにこの後は免税店ショッピングエリアで楽しくお買い物・・・のはずだったのだが・・・
セキュリティーを通過した頃からなんとなくお腹の具合が怪しくなって来た・・・
そうだ、今朝ヨーグルトを大量にお腹に詰め込んだのがいけなかったようだ・・・
お腹ゴロゴロゴロゴロ・・・・ひょえ~・・・
何度もトイレに駆け込んだ。
過ぎたるは及ばざるがごとし・・・
いくらお腹に良いヨーグルトだって、一度に大量に食べたらそりゃお腹を壊すのは当然か・・・
その後、何度もトイレに駆け込んで、もうショッピングどころではなくなってしまった。
とほほ・・・情けない・・・

いざという時の為に持ってきておいたオリゴ糖を、何包も飲んで何とか落ち着いてきた。
もう時間も迫っていたので搭乗ゲートの方へ移動した。
f0153164_16294156.jpg

そして何とか無事に搭乗して、離陸。
途中、出てきた食事。
お腹、心配だったけど、一応食べた。
f0153164_16293310.jpg

成田到着は明日、日本時間の午前9時。
ここまでくると、心は可愛い我が子たちのことばかり。
二人とも元気でいるかなあ・・・
早く会いたいなあ・・・
Top▲ | by sukomama | 2015-07-05 16:26 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り 一番良かったガーデン巡りの日⑧
ガーデンを出て今宵の宿に到着。
f0153164_15301995.jpg

建物の脇にはラベンダーが。
さすがイギリス。
ビジネスホテルでも植栽にラベンダー。
しかもこんなにきれいに咲いている。
f0153164_15301463.jpg

本当は今晩は市内にあるメキシコ料理店で夕食を摂る予定だったが・・・
もう疲労困憊であまり食欲がない。
来る前は「あそことあそこでランチ」「ここでお茶」「ここでディナー」・・・といろいろ下調べをしてきたのだが、実際には特に夕食は、疲れてしまってあまり食べられないということが分かって来た。
日に日に疲れと寝不足がたまっていくので、旅工程の後半あたりからは、もう量を食べられなくなってくる。
なので今夜も近くのスーパーで何か買って、簡単に済ませることにした。

今回の行程で役に立った携帯。
電話をするだけなので、こんな簡単なもので十分。
f0153164_1530728.jpg

そしていつものスーパーに。
f0153164_1530245.jpg

f0153164_1529561.jpg

それにしても、最近はイギリスではどこへ行ってもコーヒーのデカフェがあり、大変助かった。
カフェやファーストフード店は勿論、B&B、ガーデンのカフェでも。
おかげで用意して持ってきたデカフェのインスタントコーヒーは殆ど出番がなかった。
それに引き換え日本では全然ダメ、信じられないくらい。
なんでこんなにどこにもデカフェがないの?
外でコーヒーを飲みたくてもデカフェがどこにもない。
スタバとローソンくらい。
まあ、ローソンはたいていどこにでもあるので助かってはいるのだけど。
また逆に、今回あちこちでアイスを食べたが、日本のアイスって本当に美味しいんだ・・・とつくづく思い知らされた。
イギリスではどこで食べてもイマイチ・・・というか、美味しくないところばかり。
本当に「美味しい!」というものに出会ったことがない。
あ、一度だけポートペローのマーケットの美味しいジェラートがあったけど・・・
日本のアイスは、安くても殆どのものがそこそこ美味しいよね。
それと食事。
今回、イギリスで「評判の」レストランで食事をしてみたけれど、なんか・・・このレベルなら日本ではどこでも食べられる、というかもっと美味しい。
ファミレスでも、コンビニでも遥かに美味しい、そして盛り付け、きれい。(笑)
やっぱり日本は美味しいものがたくさんあるのだなあ、と改めて思わされた。
今回の外食でも、一番おいしかったのがインド料理のテイク・アウェイ。(笑)
やっぱりインドが植民地だっただけあってインド料理はあまり外れがないよね。
パキスタンとかね。
でも、イギリスだって、普段から食べられているパン、フルーツ、シリアル、そしてめちゃくちゃウマイ牛乳やヨーグルト、バター、クロテッドクリームなどの乳製品・・・身近なものには美味しいものがたくさんあるのだ。
やっぱり食事はスーパーで買うのが一番なのだ・・・。
Top▲ | by sukomama | 2015-07-04 16:23 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り 一番良かったガーデン巡りの日⑦
また別の植栽スペースを抜けて・・・
f0153164_11445216.jpg

広い芝のスペースに出ると・・・
そこは、コッコちゃんパラダイスー!
ああ、この斑入りの葉っぱの木、きれ~い・・・
なんだろう、これ欲しいなあ・・・
f0153164_11461111.jpg

小さな小川の中にはアヒル?が。
f0153164_11465813.jpg

芝の周囲にはボーダー花壇。
いいなあ、リーガルリリー。
f0153164_11481336.jpg

かっ・・・かわいい・・・!
まだピヨから少し成長してきたところね。
もー・・可愛い、可愛い・・・
f0153164_11492186.jpg

フラミンゴもいまーす。
フラミンゴが育つくらいの気候なのね。
f0153164_11495462.jpg

ひゃあ・・・ほんとに鳥のパラダイス・・・!
f0153164_11503524.jpg

いいな、いいな、いいなー・・・・
ほんとに楽園だわ~・・・
f0153164_1151052.jpg

フラミンゴ、きれい~。
f0153164_11522324.jpg

池の周囲はセントランサスのブッシュ。
f0153164_11532255.jpg

あ、セントランサスとデルフィだと思ったけど、デルフィじゃなくてカンパニュラだったか。
f0153164_11541780.jpg

ボーダー花壇とマナーハウス。
f0153164_1155372.jpg

こちらはまた別のエリア。
低いヘッジで囲まれた花壇。
f0153164_11555684.jpg

南向きの斜面に作られたフラワーベッド。
華やか・・・
f0153164_11572277.jpg

でも、実はこっちの方が好きだったりして・・・
グリーンとアルケミラモリスが美しい。
アルケミラ・モリスって、こうしてあちこちでいい仕事してくれるよね。
決してメインではなくても脇役としてとても美しい景色を作ってくれる。
梅雨で倒伏さえなければねえ・・・
f0153164_11593682.jpg

こちらもきれい。
日陰にはいろいろなホスタの葉で彩りに。
f0153164_1215189.jpg

ここにもフラミンゴ。
優雅です。
f0153164_1222638.jpg

こうしたポイントも美しい。
木と水のある風景ってほんとにいいなあ。
何気に、手前のシルバープランツのポットも良い感じ。
f0153164_124980.jpg

そして・・・元の場所に戻ってくると・・・
いました、いました、Alexが今度はご機嫌損ねず静かに待っていました・・・
あ、そっか、百合はこうしてポット植えにしておくと素敵だなあ。
ネズのせいで植えられないと思っていたけど、大きめの素敵なポットを買って、始めからポットで見せる見せ方にすればいいかな・・・
でもポットだと増えないだろうなあ・・・
f0153164_1251696.jpg

ここコトンマナーにも例にもれず、面白そうなお土産が並んだショップがある。
中を覗いてウロウロ物色していると・・・
壁にいろいろな種類のガーデニンググローブがずらっと並んでいるのだが、そのパッケージを見てびっくり!
「SHOWA」とあるではないか。
そう、あのショーワ手袋。
日本製。
すごい、こんな素敵なガーデンに日本製のグローブが売られているなんて・・・
SHOWA、コトンマナーにまで進出していたのね!

苗やガーデン入場の売り場。
次から次から、皆大きな苗を買っていく。
f0153164_1284817.jpg

ガーデンを出て、近所の家々。
やはり有名なガーデンのそばだから、どの家もきれいに植栽されている。
f0153164_12103016.jpg

f0153164_1210557.jpg

コトンマナーのエントランス。
f0153164_12112546.jpg

このエントランスの向かいがカーパークになっているのだけど・・・
f0153164_12122760.jpg

ここの隅の藪の中にゲラが茂っている。
これ、ゲンノショウコでなく、ちゃんとゲラニウムだよね・・・
f0153164_12144773.jpg

はあー・・・
本当に美しくて素敵なガーデンだったー!
特に鳥たちが・・・!
ピースフル、の一言に尽きる素晴らしいガーデンでした。
またいつか来たいなあ。
Top▲ | by sukomama | 2015-07-04 14:05 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り 一番良かったガーデン巡りの日⑥
午後から向かったのは、これも期待の高いコトン・マナー。
入り口から入るとすぐ右がカフェと苗売り場になっている。
f0153164_1013317.jpg

カフェにはなぜかコンゴウインコが・・・
f0153164_10145810.jpg

大きく育ったウツギ。
ヒメウツギかなあ?
f0153164_101728.jpg

庭を見る前に、ちょっと休憩しましょう・・・ということでお茶することに。
ここでも残念なことにクリームティーがお終いだった。
仕方ないのでケーキを注文したのだが・・・
食べる前からもう嫌な予感・・・というか諦めの気分・・・
f0153164_10185558.jpg

一口、口に入れて・・・Alexに「あげる・・・」。
はい、もう拷問級の甘さ。
ムリ。
すぐ横の苗売り場は色とりどりの花でいっぱい。
f0153164_10204934.jpg

持って帰れないのは分かっていても、どれも欲しくなってしまう。
f0153164_10214997.jpg

f0153164_1022787.jpg

インコ、大人しいなあ。
逃げないのかしら。
f0153164_10223424.jpg

お茶を終わって、早速庭の方へ向かう。
この先がガーデン入り口。
f0153164_10235992.jpg

苗をお買い物した人も。
いいなあ。
f0153164_10283917.jpg

ガーデンの中に入り、お互い争いを避けるため(笑)別行動をとることに。
「後であそこで待ち合わせね」と待ち合わせ場所を指定する。
これで安心して庭巡りができる、とウキウキ歩き出した。

建物とテラスがよく似合ってきれい~。
f0153164_10305754.jpg

女子のお喋りに花が咲く。
素敵な家とお庭・・・
こんなところに住みたいなあ・・・
ま、家はもっと小さい方がいいけどね。
掃除大変だし。
f0153164_10321488.jpg

階段周りの植栽やポットのあしらいも素敵~。
f0153164_10332236.jpg

先に進み、こちらはまた別のエリア。
華やか~。
f0153164_10341038.jpg

アルケミラ・モリスとペラルゴのポット。
コントラストがきれい。
あ、芝のエッジはレンガを埋め込んでいるのね。
でもうちは獰猛な野芝だからダメだな、あの下から侵入するし。
いいや、人工芝にしとこうっと。(安易)
f0153164_1035425.jpg

生け垣に囲まれた庭の中に入ってみると・・・
センターに小さな池と噴水。
f0153164_10371041.jpg

ハウスの前にはポットがいろいろ配置してあるのだけど、これがバラバラな感じがなくちゃんと調和がとれている。
小さなお庭のスペースなので、普通のお家でも植栽の参考になるかも。
f0153164_10384350.jpg

生け垣のゲートからは先ほどの美しいマナーハウスとガーデンが覗く。
f0153164_10395699.jpg

こちらからの眺めもほんとに美しい~。
池の端の植栽はセントランサスとデルフィだと思うけど・・・
ふ~ん、やっぱりこうやってところどころに手間いらずの植物を配しておくのがきれいに見せてかつローメンテ!なのね。
f0153164_104485.jpg

マナーハウスなのだから貴族のお屋敷なのだろうけど、厳めしい雰囲気はなく、ひたすらきれいでピースフル。
家自体も可愛いし。
先ほどの階段周りの植栽。
f0153164_10455128.jpg

f0153164_10461170.jpg

Top▲ | by sukomama | 2015-07-04 12:29 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り 一番良かったガーデン巡りの日⑤
華やかなフラワーベッドのエリアを抜けて、今度はウッドランドの方へ。
f0153164_1134519.jpg

森の中を歩いて行くと・・・
f0153164_11344267.jpg

あずまやとその脇に小さな滝が。
f0153164_113430100.jpg

あずまやの天井にはこんなものが・・・
f0153164_11342244.jpg

ちょっと不気味っぽい感じではあるけど・・・
でも大丈夫、このガーデンのコンセプトはあくまでもラブリーなおとぎの国。
あずまやから続く小さな塔があり、そこを上ってみる。
頂上からの眺め。
f0153164_11341467.jpg

可愛らしいメイズが。
f0153164_1134633.jpg

また塔を下りて、今度は滝の裏側に。
f0153164_11335835.jpg

ウッドランドを出て、カッスルの方へ。
f0153164_11334944.jpg

1階の一部がカフェになっている。
ここでランチをとることにする。
f0153164_11334369.jpg

中はこんな感じ。
f0153164_11333749.jpg

f0153164_11333153.jpg

テーブルにつき、「何にしようかな・・・」とふと見ると・・・
なんと!あのニャンコが・・・!
このカッスルの猫ちゃんだったのね。
この写真で見ると、あの子はプリムローズちゃんかな。
ハンプトンちゃんはどこにいるんだろう・・・。
f0153164_11332275.jpg

相変らず質素なランチ。
f0153164_11331572.jpg

食事を終え、カフェを出る時にチラッと中庭を見学。
ふ~ん、こうなっているんだ。
中庭は普通ね。
f0153164_1133732.jpg

「ハンプトンコート」というと真っ先に思い出すのはロンドン近郊にあるあの「ハンプトンコート・パレス」。
でも、同じハンプトンでもここは雰囲気が全然違う。
パレスの方はあのヘンリー8世の居城にふさわしく、荘厳で厳めしく、ガーデンも広大で格式高くて・・・つまり全体に近寄りがたいのだけど、ここのカッスルは本当に「かわいい」。
入口のあのラブリーなトイレを見れな分かる通り、ここ全体をトータルして表しているコンセプトは、やっぱり「ラブリーできれいでワクワク」。
城の入り口にはガーデンフェアのポスターも掲げてあったけど、きっとここはガーデナーたちにも人気の場所なんだと思う。
本当に良いガーデンを見つけられてよかった!
Top▲ | by sukomama | 2015-07-04 10:31 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り 一番良かったガーデン巡りの日④
更に進むと、このガーデンの一番の見どころ、あずまやを中心としたポンドガーデン。
まずは可愛いヘッジのガーデン。
周囲には薔薇や宿根草が。
f0153164_1615159.jpg

f0153164_16154551.jpg

f0153164_16161728.jpg

周囲のボーダーも賑やか。
f0153164_16171360.jpg

こちらの方はきれいなラベンダーのポットを並べたエリア。
やはりイギリスはラベンダーがきれい~。
f0153164_16183317.jpg

あのシルバーリーフの低木がラベンダーと合ってとても美しい。
何だろう、ヤナギかなあ・・・
f0153164_16194420.jpg

こちらは水辺にフウチソウ。
f0153164_1621614.jpg

f0153164_16213224.jpg

こちら側はまた別の、グラスのポットが。
グラスでもこんな風にポットに植えて並べるとなかなか美しい。
f0153164_16231475.jpg

シンプルなグラスのポットエリアと対比するような、華やかな宿根ボーダー。
f0153164_1624743.jpg

こちらは・・・
グラスではなく、アガパンサスかしら?・・・
f0153164_1625410.jpg

これ、満開になったらすご~くきれいだろうなあ。
周囲のラベンダーとも合って、シンプルにまとめてある。
f0153164_1627283.jpg

と、そこへ・・・
ああ、先ほどのニャンコが~・・・
f0153164_1627375.jpg

私の近くまでやって来ると、またゴロリと・・・
でも、さり気なく日陰を選んでいる。(笑)
f0153164_16284548.jpg

か、かわいい・・・
f0153164_1629553.jpg

日陰でまどろむニャンコを置いて次はローズガーデンのエリア。
f0153164_16294864.jpg

ローズガーデンってあまり好きではないのだけど、このガーデンはなんだかかわいい。
宿根草とのバランスや薔薇の品種の選定がいいからかな。
このカッスルガーデンのコンセプトで統一されたラブリーなローズガーデン。
f0153164_1633984.jpg

f0153164_16332496.jpg

f0153164_16334245.jpg

f0153164_16335928.jpg

そこへやってきたAlexも、ニャンコと遊ぶ・・・
f0153164_16359100.jpg

このガーデンに幾つかあるあずまやの一つに入ってみる。
ポンドに架かる小さな橋を渡って。
f0153164_16362765.jpg

池には鳥も。
f0153164_16365168.jpg

あずまやの中から見ると・・・
一方はこんな感じ。
f0153164_16374214.jpg

もう一方は・・・
f0153164_16384065.jpg

こちらは・・・
f0153164_1639158.jpg

こちらからはこんな感じ・・・
f0153164_16392573.jpg

あずまやとポンドと周囲のガーデンで構成された、とても可愛く美しいガーデンであった。
Top▲ | by sukomama | 2015-07-04 08:49 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り 一番良かったガーデン巡りの日③
そうしてやって来たのが・・・・
かなり楽しみにしていたHampton Court Castle&Gardens。
「ハンプトンコート」、と聞くとすぐに、あの有名なハンプトンコートを思い浮かべると思うけど、あれはパレス、王様の住む宮殿。
ここはカッスル、お城。
そしてヘンリー8世とは関係なし。
事前にここのガーデンを調べたとき、なんか良い予感がしたのよ~、ガーデナーの野生の勘というか(笑)。
もしかして今回のガーデン巡りの一番の掘り出し物になるのでは、という・・・
そんな期待一杯でやってきたハンプトンコートカッスル。
f0153164_17133275.jpg

広大なカーパークに自由に駐車・・・なのだけど、皆きれいに駐車している・・・
白線もないのに・・・(笑)
f0153164_17152434.jpg

ガーデンのエントランスの前にトイレが・・・
こんな美しいトイレ・・・初めて見た・・・
もう、これだけで「アタリだ・・・」。
しかも、通路の両側にさりげなく配置されている丸太のガード。
これだけでこのガーデンのセンス、分かるよね。
f0153164_17172410.jpg

こちらが女性用の入り口。
f0153164_17181146.jpg

このサイン・・・
もう、このフォント見ただけでこのガーデンのレベルが予想できますね・・・
これ、絶対アタリ!だと思う。
f0153164_17194691.jpg

期待一杯で、では入場しましょう・・・
f0153164_17204292.jpg

エントランスには小さなナーセリーも。
f0153164_17213318.jpg

ガーデンに入って「わ~・・・♪」となったのだけど・・・
f0153164_17224814.jpg

何やら・・・足元に・・・・
猫が一匹・・・行き倒れています・・・(笑)
f0153164_17235763.jpg

かっ・・・かわいい・・・・
f0153164_17242293.jpg

むちゃくちゃ人懐っこい・・・
f0153164_1724517.jpg

「えー、もう行っちゃうの~?」というにゃんこの眼差しを背中に受けながらも「ごめん、またあとでね」と、とりあえず先に進む・・・
おー・・・期待が膨らむー・・・
f0153164_1726446.jpg

ほえぇ~・・・・
f0153164_1728462.jpg

とてもきれいに手入れされてる~・・・
こちらはキッチンガーデンかしら?
f0153164_1729476.jpg

キッチンガーデンの更に奥に入っていく・・・
f0153164_17302553.jpg

日本で栽培不可のポピー。
f0153164_17312088.jpg

これはアーティチョークかな?・・・
f0153164_17322950.jpg

キッチンガーデンお決まりのスイートピーも。
f0153164_17331073.jpg

観賞に耐えうる手入れのよさ。
f0153164_17334856.jpg

更に先へ進みましょう。
f0153164_17342648.jpg

これも・・・大好きだけど日本で栽培不可のポピー。
f0153164_17345987.jpg

コテージガーデン風の小さな区画。
f0153164_1737124.jpg

f0153164_17393274.jpg

何気に、このパスがいい感じ。
花壇を引き立てている。
f0153164_173832.jpg

更に奥に進んで行く・・・
f0153164_17402018.jpg

ここはグラベルっぽい一角。
通り道なのに、こうしてここに植えているということは、ハーブかな?
f0153164_17425141.jpg

草を踏んだり横切るときに足が触って香りがするのかな?
f0153164_1744126.jpg

小さなエリアなんだけど、植栽や細いパスがとてもかわいい!
こんな一角、自分の庭にも欲しくなってしまう。
f0153164_17452219.jpg

こちらのエリアはまた違ったキッチンガーデン。
f0153164_17491784.jpg

今来た道をまた戻り・・・
f0153164_1747149.jpg

コテージガーデン風のエリア。
f0153164_17503644.jpg

f0153164_1751972.jpg

f0153164_17513241.jpg

Top▲ | by sukomama | 2015-07-04 06:04 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り 一番良かったガーデン巡りの日②
宿を出てから、今日の始めの目的地へ向かう。
今日はウェールズを出てイングランドに戻る予定。
一応車にはナビが標準装備されているのでそれを使っているんだけど・・・
やっぱり読めない・・・(笑)
多分、ウェールズを出たら読めるようになると思う・・・(笑)
f0153164_1629929.jpg

本日のウェールズは若干雨模様。
f0153164_1629454.jpg

このあとウェールズを出て再びイングランドに入るのだけど・・・
f0153164_16285859.jpg

ああ・・・なんかウェールズを離れるのが名残惜しいなあ・・・
良いところだったなあ・・・
f0153164_16285360.jpg

始め、今回の訪問予定をウェールズにしたとき、ダーはいい顔をしなかった。
ウェールズはどうのこうの・・・ウェールズ人は好きじゃないとかなんとか・・・文句垂れて乗り気じゃなかった。
私はまだ行ったことがなかったので良いも悪いも分からなかったけど・・・
でも・・・いいとこだったじゃーん!
ペンモンも美しかったし、スノードン登山鉄道も面白かった、湖のトレッキングも素敵な場所だったし、眼前に迫る山々も素晴らしかったし・・・
私は凄く気に入ってしまった。
いつかまた来たいなあ。
気になったところって・・・強いて言えばサインボードが読めなかったことくらいで・・・(笑)
あ、あと、あの自分史上最悪の不味いアイスとか。(爆)
とにかく、本当に素敵なところだった・・・
来てよかったー。

イングランドに戻る道は、道沿いの景色がよい、とあらかじめ調べておいた道を通った。
途中、湖を望む見晴らしのよい場所に通りかかり、停車した。
f0153164_16284762.jpg

ここにも自生のジギがたくさん咲いている。
草の緑に花のマゼンタが映えてとてもきれい。
f0153164_16284155.jpg

f0153164_16283419.jpg

斜面には向こうまでずっと群生している・・・
f0153164_16282840.jpg

f0153164_16282071.jpg

f0153164_1628133.jpg

mumに電話するダー。
f0153164_16275738.jpg

特に有名な観光スポット、というわけではないのに・・・
素敵だなあ・・・
こんなところが、イギリス中至る所にある・・・
f0153164_16275017.jpg

Top▲ | by sukomama | 2015-07-04 04:22 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り 一番良かったガーデン巡りの日①
この素敵な宿とも今日でお別れ。
ご飯も美味しいし、何と言ってもピクニックランチが最高だったし、そもそもロケーションが抜群に美しい、とても良いところだった。
またウェールズに来る機会があったらぜひまた宿泊したいな。
部屋を出て朝食のダイニングへ向かう。
階段を下りて・・・
f0153164_1672144.jpg

ここは談話室。
たくさんの本やDVDがある。
到着した日はここから「パディントン」、ダーの趣味の「アイルトン・セナ」のDVDを借りて部屋で観た。
f0153164_1671790.jpg

いつものダイニング。
f0153164_1671240.jpg

いつもの私たちの席。
f0153164_167854.jpg

そして、美味しいセルフの前菜。
f0153164_167489.jpg

今日もベリー、シリアルのヨーグルトかけ。
f0153164_1665563.jpg

今日のホットプレートはスクランブルドエッグとパンにベーコン乗せ。
このベーコン&ブレッドにメープルシロップをかけて食べるのだけど、これがメッチャうま!
今日も満足の朝ごはんでした。
f0153164_1664629.jpg

外に出て・・・
私たちの宿泊した部屋を撮る。
外から見ても素敵。
本当に居心地のよい素晴らしい宿だった。
f0153164_1663366.jpg

Top▲ | by sukomama | 2015-07-04 02:56 | イギリス 2015年 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin