<   2012年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
諏訪中央病院の庭 再び
今日も病院へ行ってきた。
悪性リンパ腫に移行しないよう検査、検査の日々。

先回のお庭ウォッチから2週間。
今日はどんなかな~?・・・・・
とガーデンへの扉を開いたら・・・・

わおー!
素っ敵ー!
f0153164_20114347.jpg

前回も咲いていたマロニエ、今はもっと色が鮮やかに。
う~ん、うちに植える予定のマロニエも、ゆったりスペースをとっていっぱい咲かせたいなあ。
f0153164_20113431.jpg

メドウ風花壇がとってもいい感じ~。
f0153164_20112698.jpg

これ、何かな?
と思ったら多分フサフサ咲きのムスカリ。
終りかけでもなんか、きれい。
f0153164_20111875.jpg

シェッドも、正面をよく見たら結構かわいいじゃ~ん?
f0153164_2011812.jpg

更にナチュラルっぽくなって。
私の嫌いな(笑)オックスアイデージー(フランスギク)もあちこちに。
f0153164_2011298.jpg

「本日の作業」
フムフム・・・・うちと同じ。(笑)
f0153164_20105273.jpg

これは多分自生だろうな。
ササバギンラン。
ちゃんとこうして刈らずに残してあるのがいいね。
f0153164_20104744.jpg

ナチュラルなアーチも一層素敵に。
f0153164_20103854.jpg

f0153164_20103065.jpg

こんなアスファルトの隙間にもポピーが揺れているの、いいなあ。
普通だったらこういうところ、雑草だよね。
f0153164_20102115.jpg

リナムももう咲いていました。
f0153164_20101385.jpg

あちこちにジャーマンアイリスが。
f0153164_2010470.jpg

ポピーとルピナスのメドウ風ガーデン。
イギリスみたい~!
f0153164_2095518.jpg

f0153164_2094897.jpg

ほんと、病院の庭とは思えないくらいナチュラルで素敵。
癒される~。
f0153164_2094073.jpg

それにしても・・・・気になるのは、こんな素敵なガーデンなのに人が殆どいないということ。
病院内にもガーデンの案内や表示がないので、知らない人も多いのかも。
勿体無いなあ。
この庭を一番楽しんでる人は、もしかしたらお手入れしているボランティアの方たちかも。
あ、何より入院されている患者さん方のための庭だよね。
こんな素敵なガーデンを巡って、少しでも回復されますように。
Top▲ | by sukomama | 2012-05-31 20:05 | Comments(0)
クレマチス誘引の続き
今日もクレマチスの誘引の続き。
もうすっかり新芽や蕾がたくさん上ってきていて・・・
誘引中もボキボキ、ボキボキ・・・・
ひぃえ~・・・

雪融けが4月終わりまでかかり、雪融け終ってから庭掃除を始めて、それが半月くらい掛かったけど、その雪融けから半月の間にあっという間に伸びてしまったのよ~。
肥料撒きする前に誘引だけ先にやっておくべきだったかなあ。

特にモンタナはた~いへん。
長くて、新芽や蕾がかなりついていて。
旧枝咲きだから蕾落しちゃうともう今年は咲かないもんね。
ハラハラ・・・・
f0153164_1949019.jpg

f0153164_19485473.jpg

f0153164_19485085.jpg

クレマチス以外にもロニセラとかも誘引した。
ロニセラ、暖地ではすぐにモリモリ伸びていくようだけど、うちのは全然伸びない。
植えて5年、やっと少し伸びてきた。
f0153164_1949460.jpg

Top▲ | by sukomama | 2012-05-30 19:48 | Comments(0)
悲しきカシス とクレマチスの誘引
只今咲いているもの。
鉢植えのままのピンピのシングルチェリー。
すっごく素敵な色!
これよ、これ。
このチェリーレッドの色が欲しかったのよ~。
しかもピンピ!
寒さには保証付き!
冬囲い何もナシでもラクラク越冬!
やっぱこういうのがいいよねえ。
早く地植えにしたいなあ。
f0153164_17541736.jpg

いい色だなあ~。
f0153164_17544320.jpg

こちらも元気なユーフォルビア・ポリクロマ。
ユーフォルビアも耐寒性のないやつもあるけど、このポリクロマは全然元気。
毎年モリモリ元気いっぱい。
しかも爽やかなレモンイエローだから暑苦しくない。
キミキフーガのシックな葉色と良い取り合わせ。
f0153164_1756293.jpg

こちらは同じポリクロマ系のボンファイアー。
若干オレンジがかった黄色だけど、もともとの銅葉の色と引き立てあってきれい。
f0153164_17581861.jpg

ゲンチアナのアルペンブルーも満開に。
これ正式名なんだっけ?
アルペンブルーじゃないよね・・・
f0153164_17591698.jpg

ジューンベリーもやっと咲いてきた。
結実の時期はいつも梅雨の真っ只中なので今まで実がなったことがない。
ま、花が目当てで買ったんだけどね。
かつてイギリスのどこででも目にして憧れだったジューンベリー・・・
今では日本でも一軒に一本って感じでつまんなくなっちゃったけど。
f0153164_1813493.jpg

こちらは同じくベリー系のハスカップ。
花が一杯~。
今年も豊作かしら?
昨年なった実、今でも毎日スムージーとかに使っているくらい大量に収穫できた。
アンティ・オキシダント対策には不可欠ね。
f0153164_1841622.jpg

こちらは数年前に種を蒔いた宿根アリッサム。
苗はたくさんできたのに、生き残り率がよくない。
お日様カンカンが大好きなのと、木質化するから越冬が難しいのと。(冬でも地上部が残るため寒さのダメージが大きい)
とてもクリアーなイエローが好きなんだけどなあ。
f0153164_1873422.jpg

全然成長しないディセントラの赤。
毎年あっちこっちに植え替えてるから。
それでも死なずに残っているのはエライ。(かわいそう・・)
f0153164_1892879.jpg

マムシグサもモリモリしてきた。
実を見たいために施肥しているせいか、なんだか怖いくらいモリモリ。
f0153164_18103832.jpg

オオバナエンレイソウとイカリソウ。
もうそろそろ終盤かな。
f0153164_18111935.jpg

これは斑入り葉でピンク花のラミウム。
これも怖いくらいモリモリ。
な、なんかすごいんだけど・・・
f0153164_1814377.jpg

アプローチのワスレナグサもモリモリしてきました。
こうなるともう雑草。
花が終わりかけたら整理しないと。
このままこぼれ種で増えたらエライこっちゃ。
f0153164_18154833.jpg

白花のベルゲニアはネズに食われたけど、こっちの本家のベルゲニアは無事だった。
やっと蕾が上ってきた。
植えてから2年?3年?やっと花が見られる。
ヒナちゃんもきれい。
f0153164_18171285.jpg

レモンイエローのヘレボもずー・・っと咲いてる。
花が全然汚くならないし。
あ、花じゃなくてガクか。
f0153164_18184100.jpg

イカリソウの楊貴妃。
ピンクと黄色のツートンのはずなんだけど、イマイチ黄色がきれいに出ていない。
f0153164_18185928.jpg

アプローチのシバザクラや水仙、チューリップもそろそろおしまい。
やはり八重のチューリップは再開花率低い。
八重は一年草扱いかなあ。
f0153164_18202336.jpg

さて、さて・・・・
この3本、数年前に買ったブラックカラント(カシス)なのだが・・・
植えてから苦節5年。
今年やっと初めて花が咲いたのだが・・・・
f0153164_18215031.jpg

ブラックカラント、3本買って植えたのだが・・・・
なんか・・・・なんか・・・・違う・・・・
一番左のブラックカラントだけ、な~んか違うのよぉ・・・

こちらは(多分)本物のブラックカラントの葉っぱ。
青味のあるきれいな緑色で葉脈も浅くて平坦な質感。
f0153164_18233289.jpg

一方こちらは一番左端のやつの葉っぱ。
色がビミョーに違うし、葉脈がクッキリしていて凹凸のあるテクスチャー。
f0153164_1826294.jpg

でもって決定的なのがこれ。
花。
こちらはホンマモンのブラックカラントの花。
うっすらと赤味が出ていて、いかにも「黒い実がなります!」って感じ。
f0153164_1828762.jpg

ところがこれは、左のヤツの花。
これって・・・・これって・・・・
これって普通のスグリ(レッドカラント)の花じゃん!!(或いはホワイトカラント)
f0153164_182931100.jpg

これ、絶対レッドカラントだよー!!
くうぅぅ~・・・
5年目にしてやっとやっと花が、実がなると思ったのにー・・・・!
レッドカラントなんかもう5本もあるんです!
もういらないー!
せっかく大好きなカシス(ブラックカラント)、3本もあるからたくさん収穫できると思っていたのに~・・・・
もう5年もたってるからショップに文句言うこともできない・・・というか、どこで買ったか覚えていない・・・
はあー・・・・・
またブラックカラント追加で買わないと・・・
カラント類がどんどん増えていって、なんか、うちってカラント屋敷だわ~・・・・

ところで本日の庭仕事。
やっとクレマチスの誘引を始めた。
もう新芽どころか葉もフサフサ。
モノによっては蕾も既に上ってきていたりして。
はあ、来年はもっと早めに、少なくとも芽が出てきた時点で始めないと・・・
f0153164_1835278.jpg
f0153164_18351680.jpg

f0153164_18353387.jpg

Top▲ | by sukomama | 2012-05-29 17:50 | Comments(0)
霰降る
なんだか寒いなあ、と思っていたら、天気がどんどん悪くなってきてとうとう霰が降ってきた。
5月下旬なのに・・・
まあ、例年5月の終わり頃には霜が降りるし、昨年なんか24日頃雪だって降ったし。
今日も市内の広報放送で「低温注意 農作物注意」って流してたし。
暖地の人からは想像できないだろうなあ。
でも、下界でも「低温注意」なので、ちょっと安心したりして。
f0153164_17435427.jpg

f0153164_17435060.jpg

f0153164_17434434.jpg

Top▲ | by sukomama | 2012-05-28 17:43 | Comments(0)
スコの健康診断
今日はスコを連れて獣医さんへ行った。
特に悪そうなところはないんだけど、スコももう中年。
年に一回くらいは健康診断を受けた方が安心と思って。
私らは健康診断や人間ドックなんか、年に一回どころか全然行かないんだけど。(笑)
やっぱ我が子が一番大事。

検診台に乗っていると、扉の向うから、この病院にいつもいるメッチャかわいい白のシュナウザーがちょこっと顔を出した。
スコは大興奮。
f0153164_2319918.jpg

検査の結果、特に異常はないそう。
ただ肝臓機能がちょっと弱いらしい。
これから肝臓力アップさせないと。

獣医さんを出た後、岡谷のやまびこ公園で散歩でもさせようと行ってみたが・・・
なんとペット入場禁止!
信じられなーい、公園なのにー!
頭に来てそそくさと後にする。

茅野の永明寺公園へ。
ここは勿論ペットもOK.
森の中を散歩した。
f0153164_2319696.jpg

歩いていると道端にはフデリンドウ?
この手の自生のリンドウってかわいいけど、短命だし移植しても根付かないことが多いらしい。
こうやって散歩がてら眺めるのが一番。
f0153164_23185980.jpg

今日はスコ様中心ののんびりした一日だった。
Top▲ | by sukomama | 2012-05-26 23:17 | Comments(0)
本日開花中のもの
今の季節、ほんとは葉が美しいのだけど、とりあえず只今開花中のもの。
西洋オキナグサの赤花。
本当は赤が数株、紫もあったのに・・・・
皆ネズミに食われてこれ一個だけになってしまった・・・(泣)
植えて数年、やっと大株になってきたかなあ・・・と思っていたのに・・・
f0153164_2013292.jpg

アルペンブルー。
この色がすごい。
ゲンチアナ、きれいだしここの気候にも合っているのでこれからコレクションしたいなあ。
f0153164_2012610.jpg

アプローチ入口の水仙も盛りになってきた。
ここは高くなっていて楽に香りが嗅げるので、香り水仙だけ植えている。
昨年植えたブルーダイアモンドも咲いてきたけど開花はやっぱり半分だけ。
八重のチューリップはやはり一年草扱いと思ったほうがよさそう。
f0153164_2011934.jpg

ミニシャクナゲのクリステッド。
美しい紫の花。
ネズミにやられないといいけど・・・心配。
なんせこのロックガーデンはネズミの巣窟だから。
f0153164_201724.jpg

あちこちでイカリソウも開花。
地味だけど。
f0153164_201083.jpg

ブルンネラも咲いてきた。
ブルンネラ、難しい・・・。
何株もあったのに次々消えていってこれ一株になってしまった。
耐寒性ないのかなあ。
f0153164_2005253.jpg

タリアさまも見頃。
やっぱ美しい・・・。
水仙の中で一番美しいと思う。
f0153164_200267.jpg

今日も一日肥料撒き。
なんとか今日で肥料撒きは終了。
Top▲ | by sukomama | 2012-05-21 19:59 | Comments(0)
肥料撒き開始と作業いろいろ
今日は天気も穏やかなので、コッコたちも外に出してあげた。
向こうの方ではダーさまがせっせとラビット&鹿フェンスを掘ってくれている。
f0153164_231132.jpg

私はというと、やっと庭の掃除が終ったのでこれからは肥料撒き。
植物達もどんどん大きくなっているので、これも早く済ませないと。
でもって同時にクン炭作り。
でもってそれと一緒に草木灰を作ろうと、そこらに転がっていた、地中から掘り出した木の根っこを燃やした。
ところが・・・例のごとく、湿気が多いのと空気が薄いのとで、木の根が全然燃えない。
仕方ないので灯油をかけて火をつけたのだが・・・始めは勢いよく燃えるけどすぐに鎮火して消えていってしまう。
で、また灯油投入。
そしてまた消えて・・・
で、僅かな木を燃やすだけで大量の灯油を消費してしまった。
あー、勿体無い。
f0153164_23105995.jpg

もうクン炭の煙と草木灰作りの煙がモウモウで、そばのコッコたちがかわいそうなことに・・・。

只今開花中の子達はというと・・・
やぱりこの組み合わせ、なんか気に食わな~い。
水仙の黄色が強すぎるのかなあ。
しかも八重だし。
f0153164_23105558.jpg

この、モリモリしているムスカリは雪があるときにネズミに葉を全部食べられてしまっていたのだが、幸い食べられたのは葉だけで球根は残っていたので、今頃花が咲いてきた。
ああ、掘り出してレスキューするの忘れないようにしないと・・・
f0153164_23104883.jpg

毎年ウジャウジャ増殖して、見つけるたびに引っこ抜いてるニリンソウと、開花が進んだオーリキュラ。
f0153164_23104195.jpg

昨年植えて今年も元気に咲いてくれた赤いチューリップ。
一緒に植えたサーモンピンクは花が咲かなかった。
やっぱりチューリップは赤が本種?なのかな。
f0153164_23103414.jpg

こちらは長年毎年咲いてくれる子。
いつまでネズミから逃れていられるか・・・
はあ、なんの心配もなくチューリップが植えられるところのお庭が羨ましい・・・
f0153164_23102715.jpg

カタクリ・パゴダ。
黄色だけど透明感のある爽やかな黄色。
f0153164_23102061.jpg

水仙軍団も盛り。
f0153164_23101132.jpg

八重の品種だけど結構元気に増えてくれる。
f0153164_2310412.jpg

結局草木灰の方は、殆ど18リットルポリ容器1缶くらい灯油を使って燃やしたのに、できた灰が・・・・
f0153164_239377.jpg

たったこれだけ。
全然「灰」がない・・・
とほほ・・・・
やっぱ無駄なようでも草木灰は買ったほうがよい。
燃やす時の灯油だって勿体無いしね。
でもクン炭はちゃんとできました~。
Top▲ | by sukomama | 2012-05-20 23:06 | Comments(2)
庭の掃除終わりとネズミに食われたもの
朝7時の外気温、-5℃。
まだまだ夜から明け方にかけてマイナス気温。
寒い日が続く。

4月下旬からずっと続けていた庭掃除、雪融け後のゴミやら枯れ葉やら枯れ枝などを掃除してモグラの穴を潰して埋めてネズミの穴には殺鼠剤を押し込んで・・・
の果てしない作業がやっと本日終了。
結局庭の掃除にかかった日数は、延べにして12日間。
はあー・・・やはり半月くらい掛かる。
雪融け掃除だけでこれだけかかるのだ。
やっぱり植栽面積広すぎ。
なんとか減らしていかないと、ただでさえ極寒地は庭仕事ができる期間がむちゃくちゃ短いのだから、他の事がなにもできない。
私一人ではもう管理できない広さだ。

掃除は終ったものの・・・
結局ネズミに散々食い荒らされて、多くの植物達が亡くなってしまった。
ネズミに食われて亡くなってしまったもの。
ザ~っとチェックしただけでも・・・

・ベルゲニア
・プルサティラ
・フロスククリ ホワイトロビン
・アクィレギア ブラックバロー
・ゲラニウム ラズベリーゼム
・バーバスカム サザンチャーム
・シレネ・ブルガリス
・オリエンタルポピー 数十株
・白糸草
・アネモネ・バージニアナ
・ダイアンサス・ブラックベアー
・アサギリソウ ライム
・カンパニュラ・カルバチカ 白花
・ホワールドクラリー
・ホリホック 黒 数株
・クリーピングポリジ 数十株
・ダイヤーズカモミール
・オミナエシ
・タリクトラム ピンク
・ヒューケラ ファイヤーチーフ
・五色ドクダミ
・ユキノシタ
・ダイモンジソウ
・メルテンシア・マリティマ
などなどなど・・・・

・・・・・あまりの被害にもう溜息しか出ない。
他にも、根の半分くらいを食われてかろうじて生きているけど療養中のものにいたっては数知れず。
都会のガーデナーには想像も付かないだろうなあ。
こんなにひどいネズミの食害。
ほんっと!憎いー!
ネズミもウサギもドイツもコイツも全員ワニのエサにしてやりたい!

なんとかネズ害からまぬがれているチューリップ。
もう何年も咲いてくれている。
f0153164_21374523.jpg

芽出しの色がきれ~い。
f0153164_21374011.jpg

こちらのチューもまだ生き残っている。
f0153164_21373426.jpg

Top▲ | by sukomama | 2012-05-19 21:36 | Comments(2)
ご近所、庭巡り
今日は諏訪中央病院へ行った。
どうせ診察まで何時間も待たされると思い、そうだ丁度良い季節なので庭を見てみよう、と散策した。
以前行った時は早春か冬だったのであまり緑もなかったが、今回は春たけなわ、ということで楽しく庭巡りした。

やっぱり緑わさわさ~。
ワクワク・・・。
f0153164_2152297.jpg

f0153164_21531794.jpg

シラーカンパヌラータとロケットの意外な組み合わせ。
f0153164_2154538.jpg

メドウに咲くシックなチューリップ。
f0153164_21544560.jpg

ここにも私の好きなマロニエがあって嬉しい。
丁度開花している。
f0153164_21583537.jpg

ガゼボやかなり樹齢のいった木もありいい感じ。
f0153164_220464.jpg

f0153164_22156.jpg

これはつる薔薇のドーム。
花の時期にも来てみたいな。
f0153164_2215778.jpg

薔薇はあちこちに自然な感じに植えてある。
モンタナもちょうど咲きかけたところ。
f0153164_2222835.jpg

絵になる風景いろいろ。
f0153164_2233723.jpg

f0153164_2235771.jpg

これはシェードガーデン。
シンプルなチューリップと白花のサクラソウがとてもいい感じ。
今はまだ花は少ないけど、いろんな種類の植物が。
f0153164_2245496.jpg

庭のデザインはどこもとてもナチュラル。
f0153164_2262352.jpg

f0153164_226434.jpg

それもそのはず、監修はハーバルノート。
萩尾さんのセンスがいたるところに。
実際のお手入れはボランティアの方々がしている。
これは篤志家からのレディーススリッパ。
f0153164_2210951.jpg

オブジェや建造物もとってもナチュラルでいい感じ。
手作りっぽいところが温かみを感じる。
f0153164_22113934.jpg

f0153164_2212034.jpg

f0153164_22121913.jpg

f0153164_22123969.jpg

小さいけれどキッチンガーデンもある。
f0153164_2213196.jpg

のんびり寛げそうな木陰の椅子やベンチ。
f0153164_2215834.jpg

f0153164_22152877.jpg

あちこちに点在するシェッドもかわいい。
f0153164_22155254.jpg

f0153164_22162143.jpg

斑入りのアマドコロ?
群植させるといいなあ。
f0153164_22175336.jpg

はあ~・・・楽しかった~。
とても病院の庭とは思えないくらい、とてもナチュラルで居心地の良い、しかも美しいガーデンであった。
しかもここ、全ての植物が摘み取りOKなの。
患者さんが歩いたり車椅子で回ったりして楽しめるよう工夫されているし、自由に花を摘み取ったりできる。
そんなところの優しさにも癒される素敵なガーデンだった。
f0153164_22212598.jpg

さてさて、そうこうしているうちに診察が終り、昼食は屋上のレストランで。
サラダそば。
ヘルシー。(笑)
f0153164_22224026.jpg

本当は昼食後はカフェでお茶したあと図書室でガーデン関係の本でも読みたかったが(何しに行ったの?)ちょっと行くところがあったので病院を後にする。
レストランの窓から。
あれに見えるは小泉山だよね。
げっ、やっぱりかなり高いじゃん。
あれにスコと一緒に散歩感覚で登っちゃったんだ~・・・
どうりでキツかったはずだ。
あんなに高いんだもん。
左後方にうっすらと蓼科山が見える。
f0153164_2226896.jpg

さてさてさて・・・
「行くところ」とはどこかというと・・・
ここだー。
バラクラ。
f0153164_2227248.jpg

どうせ外出するんだから、一気に見ちゃおう・・・というわけで。
なんとかパスポートのモトも取りたいし。(笑)
さすがにこの標高に来るとまだ枯葉色が残っていて、入口のアーチの薔薇はまだこれから。

あっ!鹿の食害!(笑)
f0153164_22301035.jpg

今の時期のバラクラはヴィオラ(とパンジー)とチューリップがメイン。
f0153164_2232314.jpg

f0153164_22322451.jpg

f0153164_2232543.jpg

自分的にとっても気に入った組み合わせ。
黄色のカウスリップとワスレナグサ、銅葉のミツバ。
この組み合わせ、自分でも取り入れたいな。
f0153164_22341452.jpg

ハーブガーデンも今はパンジー・ヴィオラとチューリップ。
f0153164_22351842.jpg

f0153164_22353519.jpg

これもとてもきれい。
白の水仙とワスレナグサ、そして黄葉のシュラブ。
これも簡単に取り入れられそう。
f0153164_2237480.jpg

パンジー・ヴィオラとチューリップだけでもなかなか華やか。
f0153164_22382037.jpg

f0153164_22384190.jpg

レースガーデンも白のパンジーとチューリップ。
f0153164_22402395.jpg

f0153164_22404985.jpg

グラベルガーデンは白の砂利が鮮やかな花色を更に引き立てて、すっごく元気になりそう。
こんな感じもいいなあ。
f0153164_22424659.jpg

f0153164_2243781.jpg

f0153164_22432618.jpg

f0153164_22434396.jpg

アーチの道。
f0153164_22453174.jpg

f0153164_2245516.jpg

f0153164_22461121.jpg

イングリッシュガーデンなのになぜかこっそりガーデンの奥にイタリアンレストランをオープン。
レストランの入口。
エントランスにこんなコンテナ使いも素敵。
もっともうちじゃ家が鉢に負けるが。
f0153164_2248633.jpg

庭の歩道に沿って。
f0153164_2249319.jpg

f0153164_22501784.jpg

f0153164_22504055.jpg

f0153164_2251111.jpg

f0153164_22564726.jpg

おっ!うちで抜きまくっているいまいましいムラサキケマンが・・・。
f0153164_22515497.jpg

そうそう、今回バラクラで多用されていたのがこのバイモユリ。
勿論百合じゃなくてフリチラリアの仲間なんだけど、本体は結構地味なんだけど、あちこちでいろいろな組み合わせでとってもいい仕事しているの。
名脇役って感じでしょうか。
こんな使い方があるんだ~、ってとても参考になった。
ピンクの薔薇と。
f0153164_22551088.jpg

いろいろなものと組み合わせてもなかなかしっくり良いまとめ役。
f0153164_2258448.jpg

f0153164_22582248.jpg

早春にニゲラと黄水仙が一面咲いていたシェードガーデンも、今はシックなチューリップ。
向うで建築中のは来月のフラワーショーのステージ。
f0153164_230356.jpg

ボーダー。
f0153164_232489.jpg

始め、このタンポポ、抜き忘れ!って思ったけど・・・
どうも違う、これってわざとコラボさせているんだ。
ゼツミョー!
だってここのガーデナー、イギリス人だもん。
このセンス、絶対そうだよ。
f0153164_234323.jpg

そしてガーデンでひと際美しかったのが、このブルンネラ。
ワスレナグサの水色よりももっと深い水色。
あちこちで群植させていて、あ~、こんな風に植えるとこんなにきれいなんだぁ、ってブルンネラを見直してしまった。
f0153164_2361798.jpg

それと、すごーく画期的な仕立てに感心してしまったのが、これ。
f0153164_2383399.jpg

f0153164_2385043.jpg

この、塀に誘引してあるこの赤い花、これ薔薇じゃないんですよ~。
ボケなんですよ~、ボケ。
すごい!目ウロコ。
これもそう。
f0153164_23101630.jpg

アーチに誘引してあるのは多分ディアボロ。
枝がしなやかな花木はつるじゃなくてもこうやって誘引できるんだ~。
これもすごく使えるー。
・・・と、やっぱりバラクラはイロイロ勉強になることが盛りだくさんのガーデンであった。

ガーデン巡りの後はいつものようにお茶。
f0153164_23132019.jpg

今回もローズのムース。
レストランはマズイけど、このケーキはなかなか美味しかったー。
f0153164_23135596.jpg

さてさてさてさて・・・・
近場でお手軽に庭巡りを終えて戻ってきた我が庭。
見てきたガーデンとは比べ物にならないくらいショボイけど、とりあえずこちらもグルっと。
水仙サニーサイドアップはあちこちで今が満開。
f0153164_23173072.jpg

オーリキュラもいろいろ。
植えて2年か3年たって今年ようやくちょびっと咲いてくれた。
f0153164_23175560.jpg

f0153164_23182418.jpg

f0153164_23184256.jpg

f0153164_23293052.jpg

なんとかネズ害を免れたチューたち。
バラクラではあんなにいっぱい豪華に咲いていたけど・・・ほんとスズメの涙程度の貧弱チューリップ。
でもこれでも命からがらやっと咲いてくれたの。
f0153164_23212153.jpg

f0153164_2321433.jpg

パゴダも水仙も今が盛り。
f0153164_23224196.jpg

f0153164_2323083.jpg

新芽の色がきれ~い。
f0153164_23232849.jpg

プルモナリアのブルーもいい色。
f0153164_23241457.jpg

ルバーブもデカくなって、もうじき第一弾が収穫できそう。
f0153164_2325078.jpg

オオバナエンレイソウも咲き始めた。
清楚~。
f0153164_23253762.jpg

タリアさまもとうとう開花。
美しい~。
f0153164_23262675.jpg

このムスカリはネズミにむちゃくちゃ食われたのだが、幸い食われたのは葉っぱだけだったので花が無事に開花。
あとで避難の為掘り起こすの忘れないようにしないと。
f0153164_23283433.jpg

勝手にうじゃうじゃ生えてくるニリンソウは、あちこちでいろんな方と勝手にコラボ。
ま、ウザくないからいいか。
f0153164_23304465.jpg

f0153164_233168.jpg

ヘレボも苦節数年、やっとチョビチョビ咲いてくれるように。
ヘレボってよく「日陰に・・」なんていうけどあれって暖地だけのこと。
うちじゃ日陰及び半日陰に植えたら絶対咲かない!&死ぬ。
お日様サンサンのところじゃないと全然育たない。
f0153164_2334549.jpg

f0153164_23342655.jpg

f0153164_23344244.jpg

さてさてさてさてさて・・・・
今回バラクラのガーデンセンターで素晴しい出会いがあってお連れしてきた方がいる。
この方・・・
f0153164_23362094.jpg

ノルウェーカエデ・クリムゾンキング。
私が大大大好きだった木なのに、昨年庭に侵入した鹿にズタズタにされて亡くなってしまった・・・
f0153164_23374694.jpg

Jマートで片隅に追いやられていたの見つけてお迎えしてから、うちで元気に育ってきて私の背より高くなったのに、こんな、20cmほどまでバキバキに砕かれて・・・・
もう何時間もこの木の前で泣き続けた。
とてもとても好きだったのに・・・
冬の間もプチプチでくるんで再生を祈っていたけど、やはりダメだった。
このクリムゾンキングって、なかなか売っていないのよ。
たま~に売っていても万単位のすごいお値段でとても手が届かない。
高値の木なの。
それを・・・
たまたまガーデンセンターを何気に見ていて「あっ!」っと見つけてしまった。
しかも・・・お安い!
とうことで即決即買い。

この葉の色。
美しい~・・・・
f0153164_23435818.jpg

うっとり・・・
f0153164_23443272.jpg

なんか、今日は近場で(しかもタダで)いいガーデン散策できたし、大好きなクリムゾンキングも手に入れちゃったし・・・
とっても有意義な一日でした~。
Top▲ | by sukomama | 2012-05-17 21:44 | Comments(2)
老婆群発見といろいろ植え替え
午前中いつものように庭のチェックをしながら歩いていると・・・
2年前から草刈し始めたワイルドガーデン(のち名称変更予定)で、とんでもないものを発見。
f0153164_20363394.jpg

こ、これって・・・・ウバ様じゃない?
すごい~・・・・小さなウバ様の新芽がたくさん!

きっとクマザサの荒野だったここを刈るようになって、地中にあったウバ様の種が発芽したのだろう。
で、でも・・・ここで成長されたら困る・・・
ここにこんなたくさん、あの巨大なウバ軍団が林立しちゃったら・・・・
すごい壮観だなあ・・・・なんて感心している場合じゃない、どっかに移さないと・・・

今日はずっと気になっていた寄せ植えや室内のセンテッドゲラたち、鉢植えの薔薇たちの植え替えにやっと手をつけることが出来た。
こちらは鉢植えの薔薇たち。
鉢植えで冬は玄関で保管していたから勿論凍死していない。
f0153164_2036295.jpg

毎年大変な思いして冬囲いするより、生きているか死んだかハラハラしたり地上部全部枯れてがっくり落ち込んだり・・・なんてすることが全くない、こちらの方が全然楽だよね。
精神的にもずっとストレスがない。
大株にはできないけど。

寄せ植えは、昨年のアマリリスに室内に置いておいたニューサイランなどを合わせようと思ってそれに合った苗なども買って用意していたのに・・・
アマリリスを保管していた箱を開けてみたら・・・
なんと全部腐っていた!
えー!どうしてだろう!?
ちゃんとピートモスに入れてきちんと箱詰めしていたのに~・・・
ピートモスを湿らせ過ぎちゃったかなあ?
それとも暖房ナシの部屋に置いていたから凍っちゃったのかしら?
で、もしやと思ってそのほかの箱のダリアを開けてみたら・・・
なんと!これも殆どが腐っていた・・・!
なんでだろう・・・?
ちゃんと殺菌剤に漬けて乾燥させてからしまったのに~・・・

でもまあ・・・いっか。
冬の間保管しておくのも場所をとるし。
ダリアもアマリリスも一年草と割り切ってしまえば。
種蒔きダリアだってちゃんとその年に開花してくれるし、それこそ雪が降るまでずーっと咲いていてくれるので、モトはとれるし。
・・・というわけでアマリリスの寄せ植えは残念ながらキャンセルで、冬に買っておいた1個だけ使って寄せ植えを作った。

あとは室内のセンテッドゲラたち。
この子達の植え替えは、い~い香りでとっても癒される。
今年は冬の間ずっと窓越しの陽に当てていたので徒長もそれほどない。
この子達は夏の間コンサバトリー内を飾ってくれる。
f0153164_20362344.jpg

鉢植えってストレスがなくていいなあ。
ベランダガーデナーさんとか、きっと地植えに憧れているんだろうけど、うちみたいな過酷な土地では鉢植えの方がすっと楽。
精神的な負担もずっと楽。
Top▲ | by sukomama | 2012-05-16 21:06 | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin