伐採
今日はいよいよ庭の巨木の伐採。
木の高さは20m近くあるので、クレーンも25m?30m?と巨大なクレーン車がやって来た。(これが高いのよお)
朝8時から開始と言うことで、8時少し前に業者さんたちが到着。

まず始めはこの巨大なカラマツ。
f0153164_18445366.jpg

クレーンのケーブルを引っ掛けたあと根元をチェーンソウで切っていく。
切ったあと持ち出し。
f0153164_18444923.jpg

高さ20m、幹の太さが数mもの巨木が巨大なクレーンに吊り下げられていく様子は壮観。
ダーと二人で「をををー!」と驚きながら見ていた。
f0153164_18444583.jpg

で、伐採したあとがこんな感じ。
f0153164_18444244.jpg

げっ!なんか今までとあまり変わっていない?
切った唐松の向こう側にまだ別の同じくらいの高さのカラマツがあるからだ。
しかもこれ、ダブル。
2本で1本みたいに見えるけど。
これが生えているのはうちの土地じゃないので勝手には伐採できない。
ああ・・・・せっかくスッキリすると思ったのに、悲しい・・・・。
今度はあの木がどんどん成長してまたまた日陰になるのだ~。
あの位置は丁度真南なので。
がっくし・・・・

次は庭の半ばに生えている2本のシラカバと1本のミヤマザクラ。
f0153164_18443851.jpg

白樺は、1本は高い位置で伐採、1本は低くして頭止め。
ミヤマザクラは伐採。
f0153164_18443370.jpg

これは結構スッキリ視界開けた。

次は前述のカラマツと同じくらい巨大なダケカンバ。
ここまで大きなダケカンバは結構珍しい。
f0153164_18443018.jpg

しかし、これがとってもジャマ。
前述のカラマツが真南にあり庭中日陰にしてしまい、このダケカンバは東にあるので午前中ずーっと庭中が日陰になってしまい貴重な陽の光が庭に全然差さないのだ。
しかも、この木が生えているのは土ではなく、巨岩で土止めしているその岩の上に生えている。
なので、よく考えたら危ないのだ。
ただ、ここまで立派に育ったダケカンバをすっかり伐採してしまうのはかわいそうなので、これも半分くらいの高さに頭止め。
f0153164_1844947.jpg

多分来年は低い位置から新しい枝が伸びてくるだろう。

庭で最も高い巨木をこうして手の届く高さに押さえてしまえば、これから自分達で枝の剪定も手が届く。
枝や葉の数を調節すれば、根っこから吸い上げる水分も調整できるので、今まで物凄い量の水分を吸い上げて土がカラカラになり、巨木の近くに植えた植物の育ちが悪かったり枯れたりしていたのが、なんとか生きていけるようになるだろう。

朝8時から始まって伐採が終わり後片付けも終ったのが午後2時半。
業者さんたちも、植えてる植物などを踏まぬよう気をつけてくれながらよくやってくれた。
ご苦労様。
これでしめて十数万円。
春からずっと積み立ててきた「伐採貯金」で支払った。
あとでダーがカラマツの年輪を数えたら、90以上あったらしい。
もう百歳近かったのかな。
ダーがぽつんと言った「かわいそう・・・・」。
まあ、カラマツが可哀想でなければ私が可哀想なのだ。
仕方ない。
Top▲ | by sukomama | 2010-11-11 18:41 | Comments(4)
Commented by ニコシア at 2010-11-15 00:03 x
おおっ、豪快な眺めですね。
ついに伐採ですか!
春からせっせと今日のために貯金されてたんですね。
カラマツのうしろにさらにカラマツというおちがあったんですか。。
ダケカンバはよくもまぁそんな不安定なとこに生えてたなんて@@
切られてよかったと思います。
来年の植物の成長具合がどんな風になるか楽しみですね。
別記事で紹介されてたファイヤーストーブ素敵です。
毎年欲しいなぁと思いながら冬が過ぎていきます。
鳥かごっぽい花台もいいな。
Commented by にこ at 2010-11-15 09:44 x
ニコシアさん
>カラマツのうしろにさらにカラマツというおち・・
そうなんですう~・・・、とっても悲しいオチです~・・・
しかもこの新たに出現したカラマツは2本で1本のツインズなんです~
これから成長してモリモリ茂ってきたら・・・やだなあ・・・。

あ、ファイアーストーヴって言えばいいんですね!
なんていうのかイマイチ分らなくて・・・「焚き火用お釜?」とか。(笑)
そちらでもあるんですか?
日本ではあまり見かけないから欧米からの輸入品かも。
寒冷地のお庭にはぜひ欲しいですよね。

庭の冬囲いはいかがですか。
今年はニコシアさんのおにわのしっかりした冬囲いが見られなくて残念。
冬の気温はうちなんかより全然厳しいから、しっかりした冬囲いじゃないと危ないんですよね。
これも参考になりました~。
Commented by 0-chan at 2010-11-15 23:23 x
おお~♪ スッキリしましたね~(^-^)
南の唐松には落ちがありましたが;でも残った唐松の方が枝ぶりがキレイだから
スッキリした気分で見られるかもですよ~(^_-)
それにしても さすがクレーンで すごい重さを支えてますよネ
にこさんちの環境を考えると、その拾数万葉値打ちがあると思います。
なにより自分で絶対出来ない仕事量だしネ

それと 東のダケカンバもでっかいな~って思ってましたが、
これもスッキリしましたよね~♪ 
コレで来年は 随分と色んなものの成長が違ってくるかも。。。
ウチの村のジジババに言わせると 寒冷地は結構西日を大事にするそうです。
南の光より、西からの光の方が長く温度が高くなるので、
ウチもそういえば西日が当たる畑の方が 成長がいいですよんっ(^^)
Commented by にこ at 2010-11-16 10:32 x
O-chanさん
>にこさんちの環境を考えると、その拾数万葉値打ちがある・・
はい、私もそう思います。
なんといっても私たちの人力では叶わないことですから。
巨木が1本なくなっただけで日当りが全然違ってくるしね~。
毎年落ちた枝や唐松のはっぱ、日陰で苦労するより思い切って伐採してよかったと思います。

以前O-chanさんが「山では西日も大切」って言っていたの、覚えてます。
普通暖地では「午前中陽が当たるのがベスト」ってよくいうけど、寒冷地では午前中はまだまだ寒いし、昼頃になってようやく気温も上って午後からの日差しが植物にとって一番成長できるのでは、とおもいますよ。
しかし・・・うちの場合西にはまた新たな敵が・・・(笑)
西方面はこれまた巨木が林立していてしかもそこはお隣の敷地・・・。
唐松を切ってもまた唐松という金太郎飴状態といい、ほんとにトホホな環境です・・・・。
<< 雨が降る | ページトップ | カバー巻き始め >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin