<   2011年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
鹿との戦い 激化
朝6時の外気温、3℃。
日中の最高気温、15℃。

もう・・・・このところ鹿との戦いが大変なことになってきて・・・・
身も心もクタクタ~・・・・・

夜中の1時過ぎにスコが吼えるので目が覚めた。
飛び起きて懐中電灯を持って庭を照らすと・・・・
ライトの光を受けて輝く双眸。
ぎゃーーーー!鹿だよー!
庭に鹿が入ってるーーー!!

この数週間、庭を見るたびになんかおかしいなあ、おかしいなあ・・・と思っていたのだ。
花壇のあちこちに何者かの大きな足跡・・・・
毎日庭の花や新葉が忽然と消えている・・・・
白い名札を引っこ抜かれた跡・・・・
鹿?でもネットをしているのだから庭に入るわけがない。
そう思って気にしなかったけど、やっぱり犯人は鹿だった。
庭に侵入していたのだ。

よくよく注意して庭をチェックしてみたら、ネットが一部破れて大きな穴が開いていた。
鹿でも十分入り込める大きさの穴。
ここだー、と思って紐でしっかり繕っておいた。
そしたら次の日・・・・
また鹿に入られた。
ネットの別の場所に穴が開いていてそこから入られたのだ。
どうやら鹿がネットを食い破って穴を開けるらしい。
庭中のネットを念入りにチェックして、ネットの糸が一本でも切れている妖しそうなところは全て繕って塞いでおいた。
しかし・・・・
その夜もまた鹿に入られた・・・・

今度はネットの下をくぐって侵入してきたのだ。
ネットの裾は特に固定するでもなくそのまま垂らしておいたのだが今までそれで侵入されたことはなかったのだ。
本にだって「地面にネットを垂らしておくと、ネットに足が絡まるのを恐れて近づかない」って書いてあったし。
これは大変だ!とすぐに下界に下りてD2でロープ止めを何十本も買ってきた。
一日中かかってようやくロープ止めでネットの裾を全て固定し終えた。
靴のかかとでグシグシ深くまで差し込んでおいたから、これで大丈夫だろう。
・・・・と思っていたのが甘かった。
またしても夜に鹿に入られた。
夜中の1時過ぎにスコが何かの気配を察して突然吠え出した。
「えっ、まさか!」と思って懐中電灯で庭を照らすと・・・
そこには何食わぬ顔で庭の植物を食べ漁っている鹿の姿が・・・・
急いで庭に出ると、気付いた鹿はパニックになって大暴れした挙句ネットを突き破って逃げていった・・・・

どこから・・・どうやって入ったんだ?・・・・
真っ暗な中、懐中電灯片手にチェックしてみるとなんと!
しっかり差し込んでネットの裾を止めたはずのロープ止めが、引っこ抜かれていた。
鼻面でネットの裾を思いっきり上に持ち上げロープ止めも引っこ抜いて、ネットの下から侵入していたのだ。
よく考えてみたら鹿ってものすごく力があるのだ。
以前だって鹿除けに庭の周囲に太い針金を張っていたのを、簡単にちぎって侵入した。
今年も、ネットに角が引っ掛かった鹿が、最後には十数本の杭を引っこ抜いて角に数十メートルものネットを絡ませたまま逃げていった。
時々車と鹿が衝突する事故が起こるが、大抵車が大破するくらいの大事故になる。
鹿が全力を出したら、こんなロープ止めなど簡単に引っこ抜けるのだ。
しかしこのままにしておくと再び鹿に蹂躙されてしまう。
もう泣きながら、石板をネットの裾に置いて重石にしていった。
石板1枚4キロ近くある。
3枚ほど重ねればどんなに力を込めても鼻面だけでは持上げられないだろう・・・・
こうして家の下に積んであった石板をせっせと運び、とりあえず心配な箇所だけ重石を積んでいった。
これでとりあえずは大丈夫だろう・・・というところまで終了したのは夜中の3時を過ぎていた。
勿論着替えている暇などなく、パジャマのままで手をドロだらけにしながらの作業。
終った時には本当に精根尽き果てていた。

「いつか鹿除けネットをきちんと作り直さなければ・・・」と思ってはいたが庭作業があまりに忙しくてついつい後回しになっていたが・・・
もう一刻の猶予もない。
明日からすぐに着手しなければ!
・・・・しかし・・・・実はこれはこのあとずーっと続く長い長い鹿との戦いの幕開けであったのだ・・・・

庭に侵入する以前から、毎日少しずつ植物達が食い荒らされていた。
大好きだった銅葉の西洋ニワトコ。
植えて数年、やっと私の背よりも高くなってきたのが・・・
食い尽くされて半分以下になってしまった。
f0153164_2037418.jpg

ネットはしていたのだが、ネットの目の大きさが15cm四方くらいあるので、その隙間から口先を突っ込んで、境界線に植えた木々が皆食い尽くされてしまったのだ。

見事だったハクロニシキも・・・
f0153164_20373297.jpg

僅か30cmの枯れ枝に。
でもこれなんか良かった方。
まだ葉が少し残っているから食害をちゃんと防げばまた蘇ってくれると思う。
ひどいのは・・・これ、カルミア。
全ての葉を完全に食べられてしまった。
f0153164_20372297.jpg

もっと悲しいのは・・・これ。
「入荷したら教えてくれ」と植木屋に頼んでいたりネットも探したりして、何年もかかってようやく念願かなって買うことができ、喜んでいたマロニエ。
f0153164_2037111.jpg

新芽を全て食べられ、完全に死んでしまった。
もっとひどいのは・・・
一番のお気に入りのこれ、クリムゾンキング。
Jマートで売れ残っていたのを処分直前にレスキューしてきて、大事に育ててやっとこれも私の背丈にまで大きくなってくれたもの。
それが・・・・
わずか20cmの棒にされてしまった・・・・
f0153164_20365155.jpg

これらの子供達を前に、何時間も泣き続けた。
宿根草はまだ根が残っていたら生き残る確率が高いし、もしダメになったとしても殆どのものはまた入手ができる。
しかし木は・・・・
成長するのに何年も掛かるし新芽を全て食べられたら簡単に死んでしまうのだ。
なかなか入手できないものもたくさんある。

朝になって、まだ重石を置いていなかった場所にも石板を置いていった。
f0153164_20375156.jpg

前述したように石板の重さは1枚4キロくらい。
それを1箇所につき3枚重ねていく。
家の下に積んである石板を一枚一枚運んで、敷地の境界線のネット全てに重石を置いた。
一枚4キロの石板を家の下から数十メートル離れたネットまで、運んでは積んで運んでは積んで・・・
それを200回・・・300回・・・・
繰り返し続けて、終った時には暗くなっていた。
もう一歩も歩けないほど体中がガクガクになった。
Top▲ | by sukomama | 2011-09-27 19:57 | Comments(0)
アーチ・ウォーク完成~
朝6時の外気温、0℃。
昨夜からぐんぐん気温が下がり始めて、夜のうちにとうとう0℃になった。
いよいよ霜が本格的に降りてきそう。

さて、アーチの道だけど、その後鬱陶しくなった石板ははずして新たに砂利を買ってきて、全体的にならしてとうとう完成した。
f0153164_19551181.jpg

なかなかいい感じかも・・・。
これで来年ちゃんと道の両脇の花が咲いてくれたら、結構いいんじゃない?
というわけで来年に向け、期待と不安が・・・。
Top▲ | by sukomama | 2011-09-24 19:50 | Comments(0)
今日の花と今日の作業
只今咲いているもの。
玄関脇のゼフィリン・ドルーアンがまた開花してきた。
午前中の僅かな時間しか陽が当らず環境もあまり良くないのに・・・・
他のバラたちはもうすっかり冬支度に入ったのに、健気に花を咲かせている。
f0153164_20273131.jpg

カリガネソウ。
ほんと、見れば見るほど不思議な形・・・。
決してハデではないけど、花の色と葉の色の取り合わせがきれい。
f0153164_20272310.jpg

クジャクアスターも今が盛りで暴れ放題。
f0153164_20271521.jpg

ここのは殆ど一日中日が当るから暴れられるけど、半日しか日照のない玄関前のクジャクアスターはどれも全て消えてしまった。
クジャクアスターのような丈夫の代表格のような植物であっても、少しでも日照時間が短いと消えてしまう・・・ここでは、例え丈夫な植物でも日照時間が十分に確保できないと生きてゆけない、本当に過酷な環境なのだ。
だから庭中の木を全部切ってしまったのだ。
なので、そこより更に日照時間が短い場所のゼフィリン・ドルーアンが、無事に生き延びてこうして花をつけているので本当に健気なのだ。

今年種を蒔いたダリアが咲いてきた。
イギリスへ行ったので種蒔きが6月下旬になってしまったので、今年はもうダメかな?・・・と思っていたけどちゃんと咲いてくれた。
しかも、いい色~。
f0153164_2027210.jpg

もうすぐ寒くなってダメになると思うけど、たった1個だけでも花が見られて満足。
f0153164_20265126.jpg

アイスバーグもまだまだ頑張っている。
こんなに張り切って、ちゃんと越冬してくれるのだろうか・・・?
でも、やっぱりきれ~い。
f0153164_20264438.jpg

球根で植えたこちらのダリアも元気。
後ろのクジャクアスターも元気。
何気にダリアといい取り合わせじゃん?
f0153164_20263570.jpg

大好きなムクゲの「ブルーサーティン」も咲いてきた。
「一番青い」といわれている(触れ込みで)青花でしかも高山だから更に青味が鮮やかになり、とてもきれい。
f0153164_20262696.jpg

コッコたちもまだ暖かいので楽しそう。
f0153164_20261583.jpg

今日は、やっと整備し終えた隣家境の花壇にいろいろ植えつけた。
ラクティフォリアとか白花ヤマハギだとかポテンティラとかアスチルベだとか・・・
f0153164_2026250.jpg

でも、実はこの花壇に植えるもっと大変な植え付け作業が待ってるの。
植え付けが大変、というより準備が大変・・・というか。
ちょっ!メンドクセー!というか・・・
f0153164_20255122.jpg

Top▲ | by sukomama | 2011-09-19 20:24 | Comments(6)
女神湖へ散歩
朝6時の外気温、15℃。
暖かい~。

今日の午前中は昨日耕した花壇を整地した。
せっかくきれいにしたのに雑草が侵入してきたらイヤなので、仕切りの板を入れた。
f0153164_206957.jpg

今は時間がなくて臨時なのでこんなヘボいけど、そのうちきれいにレンガとか木材とかで作り直す予定。(でも、いつ?)
f0153164_2061652.jpg

せっかくのの連休で天気もいいし気温も暖かいので、スコ連れで女神湖へ行くことにした。

湖畔の遊歩道。
f0153164_206052.jpg

この下は湖の一部の湿地で、自生のクリンソウやサラシナショウマ、ザゼンソウなど多くの植物が咲き、なかなか楽しめる。
さすがの鹿も湿地の中には入って来れないので食害がないのだ。

女神湖と女の神山。
f0153164_2055467.jpg

子供達はちょっと成長してきたみたいだけど、親子連れ。
f0153164_2054779.jpg

スコも楽しそう。
f0153164_2053817.jpg

女神湖を後にして霧ケ峰に。
この、広々とした風景が大好き。
日本じゃないみたい、イギリスを思い出す。
f0153164_2051950.jpg

遠くに浅間山も見える。
f0153164_2051091.jpg

山小屋のコロポックルがまだ開いているので(冬期は閉っている)お茶することに。
f0153164_205416.jpg

ここのウッドデッキからの眺めもとても良いのだ。
ここで周りの山々や霧が峰湿地を眺めながらのんびりコーヒーとケーキを頂くのが好き。
f0153164_2045652.jpg

お茶したあとその辺を少し散歩したが・・・
年々鹿の被害がひどくなり霧が峰の観光名物、ニッコウキスゲも打撃を被りつつあるので・・・
とうとうこんなものまで出現した。
f0153164_2044762.jpg

電気柵。
でも「きけん」だけじゃなくちゃんと「電気柵」って大きく書いておかないと、知らない人は分らないで触っちゃいそうじゃない?
スコが触れないように気をつけた。
Top▲ | by sukomama | 2011-09-18 19:59 | Comments(0)
本日の開花状況と作業
只今咲いている花たち。
9月も半ばを過ぎたと言うのにまだ結構咲いているものが多くて嬉しい。
今年は特に暖かいので秋がゆっくりと言う感じ。

昨年種を蒔いたカリガネソウ。
花はちょっとジミだけどとてもかわいい。
それに不思議な形!
よく「カリガネソウは臭い」って言って嫌われるのでどんな臭いなんだろう・・・と思っていたら、実際に嗅いで見るとな~んだロケットの臭いじゃん。
そう、あのサラダとかに使うロケット。
「ゴマの香り」の。
ロケットの「ゴマの香り」という方がずっと不適切?な気もするけど。
f0153164_1958186.jpg

再び、ふゆさんからの種、クリームブリュレ。
これもジミっぽい色だけどかわいい。
あ、クリームブリュレがムショーに食べたくなった。(笑)
f0153164_19593013.jpg

これはhoney-sucklesさんからいただいたアイスバーグ。
実際にこの花が咲くのを見て、日本人の庭、一家に一本というくらい人気があるのが分った。
色も形も本当にきれい。
純白で気高いくらい美しいのだ。
やっぱり日本人好みだよねえ。
f0153164_2024442.jpg

これは「ピンク系ダリアセット」として買ったものの中の一つ。
えっと・・・名前なんだっけ・・・忘れた。
コラレット咲きかな。
f0153164_204849.jpg

これも「ピンク系」の中の一つ。
「桜の華」多分・・・。
これってすっごく元気で花数もムチャクチャ多い。
しかも・・・別の名前が書いてあったものもこれと同じ「桜の華」であることが判明して・・・
この辺り一帯桜の華がうじゃうじゃ乱舞している。
ま、とりあえず極寒地でもダリアが咲いてくれてよかったわ。
f0153164_2073291.jpg

去年植えたんだけど、フロリダ系だからどうせダメでしょう・・・と全然期待してなかったテッセン。
意外にも無事に越冬して、しかも花までつけて、しかもこんなに何輪も。
良かったー。
f0153164_2092859.jpg

ユーパトリウム・マクラツムのゲートウェイ、和名が「ムラサキヒヨドリバナ」と言うくらいなので喋、特にアサギマダラが大好き。
どの花にもたくさんとまって一心不乱にお食事している。
f0153164_20143197.jpg

f0153164_20145036.jpg

買ったのは確か・・・2008年?
やっと今年ちゃんと花が見られたセンニンソウ。
きれ~い。
f0153164_2015481.jpg

似たような花のモンタナは春に咲くけど、これは今頃咲いている。
しかもかなり花期が長い。
いつかこのアーチ一杯に繁茂してくれるだろうか。
f0153164_20173551.jpg

花殻は全部とったつもりだったのに、少し残っていたようで、色付いてきたルゴサのヒップ。
ローズヒップティーにしようかな・・・と思ったけど、種とるの結構メンドーなんだよね。
f0153164_20191139.jpg

こまめに肥料をやっているせいか毎年実がなってくれるマムシグサ。
今年はどの株も実がなって、これはまだ鮮やかな緑色。
f0153164_20203295.jpg

こちらは赤く色付いて秋の花たちとよいコラボに。
f0153164_20212632.jpg

そして、コッコランではコッコたちが・・・
なぜかハウスの下に。
暑いのかな?
かわいい。
f0153164_20223319.jpg

今日は昨日の続きで、隣家の境の花壇作り。
またしても人間ブルドーザーと化してこんなにすごい開墾作業をこなした。
f0153164_20235066.jpg

f0153164_2024663.jpg

はぁー・・・・
自分で言うのもナンだけど・・・・オミゴト!
Top▲ | by sukomama | 2011-09-16 19:50 | Comments(0)
今日の作業
北側にあるシェードガーデンの植え替えをしようと地面を掘っていたら・・・またしてもとんでもないものに出くわしてしまった。
f0153164_19143661.jpg

これ、また巨岩なんだが、直径は1メートル以上ありそうだ。
とても動かせないのでこのままにしておくしかないのだが・・・そうなるとここの土の深さは10cm~20cmくらいしかなくなる。
とてもそんなところに植物を植えることは出来ないので、(暖地だったらこのくらいの浅い土に植えても生育していけるが、ここでは根が浅すぎて全て凍死してしまう)この岩のあるところは結局何も植えられない。
せっかく汗水たらして開墾したのに・・・。
もう、こういうのばっかり。
庭中ほんとに地中は岩だらけで、植栽できるスペースはとても限られているのだ。
しかも極寒地だから植物は地中深く根を張らなければ越冬できない。
はあー・・・・毎度のことながらも脱力で空しくなってしまう。
こんなひどい土地で庭作りしているのって私くらいだろうなあ・・・・
業者に頼んで重機で庭を全部整地できる人が羨ましい。
そんなお金、一生かかっても払えないな。

北側はもう手もつけたくないので放っておくことにして・・・
隣家との境界線に新たに花壇を作ることにしたので、開墾を開始した。
f0153164_19142680.jpg

ここは今まで日陰で生育が良くなかったのだが、木を切ってから最も日当りの良い場所になった。
南に向いていて障害物が何もないのだ。
もう、巨木も巨岩もいらない。

あとはローズウォークの雑草をとった。
f0153164_19141658.jpg

6月、イギリスから帰ってからずーっと雑草とりを続けているけど一向に終わりに近づくメドが立たない。
やってもやってもやってもやっても・・・・・もう永遠に続く。
結局、広すぎて自分一人ではとても手が回らないのだ。
しかも全然整地していないから敷地の全てが凄まじい雑草だし。(しかも宿根して年々巨大な株になっていくし)
石板とかレンガとかで土を覆って土の見える部分を少しでも減らせばいいのだろけど、敷地の全てが土のままだし。
レンガとか石板を買っていたらすごい莫大な金額になりそう。
とてもそんな余裕ないしなあ。
はああ・・・・庭って、やっぱり一人で管理できて手入れが行き届く、ほどほどの広さが懸命だよな。
特に年取ってくると・・・。
Top▲ | by sukomama | 2011-09-15 19:12 | Comments(0)
アーチウォークに植え付け
朝6時の外気温、8℃。
日中の最高気温、23℃。
あったかいなあ・・・真夏の気温じゃん。

今日は出来上がったアーチウォークへ、掘り上げておいた苗たちを植えつけた。
「和」はとりあえず砂利の追加を買ってくるまで手がつけられないのでそのまま。
昨年種蒔き苗たちを例のごとく「株間5cm植え」にしてあったので、もう密集してぐちゃぐちゃ状態だったので、今度は少し間を開けて余裕を持って植えなおした。
余裕を持って植えると、昨年植えた苗が大分余ってしまうのだが、仕方ないので余ったものは潔く処分した。
f0153164_20562081.jpg

真ん中辺に不織布を被せてあるのは、日陰の場所から移植してきたアクィレギア。
太陽サンサンに慣れるまで少し保護しておく。

植栽部分は路面より少し高くレイズドベッドにした。
土留めはそこらに転がっている岩。
さて来年はどんな風になるだろう。
この岩から思惑通りセラスチウムが枝垂れて咲いてくれるかなあ。
Top▲ | by sukomama | 2011-09-14 20:57 | Comments(0)
アーチの道、完成・・・・なのだが・・・
石板を敷いたアーチの道に、今日は砂利を入れてみた。
これで完成・・・なのだがあ・・・・・
なんか・・・・イメージ違う。
「和」?(笑)
f0153164_16134687.jpg

なーんか、表参道と言うかぁ・・・
石灯籠が似合うみたいな・・・・
なんかミョーに和っぽくね?

それにさあ、両脇の岩の土留めに加えて更に路上に石板を並べるとすっごく鬱陶しい。
あー、やめたやめた、この石板は撤去。
苦労して土をならして水平をとって並べたけど、シンプルに砂利だけにすることにした。
Top▲ | by sukomama | 2011-09-13 16:10 | Comments(0)
アーチ・ウォーク整備の経過
朝6時の外気温、9℃。
日中の最高気温、22℃。
あったか~・・・つか、あづいじゃん。

咲いているお花から。
これは昨年蒔いたコガネバナ(スクテラリア・バイカレンシス)。
根は「オウゴン」として薬草として利用される。
f0153164_16533276.jpg

全然期待しないで蒔いたんだけど、なんかとてもきれいな花の色。
紫なんだけどとてもクリアーな紫色で、黄緑がかった葉との取り合わせがなんとも美しい。

今年、ふゆさんからいただいた種を蒔いた一年草のフロックス、「クリームブリュレ」。
確かに美味しそうな色。
ビミョーなお色なので、花壇に植えと埋没してしまうのでポットで寄せ植えにしたほうが良かったかな?
黒系のシックな花と合わせたコンテナなどで、「都会の」玄関先などに似合いそう。
うちでは・・・やはり埋没でしょう。(笑)
f0153164_1653256.jpg

そろそろリンドウも咲き出した。
植えた覚えもないので正確な品種名は分らないけど、多分エゾリンドウ。
結構あちこち増える。
f0153164_16531777.jpg

鉢植えの河本バラ園シリーズ達もチビチビ咲いている。
これらは今年買ったものだけど、鉢植えで、冬は玄関に取り込むので咲かせてもいいの。
これはサイレントラブ。
f0153164_1653943.jpg

こちらはミスティーパープル。
色もいいし、香りも良くてお気に入り。
こういう色はやはり鉢でないと育てられないかも。
f0153164_16523933.jpg

これもすっごくお気に入りのエバンタイユドール。
何度見ても見飽きない、うっとりするほど素敵なアンティークゴールド。
他のどの薔薇にもこのような色はないんじゃないかなあ。
f0153164_16523111.jpg

別角度から。
f0153164_1652226.jpg

ところが・・・今年はテッポウムシの被害が尋常でないほどムチャクチャひどかったので「もしや」と慌ててこれらを植えている地際をよくよく注意してみてみると・・・
ぎゃああーー!
なんということでしょうー!サイレントラブの、それもクラウン、接木部分にオガクズがあぁぁ・・・・!
ショック!!
地植えの薔薇はすべて深植えするけど、鉢はうっかりして接木部分を地上に出したままだった。
早速テッポウムシ用の殺虫剤を引っ張り出して穴にシュッシュしたけど・・・・
どうだろう・・・ダメかなあ・・・・
茎だったらまだしも、丁度接木部分をやられちゃってるのよお。
なんとか生き延びてくれないかなあ・・・・
くっそー!テッポウムシめー!

先日から人間ブルドーザーと化して掘り進めていたアーチの道。
地中の根や岩を取り除いたので砂利などを敷き詰めに掛かった。
余っている石板が結構あるのでそれも使ってみることにした。
この道は僅かながら傾斜しているので、地盤を水平にならしながら防草シートを敷き、その上に石板を並べていった。
・・・・どーだろう、こんなもん?
f0153164_1652037.jpg

Top▲ | by sukomama | 2011-09-12 16:48 | Comments(0)
蓼科湖周辺
今日は毎年恒例、スコの散歩がてら「ちゃいぶ」へ行くことにした。
まずは蓼科湖畔に移転した「ババリアン・ピーター」に寄ってみる。
バラクラ近くの小さなコテージで営業していたのだけど、今年蓼科湖畔に少し大きめの店舗を作って移転してきた。
知る人ぞ知る、美味しい(らしい)ドイツハム・ソーセージやドイツパンを販売している店。
もともとは茅野市内にレストランを営業していたのだけど、市街地より少し上ってバラクラ近くの小さな小屋でもっぱらハムやソーセージを販売するようになり、市街のレストランは人に任せたそう。
それから更に高所へ上って(笑)こんな夏場以外には人出もさほどない蓼科湖のそばに立派な店舗を建設して・・・。
これは趣味だね。(笑)
そのうちうちの隣に越してくるかも。
f0153164_19142240.jpg

店の前はこんな居心地良さげな広い空間。
目の前は蓼科湖で、ロケーションはとってもいい。
f0153164_19141332.jpg

新しい店舗がオープンしてから初めて入ってみた。
試食のいろいろなハムやソーセージを「タダで」(笑)いただいて、そのまま何も買わずに店を出た。
ダーは「美味しい、美味しい」と言っていたけど、私は肉はあまり好きではないので「う~ん・・」。
この味は男性には受けがいいかも。

それから湖畔のいつも車を止める場所に車を置いて、歩き出した。
途中蓼科C.C.ゴルフ場のそばを通り過ぎ・・・
f0153164_1914291.jpg

露天風呂「石遊の湯」を通り過ぎ・・・
f0153164_19135351.jpg

こちらは最近出来た、多分別荘だけど、お庭がとても素敵なのだ。
1000坪くらいあるかな?傾斜や小川、湿地などがある広いお庭がよく手入れされていて、とてもいい感じなのだ。
柵からちょっと覗くと奥の方にボーダーやハーブガーデンが見える。
周りのフェンスもいい感じで、鹿除けフェンスもうちみたいに醜くない。
f0153164_19134386.jpg

そこから更にいつもの釣り池を通り過ぎ・・・
f0153164_19133588.jpg

・・・やっと「ちゃいぶ」に到着。
年に一度しか行けないのだけど、毎年行っているので奥さんはもう私たちのことを覚えていてくれて、「いらっしゃいませ、いつもありがとうございます」と挨拶してくれる。

またまた毎年恒例のごとく庭のデッキでケーキセットをいただく。
スコはいつもの「お水」。
f0153164_19132648.jpg

今日はバクバク食べちゃう前に写真が撮れた。(笑)
右上に見えてるボーン型のクッキーは、スコへのサービス。
がっ・・・私が食ってしまった。
だってスコには自分が作ったもの以外には食べさせないので。
ダーが「ひっど~い・・・」だって。(笑)
f0153164_19131975.jpg

森の中の隠れ家的カフェで自然の遊歩道を散歩しながら来れて、とってもお気に入りなので、本当は何度も来たいのだけど・・・。
夏の間はムチャクチャ忙しくてどうしても来るのは一息つけるようになった秋、9月とか10月になってしまう。
ここは10月一杯で次の年のGWまでは閉めるので、いつもギリギリ。
せめて年に2回くらいは来れる余裕が欲しいなあ。

あ、あと「ちゃいぶ」の奥さんが言うには、さっきの素敵なお庭、奥さんが東京?から通ってよく手入れをされているので、見かけたら声をかければ中を見せてくれるって。
やった!いつか拝見させていただこう。
Top▲ | by sukomama | 2011-09-11 19:11 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin