<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
祝!スタバ開店
今日は用事があって岡谷まで行ったのだが、本日開店のスターバックスにも行ってきた。
諏訪地方、6市町村民の悲願、スターバックス開店!
とうとう、やっと、オラの町にもスタバが出来ただ!みたいな。(笑)
悲願・・・とかいっても実は諏訪市にはこれでスタバが3軒になるんだけどね。
でも今までの2軒って、諏訪湖SAなので、そこまで行くのが大変だった。
こんな感じで、諏訪湖SAは山の上のほうなので、ここまで車で登って来なくてはならないのだが、これが我が家もまっつぁおのすごい急斜面急カーブで、冬場の雪と氷の道をここまで登ってくるのは本当に至難の業であったのだ。
f0153164_1704095.jpg

まあ、はるか下界を見下ろす景色はないものの、ここも周りは畑や田んぼばかりの眺めの良いところだ。
生憎今日はすごい土砂降りで外からの写真は撮れなかったけど、実際、なんでこんなところに?というくらい周り、なにもないのよね。
広々として気持ちよい。(笑)
その、なにもない場所にもかかわらず開店の本日は、ドライブスルーには何台もの車が列を成し、店内も満席状態。
この地域の市民がいかにスタバの出現を待ち焦がれていたかが分かる。(笑)
で、私らはお持ち帰りで買ってきたけど・・・
ダーが「ヤバイ・・・これからいつもここに来そう(私が)」
はいはい、茅野市内じゃなくてよかったね。
さすがにここまでは結構距離があるのでそう頻繁には来られないけど、茅野市内だったら絶対毎日通いそう。
ちょっと遠くてよかった。
でも・・・店内の「長野県内の店舗」の地図を見たら、まだ南信には全然出店していないの。
ということは、これから南信地方に次々と新しく出店していく計画があるかも・・・これはジツにヤバイぞ・・・
f0153164_1641462.jpg

f0153164_16405972.jpg

Top▲ | by sukomama | 2014-03-30 16:40 | Comments(0)
壁紙剥がし、終了
地道に続けていた壁紙剥がし、本日やっと終了。
f0153164_16322669.jpg

下の石膏ボードが露になった。
寝室はあちこちカビだらけで恐れていたが、壁紙を剥がしてみるとカビは石膏ボードにはまだ至っていなかった。
ちょっとほっとしたけど、時間の問題かも。
冬の外気温と室内の気温があまりにも温度差がすごすぎて、結露がむちゃくちゃでそこらじゅうカビだらけなのだ。
北海道とかの極寒のお宅はどう対処しているのだろう・・・
こうしたことにちゃんと対応できる住宅メーカーなどに相談したいけど、極寒なのはうちだけなので、この地方ではそうした知識がある業者っていないのだ。
自分であれこれ考えたり試したりして暗中模索していくしかないのだ。

こうして壁紙をはがしたら、今度はここに漆喰を塗っていく。
カフェルームは壁紙(クロス)だったけど、こっちには漆喰を試してみる。
カビの発生はどうなのか・・・これも試行錯誤。
しかし・・・以前買っておいた「練り済み漆喰」、買ったのはもう3年前なんだけど大丈夫かなあ・・・
Top▲ | by sukomama | 2014-03-28 16:32 | Comments(0)
寝室リフォーム開始
さてさて・・・3月も残すところあと僅かになってしまった・・・
3月中に寝室リフォームを終わらせたかったのに・・・

昨年?だったか一昨年だったか・・・完了した「にこさんカフェルーム」。
今ではご覧のように・・・
f0153164_16242617.jpg

すっかり物置と化してしまった。
つーか・・・
コンサバトリーが完成しないことにはここにあるものが片付かないのだが・・・
コンサバトリーと室内リフォームを並行してやっているので忙しいったらありゃしない。
しかも4月に入ったら種蒔きも始まるし・・・
それまでになんとかある程度進めておきたい。
というわけでやっと、やっと、寝室のリフォームに手を付ける事ができた。
ちなみに寝室はこのにこカフェルームの隣り。

まずはコテコテ和室のこの寝室を改造すべく手始めに壁紙を剥がしていく。
f0153164_16242140.jpg

これがなかなか時間のかかる作業で・・・
寝室全ての壁紙を剥がすのに数日かかりそう。
地道に進めていくしかない。
f0153164_16241524.jpg

Top▲ | by sukomama | 2014-03-26 16:24 | Comments(0)
原村マーケットへでかける
今日は原村で「原村マーケット」なるものが開催されるということで、ワンズの散歩もかねてでかけてみた。
原村って、「村」とはつくけどとっても元気な自治体で、しょっちゅう何かしらイベントを催している。
活気があるのね。
都会からの移住者も多いし、別荘族も多いし、野菜の生産もかなりのシェアだし、なにより住民が「この村を元気にしていこう!」という意気込みで積極的にいろいろ活動している。
私らも、いつも出かけるのが楽しみなのだ。
で、マーケット。

会場にはいろいろな食品や工芸品の出店が。
まあ、いつものパターンだけど。
f0153164_15212554.jpg

f0153164_15211344.jpg

暖かな日なので、外にも食事のスペースが。
f0153164_1521434.jpg

販売しているものは、オーガニックのジャムとかお菓子とか。
やはりオーガニックの酒類とか酒粕、保存食。
菓子類もバターを使わず菜種油だったり、白砂糖を使わずに甜菜糖だったり。
デレーっとした手染めのチュニックとかニット帽の女の子たちが手作りのものを売っている。
それでも私にしたらかなり甘すぎるのだけど、菓子を何種類か買った。

本当ならここでワンズのお散歩とか走り回らせたかったのだが、ここもやはりまだ雪深かった。
f0153164_15205818.jpg

仕方ないのでイヌバシリは諦め、お腹もすいたのでヤオヤで昼食にすることにした。
自由農園のヤオヤ(808)はもうできてから何年かたっていたが、食事は今までしたことがなかった。
なので、今日は初めての食事。
f0153164_15203748.jpg

注文をして待っている間に、ショップの方でオーガニックのオリーブオイルとかスムージーなどを買う。
f0153164_15205262.jpg

f0153164_15204174.jpg

注文した食事が出てくる。
今日は干しエビとなんたら(忘れた)のスープ。
これが量もあってなかなかウマイ。
f0153164_15201372.jpg

メインの信州サーモンとカマンベールチーズのサンド。
あ、ネズミが一口齧っている様子。
f0153164_1520941.jpg

デザートは、写真を忘れたが(というか、来てすぐに食らい付いたので)アフォガート。
アフォガートがあるなんてなかなかじゃん。
大好きなのに、これを出すところってそうそうないのだ。

初めて入ったのだけど、ここの料理がどれもとても美味しい。
さすが自由農園、素材の良さがよく分かる。
店の方でも、置いている品は厳選していいものを売っているのだが、そこで売っているものを使っての料理なので、とても美味しい。
なかなかあなどれないぞ、ヤオヤ!
特にアフォガートはあまりの美味さにガツガツ一瞬で食べ終わってしまった。
食べ終わって「あー、もう一つ欲しいなあ・・・」
何個でもいけそうな美味さ。
絶対また来よう。

食事をした後、近くをブラブラとした。
すぐそばにハウスがあったのだが、先日の大雪で潰れていた。
f0153164_1520565.jpg

これ、頑丈そうな金属製の支柱で組んであるのに・・・
見事にひしゃげていた。
f0153164_15195991.jpg

本当によほどの重量だったのだなー。
ここには作物はなかったみたいだけど、育苗中の苗など失ってしまった方々がとても気の毒。
もともとさほどの積雪がない地方だけに、これほどの豪雪に見舞われるなど予想もしていなかったことだろう。
日野春さんもなんとか持ち直して欲しいものだ。
Top▲ | by sukomama | 2014-03-23 15:19 | Comments(0)
塩麹漬けを作ってみる
うちでは便利調味料として欠かしたことのない塩麹。
でも調味料として使っていただけで、何かを漬けたことがなかった。
なので、今日はいろいろ漬けてみた。
手始めに白身魚、そしてゆで卵。
f0153164_15133987.jpg

卵はこの他にも10個くらい味付け卵として漬けてある。
でも、まだまだ在庫がたっぷり・・・
f0153164_15133434.jpg

なにせ毎日3個ずつ増えていくので、食べても食べてもなくならないのだ。(泣)
ま、ありがたいことなんだけど・・・・
毎日、卵の味噌汁、玉子焼き、卵の漬け物、半熟卵、ゆで卵・・・・
ひたすら卵の日々・・・(笑)
ま、ありがたいことなんだけど・・・・

この塩麹漬けがイケたら、引き続きまたいろいろ作ってみる予定。
Top▲ | by sukomama | 2014-03-19 15:13 | Comments(2)
鹿の食害
冬の間は葉がないので、木々の間から蓼科山がよく望める。
先日の大雪のときは山全体が真っ白だったが、頂上付近の雪もだいぶ解けてきた。
f0153164_1533655.jpg

せっかくダーと苦労して作った鹿よけフェンスが、大量の積雪で上部がはがれ落ちてしまった。
もともと金属製のネットだからとても重いのだが、2m近い積雪に巻き込まれ、更にその雪が沈下していくときに一緒に下方向に引っ張られ、数ミリの太さの頑丈なワイヤーでできたネットでも、簡単に引きちぎられて破けてしまった。
だって雪だけでも1m四方の雪って数百キロあるらしいから。
それが沈んでいく時に引っ張る力って、静かだけどすごいものがあると思う。
あ~あ・・・・また春になったら修理しないと。
去年も数箇所千切れたけど、今年はもっとひどいなあ。
雪がすごかったからなあ。

杭に留め付けてあったネットの上部がちぎれて落ちてしまっている。
雪の上に僅かにネットの端が見えている。
f0153164_1533150.jpg

f0153164_15325679.jpg

こんなだと簡単にこっち(うちの方)に入ってこられるなあ・・・
困った、困った・・・
修理したくてもまだ積雪が150cmくらいあるので修理はムリ・・・というか、あそこまで行けない・・・
これが溶けるの、あと何ヶ月かかるかなあ・・・
それまで鹿やノウサギが来ないことを祈るしかない・・・

そう思ってワンズの散歩の際に改めて別荘地内をチェックすると・・・
あるわ、あるわ、もうそこらじゅう鹿の食害だらけ。
f0153164_15325278.jpg

f0153164_15324725.jpg

今年は特に積雪が多かったから、食べられる植物が全て完全に雪に埋まってしまったので、ことごとく樹皮を食い荒らしている。
f0153164_15324222.jpg

f0153164_15323569.jpg

本当にひどい状況。
何十年もかけて大きく育ったマユミやツリバナ、こんなに見事に育ったものは自然の深山でしか見ることのできない、その貴重な木々がたった一晩で樹皮を食われてだめにされてしまった。
極寒の厳しい環境の地で少しずつ少しずつ成長しながら、百年近くも生きてきたシラビソの巨木も・・・たった一晩の食害でその長い人生を終わらせられた・・・。
こうした木々を見て込み上げてくるこのやるせない思いをどこにぶつけていいものか・・・
ただただ悲しくて残念。

以前、別荘地内の会合で私が「お庭の木々には幹巻きテープを使うと、見栄えもいいしお勧めですよ」と話したので、それが少しずつ広まって皆使っているようで、きちんと処理していたお宅ではなんとか免れている。
f0153164_15322324.jpg

しかしこれも、「積雪が1m以上もあり、鹿がその上に乗って歩く」ことを想定していなかったお宅では、幹巻きテープで巻いた部分の上を食べられている。
テープを巻くときは雪なんかない季節だから、「雪が少なくとも1mはあって、その上に鹿が乗って、その食べられる高さの範囲・・・」なんて想像できないのだろうなあ。
つまり・・・雪のないときの地上から3メートル以上はテープで巻いて防御しないといけないということだ。
これって、雪の時期も住んでいないと分からないことだよね。

この木なんかも・・・
下部の枝は全て食われてなくなっていたが、鹿の届かない上の方の枝だけでなんとか生きていたのだが・・・
こうして幹をぐるりと食われてしまったらもうおしまい、枯れるしかない。
こんな哀れな木々がそこら中に。
f0153164_15322998.jpg

Top▲ | by sukomama | 2014-03-17 15:26 | Comments(4)
コンサバトリー 新たな窓枠
少しずつコンサバトリー作業を続けている。
今日は、先日の、あの開放窓・・・
これね。
f0153164_20582296.jpg

ここの窓枠というか桟?を、以前ダーに切ってもらったものにペイントした。
f0153164_20555510.jpg

ここは結構面積があるのでガラスではなくポリカを入れる予定。
でもポリカって・・・実はガラスより高いんだよねー・・・
ならガラスでもいいかとも思うけど、この大きさをガラス屋に切ってもらって、それを運んだりここに嵌め込んだりするのはちょっと危険そうで・・・
割る可能性の低いポリカにした。
でも割ったりして・・・(笑)
Top▲ | by sukomama | 2014-03-13 20:55 | Comments(0)
しつこくスイーツ
今日も今日とてお菓子作り。
本日のメニューは・・・・バナナ・ナッツ・ケーキ、チーズクリーム添え。
f0153164_14162054.jpg

これがまた・・・すっごい美味しいのよー!(笑)
ケーキの砂糖はてんさい糖、それも甘みを感じるギリギリまで量を減らしている。
クリームは糖分なし。
で、ちょっとは罪悪感が薄れるかな・・・
セリアのお皿も可愛くてお気に入り。
今日もケーキをいただきながら「Sherlock シーズン3」見ました。
今日のが3回目で、これで終了。
もう続きは作らないのかなー・・・
でもマーティン・フリーマンとベネディクト・カンバーバッチは次の「ホビット」に二人とも出演するから楽しみだなあ。
・・・・とかやりながらも、フと「自粛」という言葉が脳裏をよぎるのだが・・・ハテ、これってナンだったっけ??
Top▲ | by sukomama | 2014-03-09 14:14 | Comments(0)
大雪、その後
朝7時の外気温、-23℃。
はーー・・・・・

おとといまたしても大雪が降った。
先月の大雪後、暖かい日が続きだんだん雪の嵩も減っていっていたのに・・・
また1メートル近い積雪で、元の高さに戻りました~・・・とほほ。

でもって春先特有の重い雪なので木の枝などに着雪して、どの枯れ木も真っ白な綿の花が咲いたよう。
でもって今の庭の様子。
f0153164_1410424.jpg

f0153164_14103739.jpg

来月始めには東京でも桜が開花するけど、うちはまだしばらく冬の中。
種蒔きももうちょっと先。
なんとか今月中に寝室のリフォームを進めないと・・・
Top▲ | by sukomama | 2014-03-07 14:08 | Comments(0)
コンサバトリー 麻紐パッキン
さてさて、コンサバトリーですが・・・・
ええーっ!?まだやってんのー!?
・・・という声が聞こえてきそうですが・・・
そう叫びたいのは誰よりも私自身だったりして。

で、今日の作業はナニやってんのー・・・かというと。
無事にメデタく全てのガラスを嵌め込んだわけだが、いかんせん手作りコンサバトリー、ガラスを桟でピシーッと挟み込めればいいのだが、どうしても微妙に隙間が開いてしまう。
その隙間の中でガラスがガタガタ揺れて、強風で煽られようものならガタビシガタビシ・・・今にもガラスが割れそう・・・・怖い・・・
なので、その隙間を埋めるわけなのだ。

この手にしているのはコーキングなどに使うヘラですね。
この先端の薄さと柔らかな樹脂製の材質がいいのね。
こうやって、まずガラス四辺の隙間がどのくらいか見当をつける。
何せ全ての桟の隙間がバラバラ違うから。
f0153164_12114154.jpg

で、このいろいろな太さを用意した麻紐、これをこの隙間にヘラで埋め込んでいく。
f0153164_12113619.jpg

こういう感じで。
f0153164_12113243.jpg

f0153164_12112898.jpg

四辺それぞれ隙間の大きさが違うので太いの使ったり細いの使ったり・・・時には同じ桟なのに右側は太めで左の方は細かったり・・・という部分はそれぞれ太い麻紐と細い麻紐を使用して・・・
ガタガタしないように嵌め込んでいく。
これを全てのガラスに処理して・・・
本日やっと、全てのガラスの麻紐パッキン終了ー。
ハーハー、ゼーゼー・・・
f0153164_12112486.jpg

これは素晴すぃアイディアでしょー?
DIYの師匠、菅原さんに教わったのだ。
彼が時々、イギリスの古民家の解体などに立ち会うと、よくこうしたガラス窓のパッキンが見られるのだそう。
昔の建築ではやっぱりうちのコンサバトリーのように、手仕事でガラスも嵌め込んだあとガタガタだったりするから、こうしてパッキンしていたようだ。
麻紐だと、パッキンの役目だけでなく、結露など隙間に水分があるときはそれを吸収して、乾燥すると再び水分を放出し調節してくれるらしい。
すごい先人の知恵だよね~。
今の近代的な建築では、もうそんな処理などしなくなってしまったけど、こうした貴重な先人の知恵を受け継ぐことができて本当にラッキーだと思う。
こうしたことを教えてもらって、ありがたい、ありがたい。

さーて次は・・・・
こういう隙間とか・・・(デカい)
f0153164_1211168.jpg

こーんなところもあったりして・・・
隙間、というか完全に広々と開放されてるんだけど・・・
f0153164_12111213.jpg

反対側も・・・
こういうところを塞いでいかねばならない。
f0153164_1211861.jpg

まだまだコンサバトリー完成には遠い道のりが・・・
つか、私らが生きている間に出来上がるのか?マジ?・・・・
Top▲ | by sukomama | 2014-03-04 12:10 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin