◆北海道旅行記、始めました
まだまだ2015のイギリスも途中、2017のイギリスも全然なのに・・・(泣)
とりあえず忘れないうちに・・・チマチマとアップ中。
右の「北海道2018年」のカテゴリーからお入りください。
Top▲ | # by sukomama | 2019-07-14 19:35 | 北海道 2018年 | Comments(0)
疲労困憊
今日はこんな作業を。
例の、花が咲かない、実がならないナナカマドの剪定。
f0153164_9143573.jpg

ビフォーの写真を撮り忘れたのでどこがどう変わったのか全然分からないけど・・・
とにかく混み入った枝を切ってスッキリ、どの枝にも陽が当たるようにした。
これで再来年からは花が咲くかなあ・・・(はあ、先だ・・・)

こちらはオオデマリ。
これもどう変わったのか分からないけど、この4倍くらい枝が混み入ってモシャモシャしていたの。
剪定していて分かったけど、やっぱり混み入った部分には花が咲いていなかったし、枝が枯れていた。
やっぱり不要な枝の剪定は必要なのだわ・・・。
f0153164_9142929.jpg

この頃は毎日疲労困憊で、庭仕事を終えて家に戻るともう身動きができない。
そのまま夜までボーッと死人のように過ごす。
何故かというと・・・
こんなことをやっているから・・・
f0153164_9142385.jpg

花壇の周りのパスを整備するべく、バチヅルで掘り返しているのだけど、そうするとクマザサの根っこが地中をずんずん伸びていて、それを掘っていくと花壇の中に入り込んでいるのだ。
で、その花壇の中に入り込んだクマザサの根を掘ると・・・
こんな感じで土の中で巨大に成長&延長しているのだ。
これを完全に掘り出して、取り除いていく。
これがもう・・・本当に重労働・・・
f0153164_9141677.jpg

このクマザサの「モト」はどこかというと・・・
花壇からずっと離れた未開墾の土地からズズ~ッと地下茎を伸ばして花壇の中までやってくるのだ・・・
f0153164_914108.jpg

この、左に見える草ボーボーのところね。
ここに生えているクマザサが地下茎を伸ばして、パス(中央の土が見えている部分)を超えて、右に見えているレイズドの花壇の中まで侵入してくるの。
もーーー・・・・!
おととしこの花壇を作った時には、地中1mくらいまで掘り起こしてクマザサの根は完全に取り除いていたのにーー・・・
せっかくきれいにした花壇の土の中に、遠く離れた場所から新たに侵略者が・・・(泣)
毎日毎日、こうして1本1本、侵入してきたクマザサを地中深くまで掘って抜いていく・・・この作業が本当に辛くしんどい。
毎日、疲労困憊。
これなんか、5m近くあるのよー・・・
f0153164_914589.jpg

これが、どの花壇もこんな感じなので本当に大変なのだ。
せっかく苦労してきれいにして作った花壇なのに・・・
ほんとに大変。

地表に出てきたクマザサの葉を根気よく切っていけば、いつか衰退して枯れるのじゃないか、と思っていたけどそれは大間違い。
花壇に撒く肥料、特に薔薇に撒く大量の肥料を吸って、地下で巨大に繁殖していたのだ。
除草剤を使いたくても、すぐそばに草花があるから使えないし・・・
もうほんとにクマザサにはウンザリー・・・
何か良い駆除方法はないものかなあ・・・
Top▲ | # by sukomama | 2018-10-17 09:13 | Comments(1)
カンティ・フェア
今日はずっと楽しみにしていたカンティ・フェア。
昨年は丁度ウェスティのオフ会と重なってしまったので行けなかったのだが、今年は2年ぶりでの参加、楽しみ~。
清里に着いていつもの「美しの森」のカーパークに駐車。
車のナンバーを見ると、東京や名古屋は勿論、群馬や茨城、三重なども。
遠方からも大勢やって来ている。
ここから会場までは徒歩で30分ほどだが、ピストンバスも出ている。
ピストンバスを待つ人。
ピストンは頻繁に来るのだけど、それでも長い列ができている。
f0153164_11225744.jpg

ワンコはバスに乗れないので(多分)私たちは徒歩だが、徒歩でも十分楽しいのだ。
こういう遊歩道を通る。
f0153164_11243844.jpg

こんな小川を渡り・・・
f0153164_11251974.jpg

こんな森の中を通り抜け・・・
f0153164_11263538.jpg

やがて広々とした牧草地に出る。
右側にはいつもなら八ヶ岳の山並みが眼前に迫るのだが、今日はちょっと曇り気味。
f0153164_11274474.jpg

広々~・・・
モリスも思い切り走れて楽しそう。
f0153164_11285965.jpg

そう、ここは・・・夏にランチに来たあの「ファームショップ・レストラン」。
f0153164_1130833.jpg

カンティ・フェアの日はレストランはお休みなのだ。
f0153164_11311085.jpg

清泉寮前の会場に到着。
会場にはもうたくさんの人が。
美味しそうな臭いと煙が・・・
f0153164_11333687.jpg

「トラクター・パレード」のトラクターたちも、出番を待ち準備。
f0153164_11344380.jpg

今日はどんな美味しいものが出店しているかなあ?・・と早速歩き回る。
すぐに高級ワンコに遭遇。
そうそう、カンティ・フェアではいろいろなワンコに会うのも楽しみなのだ。
f0153164_11363061.jpg

こっちではフェレット連れの人も・・・
f0153164_11372828.jpg

毎年、ヤギとか不思議なワンコとか・・・いろんな動物たちが来ていて楽しいのだ。

この店は、手作りのキッチングッズの店。
この、いかにも手作りっぽいフライパンにすごーく惹かれる。
鉄のパン部分も、取手も、可愛いよね~。
だけど、使い勝手の良いフランパンが既にあるし・・・
なによりお値段が結構いいし・・・
ということで諦めた。
f0153164_1141157.jpg

すでにたくさんの人が陣取って宴会開いている。
f0153164_1143497.jpg

ミヨシのショップも。
でも今の時期なので室内用の鉢植えとか寄せ植えばかりなので立ち寄らず。
f0153164_11451950.jpg

こちらは色とりどりの野菜をディスプレイしたショップ。
見ていて楽しいけど・・・でも実際使うとなるとなあ・・・
f0153164_11465853.jpg

今は、すぐに食べられるものの方が惹かれるなあ。
手作り保存食のショップとか・・・
f0153164_11481747.jpg

そんな中を歩いて行くと・・ややや・・・!
日本酒ー・・・!
f0153164_11435620.jpg

まずは日本酒だな・・・(笑)
そして隣には・・・新そば。
f0153164_1149544.jpg

こりゃもう、今日のランチは日本酒に新蕎麦で決まりだな・・・
と思ったら・・・・
なんと蕎麦屋に長蛇の列がぁ・・・・
ああ、やっぱりみんな新蕎麦食べたいのね・・・とほほ・・・
f0153164_11513556.jpg

ということで・・・並びましたよ、新蕎麦。
もう、何十分並んだかしら?
随分待ってやっと新蕎麦入手!
何故かこの時点ですっかり日本酒のことが念頭から消えていて、そのままフラフラと他の店を覗いて歩く・・・
f0153164_11551379.jpg

と、そこで目に入った地ビールの店!(←キミはアル中か?)
f0153164_11565326.jpg

なんか美味しそう・・・
そしたら、なんと「地ビール3種飲み比べセット」なんてものがあるじゃあありませんかー!
ということで・・・
地ビール3種、入手。(笑)
勿論私一人で飲むのよ。
Alexは運転手ですからね。(笑)
f0153164_1158826.jpg

ステージでは北杜市市長の開会の挨拶が始まった。
うしろの写真が清里開拓の父、偉大なポール・ラッシュさん。
f0153164_120257.jpg

自分のランチだけでなく、Alexの分も入手しないといけないので(←すっかり忘れていた)、そこらの店で適当に美味しそうなものを購入。
ここにも高級ワンコが・・・
かわいいなあ。
f0153164_1231912.jpg

巨大な鉄板の上の山になった肉!
すごい・・・これがまた、すぐに売り切れてしまうのもすごい。
f0153164_1242811.jpg

なんとかパパのランチも買って、パパとモリのところに戻ってきた。
f0153164_1253561.jpg

シートに座り、「はあ~・・・やっと落ち着いてランチだわ・・・」と食べ始めたら・・・
今度は待ちに待った「トラクター・パレード」が始まるじゃありませんか~・・・
f0153164_1265468.jpg

大好きな「トラクター・パレード」。
食べかけたご飯を置いて、カメラを掴んで急いでパレードのコースに走った・・・
はあ、忙しい・・・ゼーハー・・・
早くしないとトラクターが行っちゃう~・・・
f0153164_1214262.jpg

このトラクターは、開拓当時、農業の効率化のためにポールさんがアメリカから取り寄せたものなのだ。
農民たちが少しでも楽になるように、効率よく作業ができるように、とわざわざこんなものをアメリカから取り寄せるのは、本当にすごい事だったと思う。
f0153164_12153088.jpg

f0153164_12161022.jpg

f0153164_1216442.jpg

あ、しまった、今年こそあの荷台に乗ろうと思っていたのに、美味しいものに気を取られて申し込むのを忘れていた・・・(笑)
f0153164_12174716.jpg

クラムチャウダーと、右の食べかけは苦労して入手した新蕎麦。(笑)
f0153164_12194147.jpg

パパのためのガレット。
なかなか美味しかった。(←人の分も横取りした 笑)
f0153164_1221142.jpg

そしてデザートは、「3種デザート盛り合わせ」。
パンプキンプディングとアップルパイ、アプリコットのコンポート。
これが凄ーく美味しかった。
パンプキンプリンは濃厚で、アップルパイはフィリングのリンゴが大きくゴロゴロ一杯で・・・
二人で1皿でも十分なボリュームだった。
はあー・・・満足。
とっても美味しかったので、この店でお土産にクッキーやマフィンなどいろいろ買ってしまった。
f0153164_12244065.jpg

お腹がいっぱいになったところで、他のショップもゆっくり見て回る。
こちらは、サングリアがとってもきれいで美味しそう・・・
飲みたいけど、もう満腹でこれ以上入るスペースがない・・・残念。
f0153164_12265268.jpg

こちらはお菓子の店。
ワンコのおやつも売っている。
f0153164_12282263.jpg

ハスキーちゃんに遭遇。
f0153164_12295850.jpg

あとで写真を拡大してよく見てみたら、この店はワンコグッズの店だったのね。
知っていたらもっとよく覗いてみたのに。
f0153164_12301444.jpg

こちらはダルちゃん。
f0153164_12303471.jpg

シートエリアの小ステージではコンサートが。
f0153164_12311846.jpg

そのあと、大ステージではジャスの演奏が。
f0153164_12314745.jpg

お腹もいっぱいになり、お土産も買ったのでそろそろ帰ることにした。
会場を出る時、入り口に貼ってあったスケジュールのポスターを見るとこんなことが書かれていた・・・
f0153164_14394226.jpg

「フィナーレになぜアメイジング・グレイスを歌うのか」
ちょっと驚いた。
毎年、閉会式にはアメイジング・グレイスを歌っていたのか・・・閉会までいたことがなかったから知らなかった・・・
「アメイジング・グレイス」といえば、言わずと知れた黒人奴隷解放の象徴の歌。
映画の「アメイジング・グレイス」もとても良かった。
数年前、この映画が日本で公開されると知った時にはとても嬉しかった。
絶対素晴らしい映画だから。
なのに、公開直前、数日前に東日本大震災が勃発した。
日本中が映画どころではなくなり、いつのまにか映画の公開の話は消えてしまった。(その後、上映されたのかしら?)
アメイジング・グレイスの歌ができた訳と、その曲を支えに、困難を乗り越えイギリスの奴隷売買制度を廃止するに至った、実話をもとにした素晴らしい作品だ。
それがなぜカンティ・フェアで歌われるのか・・・
ここに書かれているように、ポールさんがアメリカから遠く離れたこの未開の地?にやって来て開拓し、農業、畜産業を広めていくにあたり、どれだけの困難を乗り越えていったのか・・・
今でこそ清里といえばお洒落な観光地だが、その当時は貧しくて閉鎖的な農村であっただろう。
気候的にも、今でも寒冷地だが昔はもっと厳しい気候だった。
その地に、近代的な農畜産業を広めていくには想像できないほどの困難があったと思われる。
それでも深い信仰心を土台とした不屈のフロンティア・スピリットでポールさん、そして開拓に関わった地元の人々は今の清里の基盤を築いていったのだ。
奴隷売買の廃止にしても、ポールさんの清里開拓にしても、信仰心があればこそ、成し遂げられた偉業であったと思う。
なので、その心を忘れないように、閉会式では皆でアメイジング・グレイスを歌うということだ。
今迄何度もカンティ・フェアに来ていたけど、これは初めて知った。
そして、なんだか胸が一杯になった。
いつも「美味しい物~」とか「ワンコ、かわいい~」なんて喜んでいたけど、カンティ・フェアの本当の意義とはここにあったのだ。
ポールさんや当時の人々の苦労と困難を忘れないように・・・
感謝を忘れないように・・・
それが本当のカンティ・フェア開催の意味なのだった・・・

今日は、美味しいものをたくさん食べて、可愛いワンコたちにも会えて(笑)・・・とても楽しかったけど、何よりもこのポールさんのことを、今迄よりも知るとができたことが一番素晴らしい収穫だった。(今までは「写真のおじさん」だった 笑)
私も、苦しい時にはポールさんの軌跡を思い出し、前に進んで行く勇気をもらおう・・・
Top▲ | # by sukomama | 2018-10-13 11:16 | Comments(2)
冬囲い、続き
今日は木にネットで冬囲い。
これは薔薇と違って防寒の為ではなく、雪で折れないように。
太い木や1m以上になったものは多分大丈夫なのだが、まだ小さなものは雪が積もると重みで折れてしまうので、それを防ぐため。
これもそれほど数はなかったので今日1日で終わった。
f0153164_18214590.jpg

薔薇の冬囲いと違い、木はどんどん成長して高くなっていくので、今は冬囲いが必要でもやがて必要なくなる。
もう散々木を植えたので、これ以上は増やさない予定だし・・・(ほんとはまだまだいろいろ欲しいのだけど)木の冬囲いはもっと楽になっていくだろう。
f0153164_18214228.jpg

さあ、あとは薔薇のネット掛け。
日一日と寒くなってくるので、もう早く終わらせた~い。
Top▲ | # by sukomama | 2018-10-11 18:21 | Comments(4)
薔薇の冬囲い
薔薇の剪定も済ませ紐で縛るのも終わったので、今日はスーパーコートを巻く。
随分リストラしたのでこの作業もなんとか今日で終わった。
やっぱりすぐに終わると楽だなあ。
f0153164_17323248.jpg

それでも改めて見回すとやっぱり多い・・・
もう冬囲いはしたくないのでもっと減らさないと・・・
f0153164_1732247.jpg

ところで・・・
パーゴラ花壇の横にこんなものが・・・
f0153164_17321571.jpg

黒く見えるのは、そう、誰かのウンチ。
いわゆる「溜め糞」というやつ。
分かってる、犯人は誰なのか。
全くもう・・・うちはトイレじゃないぞ!
でもちょっとはいいところもあるんだけど・・・
ネズミも食べるので、こんな風にネズのいそうなところを掘ってネズハンティングもしてくれる。
f0153164_1732725.jpg

しかしなあ・・・
これで苗のところを掘られたのではたまらない。
毎晩ネズハンティングしてくれるのはネズへの牽制になっていいのだけど、苗をメチャメチャにされては困るし、なによりそこら中にフンをするのはやめてほしい。
やっぱりもう来ないようにするかなあ。
Top▲ | # by sukomama | 2018-10-09 17:31 | Comments(0)
信濃路自然歩道
今月いっぱいでちゃいぶもおしまいだね、と話していて、では行ってみようかということになった。
いつもは時間がなくて車で店まで行っていたのだが、久しぶりに自然歩道を歩いて行くことにした。
いつものように蓼科湖畔に車を停めて、遊歩道を歩いて行く。
f0153164_16403998.jpg

ここを歩くのは何年ぶりだろう。
最後に歩いたときは、まだスコットも元気だった時だ。

晩秋なので、全体に葉の色も黄ばんできた。
ここでもツタウルシが一番鮮やか。
ウルシの中では最強のかぶれ力?を持つツタウルシ。
でも秋の紅葉はひときわ美しい。
f0153164_16403087.jpg

何年も歩いていないうちに、なんだか木々も大きくなったような・・・ちょっと荒れている感じもする。
ここを歩くの、モリスは初めてだっけ?
一度は来たことがあったっけ?・・・
f0153164_16402171.jpg

これは、ちょっと見辛いのだけど、ウバ様の群生。
数十本のすごい数のウバユリが林立していてびっくりした。
多分、かつてここにあったウバユリから種が落ち、それらが一緒に育って8年経って同時に開花したのだろうな。
よく考えたらなかなかすごい事だな。
滅多に見られない光景かも。
f0153164_1639492.jpg

ずんずん歩いて行って、やがて釣り池に。
f0153164_16394041.jpg

そこを通り過ぎてやっとちゃいぶに到着。
いつものようにテラスの席に座る。
すると、オーナーさんのプライベートのお庭に一頭のハスキーが。
まだ若そう・・・子供かな?
新しくお迎えした子かな?かわいいなあ。
f0153164_16393396.jpg

私はいつものサツマイモのニョッキと豆サラダ、ハーブティー。
f0153164_16392587.jpg

Alexはまたまたいつものケーキセット。
・・・なんか・・横で舌なめずりしているやつが・・・
f0153164_16391841.jpg

帰り道は今度は、自然歩道ではなくサイクリングロードの方を歩いて帰る。
こちらも数年ぶり。
ああ、この小川・・・
f0153164_1639746.jpg

夏にここを歩いていて、暑くなったスコちゃんがこの水に入ってお腹を冷やして、また元気が出て歩き出したんだよなあ・・・
でも今はもうスコちゃんはいない・・・
いや、一緒にいるけど、一緒に歩いているけど、もう暑くなることはないね。
暑すぎて歩けなくなったり、お腹を冷やす必要もなくなったね・・・

久しぶりの遊歩道お散歩は、懐かしいけど少し切なかった。
Top▲ | # by sukomama | 2018-10-08 16:36 | Comments(0)
剪定悲話
今日、医者に行ってきた。
f0153164_21205897.jpg

なんでかー、というと、トゲを抜いてもらいに。(泣)

昨日も一日冬支度の為薔薇の剪定をした。
その時、跳ねたシュートが指に当たってトゲが刺さってしまった。
一応薔薇用グローブは使っていたが、細かい作業をするため外した時、刺さってしまったのだ。
夕方家に入ったあとそれを抜こうとしたのだが、どうしてもできない。
刺さったのが右手の指なので、左手でマチ針を持ってトゲを抜こうとしたのだが、私は右利きなので左手でどうしても細かい作業ができない。
しかも、抜こうとするとどんどん皮膚の奥に入っていってしまう。
どうやっても無理なので仕方なく自分で抜くのは諦めて、今日はもう遅いので明日皮膚科に行くことにした。
茅野市には皮膚科が2軒あるのだが、どちらも行ったことがあるが、これがひどい。
どちらも「もう二度と行きたくない」と思うほどひどい。
以前、やはりAlexが私を手伝ってトゲが刺さった時には中央病院の皮膚科に行った。
私もそうしたかったのだが、病院って外来の受付は午前だけ。
ところが明日の午前は歯医者の予約があるのだ。
この歯医者はすごく良い歯医者なのだが、そのせいで「予約が取れない歯医者」で、明日の診察をキャンセルすると次に予約が取れるのは2~3か月後になってしまう。
それは困る。
しかし明日は金曜日なので、明日皮膚科に行けないと月曜になってしまう。
私は病気の為怪我の治癒がなかなか芳しくないのだ。
現に今も刺さったトゲのところが化膿し始めている。
どうしても明日診察してもらいたい。
そうなると午後からでも診察してくれる、あの、感じ悪い皮膚科に行くしかないか・・・と改めてネットで見てみたが・・・
その2軒の皮膚科の口コミ・評価が最悪。
「2度と行くか!」
「最低!」
「クズ」
・・・笑っちゃうくらいひどい書かれよう。
やっぱり皆私と同じ目に遭っているのだ・・・
やはりこの茅野市の2軒の皮膚科には行きたくない。
仕方ないので、足を伸ばして諏訪市まで行くことにして、諏訪市の皮膚科を探した。
こちらはなかなか高評価の医者ばかり。
その中の一軒を選んで行ってきた。

午前中は予定通り歯医者に行き、そのあと午後は諏訪市まで出かけて診察開始時間の3時まで車の中で待ち、皮膚科に入った。
トゲなんか簡単に抜けるだろう・・・と思っていたらとんでもない、「こりゃ~、難しい」と麻酔を打って小手術という事になってしまった。
麻酔を打って、効いてくるまでベッドで横になり、その後顕微鏡のようなレンズを使いながらやっと抜くことができた。
無事抜くことができて「はー・・・やっと、抜けたー!」「良かったー!」と医者と二人で喜んだ。
「今までトゲを抜いた中で、一番難しかった」と言われてしまった・・・
とても親切で良い医者ではあったけど、遠くまででかけたので帰りは夕方になってしまった。
もう・・・薔薇の剪定ごときでなんでこんな目に・・・と誰に怒りをぶつけてよいやら・・・
はあーー・・・ほんと、ひどい目に遭った・・・・
もう薔薇は嫌だーー・・・!
これから始まる冬囲いもウンザリだし、本当に庭から薔薇を一掃したくなった。
他のガーデナーの人ってどうなんだろう?・・・
Top▲ | # by sukomama | 2018-10-05 21:20 | Comments(6)
隣の芝は青い
お隣さんのお庭。
f0153164_214538.jpg

一年に一週間くらいしか来荘しない。
そしてその時、草刈り機で庭の草を刈るのだが、それだけで庭はスッキリ。
一年に一回草刈り機で刈るだけできれいな芝になってあとはお手入れ不要。
翻ってウチの庭・・・
f0153164_2144612.jpg

ナニ、これ・・・
f0153164_2144187.jpg

ボーボーのグチャグチャ・・・
夏の間何度も草刈りするのに、すぐボーボーになってしまう。
お隣は年に一回の草刈りだけできれいな芝を保っているのに、ウチは何度刈ってもすぐ雑草ボーボー・・・
これ見ているとほんとにイヤになってしまう・・・

隣のナナカマドは赤い。
f0153164_2143516.jpg

ちょっと写真では見えにくいけど、赤い実が結構成っている。
勿論庭木のお手入れなど何もしていない。
翻ってウチのナナカマド。
f0153164_2142784.jpg

全然実がならない・・・
というか、葉も全然紅葉していなくない?
一体何なのでしょう?・・・
すぐお隣でこんなの見せられると、がっくししてしまう。
何もしていないお宅の方が花付きが良かったり、そういうのってよくあるよね~。
Top▲ | # by sukomama | 2018-10-04 21:03 | Comments(0)
復旧しました~
長らく断水していた水も、今朝無事に開通した。
ご心配していただいた方々、ありがとうございました。
今朝、3日ぶりに取りあえずシャワーを浴びた・・・
はー・・・スッキリ。
それにしても・・・停電時も断水も、不眠不休で復旧に努めていただいた方々に本当に感謝。
もう感謝しかない・・・。
改めて、こうした方々のおかげで普段の生活ができているんだなあ・・・としみじみ思った。
何でもない当たり前の生活が、いかにたくさんの人によって支えられているか・・・思い知りました・・・
ほんと、水を使えるのも、ご飯が食べられるのも、ネットが見られるのも、全てのことに感謝ですね。

ニュースを見ていたら、やっと今頃ニュースに上がってきた。
こちらのニュース
この記事の中でも、市街地は復旧が進められるけど、山間部は困難が伴うと書いてあるけど、うちなんか山間中の山間部なのに、こんなに早く復旧できたのはなぜだろう?・・・
幸運としか言いようがない・・・。
いまだ不便な生活を強いられている方々、あともうちょっとだからなんとか頑張ってほしい。

さて・・・
電気が停電しても、水が来なくても、庭仕事はできる・・・ということで、粛々と冬支度を進めている今日この頃・・・。
宿根草刈り取りはようやく終わり、今日から薔薇の剪定。
スパスパ、チョキチョキ、と切っていって・・・こんなにスッキリした。
メイデンズブラッシュ。
f0153164_1736332.jpg

サッパリ~。
ヴィレッジメイド。
f0153164_17355721.jpg

・・・って・・・OR切っちゃっていいんですかあ~?
今切っちゃっていいんですか~?・・・・
いいの、いいの。
来年咲かないだろうけど、もう我慢の限界。
だって・・・
こんなだから・・・
f0153164_17354912.jpg

モッサモサのグチャグチャ~。
f0153164_17354386.jpg

暴れ放題、茂り放題、見ているとすっごくイライラする。
来年、花が終わってから・・・と思っていたけど、あまりにひどいのでちょっとだけ、と切り始めたらもうハサミが止まらない・・・(笑)
スッキリして、すごい達成感。
これで冬囲いもずっとやり易くなる。
ORもERもツルも、こんな調子でバッサバッサやっていく。

私の背くらいまで伸びたマムシグサ。
この赤い実を見ると、もう庭も終盤だなあ・・・と思う。
f0153164_17353684.jpg

Top▲ | # by sukomama | 2018-10-03 17:48 | Comments(10)
停電と断水
台風のせいで、ここ3日間に渡り停電と断水でヒデー目に遭っている。(笑)
・・・って笑い事じゃあないんだけど・・・
電気はやっと回復したが、近くの地域ではまだ停電が続いている。
昨晩は外気温が6℃とかでメチャ寒いのに、停電で暖房が使えなくてさぶかったー。
そして、水はまだ出ない・・・
あと1、2日くらいは無理そう・・・
もう疲れたー・・・水の使えない生活・・・

それにしても・・・
電気のない生活って・・・
すっっ・・・ごい!退屈。(笑)
今の時期だと夕方6時くらいにはもう真っ暗になってしまう。
で、キャンドルに火をつけて・・・
何もできないのでボーッと火を見ている。
退屈・・・・
電気がないから何もできない・・・
寝るにはまだ早いし・・・
瞑想でもするか・・・

暗いので画像ボケボケだけど・・・
断水すると分かっていたので、ありったけの鍋に水を汲んでおいた。
蝋燭も、長いのやティーライトやら・・・
f0153164_17302432.jpg

で、蝋燭一杯つけていて気が付いたのだけど、結構部屋が暖かくなるのね。
やっぱり「火」ってすごいな。
f0153164_1730784.jpg

山暮しだと度々停電や断水があるので日頃から心の準備は出来ているつもりだけど・・・
やっぱり電気と水って一番大事なライフラインだわ~。
うちではトイレはタンクレスじゃない昔からの水洗。
電話も電気を使わないアナログのもの。
ガスはプロパンなのでなんとか使える。
やっぱり山では絶対、絶対、オール電化なんかあり得ない。
Alexが仕事の帰りに何か買おうとコンビニに寄ったら、どこも食べるものがま-・・・ったくなかったらしい。
あ、アイスだけはあったらしいけど。(笑)

早く水が来ないかな~・・・
お風呂入りたい・・・
Top▲ | # by sukomama | 2018-10-02 17:39 | Comments(4)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin