<   2012年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
本日の作業
今日も気温は10℃前後。
太陽が出ないとすごく寒い。

今日は待機苗やら雑草に埋もれている苗のための「仮植え場」をまた作った。
仮植えだから形も場所も全然てきとー。
避難させる苗を適当に植え込んだ。
f0153164_2311445.jpg

あ~、早くパスもきれいに整備して、花壇もきちんと作って、歩き易く雑草にも苦労させられない庭にしたい・・・
あと何十年かかるのか・・・
つか、それまで生きてるか・・・?
Top▲ | by sukomama | 2012-06-30 22:57 | Comments(0)
本日の庭
今朝の外気温、7℃。
寒い・・・。
ずっとこのくらいの気温。
ヒーターが欠かせない。

さて、本日の子達。
寒くても元気に少しずつ、いろいろ開花してきた。
ルピナスとかタリクトラムとか。
このルピナスは植えた覚えがない。
数年前に種を蒔き、たくさん苗ができてしまったのでかなりの数を廃棄したのだが、その中の一個が転がり落ちてこの場所に落ちたのだ。
で、そこで根を下ろしてここまで成長した。
その根性と生命力に感嘆して抜かずにいる。
しかもきれいで可愛い色だし。
f0153164_2234437.jpg

これはオリエンタルポピーの「パティズプラム」
f0153164_22335712.jpg

これもオリエンタルポピーだが、ここらにごちゃごちゃあるのは全てこぼれ種からのもの。
気がつくとあっちにもこっちにもオリエンタルポピーのこぼれ種苗がウジャウジャ。
f0153164_22335023.jpg

ジャーマンアイリスの「ソステニキュー」。
f0153164_22334359.jpg

これは「シルバラード」。
f0153164_22333637.jpg

ジョチュウギクもたくさん開花してきた。
本当はこれ、仮植え場に5センチ間隔で「とりあえず植え」したままなの。
早く植えなおしてあげたいけど・・・まだまだ数年は無理かも・・・
f0153164_22332917.jpg

ルピナスも見頃に。
f0153164_2233216.jpg

オリエンタルポピーの「コーラルリーフ」。
ほんっと!きれい・・・・
今年は梅雨に入っても今のところ雨がとても少ないから、こうして大好きなオリエンタルポピーの美しい姿が拝める。
毎年毎年梅雨のせいで全然花が見られないから・・・
今年は奇跡のよう・・・。
f0153164_22331297.jpg

ムラサキセンダイハギが初めて花を咲かせた。
これも苦節何年?4年位かなあ・・・
f0153164_2233490.jpg

ロサ・プリムラも見頃。
これも梅雨の真っ只中に咲くからいつもグチャグチャで花が見られない。
今年は初めてこんな美しい花を見た。
f0153164_22325597.jpg

モンタナも見頃に。
f0153164_22324767.jpg

原種シャクヤク「アネモネフローラがやっと開花してきた。
f0153164_22323856.jpg

ノウサギに幹を食われてもうダメだと思ったサンザシに花が付いた。
このまま枯れてしまうのか、生き残れるのか・・・
頑張って生き抜いて欲しい。
f0153164_2232322.jpg

それにしても・・・梅雨に入っても今のところはまだ雨が少ないおかげで、大好きな花たちの美しい姿が拝める。
大好きなシャクヤクやオリエンタルポピーのこの上もなく美しい姿が・・・
毎年こんなかんじだったらどんなにいいか。
高山で寒いのはまだ許せるけど、梅雨や台風は絶対許せない!
本当ーーっに梅雨も台風も大大大大嫌いだー!!
ほんっと、梅雨のない国に移住したいー!!
Top▲ | by sukomama | 2012-06-29 22:30 | Comments(9)
今日の庭の様子
庭の本日の様子。
ロサ・ピンピがやっと咲いてきた。
全然防寒しなくても越冬してくれる良い子だ。
f0153164_1939723.jpg

アプローチに植えてあるオオデマリのメリーミルトンが植えて数年目にしてやっと花を持った。
今もうっすらピンクだけどこれがもっと可愛いピンクになってくる(はず)。
f0153164_19414946.jpg

ガーデンエントランスのアルケミラ・モリスも段々花の色が黄色くなってきた。
ヘスペリスといいコンビ。
f0153164_19424458.jpg

これはヘリアンセマム、通称ロックローズ。
イギリスではお馴染みの植物だけど、日本ではあまり見かけない。
高温多湿をとても嫌うからだ。
これはピンクのやつ。
f0153164_1944188.jpg

こっちはサーモンの。
あと、赤と白もあったのに、梅雨のジメジメとテッポウムシにダメにされた。
f0153164_19452967.jpg

これは赤花のポテンティラ。
これももう・・・5年くらい?前に植えて今年初めて花を見た。
たった1個だけど・・・
f0153164_2074144.jpg

パステル・ガーデンに植えたオリエンタルポピーも開花してきた。
嬉しいな~、大好きなオリエンタルポピー。
不思議なことに一番に咲くのは毎年緋色のやつなんだよね。
続いてこれはパティズ・プラムかな。
f0153164_20102586.jpg

パープルのアクィレギアとアサギリソウ。
素敵な色の取り合わせ。
f0153164_2011793.jpg

これもパティズ・プラム。
はあ~・・・きれいだな~。
何年か前に”Gardeners’ World”で「イチ押し!」って載っていたのを見てどうしても欲しくて、散々種を探したんだけどイギリスのどのショップにもなくて、やっとアメリカの芥子専門店で見つけた種を蒔いたもの。
微妙なプラム色が素敵なのだ。
f0153164_2014572.jpg

他の色のオリエンタルポピーも素敵。
f0153164_20143970.jpg

これはコーラル・リーフ。
f0153164_2015545.jpg

いい色~・・・
うっとり・・・・
f0153164_2015314.jpg

アクィレギア・オリガミイエロー。
背丈は低いのに花がでかくて2頭身。(笑)
来年はもっと大きくなるのかな・・・
f0153164_20163846.jpg

ヴァーバスカム・サザンチャーム。
これも花はババ色だけど形が可愛いのでいろんなものと合わせやすい。
f0153164_20185760.jpg

この黒のジャーマンアイリスは、数年前何株かジャーマンアイリスを買ったときにオマケで同梱していただいたもの。
だけど、これがとってもよい!
f0153164_2020692.jpg

モエシーちゃん、第一号花~!
今年はなんか、いっぱい蕾ついてるわよ~。
これも苦節数年、今年やっと世間並みの蕾の数に・・・
f0153164_20222116.jpg

アーチの方にもオリエンタルポピーが・・・
と思ったら、この子達はこぼれ種で増えたもの。
そう・・・うちではオリエンタルポピーがこぼれ種で増えるんです・・・
f0153164_20234989.jpg

パステルブルーのジャーマンアイリスも開花。
f0153164_20241624.jpg

しつこくシャクヤク、レッドチャーム。
すっごい豪華。
花はたった1個だけど。
f0153164_20251369.jpg

きれい~。
今のところひどい雨はないからきれいに咲いている。
f0153164_2026052.jpg

気付かぬうちにいつの間にかロサ・ウィルモッティアエが咲いていた・・・
この方も防寒なしでOK。
f0153164_20264398.jpg

これはウェイゲラの・・・なんだろ?カプチーノかなアレキサンドラかな?
葉色で買ったんだけど、花もけっこうきれい。
f0153164_2027488.jpg

昨年蒔いたジョチュウギクもどんどん開花してきた。
f0153164_20282523.jpg

そして、庭の貴婦人、オオヤマレンゲも。
f0153164_20291743.jpg

これは西洋カンボク、スノーボール。
そういえば近所の自生カンボクも今頃咲き始めたなあ。
イマイチ、オオデマリとの違いが見つけにくい。
f0153164_20332472.jpg

これは待機苗、仮植え中の(笑)洋種クリンソウ。
これも洋種といっても普通のクリンソウとほとんど同じみたい・・・
f0153164_20343554.jpg

かわいいアネモネフローラもやっと開いてきた。
いい色です。
f0153164_20352116.jpg

これは・・・突然、とんでもないところから出現してきたウバさま。
すっげーデカッ!
葉っぱの大きさなんか私の頭よりデカい。
隣に見えるホスタと比べれば分るけど、とてつもないデカさ。
そばに生えているリシマキア・プンクタータが押しやられてすっごい迷惑そう。
どうしようかなぁ・・これ、切ろうか残そうか・・・
f0153164_20384760.jpg

これもよく増えるラナンキュラス・ゴールドコイン。
f0153164_20394355.jpg

ルピナスも見頃になってきた。
f0153164_20404588.jpg

しつこくオリエンタルポピー。
f0153164_20411112.jpg

他の葉色とも相性バッチリ。
f0153164_20414520.jpg

今の庭を眺めてみると・・・
こんな感じ。
f0153164_2042498.jpg

まだまだ緑が多いけど、このくらいが一番きれいかも。
またはジャンルグル化といえるが・・・
f0153164_20444284.jpg

で、本日は何をやっていたかっつーと・・・
先日耕した花壇に苗を植えたり・・・
f0153164_2046019.jpg

残りの待機苗を植えたりしていた。
f0153164_2046395.jpg

f0153164_20465319.jpg

で、その間ダーさまは何をやていたかっつーと・・・
こんな感じでフェンスにスカート(?笑)を取り付けてくれた。
f0153164_2051311.jpg

これは、左側は隣家の庭なのだが、隣家の人が毎夏管理事務所に頼んで庭の除草するのだが、その事務所の人がすっげーバカでヘタで~・・・ムチャクチャな除草の仕方するんよ。
で、せっかく私らが張った金属ネットを草刈機で破壊されたらかなわないので、それを防ぐ為のカバーというか、ネットの上から樹脂製の波板を貼り付けてネットを保護したわけ。
も~、おバカのせいでこんな余分な苦労までしなくちゃならないのよ。
それで隣家の人はひどい除草の仕方されて(除草はあちこちまばらで生え残ってるし刈った草はそのまんまで片付けないし)ブー垂れながら十数万の金払ってるの。
それもおバカだわね・・・。
アタシだったら飛び蹴りだわ・・・。
Top▲ | by sukomama | 2012-06-27 19:35 | Comments(6)
仮植え花壇作り
今年はそれほど待機苗も買わなかったし(それほど? 笑)、種蒔きも必要最低限だけ一年草を蒔いただけで、植え付けに四苦八苦することは殆どなかったのだけど、それでも僅かに待機していた(やっぱあるじゃんー 笑)苗を植えつけるのに、新たに花壇を作った。
あくまでもちゃんとした花壇を整備してから本格的に植えるまでの仮植えで、一時的に植えておくところ。
とはいっても・・・本植えがあと何年すればできるのかは不明なのだが・・・

雑草が侵入してこないように、周囲をビニールシートで囲って。
ここにピンク花のユキノシタやコリダリス、ヴァージニア・ブルーベルなどを仮植えした。
ちゃんと植え付けできるその日まで、生きてていてくれよ~。(笑)
f0153164_2144494.jpg

あと、数年前にきれいに開墾したところに自生のバケモノ芝が侵入してきて大変なことになりかけている場所を、もう一度きれいに耕して板で仕切り直した。
f0153164_21444422.jpg

うちは雑草もすごいが、何と言っても一番厄介なのがこの野芝?だ。
凄まじい繁殖力で、花壇の中にたった1本でも侵入してしまったら猛烈な勢いで増殖し、本来の植えつけた宿根草の株の中に混じってしまい取り除くことが出来なくなり、やがてその宿根草を凌駕して枯らしてしまう。
恐ろしい敵だ。
キジムシロやヤマオダマキなんかよりずっと厄介で手強い雑草。
そのバケモノ野芝の侵入を遮る為の区切りを入れて。
明日はここにまた仮植えする予定。

毎日、午前中は花殻摘みや写真撮り、支柱立て、肥料や防虫・抗菌剤撒きなど。
午後からは2時間土木作業、そのあと2時間は雑草取り。
のスケジュールで動いてるけど・・・ほんと、全然捗らない。
土木作業は全然進まないし雑草はやってもやってもなくならないしあとからあとから生えてくる・・・・
ああ、自分がもう一人・・・せめてもう一人だけでいいからいたらなあ・・・・
あ、でもそれってダーがすっごい怖いかも・・・(爆)
Top▲ | by sukomama | 2012-06-26 21:39 | Comments(0)
新たな敵現る
昨年からいろいろ小まめにお世話をしてきたおかげか、薔薇の成長具合がすこぶるよろしい。
昨年11月からずっと-25℃くらいの気温がずーっと続いていたので、春の薔薇の生還状態は悲惨なものだったが、昨年の小まめなお世話のおかげで雪融け後から結構盛り返してきた。
春に冬囲いを取ったときにはもう地上5センチとか悲惨な状態だったのに、気温の上昇とともに新しいシュートや新芽がモリモリ出てきて。
まだ6月下旬というのにERにも蕾がたくさん上ってきて(今までだったら7月終り頃から蕾が上ってきていた)・・・・
と思っていたら・・・・
ん~・・・・?
な~んかヘン?・・・・
f0153164_18325928.jpg

新芽(&蕾)がダラ~ンと・・・・
次の日には更にダラ~ンが増えて・・・・
気がついたら新芽、全てがやられていたー!
これってバラクキバチじゃーん!
f0153164_18325459.jpg

くっそー!
せっかくここまで盛り返して茂ってきたのにー!
バラクキバチなんか今まで出現したことなかったのに・・・
こんな大量の被害なんか初めて。
で、バラクキバチの防御について検索したところ・・・
こういう「飛んでくる虫」に対してはほとんど効果的な防御方法がないそう。
せいぜい茎をアルミフォイルかなんかで巻くくらい。
そりゃ何十株もあるのを、茎の全てにフォイル巻くなんてやってたら冬になっちまう。
しかも書いてあることには・・・バラクキバチは近年激減してきて、あまり薔薇の脅威にはならなくなってきた、とのこと。
げげぇ、どこが激減?うちなんか激増よー?
うちの庭限定?(笑)
世の中のバラクキバチ、全部うちに来たから世間では激減?(笑)
とか思っちゃったよ。

ま、とにかく・・・・
防御手段がないのなら仕方ない、花はみられないけどこれで株が死ぬわけじゃないので決定的なダメージ、というわけではないんだけど・・・
しかし、せっかくの蕾がぁ・・・・
しかもこれ、枯れたところだけ切っても幼虫はもっと茎の下のほうに潜んでいてどんどん下の方へ食い進んでいくんだよね・・・
本当なら一本一本被害のあった茎を割ってなかから幼虫を引っこ抜かないといけないんだけど・・・
とてもそんな時間ない。

もう、虫にやられたらやられたで、それでも生き残っていける丈夫な者しか生き残れないと割り切るしかない。
だって庭作業はあまりに膨大だし、一人ではとてもそこまで手が回らない。
とてもじゃないけどそんな余裕ないし・・・。
f0153164_18324783.jpg

Top▲ | by sukomama | 2012-06-25 18:32 | Comments(0)
バラクラ・フラワーショー
随分前にバラクラからイベントのチラシが送られてきて、例年のフラワーショーで今年も無料レクチャーがあることが分った。
レクチャーの講師はイギリスからも著名な園芸家を何人か招いている。
今までなら「人が多いし、入場料高いし・・」と無視していたのだが、今年受講したレクチャーがとても有意義だったので、このレクチャーにも参加したくなった。
一番興味を持った「シュラブの使い方」の講義、講師はイギリスの園芸家トレーシー・ウィルソン氏。
イギリスでのシュラブの使い方のポイントなども聞きたいし、バラクラカードを使えば半額だし・・・と行ってみることにした。
何より、近所だけど今まで一度もフラワーショーに入ったことなかったんで、どんなもんかな、と興味津々だったし。

レクチャーは9時40分からなので、オープン時にバラクラへ。
入口ではオープン前のご挨拶で、山田氏及びショップのスタッフやシェフ、レクチャーの講師などがご挨拶。
たくさんの人がオープンを待っているが思ったより少ない。
今年のショーは10日間くらいあるからかな。
この日はその最終日だけど、最終日で日曜なのにそれほど多くはないようだ。
入口のモンスター・キフツゲートもまだ固い蕾。
f0153164_1611713.jpg

オープンを待ちながらふと横を見ると・・・
ロズレー・ド・ライが丁度花盛り。
f0153164_1654014.jpg

ようやくオープンになって入場。
もうすぐレクチャーが開始なので、とりあえずは会場で待つ。
f0153164_1662576.jpg

レクチャーに登場したトレーシーさん、この寒いのにノースリーブのサンドレスに素足にゴム草履。(笑)
イギリス園芸界の著名人でプリンス・チャールズのガーデナーでもありながらこのラフさ、さすがイギリス人(笑)、いいなー。
f0153164_21563628.jpg

レクチャーはでも期待したほど内容は濃くなかった。
一通りのお役立ちのシュラブのスライドをずーっと見ただけで、特に庭作りにおいての詳しい使い方などの話はなかった。
しかも彼女の住まいはコーンウォール地方なので、うちでは絶対無理!というような非耐寒性のものの紹介も多く、先だっての山田さんのレクチャーのほうが自分的には有意義だったかな?という感じ。
でも、久々にナマのブリティッシュ・イングリッシュを聞けて、はぁ~・・・なんか懐かしくて癒された~。(笑)
あ、うちでダーに喋ってもらってもいいのか。(←すっかり英国人ということを忘れてる 笑)

レクチャーが終ったので改めてゆっくりガーデン巡り。
いつものガーデン入口のコンテナ。
f0153164_16171044.jpg

すごく鮮やか~。
でも取り合わせがいいのでくどくない。
f0153164_16173419.jpg

これはバリエガータ・デ・ボローニャかな?
ちょうどいい感じで咲いてきた。
花色が変化があって楽しい。
f0153164_16192480.jpg

こ、これは・・・この辺でも野放し状態で爆増のコンフリー。
ちゃんと植栽として使われている。
f0153164_16203515.jpg

アーチはチラホラ咲いてきたけどこれから、という感じ。
f0153164_16212691.jpg

ロサ・グラウカと水色のデルフィの取り合わせがなかなかきれいだった。
f0153164_1623080.jpg

池の前の植栽。
f0153164_16234936.jpg

コキアと銅葉の取り合わせがとってもかわいくてきれい。
でも・・・コキアはうちでは全然育たないの・・・寒すぎて。
色も形もかわいくてきれいで大好きなんだけど・・・
苗で買ってもじぇんじぇん大きくならない・・・(泣)
f0153164_16253561.jpg

ハーブガーデンからアーチを見る。
ハーブガーデンもまだ時期がちょっとだけ早いみたいで開花は少ない。
今の時期まだ寒いのはうちだけじゃないのね、とちょっとホッとしたりして。
f0153164_162727.jpg

レースガーデンも花はまだチラホラで緑が多い。
f0153164_16284042.jpg

ただ白のウツギは見頃。
これがなかなか美しくて、また欲しくなってしまった。
うちにウツギたくさんあるけど皆ピンクで、白ってないんだよね。
白花のウツギ、きれ~い。
f0153164_1630149.jpg

こちらはショップ。
まあ、ここで買わなくてもイギリスでどこでも変えるわな、と通り過ぎる。
あ、でもイギリスのが高いかな?
f0153164_1631161.jpg

ボーダー花壇から。
f0153164_16314195.jpg

途中、ワンコ連れの人に会う。
ベビーカーで3頭も連れて。
かわいいので思わず「写真撮らせてください!」と頼んじゃった。
f0153164_16332966.jpg

これもうちでは毎年寒さで枝枯れして咲かないカルミア。
せっかくいい色のもを選んだのに・・・無駄だった。(悲)
f0153164_16342568.jpg

池の睡蓮がとてもきれいだった。
池があるお宅は絶対植えたほうがいい!
ターシャさまがタライで越冬させてまで飼っていたのが分る。
f0153164_16363536.jpg

なんか・・・こんな美しい花が水の上に咲いていると、夢の中の風景のような気持ちがするのだ。
f0153164_16381734.jpg

こちらがレクチャーの行われたイベント会場。
f0153164_16395914.jpg

会場の外ではコンテナのコンテストで入賞した人の作品が並んでいる。
f0153164_16402514.jpg

どれも大鉢で見応えがあって素敵なんだけど、中でもこれいいなあ・・・と思った作品は・・・
f0153164_16411385.jpg

f0153164_16412955.jpg

f0153164_16414872.jpg

で、出品者名を見たら・・・「インストラクター」と。
あぁ、やっぱりね~。

ポールズヒマラヤンのガゼボもまだちらほら。
f0153164_16433976.jpg

塀沿いのボーダー。
f0153164_16441477.jpg

赤花のイチゴをストロベリーポットに植えていてとてもお洒落なんだけど・・・
私も真似したい!って一瞬思ったけど、うちではイチゴは養殖場なのでダメだわ。
f0153164_16451912.jpg

これはカフェ横にあるコンテナ。
このきれいな薔薇もコンテナ植え。
コンテナでもこんなにきれいに咲いてここまで伸びてくれるなら、うちでもこのほうがいいかも~、と思った。
これなら冬期は室内で無事に越冬できるし、春になって壁沿いとかトレリスに誘引すればいいんだしね。
モグにもやられないし。
そっだー、大事な薔薇はこれからはポット植えにしよう~・・っと。
入れたり出したり運ぶの大変そうだけど・・・・
f0153164_16492965.jpg

最後に・・・
この子が入口の薔薇のコンテナに居ました~。
バラクラにも虫はいます。(笑)
f0153164_1781499.jpg

人も多くなってきて、曇りだったのが晴れてきて暑くなって来たので、そこそこ見回ったあと家に帰った。
バラクラから一転、自宅に戻って庭に立った感想・・・・
うちもなかなかいいじゃん・・・(笑)
なにより・・・涼しい~!(笑)
天気がよく晴れていて、涼しく爽やか~・・・

ヘスペリスの花も随分咲き進んできた。
f0153164_22103286.jpg

こんな感じでモ~リモリ。
f0153164_22111749.jpg

オオデマリも開花が進んで今が満開状態に。
まだ背丈は小さいけど、毎年確実に花が増えて成長してくれている。
f0153164_2212347.jpg

若々しい葉色がきれい。
ハスカーレッドとルドベキア・グリーンウイザード、赤花のダイアンサスなど。
f0153164_22144233.jpg

アーチ沿いの植栽も少しずつ開花。
f0153164_22151526.jpg

アクィレギアのピンクのポンポン。
すっごいかわいい~。
f0153164_2215504.jpg

ミックスの種を蒔いたんだけど、こんな可愛い子が混じっていて嬉しい~。
f0153164_22163353.jpg

アーチはこんな感じ。
緑がきれい。
f0153164_2217196.jpg

昨年蒔いた除虫菊のミックスも開花してきた。
ミックスとは言っても濃いピンクと薄いピンクだけみたい。
f0153164_22181955.jpg

ジャーマンカモミールは盛りを過ぎてきたのでそろそろ刈らないと。
ティーにしようか、バス用にしようかなぁ・・・
f0153164_22193397.jpg

こちらはアクィレギアのノラ・バロー。
やっとホンモノのノラ・バローが開花して嬉しい。(笑)
すごくきれい。
f0153164_22203378.jpg

ノラ・バロー、群植させたいな~。
f0153164_2221123.jpg

こちらもミックスの種から。
この色が変わっていていい。
なかなか見ない色。
f0153164_22214512.jpg

これは「フレグランス」ってゆーアクィレギアだったんだけど・・・
全然フレグランスじゃない(香らない)し、しかも一つ一つ全然違う色と形。
f0153164_22235031.jpg

でもこんな美人が出現してくれて嬉しい。
とっても爽やかな藤色でお気に入り。
f0153164_22244975.jpg

スピーシーズのロサ・プリムラもぼちぼち開いてきた。
年々花数が増えてくれて嬉しい。
モグにやられませんように・・・
f0153164_22255096.jpg

気がついたら原種シャクヤクのアネモネフローラの蕾がでかくなってきていた。
昨年根元からテッポウムシにやられて枯れてしまったので、もうダメだと思っていたのに・・・
よかったー!
他はポレモニウムとかフウリンオダマキとか。
f0153164_2228786.jpg

ジワジワと繁殖して周囲の植物の脅威になりつつあるポリゴナム。
&クレマチフローラ。
f0153164_22353623.jpg

クリンソウの中でも薄いピンクがお気に入り。
だけど、なんか年々色が濃くなって薄ピンクの株がなくなっていくような・・・
f0153164_2237243.jpg

イブキジャコウソウも咲いてきた。
間もなくそばを通るとヴワン・・ヴワン・・の蜂やアブでいっぱいになる。
f0153164_22384299.jpg

ホワイトガーデンのセラスチウムも開花してきた。
奥には薄ピンクのアクィレギアが・・・
ここ、ホワイトガーデンなんだけどぉ・・・・
f0153164_22395580.jpg

ホワイトガーデンを離れて眺めると・・・こんな感じで。
全体にモリモリしてきた緑がきれい。
f0153164_22404687.jpg

朱赤のオリエンタルポピーも開花。
これって、この色でこの大きさで・・・となると都会の庭では絶対嫌われるだろうけど・・・
これが山庭だと素敵に似合うのだ~。
鬱蒼とした見渡す限りの緑の中で、この鮮やかな緋色は逆にとってもナチュラルな風景を作り出してくれるの。
初めて花を見たときには捨ててしまおう・・と思ったけど、今では貴重な庭のヒロインの一人。
でも・・・あぅぅ・・・やっぱり目がシバシバ・・・(笑)
f0153164_22442211.jpg

一昨年種を蒔いたルピナスも開花してきた。
もう道沿いにはルピナスは植えない。
ルピナスも鹿が食べるようになったから。
今まではほとんど食べなかったのに・・・
f0153164_22452857.jpg

中心の真っ赤なのはシャクヤク、レッドチャーム。
この真正のクリムゾン、好きだ~。
この怖いくらいの真っ赤、他の花にはなかなかない。
f0153164_22473142.jpg

今年は雨が少ないせいか今までのところ倒伏もほとんどなく無事に開花しつつある。
うちでは6月、7月がメインなのに、その殆どの期間を梅雨でメチャメチャにされる。
毎年何のために庭作ってるのか分らないくらい。
イギリスも雨は多いけど日本の梅雨みたいに連日どしゃ降り、なんてのはないもんねぇ。
下界では梅雨の晴れ間、なんてのもあるけれど、ここではそんなものない。
あ~あ・・・・
寒くて薔薇は越冬できないし、獣害はひどすぎるし、テッポウムシはハンパじゃない数の被害だし、一年でたった僅かな期間の花の時期は連日梅雨だし・・・・
ほんと、なんでこんなところで庭作りしてるんだろ・・・・

コッコちゃんたちの姿を見てると慰められる・・・・
f0153164_22581382.jpg

バラクラは午前中で切り上げて帰ってきて、午後からはスコの散歩も兼ねてちゃいぶまで散歩することに。
いつもの「信濃自然歩道」。
f0153164_22591765.jpg

大好きな散歩ルート。
f0153164_22595828.jpg

途中例の素敵なお庭の邸宅に通りかかる。
f0153164_2303419.jpg

う~ん、どうなってるんだろう・・・興味津々でゲートの間から覗く。(笑)
写真も撮っちゃったりして・・・
うっ、コッツウォルズストーンが凄いじゃ~ん!
f0153164_2314832.jpg

家の人がいれば中も見させていただけるらしいが、なかなか人に遭遇しない。
遠景。
あの、小高い丘の上のお城みたいに見晴らし良さそうなところにあるお庭。
ここから見ても木の植栽でも考えられているのが分る。
f0153164_2344479.jpg

さて、そんな人様の家の周りをウロウロしながらもカフェ、ちゃいぶに到着。
いつものように庭でお茶。
f0153164_2362380.jpg

この日はケーキセットのケーキが完売してしまったので、奥さんに急遽その場の有り合わせでデザートを作ってもらったけど、これがまた美味かった。
ダーも私も満足、満足。

なんか今日は盛りだくさんでいろいろ楽しい一日であったのだ。
はぁ~・・・しかし、写真の整理、疲れたー・・・・
Top▲ | by sukomama | 2012-06-24 15:46 | Comments(0)
今日も昨日の続き
今日も昨日の続きでいろいろ植えた。
Mさんからいただいたロジャー・ランベリンの大苗。
すごく立派な苗だけど・・・これも年々貧弱になっていくのかなあ・・・
f0153164_15423199.jpg

あと、以前から欲しかったアプリコット色のジャーマンアイリスとか。
f0153164_15422756.jpg

あとは、昨日の続きで種蒔きしたダリアやニコチアナをアプローチ花壇へ定植。
f0153164_15422370.jpg

f0153164_15421662.jpg

夕方からまた雑草取り。
やってもやっても・・・はるか広大な雑草大地が広がる・・・・はあ・・・
Top▲ | by sukomama | 2012-06-23 15:41 | Comments(0)
今日の作業
今日は、そろそろ大きくなってきた種蒔きダリアや、昨年の生き残りのダリア、同じく今年蒔いて大きくなってきたニコチアナなどを定植した。
どうせ今年一年だけなので単純にポコポコ植えていけばいいので楽。
もちろんもう開墾済みの花壇だけど。
f0153164_15392868.jpg

f0153164_15392479.jpg

先日Mさんからいただいたゲラニウムなども。
f0153164_15391957.jpg

あとは夕方から雑草取り。
もう雑草は庭の全部とるのに一年以上はかかるので、最初から諦めてのんびり楽しみながら。
f0153164_15391473.jpg

f0153164_15391072.jpg

う~ん、やっぱりさっぱりしてきれいになったー・・・
って、この画像じゃ分らないか。
Top▲ | by sukomama | 2012-06-22 15:35 | Comments(0)
本日の庭の状況と作業
只今開花しているものなど。

これは待機苗のマロニエ。
鹿にダメにされたので新たに見つけて買ったのだが・・・
蕾が開いてきたので一個だけ咲かせてみた。
いい感じ。
f0153164_2357077.jpg

今のアプローチはこんな感じ。
ワスレナグサとクリンソウが最盛期。
クリンソウも下の段まで開花してきて華やか~。
f0153164_2358189.jpg

オオデマリも白くなってきた。
コデマリはここでは耐寒性がイマイチで花芽が全然できないが、オオデマリは大丈夫。
手前はベロニカ・ゲンチアノイデス。
更に手前のゲンチアノイデスは勝手にこぼれ種で増殖したもの。
見かけによらず強いのね。
f0153164_004910.jpg

こっちもこぼれ種。
昨年種を撒いて作ったポーチドエッグ(リムナンテス)。
耐寒性一年草って、花殻摘まずに放っておけばこんな風にこぼれてくれるのね。
f0153164_02306.jpg

咲き始めたリクニス・ビスカリア・アルバ。
これは一昨年撒いたもの。
隣のアルケミラ・モリスもモリモリしてきた。
f0153164_04156.jpg

ちなみにビスカリア・アルバの花はこんな感じでかわいいの。
小さい花が集まって咲く。
f0153164_05114.jpg

大好きなオリエンタル・ポピーの蕾も日に日に巨大化。
これなんか私のこぶし大くらいある。
ここまでデカイと怖いかも・・・
f0153164_075655.jpg

セントーレア・モンタナ。
この色が好き。
特にうちは寒いのでブルーが美しく出て嬉しい。
f0153164_09558.jpg

こちらもビスカリア・アルバとバーバスカムとアクィレギアがちらほら咲いてきた。
f0153164_010482.jpg

これも一昨年撒いたリナムのブルーと白。
リナムってすぐ消えるから、今年も種採らないと。
f0153164_0122640.jpg

リクニス・フロスジョビス・ナナ。
ナナちゃん。(笑)
可愛いお花です。(笑)
f0153164_0132411.jpg

これはパーゴラに誘引したモンタナ・スノーフレーク・・・・・
3年前に植えて今年初めて開花しましたー・・・・・
・・・・のはずが・・・・
f0153164_016204.jpg

ピンクじゃんー!!
どこがスノーフレークだー!!
うう・・・ま、またかよ~・・・・
もう・・・何年も待ってやっと花を見たのに・・・・
これもどこで買ったか覚えてないし~・・・・
またスノーフレーク買って植えなおさなくちゃ・・・・(泣)

シラー・カンパヌラータ。
美しいブルーのベル花。
f0153164_0182127.jpg

玄関横に植えたモンタナのルーベンスもこのくらい大きくなってきた。
でもモンタナにしてはまだまだ小さいかな。
これは正真正銘の「ルーベンス」(多分)。
f0153164_0194242.jpg

フウリンオダマキ。
華奢な見かけによらずこぼれ種ですっごく増える。
でもねえ・・・色がねえ・・・
ちょっとババ色。(笑)
f0153164_021360.jpg

白花のクリンソウもきれいです。
f0153164_021438.jpg

これは普通種のベルゲニアなんだけど・・・
後ろはクリンソウなんだけど・・・
なんか同じに見える・・・・
普通ベルゲニアってもっと薄いピンクだよね?
確か買ったときも薄~いきれいなピンクだったのに・・・(泣)
ここではなんでも濃ゆくなる・・・
f0153164_0235272.jpg

レウイシアも濃ゆく全開。
まあ、生きて咲いてくれるだけいいか。
f0153164_0261839.jpg

さてさて、今日のメコノさまは・・・・
第一陣の開花が終り、次の蕾が開花。
二つも。
次々咲いてきます。
f0153164_0281174.jpg

ヘスペリスとゲラ・ファエウムのブルー。
後方の黄金葉のテマリシモツケとも好相性。
f0153164_0304330.jpg

こちらもビスカリア・アルバ。
たくさん苗ができたのよー。
f0153164_031209.jpg

毎年いつの間にか咲いてるカマッシア。
すごく素敵な花なのに、毎年忙しくてよく見ないうちに終ってる・・・
f0153164_0323129.jpg

アーチもこんな感じにチラホラ咲いてきた。
なぜかシャスタデージーが徒長してきて・・・
これから梅雨なのにイヤ~な予感・・・
f0153164_034074.jpg

別の場所のシャスタデージーも。
シャスタデージーは「フォーアンソニー」。
ヘスペリスと。
f0153164_0355082.jpg

これは初めて種蒔きした年、ブリシーで買った種の中でたった一株出来たウインキーダブルのブルー&ホワイト。
初めて種蒔きするのに、悪名高いブリシーで買っちゃって、もう散々だったわ。
でもたった一株でも育ってくれて良かった!。
f0153164_0384457.jpg

自生のレンゲツツジも。
ジャマなんで(笑)大分切ったけど、あちこちにまだいくつも残してある。
f0153164_0392476.jpg

キッチンガーデンのジャーマンカモミール。
後方はデバリカータ。
f0153164_0405830.jpg

全体に緑がモリモリしてきて、チラホラと花が咲いてきて・・・
一番ワクワクする季節かも・・・
緑もとってもきれい。
f0153164_042399.jpg

ロックガーデン。
色とりどりできれい。
しかし・・・この岩の地下がネズの一大帝国になっているのだ。
どんだけ苗を食い荒らされてダメにされたか・・・(泣)
この岩がなければねえ・・・・・
f0153164_0442087.jpg

さてさて・・・
庭はこんなところとして・・・今日は何をやったかというと・・・
まだ残っていた種蒔き苗を仮植え。
なんか今年は寒いせいか種蒔き苗の成長が今ひとつなのよ。
早く定植したいんだけど・・・。
f0153164_0455729.jpg

Top▲ | by sukomama | 2012-06-19 23:50 | Comments(0)
またしても・・・!
今日は庭に「菌力アップ」を撒いた。
月に一度庭中に「菌力アップ」の水溶液を撒くのだ。
これに丸一日かかる。
植物を生かすのも殺すのも菌次第だし、せっかく有機肥料をやっても菌の力なしでは植物は吸収できない。
菌はなにより大事なのだ。

で、庭に撒いている途中、なぜかすごく傾いていたロサ・エグランテリアを元に戻そうと思ったら・・・妙にグラグラする・・・・
げっっっ・・・・!
嫌な予感・・・・
急いで根元を掘ってみると・・・・
ぎゃあああーーーー・・・・・・・!
やっぱりー!
根っこが途中からザックリ切れてるーー!
f0153164_22355021.jpg

3メートル近くに育っていたロサ・エグランテリアが・・・・
蕾もいっぱいついていたのにーーー・・・・・
もう泣きたいーーーー・・・・・

根っこが途中からズタズタに切れてる。
根元には巨大な穴が貫通していて・・・
これはやはりモグラの仕業だ。
f0153164_2235394.jpg

ロサ・エグランテリアは丈夫なスピーシーズで、冬囲いなしでも毎年元気に冬越ししてくれて花もたくさん咲いて、かわいいヒップもたくさんなってくれていたのに・・・・
ほんっとに悔しいーーー!!!

先日のゼフィリン・ドルーアンといいこのエグランテリアといい、無事に毎年冬越ししてくれていたものばかりダメにされて・・・
もう、本当に落胆・・・・
ショックが大きい・・・・・
モグラは鹿みたいに体が大きくないから防ぎようがないし・・・
ただモグラに攻撃されないことを祈るだけしかできない・・・
はあーーー・・・・・
都会の庭ではこんな苦労やショックは味わわなくてすむんだろうなあ・・・・
Top▲ | by sukomama | 2012-06-18 22:35 | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin