<   2011年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
今年の桜は遅い
朝6時の外気温、-3℃。
連日マイナス気温が続く。
むっちゃサブイ・・・。

庭のカサリン・ホジキンがとてもいいかんじになってきたので。
f0153164_1936303.jpg

花のことは全然分らないダーも「きれいだね」と感心していた。

明日から雨らしいので、今日は庭仕事は午前中だけにして、午後から桜を見に行くことにした。
下界ではもうそろそろ満開を過ぎて散りそうになってきたので、桜がきれいな公園に行くことにした。
車で別荘内を通るとやはり来荘者が大分来ている。
ところがよく見るとあちこちに水道修理の車が停まっている。
連日マイナス気温が続いているので水道管が凍結したのだろう。
東京などの都会から来る人は、まさかゴールデンウィークに水道管が凍結するなんて想像もできないのだろう。
きっと、凍結防止ヒーターの電源を入れておくのを忘れたのだろう。
毎年そうなんだけどね。

下界へ降りていくと、毎年GWには満開になる聖光寺の桜はまだまだ固い蕾だ。
「日本の桜百選」に選ばれているここの桜を見にGWには毎年大勢の観光客がやってくるのだが、今年は全然。
こんなことも珍しい。
で、下界へ降りて目当ての公園に行ったのだが・・・それも途中のコンビニでわざわざオヤツなんか買っちゃたのに・・・ここの桜もまだ全っ然茶色い蕾だった・・・。
公園へはずんずん山を登っていくので、もしかしたら標高1000メートルくらいあるのかもしれない。
開花の時期にはまだかなり早かったようだ。
仕方ない、では別の公園へ・・・と思っていたら雨が降り始め、次第に本降りになってきたので結局諦めて家に帰った。
オヤツは車中で食べて・・・。
な~んだ、つまんなかったー。
Top▲ | by sukomama | 2011-04-30 19:36 | Comments(0)
今日から連休
朝6時の外気温、-5℃。
日中の最高気温、7℃。
相変わらずキビシイ。(笑)
しかも・・・そのうち雪が舞い始めた・・・

今日からダーもGWの休みに入った。
待ちに待ってました!とばかり、あれこれ用事を言いつけた。
これから休みの間ずっとこき使われるのだ、可哀想に。

寒さが続くとはいえ庭のほうは・・・
エゾエンがちょっと色が変わってきた。
これから青くなるのだろうか。
f0153164_1925151.jpg

プシキニア・リバノティカも今が見頃。
だけど・・・いつもあまり見ないで終ってしまう。
f0153164_19245462.jpg

デンティキュラータも。
まだ子供の手毬だけど。
f0153164_19244727.jpg

今日は今年初めてのクン炭を焼いた。
冬の間コッコハウスの床材のモミガラが随分溜まっていたのだ。
昨年に比べて我ながらクン炭作りが上達したと思う。
結構早く燃やし終った。
しかし、燃やしている間も・・・雪が舞っていた。
f0153164_19243922.jpg

クン炭を燃やしている間、肥料撒きの続きをした。
枯葉やゴミを取り除いてすっきり気持ちよい。
f0153164_19243475.jpg

薔薇も早く冬囲いを取り除いてさっぱりさせたいのだが、まだ-10℃近くにまで下がることがあるので、心配でとれない。
ジャマだけど、冬囲いをしたまま肥料をやった。
f0153164_19242859.jpg

一日やっても、まだまだ全然はかどらない。
これから肥料撒きするところは無限にあるように感じる。
早く終らせたいなあ・・・。
Top▲ | by sukomama | 2011-04-29 19:18 | Comments(0)
ちょっとだけ買っちゃった
朝6時の外気温、3℃。
日中の最高気温、3℃。

今日は下界へ買いだしに。
途中自由農園に寄ったら、少しずつ苗が増えてきていて、単に「見るだけ」だったはずが・・・
なかなかいいものがあったので、1個150円だし、つい買ってしまった。
f0153164_19114380.jpg

銅葉のスミレ。
ラブラドリカかな?
あと、きれいな斑入りのラミウム。
昨年植えたアプリコットカラーのニオイスミレと一緒に植えたら良さそう。
それと、銅葉のニューサイランがお安かったので。
これって勿論非耐寒性だけど、他の植物を引き立ててくれるので寄せ植えにとても重宝するのだ。

ほんのちょっとだけど・・・と言いつつそのちょっとがどんどん増えてきつつある・・・(焦)
Top▲ | by sukomama | 2011-04-28 19:09 | Comments(0)
肥料撒き開始
朝6時の外気温、0℃。
相変わらず寒い。
また雪が降りそう。

せんだって作り始めた発酵肥料。
米ぬかで菌を増殖したものがその後どうなったかというと・・・
こんな感じに。
f0153164_2014479.jpg

やった!白いフワフワのもの、これは多分麹菌。
発酵のスターター。
混ぜこんだ種菌には80種ほどの発酵菌が入っているので、上手くいけばどんどん発酵が進んでくれる。
f0153164_2014076.jpg

で、たらいの底の方を触ってみると・・・おお!あったかー!
熱を発している。
しかし種菌は嫌気性の菌が多いので、それほど高熱にはならないと思う。
このまま少しかき混ぜておいた。
もう少ししたらこの菌をいろいろな材料と合わせる予定。

庭の枯れ枝をあらかた拾い終わったので、今日からいよいよ肥料撒きスタート。
昨年は庭中に肥料を撒くのに1ヶ月くらいかかったので、できるだけ早く終らせないと。
今月中に終ればいいのだけど・・・。

積もっていた枯葉や防寒のマルチを取り除いて、肥料を撒いていく。
もう随分芽が出ているものや、生きているのか死んでしまったのか、全然何も出てきていないものも。
でも土の上のゴミを取り除いていくときれいになった。
f0153164_2013561.jpg

f0153164_2012829.jpg

今回撒いた肥料は、自家製のものは間に合わないので、ネットで買った発酵肥料と手持ちのいろいろな種類をブレンドして使用。
効果が現れてくれるといいけど。
Top▲ | by sukomama | 2011-04-27 20:00 | Comments(0)
雪か・・・・
朝6時の外気温、-5℃。
日中の最高気温、0℃。
むっちゃさぶい・・・・
しかも雪。
しかも吹雪き。
しかもしかも、雪は一日中降り続けた・・・・・とほほのほ。
f0153164_195634.jpg

まあ、まだ4月だしね・・・
5月だってまだまだ雪、降るしね。

とほほほ・・・・・・
f0153164_19555952.jpg

Top▲ | by sukomama | 2011-04-25 16:33 | Comments(0)
伐採の続き
朝6時の外気温、0℃。
日中の最高気温、8℃。

しばらく前から咲き始めたエゾエン。
f0153164_19375595.jpg

・・・・こんな色だったっけ・・・?
もっとブルーだったような・・・・
なんでこんな紫が強いんだろう?寒いから?

例年のごとくプシキニア・リバノティカもいつの間にか満開になっていた。
f0153164_19374972.jpg

f0153164_19374243.jpg

この花って・・・毎年気がつかない間に咲き始めて、よく鑑賞しないうちに終わっちゃうんだよねえ・・・。
よく見るとかわいいし、色も好きなのに。
これは絶対バックがいけないのだ。
バックが枯葉の茶色で、この薄い色の花が全然映えないから。
これが青々としたグリーンだったらすごくかわいいのに・・・。
これは他の早咲き球根にもいえるなあ。

今日はやっと雨があがったので、伐採の続きをしてもらった。
これで問題だった巨大ズミがすべてきれいさっぱり短くなった。
これで随分日当りもよくなるはず。
今までショボイ花しかつけず、段々消えていきそうだったものも復活してくれるかな?
f0153164_19373453.jpg

Top▲ | by sukomama | 2011-04-24 19:37 | Comments(0)
感動の一日
朝6時の外気温、2℃。

今日はせっかくの土曜なのに雨なので、ダーと下界へちょっと買い物に。
先日結婚式を挙げたダーの姉さんに、何か祝いの品でも・・・と買いに行ったのだ。
メインの品は先日ネットで注文してもう届いていた。
f0153164_2133960.jpg

漆塗りの小皿。
高価なものはとても買えないけど、それでもちょっとは品質の良いものを、ということで塗りとか材質にこだわって買ったもの。
材質もちゃんと木製のものを選んだ。
仕上がりもとても丁寧で、なかなか良い買い物だったと思う。

これだけでは寂しいので、下界の土産物屋で選んだ品も一緒に。
f0153164_2133357.jpg

蓼科のお菓子と(笑)和風な柄の風呂敷。

で、ついでに買ったこちらはうち用。
f0153164_21325884.jpg

岩塩などにいろいろな調味料がブレンドされた調味塩。
美味しそう。

こちらはうち、というより私用。(笑)
たまたま見つけた、期間限定のピンクのにごり酒。
f0153164_21325488.jpg

見た目がとってもきれいで美味しそう・・・ということで買ってきたのだが、飲んでみたらこれまたとーっても美味しい!
ほんのり甘味があってアルコール度数もそれほど強くなく、「女性向き」とあるけどほんとにそんな感じで軽くて、でも麹の香り豊かでなかなか。
というわけで「うっめー、うっめー」と結局私一人で飲んでしまった。

帰りの車の中でダーが音楽をかけていたのだが、たまたま「千と千尋・・・」の主題歌「いつも何度でも」がかかったのだが(ダーは宮崎オタクなので、いろいろ主題歌をもっているのだ)なんだかすごく感動してしまった。
歌詞がとてもいいよね。
映画を見ていた頃も勿論いい曲だなあ、とは思っていたけど・・・今聞きなおしてなんだかすごーく感動してしまった。

で、帰ってきて、図書館で借りた本をパラパラと眺めていて・・・
これはターシャの大型本。
殆どが写真で、彼女の死後に出版されたもの。
f0153164_21324841.jpg

この表紙を開いた始めのページに・・・
f0153164_21324335.jpg

この写真を見た瞬間、とても胸にグサッときて、なんだかウルウルしてきてしまった。
この、ターシャが素足で庭を歩き、動物たちと戯れている一瞬を写したこの写真・・・
見た瞬間本当に胸に突き刺さったと言うか・・・
そうなんだよ、こうして素足で歩くターシャ・・・これこそが彼女の生き方なのだ。
この一事にターシャの生き方や考え方、貫いた信念などが凝縮している・・・
この一枚が彼女の全てを語っている・・・。
ターシャ・チューダーという人は、もう庭とか何とかより全てが私の憧れであり理想と言うか・・・
たった一枚の写真に深く感動してしまった。

夜、借りてきたDVD、「シングルマン」をダーと観た。
監督がファッションデザイナーと言うことで、どうせ「スタイリッシュな映像」とかいうだけで、結局内容はどうでもいい、というシロモノでしょう・・・という先入観でほとんど期待していなかった。
観なくていいのだけど、借りたのでとりあえず観よう、という感じで。
しかし・・・見終わって、ダーと二人、声も出ないほど感動した。

冒頭の、雪の中に横たわる恋人の死体にコリン・ファースがキスをするシーン、涙が出るほどの美しさ。
もう、この1シーンを見るためだけにこの映画を見る価値があるほど。
二人で好きな音楽を聴きながら、好きな本を読む、何気ない日々のひと場面にも、お互いが深く愛し合っているのが伝わってきて、そんな日々がもう二度と戻っては来ないコリン・ファースの悲しみがとても深く伝わってきて・・・。

いつもはビミョーに映画の趣味の合わないこともある私とダーだが、今回は二人とも言葉にならないくらい感動した。
ダーなど「もう、泣きたい・・・」とまで言うくらい。

アナザー・カントリーの頃から注目していたが、コリン・ファースって本当に凄い俳優だなあ。
こんな素晴しい映画を観られてよかった!久々にそう思える1本だった。

なんだか今日は一日、感動の連続で、こんな一日はなかなかない、貴重な一日だった。
Top▲ | by sukomama | 2011-04-23 21:31 | Comments(0)
肥料やりの準備
朝6時の外気温、-2℃。
日中の最高気温、7℃。
うう・・・・寒い・・・・・

もうそろそろ肥料撒きを始めようと思う。
昨年は、庭全体の植物に肥料を撒き終わるのに1ヶ月以上もかかってしまった。
勿論その間他の事は全然できないで。
ここでは肥料をやることのできる期間が3ヶ月~4ヶ月間くらいとすごく短いので、その短い期間に一年分の肥料をやらなければならない。
したがって今後毎月肥料をやり続けなければならない。
これだけでも凄く忙しい。
そんなに肥料をやらなくてもいいのでは?と思うかもしれないけど、以前は私も肥料はやりすぎてもいけないと思っていたが、それは暖地だけのこと。
この厳しい土地ではできるだけ肥料をやらないと生きてゆけないし越冬もできない、ということが分ってきた。
「肥料をやらなくても死にはしない」というのは暖地だけのこと。
ここでは、肥料をやらないと死ぬ。
だからなんとしてでもがんばらないと。

今日はその準備で、庭中に落ちている枝を収集してまわった。
昨秋に巨木を伐採するまでは、春になると庭中に冬の間落ちた巨大な枝が散乱して、それを片付けるのに何日もかかってとても大変だった。
でも巨木を切ってからは、今年は小さい枝だけ、それも以前ほど多くはない。
やはり切ってよかった。
f0153164_20313465.jpg

今日一日かかって庭の半分くらいまで枯れ枝拾いが終った。
あと一日あればほとんど終るだろう。
Top▲ | by sukomama | 2011-04-22 20:31 | Comments(2)
今日の作業
今日は先日の続き、パティオ・コーナーの花壇を作ろうとまたしても悪戦苦闘したのだが・・・途中で砕石はなくなるし、レンガをどう積んでいいか分らなくなっちゃったし・・・でまたウンザリして途中放棄。
これが平坦な土地なら何とか分るのだが、どこもかしこも傾斜、AからBの角まで傾斜していて、BからCの角まで傾斜、CからDまで・・・と全ての辺が傾斜しているので、もうメチャクチャ複雑で難しいのだ。
あ~・・・こんなひどい土地でレンガ花壇を作っている例とかあればいいのに。
f0153164_20142097.jpg

今日は今年初めてコッコたちを外に出した。
半年振りに外の空気や土に触れて、なんだかとっても楽しそうだった。
f0153164_20141581.jpg

花壇作りは早々に諦めて、木を縛っていた縄をほどいた。
薔薇の冬囲いはまだ外せないけど、さすがにもう大雪の心配はないと思うので、枝折れ防止の縄をほどいて回った。
f0153164_2014066.jpg

これはORのセレッシャル。
アルバなので実験的に冬囲いは全くせずに、縄で縛るだけにしておいた。
雪が溶けてみると、殆ど枝枯れがなく、無事に越冬できた模様。
やはり薔薇を植えるのなら、こうした強いものでないと。
そのほうが「越冬できてるか?」というストレスや、越冬させる為のハイメンテから随分解放されるだろう。
f0153164_2014824.jpg

とりあえずこの日一日で木ものの縄をほとんどとり終えた。
Top▲ | by sukomama | 2011-04-21 20:13 | Comments(7)
4月のバラクラ
朝6時の外気温、マイナス3℃。
今日は買い物で下界へ降りるので、ついでにバラクラに入った。
とりあえず4月はどんなかな、と思い一応見ておこうと。

この日も曇りがちの肌寒い気温。
季節外れの平日と言うこともあって案の定客は私だけだった。

先月とほとんど同じくあまり花はなく、まだ殆ど枯れ木ばかり。
やはりうちとそう変わらなくてちょっとホッとしたりして。
全体に見たところはこんな感じ。
f0153164_2052711.jpg

花と言えばヴィオラやパンジーくらい。
でもこのヴィオラボールは真ん丸くてよく出来ている。
f0153164_2063048.jpg

あのアーチにも。
f0153164_207097.jpg

しかし・・・バラクラにもタンポポはいる。(笑)
f0153164_2081383.jpg

ヴィオラ以外には早咲きの球根花くらい。
あちこちにヒヤシンスが。
f0153164_2093190.jpg

おなじみプシキニア・リバノティカ。
f0153164_20111134.jpg

園内のあちこちでよく見かけるこのジャーマンアイリスみたいな大型の植物は、フリチラリア。
インペリアルかなあ?ペルシカかな?
うちも絶対この秋は仕込もうっと。
f0153164_2013557.jpg

こんな感じで球根植物があちこちにたくさん植えてあるけど、まだ開花はしてない。
これが全部咲いたらかなり華やかだろう。
今咲いているのはスイセンくらい。
f0153164_20155370.jpg

シラー・シビリカがきれい。
シラー・シビリカの青は独特できれいな青。
チオノドクサともカンパヌラータともちょっと違う。
純粋の青に近いブルー。
f0153164_2021183.jpg

普通の黄水仙だけど、こういうシチュエーションだといい感じ。
f0153164_2022615.jpg

カサリン・ホジホジ(なんだそれ)も健在。
なんかこれもやっぱりギンリョウソウみたい・・・。
f0153164_2023355.jpg

妙にデカいスノーフレーク。
よくあるものと別種なのかしら?
f0153164_20235322.jpg

園内でこういうブルーと黄色の組み合わせをよく見かけた。
ここには大型の黄水仙と小型のテータ・テートが一緒に植えてあり、それもまたかわいい。
f0153164_20255814.jpg

あ、これは星飛雄馬がトレーニングに使ってるやつね。(笑)
ここのガーデナーの人たちもこれでトレーニングしてるのかしら?
f0153164_2058645.jpg

緑の芝生にクロッカスがきれい。
f0153164_20285283.jpg

スノーフレークの群生。
ここのは普通の大きさみたいなんだけど・・・
f0153164_20294555.jpg

で、歩いていて思わず「おおー!」と思ったのがここの林床。
先日、3月に見たときには・・・・
f0153164_20325389.jpg

こ~んな感じにきちゃなくて全然見栄えがしなかったのに・・・
今になると、すご~く素敵だったの!
こう。
f0153164_20343427.jpg

きちゃなかったニゲルがなんと色付いてきてとてもニュアンスのある素敵な色に変わっていたの。
で、ずーっと向うまでそのニゲルと黄水仙の群生が続いていて、ところどころに別色のヘレボが点在していたり・・・ですご~く素敵な光景が広がっていたのだ。
「わあ~・・」と感激して、思わずメモしてしまった。
これ、真似しようっと。
f0153164_20374339.jpg

次の冬には絶対ニゲルを買うのだ!・・・って群生するほどは無理だけど。

歩いていて、おっ?っと気が付いたのがこれ。
f0153164_2039362.jpg

鹿除けの毛髪。
以前BISES掲載のケイ山田氏のエッセイで、「庭園の薔薇が鹿の食害に会っているのを見つけた。人の毛髪を吊るしておくと良いと聞いたので、今度やってみよう」と書いてあったのだけど、本当に吊るしたのね。
丁度外との境界の敷地にワイアーを張って、こうして毛髪を吊るしてあった。
・・・・けど、こんなことしてもダメなんだよね~。
まあ、ダメと分ったら本格的な高い塀を作るでしょうけど。

そんなこんなで、まだまだ寂しい4月現在のバラクラであった。
こんな時期のバラクラなんか見たことある人なんて少ないのでは?
だって、わざわざここに来て入園料払ってまだ枯れ木の多い庭を見る人もあまりいないでしょうし。
フリーパス持ってるから入る気になるのだし。
はあ、これで少しはモトとれたかしら?
まだあと数回は頑張るわよ~。
Top▲ | by sukomama | 2011-04-20 20:46 | Comments(4)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin