<   2011年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
本日の花たち
只今咲いている花たちなど・・・
ロサ・ピンピが真っ盛り。
清楚です。
丈夫で冬囲いもいらないし。
f0153164_23554367.jpg

しつこく白糸草。
ちょっと伸びてきた。
f0153164_23562972.jpg

ヘリアンセマム。
寒さには強いけど本当に蒸れに弱くて、梅雨時はいつもハラハラ。
花はかわいいんだけど、しゃん、と自立しないでこれもだらしな系なのね。
f0153164_23593720.jpg

真っ赤に燃えてるナデシコ。
意外に長生きしている。
f0153164_01062.jpg

ナナちゃんも少しずつ花が増えてきた。
ほんと、かわいいな。
f0153164_013610.jpg

アップルランド(スーパーでない)のメドウは今こんな感じ。
これからもちっと賑やかになる予定。
f0153164_024020.jpg

アーチ・ウォークはこんな感じ。
ちょっときれいっぽくなってきた。
せっかくシャスタデージーとセラスチウムが満開なのに、今年はジャーマンアイリスが一種しか咲かないのでコラボならず、残念。
f0153164_032789.jpg

銅葉のウェイゲラ。
う~ん、シックで美しい!
只今50cmほど。
もっと大きくならないかな。
f0153164_042648.jpg

そして・・・・とうとうこの方の開花ー!
もう、昨年百数十の種を蒔いたけど、なんといってもメインイベントはこの方!
オリエンタル・ポピーのパティズ・プラム。
Gardeners’ Worldでひと目見たときからすっごく欲しくて、種をいろいろ探したんだけど見つからず、やっとアメリカのポピー専門店で見つけて購入。
昨年の種蒔きの中で一番期待していたもの。
やっとお目にかかれて嬉しいわ~・・・・・だけど・・・もうちょっとダークなワイン系かな?と思っていたんだけど、意外に明るめのプラムカラーなのね。
ま、いいか。
f0153164_083870.jpg

百合のロリポップ。
これもGardeners’ Worldで見て買っちゃったんだけど・・・なんかイマイチ花弁のピンクが色が気に食わない。
もっときれいなピンクだと思っていたのに・・・
暑いからこんな変な色になったのかなあ?
f0153164_0103986.jpg

イギリス行く前に蕾を殆ど切ったので、アルメリアとイブキジャコウソウのコラボも今年はショボい。
f0153164_0113440.jpg

ロサ・プリムラも只今開花中。
やっぱり美味しそうな爽やかレモンカラー。
f0153164_0122722.jpg

f0153164_0124274.jpg

やっぱりこの子、きれいだわあ・・・
ボタンカラマツとのコラボもなかなかのものじゃありませんか~。
種、採れるといいな。
f0153164_0141978.jpg

今日は山草ガーデンの一部を開墾。
久しぶりに疲れた~。
ハーブ・ガーデンにあるゴチャゴチャを全部こちらへ移動するのだ。
f0153164_015229.jpg

午後からは再び雑草刈り。
やってもやっても・・・・全然はかどらない。
本当は6月中に庭全部終らせる予定だったのに・・・・まだ100分の一も終っていない・・・。
かなり焦る・・・
f0153164_0171781.jpg

Top▲ | by sukomama | 2011-06-30 23:53 | Comments(0)
庭仕事いろいろ
今日は午前中、鉢植えにしておいたオーリキュラたちを地植えにした。
一応ロックガーデンへ。
f0153164_23451173.jpg

f0153164_234524.jpg

午後からはいつものように雑草刈り。
シック・ガーデンを中心に。
この「シック・ガーデン」っての、なんかイマイチそぐわないので他の名称考えないと・・・。
f0153164_23445673.jpg

f0153164_23444654.jpg

これでも一生懸命チョキチョキしtんだけど・・・なんか仕上がりきれいじゃないなあ。
変わり映えしないというか・・・。

その後、夜には夏用の一年草の種を蒔いた。
ダリアとかジニアとか。
ダリアもジニアも東京に居たころは大嫌いだったのに、ここにいたらなんか興味を持ってしまって。
緑のジャングルの中で映えるしね。
そしてちょっとシックな色味のものを選んだし。
ちゃんと咲いてくれるといいなあ。
f0153164_23443594.jpg

今日は一日盛りだくさんでヘトヘトになった。
Top▲ | by sukomama | 2011-06-29 23:44 | Comments(0)
雑草との戦い
イギリスから帰ってきてから、変わり果てた我が庭をなんとかすべく、せっせと毎日雑草刈りに勤しんでおる。
今日はパステル・ガーデン。
ちょっとはきれいになったでしょ?
f0153164_2137833.jpg

なってないか・・・・
変化ナシ・・・?
f0153164_21364388.jpg

植えた植物の周りは引っこ抜いてきれいにして、その他はハサミでチョキチョキしているんだけど・・・・
猛烈に時間がかかる。
今年中に終るんだろうか?・・・・ってな勢い。

蚊取り線香が物悲しい・・・・しかも二つ・・・(笑)
f0153164_21365259.jpg

Top▲ | by sukomama | 2011-06-28 21:36 | Comments(0)
圧倒的な存在感・・・
一面ジャングルの我が庭・・・
そのジャングルでひときわ目を惹く、異様に目立つ方々・・・
f0153164_21204739.jpg

そう、オリエンタル・ポピー。
大大大好きなオリエンタル・ポピー、しかし・・・
これ、デカ過ぎないか?
手のひらよりはるかに大きい。
見よ、このデカさ!
f0153164_21203834.jpg

しかも・・・目がつぶれそうなハデバデしさ。
f0153164_21203064.jpg

大好きなんだけど・・・もうちっと・・・一回りでいいから花が小さいともっと好きなんだけどなあ・・・。

しかも梅雨の真っ只中に咲いて、上ってきた蕾の8割~9割もすら花が見られない。
蕾のまま腐っていく。
今年も・・・たっくさん蕾ができていたのに、連日の雨に打たれて殆どが腐りつつある。
何よりも何よりも梅雨が大っ嫌いな理由の一つ。
Top▲ | by sukomama | 2011-06-27 21:18 | Comments(0)
変移に驚愕
人様の庭ばかりウロウロしていて、で肝心のウチの庭はどうなっていたかとゆーと・・・
たった10日ばかり家を空けていただけで劇的な変化が・・・
やはり6月、植物達が最も急加速で成長する季節だけのことはある。
家に帰って来てみたら・・・
こんな感じでジャングルに変わっておった・・・。
f0153164_23274999.jpg

まずは庭のハシのほうから・・・
白糸草が咲き始めていた。
f0153164_23284797.jpg

白花コマクサも。
f0153164_23291193.jpg

フロスククリのホワイトロビンちゃんも。
今年初めて花を見た。
かわいい。
f0153164_23312373.jpg

2月に種を撒いたネモフィラも、あれ?っと気がついたら花が咲いていた。
やっぱ蒔いてよかった。
f0153164_23322236.jpg

アルメリアもポツポツと。
f0153164_2333922.jpg

昨年グリーンコテージさんからいただいたゲラ・ピレネカムがバクハツしていた・・・
これで一株。
しかもコボレ種で増えるらしい・・・ちょっとコワイ。
f0153164_23344469.jpg

雑草に埋もれながらもがんばって咲き始めたジプソフィラのロゼア。
早くレスキューしてあげねば。
f0153164_23361368.jpg

「小松菜」ジギも健在。
もうすぐ咲きそう。
何色かな?
f0153164_23373498.jpg

昨年蒔いたリクニス・ビスカリア・アルバも咲いてきた。
f0153164_23392852.jpg

アップで見ると・・・かわい~。
f0153164_23395725.jpg

この方も勿論元気。
元気すぎて・・・もてあまし気味。
f0153164_23405918.jpg

で、ビックリしたのがこの方。
こんな感じであちこちのオリエンタル・ポピーが蕾ボコボコなの。
まあ、でも、梅雨の真っ只中に咲くから9割がた溶けて見られないんだけどね。(悲)
f0153164_23423952.jpg

はあ・・・しかし・・・歩けない。
f0153164_2344643.jpg

ヴァーバスカムも雑草藪の中でひっそり咲いていた。
f0153164_23444189.jpg

ゲラのラズベリー・ゼムもチラホラ咲き出した。
早くちゃんとした場所に植えてあげないと。(昨年から仮植え状態)
f0153164_2346835.jpg

何年か前に植えたベニサラサドウダンが咲いている!
かわいい~!
真っ赤できれいだわ。
これ、大きくなってもっと花つきがよくなると、さぞ美しいでしょう。
f0153164_2347474.jpg

昨年蒔いたヘスペリス(スイートロケット)もいい色で咲いてきた。
f0153164_23491058.jpg

イベリス・ジブラルタリカも。
これって咲き進むと薄紫を帯びてくるのかな?
f0153164_23532029.jpg

ジャングルでえ~す。
f0153164_2354016.jpg

先に進めないんでえ~す。
f0153164_23543314.jpg

昨年蒔いた、念願の白のリナムも咲いてきた!
嬉し~い。
もっと増えないかな。
f0153164_23555389.jpg

シャスタデージーも蕾がほころび始めた。
f0153164_23583829.jpg

こちらはお馴染みブルーのリナム。
f0153164_002717.jpg

先住レンゲツツジも盛りです。
f0153164_011181.jpg

デバリガータとブルーキャットミントはもうそろそろ終盤かな?
f0153164_02925.jpg

リクニス・フロスジョビス・ナナもちらほら咲いてきた。
ほんとに可愛い子なのよ~。
f0153164_033076.jpg

おととしアクィレギアをいろいろ蒔いて、何が何だか分んない状態だったんだけど・・・
今年初めて咲いたこの子、パープルのポンポンですっごくかわいい!
種とって増やそう・・・だけどアクィレギアって絶対親と同じ子が出てこないんだよねえ・・・。
f0153164_05534.jpg

ボタンカラマツも。
これは白花の自生種より早咲きなんだね。
f0153164_065827.jpg

ちょージミだけど大好きなムラサキ。
この主張しない楚々とした風情が私みたいで・・・・いえいえ、私に「無くて」。(笑)
f0153164_083057.jpg

ポレモニウム・・・名前は「エゾナハシノブ」で買った。
f0153164_010863.jpg

タイツリソウ。
本来は丈夫なんだけど、毎年あっちこっちに植え替えてるから全然大きくならない。
今年も植え替え予定。(笑)
f0153164_01196.jpg

ミヤコワスレも貧弱に・・。
f0153164_0113743.jpg

この方、一見儚げに見えるんだけど、どうしてどうしてなかなかツワモノ。
やはりオダマキのことはある。
フウリンオダマキ。
f0153164_0125572.jpg

コボレ種でどんどん増殖中。
でも可憐だから許す。
f0153164_0133587.jpg

そして・・・なによりビックリしたのが、この方。
ウバ様。
ちょっと見ないうちに異様にデカくなった。
f0153164_0143972.jpg

どのくらいデカいかというと・・・
隣のアーチと比べてみると分る。
このアーチ、高さは2.5メートルほどあるんだけど・・・
f0153164_0155170.jpg

今の時期のお馴染みの光景、クリンソウとワスレナグサ。
f0153164_0164165.jpg

昨年種を蒔いたヴァーバスカム・サザンチャームも咲いてきた。
う~ん、やっぱいい色!
f0153164_017522.jpg

モンタナはこれからが盛り。
f0153164_0182958.jpg

こちらもモンタナだけど・・・
セントーレア・モンタナ。
これもいい色。
アサギリソウと合わせて正解。
f0153164_0193199.jpg

オオデマリも年々大きくなっていってる。
ここでおおきくなっちゃうと・・・困るんだけど・・・
f0153164_02034100.jpg

ポリゴナムとクレマチフローラが自然ぽくてよい感じ。
f0153164_0215553.jpg

ここは一応ハーブガーデンなんだけど・・・
どうみたって森林、ジャングルだよねえ・・・
はあー・・・・
f0153164_023589.jpg

花もモリモリなんだけど、雑草もモリモリで・・・
もう、どーしましょ?って感じで立ちすくむ日々の今日この頃なのであった・・・
しかし・・・なんでうちの雑草はこんなにも凶暴なのだ・・・?
Top▲ | by sukomama | 2011-06-24 23:23 | Comments(2)
オープンガーデンざんまい
お言葉に甘えてずっと預けっぱなしだった苗を引き取りに、グリーンコテージさんへやっと行くことになった。
丁度今シンプリー・ガーデンもオープンガーデンしていて今週末までなので、頑張って行くことにした。
ずっと行きたかったシンプリー・ガーデン、庭を拝見できる期間が短いので毎年思い出した時にはすでに遅しで終っていて、なかなか行けなかったのだ。
今年はちゃんとカレンダーに印付けておいたもんね。

丁度昼時だったので「道の駅 はくしゅう」に寄って昼食を買う。
ここはいつ来てもなんかきれい。
f0153164_22242421.jpg

空も緑も青々している。
f0153164_2225186.jpg

ピエールさまもモリモリ。
f0153164_22254814.jpg

ここの「名水」を汲みに多くの人が訪れる。
f0153164_22263337.jpg

さて、シンプリーガーデンだが・・・ウェブサイトの地図ではシンプルだが、実際にはなんだかとても込み入った土地で・・・さんざんグルグルした挙句、気がついたらガーデンの前に出ていた・・・。
入口のサインボード。
f0153164_2230956.jpg

コッツウォルズ・ストーンを使っている門壁。
f0153164_2229842.jpg

この横には小さなロックガーデンが。
f0153164_22315229.jpg

入口を入るとこんな箱があり、ここに入場料を入れる。
f0153164_22305869.jpg

お庭は本当に自然風で、いろいろな宿根草や一年草が自然な感じに植えてある。
f0153164_22383060.jpg

f0153164_22385346.jpg

f0153164_22391449.jpg

f0153164_2239376.jpg

f0153164_22395969.jpg

苗の販売もやっている。
しかし・・・ここでもやはり殆どうちにあったので、何も買わなかった。
f0153164_22405627.jpg

シンボルツリーのジューンベリーにきれいな赤い実がたくさん生っていた。
f0153164_2242404.jpg

シンプリー・ガーデンを後にして、グリーンコテージさんへ。
苗を引き取った後、少しお庭を見せていただいた。
八ヶ岳がきれいに望める。
f0153164_2245520.jpg

テラスもきれ~い・・・ゴチャゴチャした道具とかバチヅルとか置いてなくて。(笑)
テラスの上にニワトリ小屋とかもないし。(笑)
f0153164_224794.jpg

グリーンコテージさんも基本的にナチュラル・ガーデン。
だからなんとなくリラックスできる。
f0153164_22481810.jpg

色の取り合わせがとてもきれい。
f0153164_2250481.jpg

f0153164_22491665.jpg

のんびりお庭を散策させていただき、お茶までご馳走になって、預かっていただいていた苗を引き取らせていただいた。
しかし・・・グリーンコテージさんも広いお庭なのに、とってもきれい。
雑草なくて・・・(笑)
はあー・・・うちもなんとか考えないと・・・

というわけでこのところ連日オープンガーデンざんまいである。
東京なんかの暖地だと5月中にあるのが普通だけど、この信州では6月が一般的かな。
うちは見頃は梅雨明け・・・7月の終わりから8月にかけてでしょうか・・・。
「pripriさんのところもグリーンコテージさんもオープンガーデンやっているのを見て、私もやりたくなってきた」と言ったら、「是非なさりなさいよ~」とのお言葉。
しかし、その前に雑草なんとかしないとな・・・・
せめて歩けるようにしないとな・・・
Top▲ | by sukomama | 2011-06-22 22:16 | Comments(0)
オープンガーデン in pripri邸
冷蔵庫が空っぽなので買出しに行って、ついでに留守中苗を預かってもらっていたグリーンコテージさんに苗を引き取りに行こうと思い電話したら、なんと今日はpripirさんとこでオープンガーデンだって。
道の途中だから、お土産を渡すこともあって、寄ってみることにした。
しかしダーの具合がとても悪いので、長くは居られないのでちょっと寄るだけ。
とか言いつつダーに運転させて行ったんだけど。

ダーは歩くのが大儀なので車の中で寝ている。
その間ささーっとお庭を拝見させてもらった。
pripirさんとこは、やはりうちより暖かいだけあって、いろいろ咲いている。
はあーやっぱりきれいだなあ。
f0153164_21531164.jpg

f0153164_2153224.jpg

バラも丁度盛り。
今咲いているのはオールド系かな?
f0153164_21525411.jpg

f0153164_21524388.jpg

べさ様のお立ち台辺りも。
f0153164_21523411.jpg

寛ぐべさ様。
f0153164_21522679.jpg

新しいお休み処もいい感じになってきました。
f0153164_21521827.jpg

どこもきれいにお手入れされています。
f0153164_215293.jpg

f0153164_2152085.jpg

墓地も健在。
f0153164_21515158.jpg

やっぱアーチって雰囲気作りに欠かせないよね。
でもこんなに鬱蒼としているのに薔薇が元気に育っているのは・・・ナゾだ。
やっぱ丹精の賜物?
f0153164_2151429.jpg

そして勿論この方達もお達者。
f0153164_21513338.jpg

そしてそして・・・初のご対面・・・
鹿除け守護犬軍団の新星ヘレンちゃん。
かわい~。
でもちょっとシャイなの?
f0153164_21512213.jpg

そんなこんなで、車内にダーを待たせてあったので、ザザーっと見るだけでおいとました。
はあー・・・それにしても何てきれいに維持されているのだろう。
すっごくご多忙なのに・・・
雑草に完全占拠された我が庭に帰ってきてみて、なんかガックリきた・・・。
私もがんばろう。
頑張って歩くとこだけでも雑草刈ろう・・・。

結局この日はダーの具合がとても悪いので、買い物だけして、グリーンコテージさんには後日伺う事にした。
Top▲ | by sukomama | 2011-06-19 21:45 | Comments(2)
感傷に浸る
成田到着は翌朝の18日。
また母の家に寄って、置かせてもらっていた車に乗り蓼科の我が家へ帰った。
その夜のお風呂の、なんと幸せだったこと!
もう10日ぶり近い?久しぶりのお風呂ー!
そして米と味噌汁ー!
でもこうやって改めて写真を眺めていると・・・すごくホームシックになってしまう・・・。
ホーム?
そう、私にとってイギリスは母国なのだ。
日本風の風呂や和食は生活に必要だけど、日本を母国と思ったことは全然ない。
生まれてからずーっとこの国に違和感を感じていた。
ここは私のいるところではない、と・・・。
私にとって生まれたときからずっと愛し続けたイギリスこそが、私の母国、ふるさとなのだ。
ああ・・・風呂と水質さえなんとかなれば・・・すぐにでもイギリスに永住するのに・・・というか、とっくにしていたのになあ・・・
ヴィザも取得し、大金をかけてイギリスへ引っ越したのに、結局日本へ帰らざるを得なかったのは、いろいろ問題が山積みだったけど、一番大きかったのはやっぱり風呂と水質。
この切実さは経験したことがないと分らないよなあ・・・。

ところでお土産。
何とかという(笑)スコットランドのガーデンで買った、とってもきれいなフーシャの柄のマグカップとか日本でなかなか売っていないハーブティーいろいろとか・・・
f0153164_21155299.jpg

mumが私のためにわざわざ買っておいてくれたペンハリゴン(!)のハンドソープとかミルク、ミニ香水のセット。
英国王室御用達のペンハリゴン、自然の植物を使った香料がとってもナチュラルですがすがしくて大好きだけど、チョーお高いので自分では手が出ないのよ~。
むっちゃ嬉しいー!
f0153164_21154677.jpg

自分で手が出たのはボディーショップとか(笑)。
リップクリームとかボディバターとか・・・
あとヒースローの免税で買ったハロッズのハンドクリームやボディバター。
免疫疾患なので冬場は皮膚の壊死が激しくてもう血と膿でぐちゃぐちゃ、恐ろしいことになるのでボディバターなくしては生きていけないのよ~。
f0153164_21153944.jpg

あとはCambo Gardenで買ったスノドログッズの一つ、ティータオルとか・・・
昔から好きなリーズナブル・ブランド、BRONNLEYのトワレとか・・・
f0153164_211532100.jpg

どれも数百円と私にも手が届くものばかり・・・
で、一番のお高いお買いものは何だったかというと・・・
やっぱ、これでしょー(笑)
ハロッズのウェスちゃん。(笑)
f0153164_21152662.jpg

そんなこんなでお手ごろな価格の香り物だらけなのであった。
でも当分楽しめそう。

それにしても・・・こうして写真とか見ているとホームシックで泣きそうになる・・・。
ダーは寂しくないのかしら・・?
「ねえ、貴方はイギリスが恋しくないの?」と聞いてみたら
「んー・・・・・別に。」
「あ、そ」
わたしゃいつもいつもいつなんどきも・・・ずーっと心はイギリス。
帰りたい~・・・・でも風呂と水がなあ・・・・
はあー・・・やはり「ふるさとは遠きにありて想うもの・・」なのかなあ・・・

まあ、また爪に火灯して貯金して、再び彼の地を踏もう。
Top▲ | by sukomama | 2011-06-18 23:41 | イギリス 2011年 | Comments(6)
<英国 里帰り&庭巡り> さらば!母国よ
早いもので、もう帰国の日となった。
最後に・・・mumのフロントガーデンに何株か植えてあるヘレボラス・フェチダス。
f0153164_2234051.jpg

これは確か耐寒性があまり高くなくてうちでは育てるのは無理な品種なのだが・・・やはり何だかんだ言ってもこちらの方が蓼科よりは暖かいのだなあ・・・
え?ちょっと待って・・・一昨年とか去年とか、イギリス、冬すっごく寒くなかったっけ?歴史的な大寒波で・・・
確か冬中-20℃以下が続いていたはずだけど・・・
でも、この子達生きていたのね?・・・ナゾ。

早朝4時半にmumの家を出てエジンバラ空港に。
スコットランドに来る時は延々ドライブの長旅だったけど、さすがに帰りも、というのは無理なので飛行機でヒースローまで戻る。
1時間ほどのフライトで、一瞬だ。
チケットもそれほど高くないので、行きもそうすればよかった。
でも、もう二度とスコットランドに来ることはないかもしれないけど・・・

エジンバラ空港で、搭乗を待つ。
f0153164_22335230.jpg

機内から。
さようなら、スコットランド・・・・
丁度Forth Bridgeが見える・・・
写真を撮ったこのときは、もう早く帰りたくて(風呂に入りたくて)あまり何も考えなかったが、今こうして改めて眺めると、なんだか涙が出そうになる。
懐かしい・・・
帰りたい・・・・
f0153164_22334517.jpg

mumたちは私たちが宿泊した後は、スコットランドの家を売ってイングランドへ引っ越す予定らしい。
mumもJohnさんも、子供達も皆スコットランド人だけど、子供達は皆イングランドに住んで働いているので、もし何かあった時に、子供達のそばにいた方が安心というので・・・
ちなみにダーの実父は十数年前に亡くなっており、mumとJohnさんはお互い子供を連れて再婚した。
mumとJohnさんがイングランドに住むようになったら、私たちももう二度とスコットランドへ来ることはないかもしれない・・・。
ああ、寂しいなあ・・・
ダーは寂しくないのかしら?
自分の国(スコットランド)にもう二度と来ることはないかもしれない、というのに・・・
地球の反対側の異文化の国に住んで・・・
母国を遠く離れて・・・・
私にとってイギリスは「母国」と呼べる唯一の国。
身を引き裂かれるように辛い・・・。

やがてロンドン上空に。
あ、ロンドン・ブリッジが見える。
f0153164_2233294.jpg

そして・・・先週乗ったロンドン・アイも。
f0153164_22331964.jpg

ヒースローに着いて、日本行きの飛行機にはまだ十分時間があるので、免税店をゆっくり見て回れる。
f0153164_2233977.jpg

これはヒースローの第5ターミナルだが、このターミナル全てがBritish Airways。
手前からずーー・・・っと向うの端まで数十?百以上?全部がBritish Airwaysのチェックイン・カウンター。
すごい。
チェックインを済ませて、免税店でいろいろお買い物して、最後のポンド紙幣を使った。
Top▲ | by sukomama | 2011-06-17 22:32 | イギリス 2011年 | Comments(0)
<英国 里帰り&庭巡り> イギリスでは薔薇は雑草であったのだ
今日はmumの家に滞在最後の日。
イギリス滞在最後の日。
早いなあ・・・あっという間。
寂しい・・・というより今は「アッサリした食事がしたい!米と味噌汁が飲みたい!」とか「ゆっくり休みたい、寝たい」そして何より「風呂にゆっくり入りたいー!!!」
mumの家に来て、これでゆっくり入浴できるかと思ったら・・・そうは問屋が卸さなかった・・・。(悲)
mumの家のボイラーは古いので、お湯を出していると途中で消えて水しか出なくなるのよ。
だから浴槽に湯が張れなくて・・・
仕方なくシャワーを使っていたけど、これも途中で水になる・・・。
ひぇ~・・・・もう、どこ行ってもイギリス中こんなのばかりで、ゆっくりバスタブに浸かって、ゆっくり入浴する・・・ってこと、結局全然できなかった。
まあ、いつ来てもイギリスではそうなんだけど・・・
でも、バスタブに、湯に体を沈めて入浴ができないと、ほんっと疲れが取れない。
日に日に疲労が溜まってきてもう限界になってくる。
とにかく・・・家に帰ったら真っ先に風呂に入りたいー!!

そんなこんなで、最後の日。
この日は私も特に予定を立てていなかった。
スコットランドの北西地帯は、蓼科によく似た森と湖の土地だ。
蓼科とは違った手付かずの美しい山や森林、そして湖がたくさんあり、その風景がとても好きなので、ぜひそのうちのどこかへ連れて行って欲しかったのだ。
しかし、mumは庭好きの私のために、近くにあるガーデンに連れて行ってくれることにしたみたい。
ま、いいか。

mumの家からさほど遠くない「なんとか・・」っていう(また、覚える気ない 笑)ガーデンに一行は向かった。(これも後に調べて「Branklyn Garden」という有名なガーデンであることが判明)
ガーデンに行く途中の家。
普通の家だけど、きれ~い。
多分お金持ちでしょう。(笑)
f0153164_19144046.jpg

イギリスのどこのガーデンもそうだけど、ここも空いている。
庭の手入れをしている人の方が多い?
f0153164_19143075.jpg

f0153164_19141273.jpg

全体に、ナチュラルなウッドランド風&山野草ガーデン風。
これってテガタチドリか、その仲間だと思うけど・・・デカい。
f0153164_19142062.jpg

で・・・庭園内を歩いていて感じたんだけど・・・
「なんか・・・うちとそっくり」
「うちにあるものばかり・・・」
オオヤマレンゲとか・・・
f0153164_1914026.jpg

メコノもうちにあるけど、今年咲くかなあ。
f0153164_19135054.jpg

これだけは何だか分らなかった。
初めてみる花。
花はアオイ科っぽいんだけど全体にユーフォルビアっぽくて・・・なんか、不思議~。
f0153164_19134199.jpg

クリンソウもいたるところに。
でもこれは多分「洋種クリンソウ」だと思う。
このオレンジのやつが欲しいなあ・・・。
うちでもきっと元気に育ってくれるだろうなあ。
f0153164_19132939.jpg

ウバ様だっている。
ウバ様は他のガーデンにもよくいらっしゃるのを見た。
ダーとJohnさんがガーデンの案内パンフレットを見ながら話していて「咲くのに7年か8年かかって、咲くとすぐに枯れてしまう植物があるんだって」「どれだろう・・・?」って探していたので、
「これ、これですよ」と教えてあげた。
「うちにもあるのよ(エッヘン)」とか。(笑)
f0153164_19131911.jpg

自然の山野風のガーデン、ということもあるが、使われている植物が見慣れたものばかり、特にうちに自生しているもの、或いはその改良品種、が圧倒的に多く、やはりイギリスからすると日本は植物の宝庫、というのは本当なんだなあ・・・とつくづく実感した。

帰りにギフトショップで種が売っていたので見たけど、どれもうちにあるものばかりだった。
アン・ハサウェイのガーデンでも思ったんだけど・・・
「あ、これ、うちにある」「これも、ある・・」
って感じで、殆どがうちにあるものばかりで・・・こわかった。(笑)
よく集めたもんだ。(笑)

ガーデンを出た後、近くのレストランで昼食をとったのだが、さすがに私も具合が悪くて熱があり吐き気もするのでほとんど食べられなかった。
ダーにいたっては倒れそうで口も利けない状態だった。
そのレストランのショップで、お世話になった方のお土産などを買い、帰途に着いた。
家でしばらく休んだ後、最後の体力を振り絞って、ダーと一緒に近くのTESCOまで買い物に出かける。
どうしても買っておきたいものがあったから。
TESCOへの行き帰りに道端に、原種の薔薇が咲いていた。
イギリスどこへ行ってもこんな原種系の薔薇があちこちで雑草のように生い茂っている。
実際、雑草なのだ。
誰が植えたのでもない、普通の雑草としてあちこちに生えているのだ・・・
f0153164_19125893.jpg

f0153164_191388.jpg

日本だったら、後生大事に育てて、肥料をやったり剪定したり・・・と至れり尽くせりなんだろうけど・・・ここでは雑草である。
イギリス中どこの家でも薔薇が当たり前のようにある。
そして、全然特別扱いじゃなくて、名前も覚えてもらっていなかったりする。(笑)
ああ、やっぱり「イギリスは薔薇の国」なのであった・・・。

家に帰り、明日は早朝出発なので、早めに寝た。
明日は3時半起床、4時半には家を出るから。
もうこの頃になると、ダーも私もただひたすら自分達の家に帰ってゆっくり寝たかった。
ダーさえも「米が食べたい・・・」「ゆっくり風呂に入りたい・・・」だった。
イギリスは大好きでこのままずっと暮らせたらいいんだけど、これだけはどうしようもなく(特に風呂と水質の問題)厄介な問題なのであった・・・。
Top▲ | by sukomama | 2011-06-16 18:58 | イギリス 2011年 | Comments(7)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin