<   2013年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
息子と娘たち、レイちゃんの病気
動物園というかファームというか・・・
突然大所帯になってしまった我が家。
ワンコは・・・
f0153164_21185831.jpg

元気いっぱい。
何の悩みも心配事も知らず・・・いいなあ・・・

ピヨたちはというと・・・
f0153164_21184948.jpg

f0153164_211854100.jpg

こちらも無邪気に遊びまわっている。

今日はダーの仕事が午後からなので、ずっと具合の悪そうなレイちゃんを動物病院へ連れて行った。
サラちゃんが亡くなってからすっかり元気がなくなってしまったので、単に「寂しいから・・?」と思っていたのだが、どうも様子が変だ。
ただ気分的に寂しいだけではなくどこか具合が悪いのかも・・・
と、一応近くの獣医へ連れて行ったのだが、そこの病院ではイマイチ要領を得ない。
ニワトリを診るのが得意じゃないのかも。
で、ネットで調べたら鳥は普通の獣医では診られないとのこと。
鳥専門の知識がないと診察はできないのだそうだ。
で、この近くで鳥を診られる獣医はないかと調べてみたら・・・なんと岡谷に鳥も診られる動物病院があったので、すぐに電話して予約した。
そうして診てもらった結果・・・とてもひどい状態であることが分かった。
栄養失調に肝臓疾患、黄疸、卵詰り、肺や内臓の圧迫、炎症・・・カルテにはびっしりと症状が・・・
こんなになるまでよくがんばっていた、と獣医さんに驚かれた。
いつ死んでもおかしくない状態だそう。
もともと生まれつき体の弱いレイちゃんなのに、こんなになるまでずっと我慢していたのだった。
かわいそうに・・・
とりあえず今は瀕死の状態なので、何よりも必要なのは酸素、ということで教えてもらった通りスポーツ用品店で携帯酸素を買い、家に帰って酸素吸入をさせた。
ビニール袋に包んでその中で酸素ボンベの酸素を噴出して、30分から一時間ほど吸入させる。
これを一日少なくとも3回、これを毎日するのだ。
とにかく肺が圧迫されているので何よりも呼吸を楽にしてあげないと。
そしてクスリも出してもらい、その病院では詳しい検査ができないということで、日本最高の鳥の病院、というところを紹介してもらった。
カルテや診察の結果、紹介状などを後日渡してもらうことになった。
それにしても・・・
一日の酸素吸入にかかるボンベの出費・・・
病院の診察代、そして薬代・・・・
これを合わせるとすごい出費になる。
月に数万の出費・・・
ぎりぎりで生活している私たちにとってこれはかなり厳しい。
まあ、レイちゃんの体のためだから仕方ないんだけど・・・

酸素吸入中のレイちゃん。
f0153164_21184143.jpg

Top▲ | by sukomama | 2013-07-31 21:15 | Comments(0)
ぼく、モリっす
生まれて初めての長時間ドライブ(なんと、往き6時間、帰りも6時間かかったのだ)にもビクともせず車内でヘソ天で爆睡していたツワモノのモリス、今日は我が家での第1日目。
f0153164_22484830.jpg

いつかはスコに弟が欲しい・・・とずっと思っていたのだが、経済的な理由や私の体調、思うようなブリーダーさんが見つからない、などの理由からずっと先延ばしにして今まできてしまった。
でも、今年でスコは十歳。
弟を迎えるなら、まだスコが十分な体力があるうちに・・・とスコが十歳を迎えてようやく本気で次男を探し始めた。
こういうのって本当に縁なので、探しているときに、本当に必要なら巡り合うものなのだ。
そうして出会ったのがモリス。
ブリーダーさんご夫婦が、ワンコたちを我が子のように大事にしていること、本当にウェスが大好きでウェス一筋にブリーディングしていること、パピーが生まれても「別に売れなくてもいい、変な人に渡すよりは自分たちのところで育てたい」と譲る人を選ぶこと、などいろんな面で納得のいった方たちだったので、丁度パピーの生まれたこちらの子をお迎えすることにした。
生まれたのは男の子二頭だったが、実際にお宅へお邪魔して、目が生き生きしていてスコと会わせても一言も鳴かなかったこの子をいただくことにした。(もう一頭の子はスコに向ってギャンギャンと鳴いていたのだ)
名前はもう決めてあって、Morris。
はじめ私は、スコットの名前はダーのミドルネームからとったので、今度はダーのダディのミドルネームから命名しようと思っていたのだが、ダーに却下された。
そんなわけで十年ぶりに迎えるパピー。
モリス、二ヶ月。
このときには、これから迎える壮絶な地獄の日々を予想だにしなかった私とダーなのであった・・・(笑)
Top▲ | by sukomama | 2013-07-29 22:48 | Comments(0)
次男登場
本日、日曜。
今日ははるばる我孫子まで行ってきた。
千葉県の我孫子市。

何日も何ヶ月もかかってやっと納得の行くブリーダーさんを見つけた。
それも、ウェスが大好きでウェス一筋にブリーディングしているブリーダーさん。
「万一のことがあったらこの子が心配、ぜひ直接引き取りに来てほしい」というブリーダーさんのご希望で、航空便で送ってもらうのでなく、直接ブリーダーさん宅へ伺って引き取りに行った。
勿論こちらも、関東圏なら全然楽勝なので直接に伺うつもりではいたけど。

と、いうわけで・・・
右がうちの次男としてお迎えしたMorris。
左はママのチェリーちゃん。
「よろぴくね」
f0153164_22345999.jpg

一方ピヨたちは・・・・
こんな感じで。
かわいい・・・・(笑)
f0153164_22345424.jpg

ふえ~・・・・
なんだか・・・一度に大家族になってしまった・・・
この先、大丈夫なのだろうか・・・・
(実はじぇんじぇん大丈夫でなかったんだけどね)
一気に動物園と化した我が家であった・・・
Top▲ | by sukomama | 2013-07-28 22:33 | Comments(0)
ピヨの様子と庭の様子
日中の最高気温、15℃。

さて・・・・
ぴよこちゃんたちの様子はどうかというと・・・
寝てる・・・・
かわいい・・・・(笑)
f0153164_20283978.jpg

時々こんな状態にも・・・・
かわいい・・・・・(笑)
f0153164_2029507.jpg

さてさて、本日の庭の様子。
その前に・・・
レイちゃんを外に出してあげた。
サラちゃんが亡くなってからというもの、一緒に遊んだりお喋りしたりする相手がいなくなり、とても元気がなくなってしまった。
今まで一日中一緒にお喋りしていたのに、もう今では一日一言も話すことはない。
あまり動くこともなくなってしまった・・・
そんなレイちゃんに少しでも元気になってもらいたくて庭で遊んでくれるよう、ちょっと出してみた。
少しは走り回ってくれるといいんだけど・・・
f0153164_20313815.jpg

デルフィ。
今年も見事に咲いてくれたけど・・・実は年々少なくなっていっている。
本来なら耐寒性強だから元気で宿根してくれるはずなんだけど・・・
やっぱりこうした豪華な花のものってなかなか生き延びるのが難しいんだよねぇ。
一応肥料は多めにあげているけど、やっぱり一株、また一株と年々消えていく。
そのうちまた種蒔かないと。
f0153164_20313289.jpg

パスを草刈りした直後なのでちょっとスッキリ。
夏中このままだとどんなにいいか・・・
f0153164_20312671.jpg

自生のシデシャジン。
何株かあったはずなんだけど、気が付いたらこの一株だけになっていた。
危ない、危ない、今年は種採らないと。
f0153164_20312142.jpg

ここからだとちょっとだけマシに見えるパティオコーナー。
しかし、まだまだ完成は遠い。
f0153164_20311540.jpg

パティオから眺めると・・・
f0153164_2031963.jpg

パーゴラからアーチを眺めて。
f0153164_2031316.jpg

これも自生のコオニユリ。
時々、気が向いたときにこうしてひょっこりと現れる気まぐれ屋さん。(笑)
絶対来年はここに出てこないんだよね。(笑)
f0153164_20305676.jpg

今年種を蒔いた、オマケに付いていたポピー。
暖地では冬から春にかけて直蒔きすれば勝手にポピーのお花畑ができるのに・・・
うちでは雪が解けた後蒔いても、芽が出て成長して花が咲くのは雪が降る頃・・・
なので早春に室内で蒔かなくてはならない。
結構手間なのだ。
種ができたら試しにその辺にばら撒いてみよう。
来年咲くかどうか。
f0153164_20305014.jpg

パーゴラのサルナシ。
ちっちゃい実ができているのを発見。
でも・・・きっと今年もいつの間にか落ちているだろうな。
f0153164_20304636.jpg

逆光のアスチルベが美しかったので。
f0153164_20304096.jpg

今年もしつこく・・・大好きなニワナナカマドの花。
f0153164_20303535.jpg

タリクトラムのミックス種に入っていたデラバイ。
美しいわ~。
これって残念なことに種ができない?
毎年見ているんだけどなんか種、できないんだよねぇ。
f0153164_20302921.jpg

セリンセも無事に?花色が紫になってきました。
葉っぱも青みがかってきて、きれい。
ニコチアナのディープパープルともいいコラボ。
f0153164_20302279.jpg

そんなこんなの、やっと見ごろになってきた我が庭でした。
Top▲ | by sukomama | 2013-07-27 20:25 | Comments(2)
新しい家族
今日、松本まで行ってきた。
ダーは仕事なので、一人で。
車にはダンボールにモミガラを敷き詰めて・・・
f0153164_17535891.jpg

去年、サラちゃんが亡くなってからレイラがとても元気がなくなってしまったのだ。
それもそのはず、双子のようにサラとレイラはいつも一緒で、庭で遊ぶときもハウスの中でも必ず一緒。
どちらかが離れてしまうと大声で呼んだり、私が一人ずつ抱っこしてハウスに入れるときも、一人を持っていくともう一人が鳴き喚いて大変な騒ぎなのだ。
いつも二人でコショコショお喋りしていて、何を喋っているんだか話の内容は分からないが、なんだかとても楽しそうなのだ。
そんな二人だったので、片方が亡くなって残されたレイちゃんが寂しいのか、とても元気がなくなってしまった。
もう誰ともお喋りできなくなって・・・
ニワトリさんも一羽になってしまいレイちゃんも寂しそうなので、ダーと話してまた新しい子をもらおうか・・・ということになった。
それでサラとレイラをいただいてきた種鶏場に予約をしておき、本日行ってきた。
ところが・・・・

サラちゃんとレイちゃんみたいに、また二羽で仲良くしてくれたら・・・
(それにお世話の大変さやご飯代などもあるしね)ということで、もらうのは二羽のつもりで、事前の予約でも「二人お願いします」と話しておいたのだが・・・
行ってみて、手渡された箱を覗いて見ると・・・・うぇ!・・・・・
さっ、三羽入ってる・・・!?・・・・
f0153164_17535370.jpg

「あ、あの・・・いただきたいのは二羽なんですが・・・」と言ったら
「あ、一羽はオマケです」と、種鶏場の人がニッコリ。
・・・・・・・・・
オ・・・オマケ?・・・・(泣)
一瞬、嬉しいよりも頭の中で餌代のことがグルグルして真っ白に・・・
こ、これは・・・・
どうしたものか・・・・
でも、「いいです」って一羽を返すのも可哀想だし・・・
うちにやってくるのも何かの縁、きっとうちに来る運命だったのだろう・・・
と腹を決め、三人引き取ることにした。

帰りの車の中、名前をどうしようかと思案し続けた。
二羽いただくつもりだったので、二羽だけの名前しか考えていなかった。
デイジーとヴィオラ。
前のサラとレイラは、いつか女の子を持つことがあったら是非付けたい、と思っていた名前だった。
念願かなって二人の娘がやってきて、SaraとLaylaと命名した。
今度は、とにかく元気で丈夫に育って欲しい・・・
それが一番の願いから、雑草のように逞しい、でも愛らしい花のデイジー、ヴィオラ。
そう決めていた。
で、あと一人はどうしよう・・・?
うーん、うーん・・・・
車中ずっと考えて、同じく雑草のようにどこにでも生えて、愛らしい花のポピーにすることにした。
デイジーもヴィオラもポピーも、イギリスではそこら中に咲いているまさしく雑草だ。
でも、愛らしい花。
そして、このポピーは、三羽の様子を観察して、一番奥手のちょっと弱そうな子につけることにした。
なぜなら・・・
デイジーとヴィオラはもともとうちに来る子だった。
でもポピーは、直前になってうちの子になることが決まった、めちゃ幸運の子なのだ。
うちに来ることがなかったら・・・
どこかの養鶏場で、狭い小屋に詰め込まれ歩くこともできず、強制的にご飯を食べさせられ卵を産み続けさせられ、たった一年か二年で殺されていったことだろう・・・
それを思ったら、うちに来て、おいしく安全なご飯を食べ、広い庭で自由に駆け回り遊びまわり、大事にされて・・・
なんと言う運命の大逆転!
ポピーはとんでもなくラッキーな運勢の持ち主なのだ。
その、ポピーの名前を、一番弱そうな子に付けてあげた。
逆境を乗り越えて元気に幸せに育つように・・・
f0153164_17534879.jpg

しかし・・・・ニワトリ、4羽かぁ・・・・
ふぅ・・・・
Top▲ | by sukomama | 2013-07-26 17:50 | Comments(2)
スコの定期健診
朝6時の外気温、10℃。
今日はちょっと暖かいかな。

今日はスコを連れて獣医さんのところへ行った。
特に緊急の症状はないのだけど、定期的に検診した方がいいと思って。
スコも今年で十歳。
これから年を重ねるにしたがっていろいろ出てくるかもしれない。
何もなくても定期的に検査をしておいた方が良い。
というわけでいつもの獣医さんへ。
f0153164_1739297.jpg

待合室においてあるPEPPYの表紙がウェスだった。
ちょーかわいい!
(あんまりかわいいのであとで、PEPPYにカタログ請求して送ってもらった)
f0153164_1739255.jpg

獣医さんの前はナーセリーなのだが、この日は脇目も振らず、検診が終わったらさっさと家路に着いた。
実はここ、結構面白い苗も置いてあるんだけどね・・・。
f0153164_17391524.jpg

結果は特に異常もなくひとまずは安心。
Top▲ | by sukomama | 2013-07-25 17:38 | Comments(0)
今年もちゃいぶへ
朝6時の外気温、7℃。

今日はダーも休みなので、今年もまたちゃいぶへ。
ちゃいぶへの遊歩道は車もなく景色もよく、自然の雰囲気がとってもいいので大好きな道。
蓼科湖畔に車を停めのんびり歩く。
ちゃいぶではいつものデザートセット。
f0153164_17312240.jpg

この日は暑かったので(あくまでこの店辺りの標高で)スコが途中何度も歩くのを嫌がった。
暑くて苦しそうなので、途中いくつもある小川でお腹を冷やしながらなんとか往復した。
Top▲ | by sukomama | 2013-07-20 17:29 | Comments(0)
花壇開墾続き
朝6時の外気温、5℃。
今日も寒い。
これで7月か・・・

今日も開墾の続き。
f0153164_17232834.jpg

f0153164_17232381.jpg

とりあえず植える予定のところだけでも開墾した。
ここのスペース全て開墾終了は・・・来年かなあ・・・。
Top▲ | by sukomama | 2013-07-19 17:18 | Comments(0)
今日の作業
朝6時の外気温、9℃。
やっぱりさむーい!!
我慢していたが、耐え切れずにヒーターを点ける。
とほほ・・・

それでも肉体労働には丁度よい気温。
今日は、ダーが掘ってくれた穴に、残りのベリー類を全て植えた。
ブルーベリーとハスカップとブラックカラント。
全部で12本。
しかし、コレは全てではないのだ。
実は、まだベリーはたくさんあったりして・・・
でもとりあえずアントシアニン関係の(笑)ベリーはこれで終了ということで。
なので、このフィールドは名付けて「アントシアニン・フィールド」(爆)
f0153164_20241168.jpg

このあとは先日のパティオの花壇開墾の続き。
今日はここまでできた。
半分くらいかな?
ヒィーハー、ゼイゼイ・・・・
f0153164_2024758.jpg

f0153164_2024146.jpg

Top▲ | by sukomama | 2013-07-18 20:23 | Comments(6)
連休最後はお食事に
今日は3連休の最後なので、ダーへの労わりも込めて(笑)ランチを食べに行くことに。
安くて美味い(笑)イタリアンの梅蔵へ。
ここしばらく行っていないし。

連休とあって駐車場は一杯。
勿論待っている客も一杯。
f0153164_20151345.jpg

あらかじめ予約しておいたので私達はすんなり席に座れた。
ランチコースの後、ケーキも食べたかったのだが、「あ、あれ食べたいなあ」と思っていたオレンジのムースが、タッチの差で(笑)隣の客がオーダーして、なくなってしまった。
なのでケーキはナシに。
f0153164_2015617.jpg

ところが・・・梅蔵を出た後、やっぱり美味しいケーキが食べたくて近くの梅林堂へ行ったら・・・
なんと梅蔵と同じケーキが売っていた。
なんのことはない、梅蔵で出すケーキはここから買っていたのだ。
イスとテーブルがあり店内で食べられたので、ここで食べたかったオレンジムースのケーキを満喫した。
梅蔵より安かったしね。(笑)
Top▲ | by sukomama | 2013-07-15 20:22 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin