君よ知るや南の山
天気予報は晴れなのに、雨が降っている。
今日でコンサバトリーのペンキ塗りを終了して、冬囲いに再び取り掛かる予定だったのに・・・。
時間がないのに予定が狂わせられたのも悔しいが、それ以上にせつないのは、あの、南の空。
f0153164_22541766.jpg

うちの上空は真っ黒な雲で覆われているが、あの彼方、南麓のほうはいつも晴れなのだ。
同じ八ヶ岳でも南麓は日照時間が日本一長いという。
片やここ、北麓は代表的な風景が苔むした鬱蒼とした樹海。
南と北で何たる違い。
雨の日も雪の日も、いつも向うの南は明るい空の下。
いつもいつもあの光の下に行きたい!と思い焦がれる。
まあ、それでも東京に居たときよりは全然マシだけど。
人間いないし。
毎晩真夜中に酔っ払いが大声で叫びながら家の前を通っていったり、暴走族が騒がしく走っていったり、私の寝ている頭の壁にどこかの子供がボールをぶつけて遊んでいたり、夜鳴きそばやら石焼イモ、夏になれば毎日のように光化学スモッグ注意報のアナウンス・・・・
一番最悪の2本足のケダモノがいないだけマシかも。
ああそれでも・・・・願わくばあの光の下に住みたかった!

ゲーテもどんよりしたドイツの雲の下で、陽光溢れる南国イタリアに思いを馳せていたのね・・・。
一応うちもレモンの花、咲きますけどね。(爆)
Top▲ | by sukomama | 2010-11-08 23:11 | Comments(0)
<< 初雪 | ページトップ | コンサバトリー 18 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin