2010年 10月 23日 ( 1 )
Top▲ |
テンちゃんハウス、完成
今日はダーも休みなので、D2でベニヤ板を買って来て先日のテンちゃんハウスを少し改良して完成させた。
ダーの作品はあちこち隙間だらけでどう見てもこれじゃあ、あっという間に脱走でしょう・・・というところを少しだけアドヴァイスしてあげた。
あんまりあれこれ言うと怒るので。(笑)
f0153164_1743540.jpg

相変わらずジブリ・テーマパークだけど。
この奥に、スチール製物置を利用してねぐらを作った。
床は木製でモミガラを敷いて。
f0153164_1742895.jpg

で、完成後、テンちゃんのゲージを持ってきてテンちゃんを中に放したら・・・・
あっという間に天井近くまで登って屋根部の隙間から出そうになった。
やっぱダメじゃんー、屋根、こんなスキスキじゃー。
慌てて途中に壁を作り、なんとか封じ込めたけど・・・。
f0153164_1743218.jpg

もー・・・・だから最初から「シンプルなデザインが一番だよ」って言っていたのにー!
全然人の話聞かないんだからー!

とりあえずゲージよりは少し広い場所に引越しできて、これで少しは楽になったかな・・・。
でも、この脱走寸前までいったのを見て分った。
例え足が3本でも機敏!
あっという間に天井まで登れた!
この分なら片手がなくてもちゃんと木登りできそう、よかったー!
体調もすごく元気そうだし・・・。

手術が終って動物病院から退院してきて以来、毎日毎日ゲージの床や柵をかじり続けている。
毎日毎日昼も夜も、ゲージの柵をかじったり揺らしたりして、必死になって出ようとしている。
それを見ていると閉じ込めておくのがとても辛い。
朝晩与えるご飯は一応食べるが、そばへ寄ると歯をむき出して威嚇し、決して慣れることはない。
本当に、外に、山に帰りたいんだよなあ・・・。
それで今日、こんなに元気に走り回って上まで登っていくさまを見て、この分ならもう大丈夫かな、もう山に帰そうかな、と思った。
そうダーに言ってみると、彼も同意見だった。
一応春まで栄養のあるものを食べさせ、傷口もすっかり治癒するまで保護しておく予定だったが、体も元気そうだし、何よりとても外に出たがっている。
これ以上閉じ込めておくのは精神的にかなりストレスだろう。
そしてそのために体調が悪くなる、ということも考えられる。
冬の間エサを捕獲できなくても一冬くらいはなんとか生き延びていけるように、あともう少し、1週間くらいたらふくご馳走を食べさせてから、山へ帰すことにした。
Top▲ | by sukomama | 2010-10-23 17:04 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin