<   2016年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
テッポウムシの呪い?
これはもう・・・どうしたというのだろう?
一体何なんだろう・・・?・・・

先日チェックしたら根元にテッポウムシに入られていたハクウンボク。
こんな姿に・・・
f0153164_1938628.jpg

ハクウンボクが欲しくて、探してやっと見つけた苗。
滅多にある木ではないので、嬉しくて毎年大きくなるのを楽しみに見てきた。
植えたときは40センチくらいの本当に小さな苗だったのが、数年かけてやっとここまで大きくなったと思ったら・・・
こんな可哀想な姿に・・・
それでも諦められなくて、またハクウンボクを探した。
今の時期はあまり木の苗の在庫がないのだが、なんとか丁度良い大きさと値段のものを見つけて注文した。
ところが・・・
f0153164_1938154.jpg

うちに到着して、さあ、植え付けようと梱包をほどいてみると・・・
なんと!幹の下方にオガクズが・・・!
オガクズを取り除き注意して探してみると、根元に穴が・・。
f0153164_19375710.jpg

なんということ!?
ここにもテッポウムシが・・・!
買ったばかりなのに!

これも・・・
f0153164_19375280.jpg

数週間前に地元の植木屋でイチイを買ったのだが、植え付けようと根を包んでいるジュートを剥してみたら、なんとここにも大量のオガクズが出ていて、よく見たら結構大きな穴が開いていたのだ。
すぐに電話して別の苗と交換してもらったのだが、この画像は交換したもの。
だが・・・こんなことってあるの?
イチイってアレロパシーが強いから普通には虫がつきにくいのに・・・
まさかイチイにテッポウムシが入るなんて想像もしなかったし、店の人に言ったら「ええ?普通イチイには入らないのに・・・!」と店の人も驚いていた。
こんなこと信じられない・・・
買った苗がどれもテッポウムシにやられているなんて・・・
うちの木々が皆テッポウムシにやられたのは、うちが山だから、と言われればそれはまあ分かる。
でもこのハクウンボクもイチイも植木屋のもので、そこは標高も高くない普通の町中なのだ。
なのに、こうも次から次と私が手に入れる木がテッポウムシにやられているなんて・・・
これっておかしい!
こんなことってあり得る?
何かの呪い?
テッポウムシの呪い?
・・・・
もう、本当に憂鬱。
なんでうちだけこんなにもテッポウムシの被害が尋常でないの?
なんで私の子達だけ皆被害に会うの?・・・・

これは、最近俄然元気のなくなってきたキンシバイ。
おかしいと思って根を掘り上げてみたら・・・
f0153164_19374732.jpg

やっぱりこれも大きな穴が・・・
f0153164_19374357.jpg

地元の庭友さん何人にも聞いたけど、どこもほとんど被害らしい被害がないか、あってもうちほどひどいところはない。
なんで?
なんでうちはこんなにテッポウムシだらけなんだろう?
それも新しく買った苗も皆。
益々気が滅入ってくる。
Top▲ | by sukomama | 2016-07-29 19:36 | Comments(0)
虚しい・・・
現在、パーゴラの周囲の花壇を開墾しているのだけど、ここに大好きなヤマブドウが植えてある。
パーゴラを作った時、ここに這わすのはつるバラとかではなく、絶対にヤマブドウ!と決めていた。
通販で苗を買って植え付けたときには僅か10数センチほど。
なかなか大きくならず、植えて8年、やっとやっとここまで・・・パーゴラの上に届く高さまで伸びてくれた。
昨年は小さな実、一房もつけてくれた。
それが・・・・・
f0153164_1925756.jpg

周りの土を開墾しながら何気なくヤマブドウの幹を触ると・・・
なんと簡単に土から抜けてしまった・・・
びっくりしてよく見ると・・・
なんと、地中の茎に大きな穴が!
これもテッポウムシにやられていた・・・・

テッポウムシに入られないように幹巻きテープを巻いていたのに、この、テープが巻いていない地下10㎝近くに大きな穴が開いていて、あるはずの根がなくなっていた。
f0153164_1925261.jpg

つい先日スカイパークホテルのガゼボのヤマブドウを見て、うちのヤマブドウの成長も楽しみにしていたのに・・・
あまりに辛い・・・。
なんだかどんどん無気力になってしまう。
大事に育てて成長を楽しみに過ごしてきたこの8年は何だったのだろう。
虚しいなあ。
最近はもう庭に出るのが辛い・・・。
Top▲ | by sukomama | 2016-07-28 19:02 | Comments(0)
ベリー摘みの時期だけど
果樹のならない我が庭で、ベリーたちだけは元気に実を付けてくれる。
楽しみなベリーたちなのだけど・・・
よりによって一番忙しい時期に熟すのだ・・・
しかも・・・
べりーだから小っちゃくて摘むのが大変。
しかも・・・
一度に熟さず少しずつ色付くので、収穫も少しずつ。
毎日ちょこちょこ摘まなくてはならない。
これがすごーく面倒・・・
でも、年々収穫も多くなってきた。
今日一日でこれだけ。
ブラックカラント、レッドカラント、ラズベリー。
やっぱり一番おいしいのはラズベリーかな。
でもカラントのジュースやジェレも美味しい。
とかいって・・・いつも収穫して冷凍してそのまま忘れて、翌年のベリー収穫時期になってやっと冷凍庫のベリーなんとかしないと!と慌てて料理するのだった・・・
f0153164_1914119.jpg

Top▲ | by sukomama | 2016-07-27 18:54 | Comments(0)
壁紙はがし
来週頭には職人さんがパテ塗りに来るということなので、週末ダーと二人で急いで壁紙を剥しにかかった。
本当は工事に取り掛かる前に全ての壁紙を剥しておけばよかったのだが、なにせもう時間がなくて何もできないまま断熱工事に入ってしまったのだ。
なので、壁の断熱材充填が終わってから壁紙を剥すことに。
二人で黙々と壁紙をはがして、なんとか終了。
漆喰もすぐに塗りたいので部屋全ての壁紙を剥した。
f0153164_18535373.jpg

f0153164_18534989.jpg

こんなことをやっているので、なかなか鹿フェンスの方が進まない・・・。
Top▲ | by sukomama | 2016-07-23 18:48 | Comments(0)
スカイパークホテルのガーデン
昨年ショパンさんに教えてもらった、車山のスカイパークホテルのガーデンに行ってきた。
昨年は全然時間が取れなくて見ることができなかったのだけど、今年はなんとか隙間時間を利用してサーッと行ってきた。
うちから近いので。

車山にはもう何度も行ったけど、こちら側のペンション地帯に入るのは初めてだった。
スカイパークホテルはなかなか立派そうな外観で、遠くから見ても絵になる。
いつも見てはいたけど、どうやってあそこまで行くのかも分からなかったので、近くまで行くこともなかった。

ホテルの前がガーデンになっており、こちらが入口。
f0153164_1885764.jpg

もう時期的に終わってしまったランブラーのアーチをくぐると、広いパティオになっており結婚式用のチャペルがある。
f0153164_1812427.jpg

うちより標高が高いので、やはり植えてある薔薇は多くが修景薔薇のような強健趣みたいだ。
f0153164_1815836.jpg

パティオの一角にガぜボがあるのだが、ここにヤマブドウが絡んでいてとてもいい雰囲気。
普通ならこんなところにはつる薔薇とかなのだけど、ヤマブドウというのがいい。
うちのパーゴラにもあえて薔薇とかクレマチスとかではなくヤマブドウを植えたのでなんだか嬉しくなってしまう。
うちのヤマブドウがこんな感じに大きくなって絡んでくれるのはいつだろうなあ、楽しみ。
f0153164_18183769.jpg

パティオの片隅からホテルの裏側?バックヤード?に向かって散策路が続いている。
トカゲが日向ぼっこ。
トカゲなんて久しぶりに見たなあ。
f0153164_1822451.jpg

こちらはホテルから、山に向かった方のガーデン。
f0153164_18242477.jpg

片側にはロックガーデンがあり・・・
f0153164_18261168.jpg

八ヶ岳連峰を見渡せる気持ちのよいガーデンになっている。
f0153164_18281620.jpg

f0153164_18283340.jpg

ここに座ってのんびりお茶でもしたらすごく気持ちよさそう・・・
f0153164_18291699.jpg

こんなところが自分の庭だったら最高だろうなあ。
蓼科山も美しく・・・
f0153164_18301162.jpg

でも・・・
実を言うと、パティオのあの華やかなお庭より、ホテルの入口正面に広がるこちらのメドウの方が好きだったりして・・・。
f0153164_18315376.jpg

こちらもちょっとした散策路になっているんだけど、周囲は電気柵で囲っているので鹿の食害から守られ、本来の自生の草花がいろいろ見られる。
ここ霧ヶ峰に自生する自然の草花のメドウ・・・
ここなんか、このシーンなんか、もうイギリスそのもの!
湖水地方の一景色みたい。
f0153164_18341172.jpg

メドウを通り抜けてホテル正面に戻ってくると・・・
こちらは正面入り口わきのガーデン。
f0153164_18352725.jpg

カーパークにもいろいろな薔薇が植えてある。
うちよりも標高高いということで興味深く見てみる。
f0153164_18362792.jpg

で、目に留まったのがこの一重の薔薇。
原種系みたいだけど、何かなあ?
赤みの強いマゼンタ色がとてもきれいなのだ。
f0153164_18381735.jpg

f0153164_1838379.jpg

ホテルを後にして、遠景を撮る。
f0153164_18394664.jpg

うちより標高高く、うちより過酷な気候だと思うけど、なかなか頑張っている。
管理しているガーデナーさんとお話ししたいなあ・・・
激多忙の日々、一息つく楽しいひと時であった。
Top▲ | by sukomama | 2016-07-19 18:00 | Comments(0)
天井の漆喰塗り、完了
「工房」の天井、漆喰塗りがなんとか完成した。
f0153164_19561635.jpg

f0153164_19561172.jpg

あまりにムラムラになるので3度塗りしなくちゃいけないかなあ・・・と思ったけど、手を抜いて2度塗りだけでよしとした。
乾いた後ムラが目立ったところだけ重ね塗りして。
まだらに見えるのはまだ乾いていないところ。
これが完全に乾けばほとんどムラも見えずきれいな仕上がりになる。
さあ、そしたら今度は壁の漆喰塗り・・・の前にいろいろ事情があり先に床をやらなくちゃ。
今週で床が完成するといいなあ。
ああ、忙しい、忙しい・・・・
Top▲ | by sukomama | 2016-07-18 19:55 | Comments(4)
庭の様子
本日の庭。
昨年植えたムーンライト。
初めて開花を見たけど、なかなかきれい。
同じハイブリッドムスクの白小輪でもギルランド・ダムールよりちょっと花が大きいかな。
で、耐寒性はギルランドより低いかも。
といってもなんとか生き抜けるほどはあると思うけど。
大きくなってたくさん花をつけたら素敵だろうな。
f0153164_19183599.jpg

お馴染みスーパーエクセルサ。
あまりにお馴染みだから今まで気に留めなかったけど、昨年から真剣に冬越ししやすいものを探し始めたら、この子に思い当たった。
で、植えてみたら・・・やっぱり強い。
まだ一年目だから分からないけど、なんとなく強そうな気がする・・・
しかーも、きれい!
この画像では咲き進んでちょっと退色してきたけど、咲き始めからしばらくは本当に鮮やかでとってもきれい。
これは買ってよかったー。
やっぱり、何年手入れして大変な冬囲いしても1個も咲かないランブラーより、こんな小輪クライマーが絶対いいわ。
f0153164_1918315.jpg

これもお馴染みニュードーン、とコッコちゃん。
ニュードーンの花の形やパールっぽい質感はあまり好きではないのだけど・・・
何と言っても冬囲いが楽!
全然、何にも、紐で縛ることすらしない。
のにビュンビュン伸びまくってモンスター状態。
ルゴサレベル、ほんと楽。
f0153164_19182630.jpg

これも昨年植えて初めての開花、フェリシア。
まっきーさんのお勧めもあって期待を込めて植えてみたけど、これがまた色も形もとっても可愛い~!
元気に大きくなって欲しいな。
f0153164_19182286.jpg

只今はウツギの季節。
あちこちでいろいろな種類のウツギが咲いている。
ウツギって花はきれいだし、とても丈夫だし、挿し木も簡単だし・・・うちの庭ではとっても重宝している。
なので、あちこちにいろいろなウツギが林立しているの。
これはサラサウツギ。
大株になって満開に花を付けた様はなかなか素敵です。
f0153164_19181790.jpg

ロニセラも何年もかかってやっとパーゴラの上まで伸びてきた。
これも・・・伸びてくるとすぐにテッポウムシに入られる。(泣)
やはり何本もシュートを出すように植えないといけないな。
f0153164_19181239.jpg

これもすごーくありきたりではあるが、ヴィオラとプリンスチャールズの取り合わせは同じ系統の紫なので違和感なく2色が溶けあって馴染んでいる。
何より丈夫だし。
f0153164_1918643.jpg

北側の日陰でひっそり咲くナツロウバイ。
普通のロウバイは耐寒性がイマイチなのでここでは植えられないが、このナツロウバイならなんとか大丈夫。
これも何年もかけてやっと昨年から花が咲くようになった。
しかしこれも・・・・テッポウムシにやられている・・・(号泣)
がんばって生き延びて欲しいけど・・・
f0153164_1918024.jpg

カラントも色付き始めた。
特にこのレッドカラントは本当に素晴らしい色と輝き。
観賞用だけでも植える価値あると思う。
イギリスではこのジュースやジェリーがよく作られていて、とても美味しいのだ。
f0153164_19175694.jpg

カラントもそうだが、カシスやハスカップ、ハスカップの仲間のウグイスカグラもどんどん実が熟してきている。
しかし・・・摘んでいる時間がない・・・
例年にも増して今年は本当ー・・・に忙し~い!
Top▲ | by sukomama | 2016-07-17 19:17 | Comments(2)
鹿フェンス、続き
昨日の続き。
石垣沿いに土を掘っていく作業もなんとかあらかた完了。
f0153164_2117539.jpg

試しにここにブロックを置いてみる。
f0153164_21174397.jpg

丁度計算して出した数もぴったり。
写真で見るだけだと簡単そうに見えるけど・・・
この作業だけで今日1日かかったのだ。
これからこのブロックを水平かつ一直線に設置していくのも・・・想像するだけで眩暈がするほど大変な作業なのであった・・・
Top▲ | by sukomama | 2016-07-16 21:17 | Comments(0)
北の鹿フェンス、建設開始
室内リノベも忙しいが、パーゴラ花壇も忙しいが・・・ダーとの共同作業のフェンス作りも只今絶賛大多忙中。
昨年、血と汗と涙の地獄の鹿フェンス建設をあらかた完成させたのだが、ここ北のテニスコート隣接地帯は未だ未完であった。
なにしろここは他の部分とは違ってとてもとても大変な作業だから。
今日から、残っていたこの部分に着手した。

まずはテニスコートに隣接するこの石垣に沿って溝を掘っていく。
f0153164_205744.jpg

f0153164_20565978.jpg

ここに軽量ブロックと板でフェンスを作っていくのだが、最も大変なのは、ここに5mの単管パイプを埋め込んでいくことなのだ。
5mだよ、5m。
埋める深さもハンパないのよ。
うちの土地よりも隣のテニスコートは2m近く高くて、その2m高いところを鹿が歩いていて、そこからうちに侵入するのでそんなに高いフェンスが必要になってしまう、ということ。
ほんと、このテニスコートさえなかったらなあ・・・
こんな苦労しなくてもよかったのに・・・
テニスコートから風呂場を覗かれることもないのに・・・ぶつぶつ・・・
しかもね、この石垣、ここがネズミの一大集合住宅なのよー!
ここからあのネズどもがやって来るのよー!
というわけで、ここに堅牢なフェンスを建設するのは必須課題。
なんとかがんばって完成させなければ・・・
Top▲ | by sukomama | 2016-07-15 20:56 | Comments(0)
開墾の進捗
引き続きパーゴラ花壇の続き。
今日はここまで進んだ。
f0153164_20522367.jpg

f0153164_20521813.jpg

これではなにがなんだかサッパリ分からぬが。
まあ、ここまでホリホリ進んだということで。
あと数日あれば開墾終わりになるかなあ・・・
とか言って最後の最後でとんでもないバケモノが出現したりして・・・
今までよくあるからなあ・・・
ああ、早くパーゴラ終わらせてお食事エリア完成させて、ここでランチしたいわ~・・・
Top▲ | by sukomama | 2016-07-14 20:51 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin