ローメンテから見えてきたもの
おとといと今日とで、第一回目の草刈り機終了。
はー、スッキリ・・・
って、写真だと草刈り後、どれだけスッキリしたかイマイチよく分からないんだけど。
f0153164_16183251.jpg

f0153164_161826100.jpg

時間にしたら、作業時間は延べ3時間弱。
これでも多いかな。
もっと短く簡単に済ませたい。
そのためには少しでもパスの整備を進めなければ・・・
以前、マイロフェの中で梅木さんが語っていた言葉。
「土の見えるところをなるべく少なくするのはローメンテの基本」
本当にそう思う。

去年はかなりの数の薔薇を処分した。
今年もできるだけ抜く予定。
冬囲いの必要なものをなるべく・・・できれば全部なくしたい。
もう疲れた。
短く剪定した後紐で縛って、不織布で分厚く巻いて、その上からスーパーコートで覆って、更にプチプチでまた分厚く巻き、最後に波板で囲う・・・・
毎年冬、これを200本近くの薔薇に施していた。
そして春が来るとそれらをまた一つ一つほどいていき・・・
これらの資材の片づけに何週間もかかった。
ここまでしても、咲くのは、弱いものだと年に1個か2個・・・
新枝咲きのERでも、年々弱って来て花数が少なくなりつつある。
ハイブリッドルゴサでも黄色の系統は弱くて、今年など上部の枝の大半が枝枯れ。
もう無理して薔薇を育てるのはやめた。
他にも、宿根草でも手が掛かったり生育の悪い物、この土地では耐寒性が生育ギリギリなもの・・・そうしたものはもう執着するのはやめた。
また今年はネズミの食害がひどく、かなりの種類がなくなった。
お気に入りだった植物もずいぶんなくなってしまった。
そうしたものを見るにつけ、もう執着するのはよそう、と心底思った。
なくなってしまったものは仕方ない。
そして、この土地でもガンガン元気に育ってくれるもの、そうしたものだけで庭を作っていこう・・・そう思うに至った。
これこそが究極のローメンテ。
昨年、イギリスで生き生きと育つ薔薇たちを見て、本来その土地に育つものこそがその土地に合ったものなのだとつくづく思った。
そうしたもので作られた庭こそが本当のローメンテの庭・・・
やっとそう思えるようになった。
随分時間とお金がかかったけど・・・これはこれで勉強代。
その道を通ってきたからこそ、ここに辿り着いた。
だから後悔はしていないけどね。
オープンガーデンを催される方のような、薔薇の咲き乱れる、お花いっぱいのお庭も素晴らしいと思う。
でも、うちは違う。
うちにはうちの土地でしかできない庭作りがあるはず。
心底そう思うに至った時、なんだかとても楽になった。
そしてここ数年、物凄く負担になっていて、もう嫌になっていた庭だったのに、また再び庭熱が蘇ってきた。
「うちにしかできない庭作り」これからは、これを心に刻んで、再びやっていきまっしょう~!
Top▲ | by sukomama | 2018-06-14 14:37 | Comments(7)
Commented by 103tuhat at 2018-06-14 16:59
ジジクロパパです。こんにちは。
庭熱がよみがえったとのこと。うれしいです。
なんといっても八ヶ岳エリアのガーデニングの大先輩ですから。
経験談を聞きたいですからね、やめてもらっては困ります。
ブログもどんどん更新してくださいね。
Commented by sukomama at 2018-06-15 08:08
ジジクロパパさん
なんかね、今年はなぜか庭に対して情熱的なんですよ。
オープンガーデンも、できるかぎりあちこち行ってみたいなあ・・・という感じで。
だからジジクロパパさんのところもぜひお邪魔させてくださいね~。
「八ヶ岳エリアのガーデニングの大先輩」というのはちょっとアレですが(笑)・・・確かに本州のこんな高山で庭作っている人ってあまりいないかも・・・
前例もお手本もないから、ほんと試行錯誤ですよ・・・。
Commented by shopin9 at 2018-06-15 09:51
本当にバラを諦められますか????
私も何度バラさえ諦めれば、楽なのにって
思いますが、咲くとやっぱり嬉しくて・・・・
でもせっかくできた数少ない蕾を全部虫に
ダメにされたり・・・・泣くことの繰り返し
それでも諦められない・・・・・

頂いたバラのマチルダがもうすぐ咲きそうです(⌒∇⌒)
Commented by sukomama at 2018-06-15 13:16
ショパンさん
いえね、全く無くす、ということでなく「手が掛からない」「ローメンテ」のものだけにする、ということで・・・(笑)
ルゴサ系や原種系の極寒でも大丈夫なやつとか、生命力旺盛な修景薔薇とか・・・
ショパンさんに教えてもらった霧ヶ峰のホテルのガーデン、あそこでも殆ど原種系や修景薔薇でしたよね。
暖地のガーデンなどでは見事に咲いている、本当に美しくていいなあ、と思うもの、たくさんあるのだけど・・・あの冬囲いの大変さを考えると、もういいやって。
うちでは無理だけど、薔薇の季節になったら、またショパンさんのところで見せてくださ~い。
Commented by sukomama at 2018-06-15 13:18
ジジクロパパさん
ご連絡ありがとうございます。
こちらのアドレスも、以前教えてもらって控えてありましたよ~。
一応、個人情報保護のため?いただいたコメントは消去させていただきますね。
どうもありがとうございます。
Commented by mimiha at 2018-06-18 12:04 x
にこさんのお名前をクリックしたら、こちらに到着しました^^

ナントナントこの広さは、・・・・泣けるうぅぅぅ><
あのね、我が家は300坪なの。それでも、仲良しのおじ様からは「暴力的な広さ」と同情されまった。
この広さを何人で管理されていらっしゃるのでしょう?
わが家は夫婦二人で、手分けして、芝刈りと生垣の剪定は夫がしてくれていました。で、今年のお父ちゃんは、病気でスタートした園芸シーズン>< なので、全て私がしていますが、やっぱり芝刈り機を使った後は、くたびれるー><

もうもう、この広さだったら、ローメンテの方法を沢山試いことが出来ますね^^

そしてね、野ネズミの被害は、此方では10月になると全てのバラに(現在76本? アバウトです)縄で巻いて、竹を3つ立てて、また縄で囲うという、雪囲いをするのですが、我が家も被害があったので、一昨年から100均で売っているネットを、齧られては困る株の根元を中心にぐるんと巻いたら、
被害なしでした。
これは、林檎農家さんが根元付近にアルミの板をくるんとまいて防護していたのを丸て見たの。
100均のネットは、案外大きくて、切って使うと、助かりますので、ぜひぜひ試してみてください。

何だか、寒冷地繋がりで、テンション上がったのでした^^
わぁーい。
Commented by sukomama at 2018-06-18 19:10
mimihaさん
どうも、いらっしゃいまし~。
うちは、正確には分からないのだけど、でもmimihaさんのところよりちょっと広いくらいですよ~。
でもって、勿論一人で管理しています。(泣)
大変です・・・
アーチとかレイズドベッド、レンガ積み、パティオ・・・全部一人でやりました・・・過酷です・・・
庭を作り始めの頃は頑張っていたけど、この頃はもう疲れちゃって・・・
というより、他にもいろいろやりたいことがあるので、時間をとられるのが嫌になってきたんですね~。
これからローメンテの庭、がんばります!

100均のネットですね、今年はやってみようかな。
でも、うちのネズミは地下から来るんですよー。
モグラ並みに土の中を掘って来るんです!
で、根を食べられるの!
宿根草なんか、完全に根を食べられて、跡形もないんですよー。
本当に憎たらしいです!
でも薔薇にはネット巻きも試してみますね。
アイディアどうもありがとう。
<< 天井 漆喰塗り開始 | ページトップ | ワクワクがとまらない >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin