英国・里帰り&庭巡り やはり幸運のあとには不幸がぁ・・・③
そろそろ出発する時間になったので、楽しいBetws-y-coedの町を後にしてホテルへ戻り、チェックアウトを済ませて出発した。
しばらく走って、やって来たのは小さな湖、Liyn Mair。
なんだけど・・・
なんだけど・・・
何なんでしょう・・・この画像?・・・
f0153164_180528.jpg

一体何なんでしょう?・・・何を撮りたかったのでしょう?・・・・
f0153164_17595871.jpg

これはですねえ・・・・

ぐわああぁぁーーー!!!
カメラ落としたーーーー!!!!!

アスファルトの道の上に・・・・・・・(号泣ーーー)

さあ、着いた。
と、カーパークに車を停め、ドアを開け、外に出た瞬間・・・
膝の上にカメラを置いていたのをすっかり忘れてそのまま車の外に出たものだから・・・
当たり前ですが、膝の上のカメラが・・・落下・・・・それもアスファルトの固い地面の上に・・・・・・・
一瞬、何が何だか・・・・自分で何をしたのかが理解できず・・・
慌てて叫ぶダーの声が頭の中にうつろに響き・・・・
我に返ってカメラを拾い上げたら、レンズ部分やボディがへこんでいて・・・(号泣ーーー)
で、試しに撮影したのがこの2点の画像なんですよー・・・
標準のレンズはへこんでいて、これはもうダメ。
ボディも傷があるけど、別のレンズを付けたら何とか撮影できた。
けど・・・
別のレンズというのは、予備で持ってきていた単焦点レンズ。
ウェールズの雄大な風景を撮るのにはあまり適当ではなく・・・
でも仕方がない、まだ写せるだけでも不幸中の幸いだったと思わねば。
というわけで、これからはどんな雄大な引きの写真も単焦点で撮影するしかなくなってしまった・・・とほほ・・・・

というわけで・・・
幸運のあとの不幸とは・・・
あの、スノードンでの奇跡的な登頂の幸運と引き換えに訪れた、この涙チョチョ切れの不幸な事故のことなのであった・・・。
もう・・・旅行でカメラが使えなくなるって、とんでもない不幸だー!
この日は余りのショックで、今度は私が「むごーん」な一日なのであった・・・。

とにかく始めの目的地のLiyn Mairに向かって歩き出す。
悲劇の現場であるカーパークを振り返ると・・・
f0153164_17595159.jpg

まあ、なんとか見られるのではあるけど・・・

Liyn Mairへは誰もいない湿地の草原を横切っていく。
どんよりとしたウェールズらしい天気。
まるで私の心模様みたい・・・(笑)
f0153164_17594644.jpg

しばらく歩くと、見えてきたLiyn Mair。
これもさほど大きくない池のよう。
でも天気と相まってなんだか幻想的。
f0153164_17594078.jpg

f0153164_17593430.jpg

ここにも原種のジギがたくさん自生している。
f0153164_17592745.jpg

うちのジギより花付きいいなあ・・・
f0153164_17591995.jpg

ふと丘の上を見上げると・・・
ここにもヒツジが・・・
f0153164_17591369.jpg

野生のように放し飼いだけど、これも誰かの持ち物の羊なんだよね。
f0153164_1759677.jpg

湖の周囲をしばらく散策した後、次の目的地へ。
はあ、しかし・・・泣きたい・・・・
Top▲ | by sukomama | 2015-07-02 06:51 | イギリス 2015年 | Comments(0)
<< 英国・里帰り&庭巡り やはり幸... | ページトップ | 英国・里帰り&庭巡り やはり幸... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin