英国・里帰り&庭巡り とてもとても素敵だった日②
まだ宿の人も寝静まっている早朝。
すぐそばに湖があるので、そこまで散策に出かけた。
ジェットラグでの早起きさんではあるのだが、それがなくても、早朝の散策をしないのはもったいないほどの素晴らしい環境なのだ。
早朝なのでまだ誰もいない・・・というか、この辺りだと昼間でも誰もいなさそうだけど。
道沿いには、相変らず山が突然目の前にそそり立つ。
f0153164_1104617.jpg

見て分る通り、ほんとに道の端から山がそびえているのよ~。
ここ、上から転がり落ちたら怖そう・・・
ここにも自生のジギがあちこちと。
f0153164_1113858.jpg

馬さんとか羊さんとか・・・
動物たちはもう朝ごはん。
f0153164_1143161.jpg

そんな美しい道をずんずん歩く。
f0153164_115291.jpg

少し開けて来て・・・
ここにも羊がいっぱい。
f0153164_116487.jpg

道の反対側は急斜面。
f0153164_117723.jpg

さらに進んで行くと・・・
湖面が見えてきた。
f0153164_1174234.jpg

き・・・きれいです・・・
f0153164_1184717.jpg

ここでちょっとビデオ撮影を。
残念なことにあまり画質が良くないのだけど・・・


湖岸には木が生えていたり・・・
f0153164_1194371.jpg

すぐ近くにも羊がいたり・・・
f0153164_11101730.jpg

f0153164_1110322.jpg

そして、開けた場所からの湖の景色。
美しすぎる・・・・
もう、あまりの美しさに二人とも言葉がない・・・
f0153164_11115682.jpg

ほんとはもっともっと、うわ~・・・っていうくらい端から端まで見渡す限り雄大で素晴らしい光景なのに、単焦点でしか撮影できなくて・・・悲しすぎる・・・
今度は予備に広角持参しなくちゃ・・・

そんな美しすぎる湖をウットリ眺めながら、しばらく湖の周囲を散歩した。
f0153164_11165226.jpg

湖をぐるっと向こう側まで廻って、これ以上進むと朝食までに宿に戻れないので引き返すことにした。
再び同じ道を戻って・・・
やっぱきれいだなあ・・・
f0153164_11183760.jpg

湖は勿論だけど、道端の植物に目をやると、これもまた何とも美しいのだった。
これは・・・せり科のものだよね・・・
f0153164_1120950.jpg

これは自生のノイバラ・・・ピンピ系かな?
f0153164_11205148.jpg

これは自生のヴァレリアン?
f0153164_11291699.jpg

これはイタそうなやつ。
f0153164_11295413.jpg

これ、これ!
これがなんか気に入ってしまって。
シダの仲間だと思うけど、とてもきれいな葉色なの。
ああ、持って帰れないのが残念。
群生させたらきれいだろうなあ。
f0153164_11313159.jpg

これはカニナっぽいですね。
f0153164_11323699.jpg

これもヴァレリアンか。
f0153164_11325196.jpg

シレネ。
f0153164_11332455.jpg

よく見るとヤナギランもある。
f0153164_1134837.jpg

で、ジギね。
ジギは原種のこの色しか見かけない。
f0153164_11345573.jpg

このように、湖岸がずっと野生のメドウ状態で、それはそれは美しいのだ。
誰が作った、という訳でもなく自然に自生しているのに、ほんとに素敵。
もう・・・湖といい、山といい、この辺り一帯の夢のような美しさにただただうっとり・・・なのであった。
現実の世界ではないみたい・・・
のんびり散策を楽しみながら、夢心地で宿まで帰ったのであった。
Top▲ | by sukomama | 2015-07-03 04:56 | イギリス 2015年 | Comments(0)
<< 英国・里帰り&庭巡り とてもと... | ページトップ | 英国・里帰り&庭巡り とてもと... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin