<   2016年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
廻り縁、途中経過
壁面の漆喰が終わったところで廻り縁のペイントを始めたのだが・・・
これが・・・なーんか塗りにくい・・・
つか、塗っても塗っても下地が透けてムラムラに見えちゃうんだよねえ。
木材だから・・・と甘く見ていた。
やっぱり下地処理した方が良かったかしら?
まあ、ここまできたから根気よくペイント続けましょう。
f0153164_17344898.jpg

Top▲ | by sukomama | 2016-02-29 17:34 | Comments(0)
漆喰塗り、完了ー
漆喰塗りが完了した。
二度塗りできれいに仕上がったのでこれで完了。
床板もきれいに仕上がった。(こちらはベニヤの合板でムラムラだったので、三度塗りにした)
f0153164_1726247.jpg

f0153164_17262069.jpg

壁面の仕上がりは滑らかでとてもきれい。
やはりちゃんとした道具を使うと、それなりの仕上がりになるのね。
これからは、仕上がりは勿論あとあとのことを考えたら、ケチケチせずにそこそこの道具に投資しないとなあ。
で、次は廻り縁の塗装。
これは幅が狭いので漆喰よりはペンキで塗装した方が早そうなので、ペイントにする。
Top▲ | by sukomama | 2016-02-26 17:25 | Comments(0)
一度目塗りの完了
毎日毎日朝から晩まで漆喰まみれになりながら・・・なんとか一度目の塗装が完了。
f0153164_2062674.jpg

この散乱している板は何かというと、これは床用の合板。
f0153164_2062235.jpg

実はこの押入れ、中に入ってみると床がスカスカなの。
私でも床を踏み抜きそうなくらい床の板が薄くてコワイ。
なので合板を買って来てここに敷いて補強するのだ。
で、その合板にも塗装。
床だから塗装はどうしよう?と考えたけど、すでにカビがかなり発生していたので密封性のある素材は使いたくない。
ということで結局ここにも漆喰を塗ることにした。
足の裏、ちょっと白くなりそうだけど。(笑)
カビよりはいい。
しかし合板って塗りにくいのね。
ムラムラになっちゃった・・・
Top▲ | by sukomama | 2016-02-21 20:05 | Comments(0)
結露の健在・・・
下地の補修も終わり今日から壁面の塗装に入ったのだが・・・
f0153164_19585782.jpg

暖冬とはいえまだ2月、やはり外気はそれなりに低いので、室内に結露が・・・
ここは外に面している壁の角なので、一番結露がひどい。
びちゃびちゃの水浸しになっている。
せっかく苦労してカビ取りしてきれいにしたのに・・・またすぐにカビが生えそう・・・
ここの隅は水濡れが激しいので塗装はできず、ここだけ残して塗った。
f0153164_19585382.jpg

このままじゃまた絶対カビが復活するので、なんとか断熱をちゃんとしないと・・・
こんな感じで十年放置してきたので、あのひどいカビの状態になってしまったのだ。
早く何とかしてもらわないと・・・
Top▲ | by sukomama | 2016-02-17 19:57 | Comments(0)
塗装開始
下準備のカビ取りも一応ひと段落して、いよいよ塗装に入る。
塗装は・・・勿論漆喰。
調湿やカビ予防の見地からいっても漆喰が一番適している。
クロスとかはサイアク。
ただのペンキも通気性がないのでパス。
漆喰はある程度なら湿気を調節してくれるし、強アルカリなのでカビや雑菌が繁殖しにくいし、なにより色がいいですね、真っ白で。
で、この漆喰を前後左右上下・・・押し入れ内の全ての壁に塗装するのだ。

まずは塗装の下準備。
石膏ボードのつなぎ目やビスの頭を塞いでいく。
f0153164_1946774.jpg

今回、家中の塗装をするのでやっぱり専用の道具を揃えた方がいいだろう・・・と左官用具をいろいろ買い込んできたのだが・・・これがメチャ使える!
もう、今までの作業は何だったの?よくあんな塗り辛い道具でやっていたわ!というくらいダンチなのよ~。
はあー・・・弘法筆を選ばず、だけど私はちゃんとした道具を選ばないとね。
道具一つでもこんなに効率や仕上がりが違うものなのかー・・・・
やはりDIYはまずちゃんとした道具を選ぶことが大事なんだなぁ・・・
f0153164_1946430.jpg

Top▲ | by sukomama | 2016-02-16 19:45 | Comments(0)
やっと仕上げ
ダーに
「カビ取り・・・もう飽きた・・・・・疲れた・・・・」
というと
「がんばれ、あと少しだ」
と励ましてはくれたけど・・・・
マジで疲れた・・・・。

カビ取り剤を塗布
   ↓
1時間置いて乾かし、濡れ雑巾で拭く
   ↓
再びカビ取り剤を塗布
   ↓
再び乾かしてから雑巾で拭く
   ↓
・・・・・・
と、ここ2週間近くこんなことの繰り返し。
勿論疲れたし、何より薬剤の刺激で、もう目や鼻が痛くてたまらない。
もう限界ー・・・
でもそんな苦労も今日で終わり?
今日、最後の仕上げのコーティングで一応カビ取り物語は終結・・・・・する予定・・・
苦労した甲斐あって押入れの壁は結構きれいになった。
始めのこんなオソロシイカビ天国が・・・
f0153164_16162972.jpg

すっきりきれいになった・・・
f0153164_16162594.jpg

f0153164_16162230.jpg

でも、安心は絶対にできない。
何せカビはこの地球上でもっとも強靭な生物。
一度生えたら根絶は不可能なのだ。
一見表面のカビは死滅したように見えてもしぶとく根が生きていて、再びゾンビのように蘇るのだ。
なので、それをできるだけ抑えるためにこうして何週間もかけて、何度も何度も薬剤で取り除き、最後に防カビ剤でコーティングする。
けれど、その防カビ効果も早くて1年で終わる。
また再びカビが蘇るのだ・・・・
ほんと、不死身なんです・・・

それでも他に方法はないので、一応防カビ剤を塗っておく。
f0153164_16161911.jpg

本当ならこうして明け放したまま、何も入れずに風通し良くしておけばカビも生えにくいのだろうけど、押入れなのだから何かを入れなくては意味がない。
はーー・・・・それにしても疲れたーー・・・
さあ、明日からやっと、やっと、塗装だー!
Top▲ | by sukomama | 2016-02-15 16:33 | Comments(2)
新しいウェスちゃん見っけ
いつものように下界に食料の買い出しに。
オギノに入って、食品棚の隣のペット用品売り場を通りかかったら・・・
なんと、新しいウェスちゃんのPOPが!
f0153164_16123133.jpg

あんまり可愛いので思わず写真を撮ってしまった。
イオンのペット用品売り場の巨大なウェスちゃん(これもシーザー)に続いてオギノでもウェスちゃん現る!
これでまた買い物に出かける楽しみが増えたわ。(笑)
Top▲ | by sukomama | 2016-02-11 16:12 | Comments(0)
ひたすら続くカビ取り
またまた押入れのカビ取りの続きで、殺菌剤を塗ろうと思ったらこんなものが・・・
押入れの隅に。
f0153164_164973.jpg

結露で壁が濡れているのは分かるとしても、あの白いものはいったい何・・・?新たなカビ?・・・・
・・・と近寄ってルーペで見てみたら・・・
f0153164_164632.jpg

氷・・・というか霜・・・・。
(爆)
そう、吹き込んでくる外気があまりに冷たいので、結露が凍っているのだった。
玄関ドアの結露氷と同じね。
はあーー・・・・

気を取り直して殺菌剤を塗布する。
乾いていると一見カビなどないきれいなボードのようにも見えるが・・・
薬剤で濡らしでみると、とんでもないカビの量!
f0153164_164255.jpg

f0153164_1635956.jpg

f0153164_1635530.jpg

大小、一面にカビのコロニーが。
これをまた、1時間待って乾いたら濡れ雑巾で拭いていく。
そして再び薬剤塗布・・・
もう、永遠に続くような・・・
Top▲ | by sukomama | 2016-02-10 16:01 | Comments(0)
カビ取り、続き
先日の続きのカビ取り。
今日は天井と床、垂れ壁?の部分。
全部に殺菌剤を塗って、浸透するまで1時間待つ。
その後雑巾で拭き取る。
再び薬剤を塗り、1時間待ち、拭き取り。
・・・・これを3回繰り返す。
1日かかって天井と床、垂れ壁を処理し終わり・・・クタクタになった。
f0153164_21432714.jpg

一つ目の押入れは何とかこれで終り、次は二つ目の押入れに取り掛かる。
まだまだ先は長いのだ。
早く塗装したいなー・・・
Top▲ | by sukomama | 2016-02-09 21:42 | Comments(0)
プチ・リフォームは完了
朝6時の外気温、-13℃。
やはり暖かいなあ。

今日は大工さんが来て、先日の工事の続き。
無事もう一つの和室の入り口も高くしてもらった。
きれいな仕上がり。
f0153164_21403260.jpg

これでもうダーが行き来する時に頭をぶつけないで済む。
よかったー。
あとはさっさと押入れを終わらせないと。
Top▲ | by sukomama | 2016-02-08 21:38 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin