<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
上田へ
今日は今年初めて上田へ行ってきた。
ちょっと用事があったのだが・・・
数ヶ月ぶりでyumiさんのご両親にもお会いしてきた。
前回うかがったときにはお母様は入院されていたのだが、ようやく退院されたのでご両親お二人にお会いできた。

ご両親とも高齢で足も悪いようで、お母様も退院されたのはいいが今だ体も不自由にされていて、私の親と同じ頃のお年なので、本当に心配だ。
お仏壇の前に通されると、今まで堪えてきたものが一気に溢れて、ご両親の前でビイビイ泣いてしまったのだが、本当はご両親の方がもっと辛いのだ。
帰るとき、お母様が「また来てくださいね」と仰ってくれて、社交辞令が通用しない私は、また伺いますと心に誓った。
亡くなった当初は、友人や知人が来てくれるのだが、それも一年たちニ年たち・・・何年もするとほとんど誰も来てくれなくなる。
それはご両親にとっても寂しいことなのではないか、と思って、お邪魔にならない程度にまた伺わせて貰おう、と思った。

yumiさんのご両親のお宅を後にして向かったのは・・・・
そう、おぎはら。
f0153164_213293.jpg

う~ん、やはりまだ早いのか、なんだか華やかさに欠ける。
開店休日のナーセリーみたい。
しかし、中は充実。
まだ時期が少し早いのか、まだまだ在庫が十分、たくさんの種類の苗が並んでいて盛況。
f0153164_21325100.jpg

f0153164_2132227.jpg

これはヒューケラなんだけど・・・。
f0153164_2131981.jpg

前の棚も、右も左の棚も・・・ぜ~んぶヒューケラやティアレラ、ヒューケレラ。
色とりどり、山のようなヒューケラが陳列されている。
もう、どれもこれも欲しくなってしまう。
・・・でも、「あ、これいいな」と思って手に取ると、自分の持っているものだったりするのだ。
そんなのがいくつもあって、結局新種?のものを少しだけ購入した。

本日の戦利品。
f0153164_2131120.jpg

今年は本当に少ないの。
今までだったらこの育苗ケースにギュウギュウに詰めて4ケースも5ケースも、買い込んでいたのだけど・・・
もうそんなおバカ買いはしない。
それに、種蒔きに味を占めてしまったら、もうお高い苗を1個、2個買うなんてとても出来なくなってくる。
・・・と言うわけで、今年はこれでおぎはら詣では終了~。
Top▲ | by sukomama | 2011-03-30 20:52 | Comments(9)
久々の外ランチ
朝7時の外気温、-19℃。
日中の最高気温、-2℃。
ざぶい・・・・・

今日は用事があってダーと二人、下界まで降りた。
昼食はいつものようにコンビニおにぎりで済まそうと思ったのだが、急に思いついて以前から行ってみたかったイタリアンの梅蔵に行ってみることにした。
ランチの時間だと結構お安く食べられるみたいなので、特に今日はなんだかムショーにパスタが食べたくて、どんなもんか一度行ってみるべ、とダーと行ってみた。

ここがその、イタリアン。
・・・・・一見イタリアンとは縁もゆかりもなさそうな佇まいではあるが・・・。
f0153164_20392235.jpg

入口もなんか味がある。
看板なども全然出ていないし。
エントランスの案内も勿論出ていないので、どこが入口か分らずぐるぐるしてしまった。
f0153164_20391735.jpg

中はこんな感じ。
本当の古民家を使っているので、梁とかとても立派。
なぜか入口の台の上にBISESが。
f0153164_20391122.jpg

この日はランチのピザとパスタを注文。
これがとっても美味しかった。
ランチは飲み物がついて770円と、この辺りにしてはリーズナブル。
しかもピザもパスタもとっても美味しいし。
かなり満足であった。

食後にはちょっと庭をウロウロ。
まだ初春なのでなにもないのだが、季節になればいろいろ見所がありそう。
f0153164_2039226.jpg

今はあちこちに金色に輝くフクジュソウが。
ここのはなぜか巨大なフクジュソウ。
f0153164_20385632.jpg

f0153164_20384736.jpg

よ~く見てみればスミレとかヘレボとかがよく咲いていて、これから春本番、といった感じだった。

しかし・・・・
家に帰ってみればあ・・・
こんなです。
f0153164_2038364.jpg

こんもりと雪。
ここは、ずっと真直ぐ道があるはずなのだが・・・大雪に埋もれて道が見えない。
毎日毎日雪ばっかりでもうやんなっちゃったのか、事務所の人も除雪していない。
じぇんじぇん通れない~・・・。

歩ける道も・・・
こんな感じに真っ白。
f0153164_20383082.jpg

はああ・・・やぱりここは別の国です・・・。
Top▲ | by sukomama | 2011-03-27 20:37 | Comments(0)
春には程遠い
このところの最低気温は-10℃から-15℃あたり。
天気も、昨日は雪、おとといも雪、その前も、その前も・・・ずっと毎日雪。
今日も朝から雪がザンザン降っている。
ザンザンという表現がピッタリなほどの降り方。
おかげで日中の気温もマイナス続きで、せっかく蒔いた宿根草の種が、寒すぎて全然発芽しない。
本当なら宿根草の種蒔きは4月に入ってからじゃないと難しいのだ。
3月だとまだ気温は寒いし雪ばかりで日照も確保できず、発芽や育苗が思うように行かない。
でも今年は事情があってどうしても今月中に蒔くことに。

先日買ってきたヴィオラが、室内においてあるのでどんどん蕾が上ってきた。
f0153164_19374281.jpg

緑や花の色が一番恋しいこの時期に希少な花なのだが、これは春に花壇のチューリップやプリムラなどと共演してもらいたいので、今からこんなにたくさん咲かせてしまうと肝心の時期には株が衰えてしまうので、この撮影後花と蕾を全て切った。
なんせ庭に植えられるようになるのはまだ2ヶ月も先のことだから。
はあ~・・・・先が長い・・・・
Top▲ | by sukomama | 2011-03-26 19:38 | Comments(6)
植え替え
今日はやっと天気が回復してきたので、コンサバトリー内で、植え替え作業をした。
2月に種を蒔いた一年草がそろそろ大きくなってきたのと、先日買ったミニの多肉とか観葉とか。

少し成長してきた、ネモフィラやポーチドエッグ、二年草のルナリア。
f0153164_18551392.jpg

こちらは丁度いい鉢がなくて買ってきてからずっとそのままだった多肉たち。
寄せ植えするのに小さくてお洒落な鉢が欲しくて探したのだが、どこにも全然ない。
ホームセンターとか普通の植木鉢しかないし、Jマートには小さな鉢があっても底穴のないものばかり。
よく、カップやガラスの入れ物に多肉をかわいく寄せ植えしていたりするけど、本来はあれは多肉にとっては過酷。
もともと過湿の嫌いな多肉、短期間ならいいがずっと底穴のない容器で育てることはかわいそう。
多肉と言えども水遣りは、乾いたら底穴から水が出るくらいたっぷり遣るのが原則だから。
というわけで探したのだが見つからなかったので、仕方なく家にあるものを使った。
f0153164_18551087.jpg

あと、ミニの観葉。
こちらも丁度いい鉢がなくて、家にあるものを使って植え込んだのだが・・・
な~んかヘン・・・。

なんかきちゃない~。
f0153164_19151488.jpg

金属製のポットなのでサビが出てきちゃって、汚い・・・・。
こういうのジャンクって言って好きな人もいるようだけど、私にはただのサビにしか見えず汚い・・・。

こちらも・・・・・
f0153164_1855270.jpg

鉢のサイズが大きすぎてなんか間抜けてヘン・・・・。

ここらへんは、ナーセリーには恵まれているけど、ちょっとしたお洒落なガーデニング雑貨とかを扱っている店が全然ないの。
不思議だけど・・・。
Top▲ | by sukomama | 2011-03-23 18:52 | Comments(2)
早春のバラクラ
今日は下界に所用があったので、ついでに先日送ってきたバラクラの無料券でダーと二人で入場してみた。
季節外れとはいえ、相変わらず「無料」には弱い、使わにゃソンというビンボー根性である。

これ、これ。
例のバケモノ・ランブラー、キフツゲート。
そばで改めてよく見たけど・・・やっぱよく茂ってます。
ここ、1000メートルでこれだけだから、うちでもここまでは行かなくてもやっぱりかなり伸びるかなあ・・・。
ますます怖くなってきた~。
f0153164_17311242.jpg

ガーデン入口には、ケイ山田氏はじめスタッフの人たちが両脇にズラッと並んで「いらっしゃいませ~」と仰々しく挨拶で出迎えており、なんだか怖かった。(笑)
この震災の影響で客足が鈍っているのか、どの店員もキャッチセールス並みの必死さである。
だったらもうちょっと先の、春咲き球根やスプエフェが見頃になる時期の招待にしてくれたらよかったのに。
この無料チケットの期限は今月一杯。
今の季節は本当、何にもない。
レースガーデンのランブリングレクターだったかな?も、こんな具合にまっ茶色。
f0153164_1731230.jpg

ハーブガーデン。
f0153164_17305110.jpg

でも、冬の庭を眺めるのも嫌いではない。
どこにどんな具合に植栽をしているのか、どのくらいのスペースにどんな風に植えているのか、庭の骨格が、植物が茂っている時期には見えないところがよく分る。
注意して見れば、参考になるところもいろいろある。
それでも早々と開花してきたスノードロップがあちらこちらに。
f0153164_17304288.jpg

最初、スノードロップは「メドウ」とかにまとめて植えてあるのかな、と思っていたのだが、ほとんど庭中に植えてあった。
花の時期には宿根草が生い茂るガーデンにも、シェードガーデンにも、ブルーガーデンにも・・・。
いたるところに植えてあった。
そうか、こうして空いているところにはどこにでも植えていいのか~。
宿根草もまだ芽を出していないから、日当りもよいしね。

チラホラとニゲルも咲いていた。
f0153164_17303257.jpg

でも・・・なんかきちゃない・・・。
シェードの方に行くとニゲルが群生しているところがあったが・・・・
やっぱりきちゃない・・・。
f0153164_17302397.jpg

葉っぱが雪と寒さで茶色く腐食していて、すごく見栄え悪いのよ。
葉が溶けてなくなっているものも多いし。
f0153164_17301075.jpg

なんか・・・ギンリョウソウみた~い・・・。
ギンリョウソウ↓(笑)
f0153164_1730576.jpg

緑溢れる中での白花はそれなりにきれいだけど、やはり今の時期、茶色の上に咲く白花はなんだか寒々しい。
しかも葉っぱなかったり腐っていたり、だし。
ニゲルって早くに咲くし、咲き進んだピンク色がかわいいな、と思って欲しいかな、と思っていたのだが、これを見て即却下した。
やっぱ早春にはフクジュソウかあ。
一面茶色の寒々しい土の上には、あの真っ黄っ黄のペカペカ太陽がやはり一番合っているのかもぉ・・・。

バラクラにもクマザサはいます。(笑)
f0153164_17292429.jpg

あの、大人の身長を軽々越えた巨大なグンネラも・・・
f0153164_17291316.jpg

今はまだムシロの下で冬眠中。
f0153164_1729582.jpg

池の中にスタイロフォームが見えるけど・・・・
バラクラの池にはどこにもこうして発砲スチロールやスタイロフォームが浮かせてある。
多分、魚のために池が完全凍結しないように、だと思う。

庭を出て、フードコートでケーキを買うことにした。
ここのレストランはちょー高くてマズくて八ヶ岳倶楽部といい勝負だけど、フードコートで売っているケーキはまあまあ。
比較的美味しいしお値段もまあ普通。
・・・ということで、ケーキを買って家でゆっくりお茶しました、とさ。
買ったのは、ドライフルーツのケーキとスノードロップのケーキ。
かわいい!
f0153164_17282464.jpg

Top▲ | by sukomama | 2011-03-20 18:05 | Comments(6)
ナゴミの娘たち
昨日は-18℃まで下がった気温が、今日から少しずつ上ってきた。
久しぶりに天気も良く暖かな一日。
コッコたちも嬉しそう。
ハウスの床のモミガラの中に寝転がって日向ぼっこ。
f0153164_19511186.jpg

娘達のこんな姿を見ていると、ほんと、和める。
でもまた明日か明後日頃から気温は下がってくるんだよね。
娘達、もうちょっとのガマン。
もう少ししたらやっと外で砂かけできるよ。
Top▲ | by sukomama | 2011-03-19 19:56 | Comments(2)
下界は平穏
昨日は-16℃まで最低気温が下がった。
今朝はなんと-18℃。
ここに来ていきなりの気温低下。
風呂場は凍るし洗濯機も凍った。
はあ~、もうカンベンしてよ~。

雪も結構積もった。
パーゴラの上に積もった雪がなんかかわいい。
f0153164_18274995.jpg

こっちのパーゴラにも。
f0153164_18272858.jpg


今日は一週間ぶりに買出しに下界へ。
先週の買出しで外出してから一週間、この一週間のうちにかつてないほどの大地震があり、原発事故があり・・・世の中は一変してしまった。
家に居て見るニュースは連日、被災者の痛ましい現状や原発の危機的状況、決死の放水作業など、モニターに釘付けになって落ち着いて他の事ができない日々だった。
ニュースでは日本全国どこも牛乳が品切れとか、トイレットペーパーが完売とか、米が入手困難とか・・・。
数日前もダーから電話で「ガソリンがどこでも買えないー」と悲痛な電話がかかってきたので、一体下界ではどんな恐ろしい現状が繰り広げられているのか・・・
と恐る恐る下山してみたのだ。
ところが・・・・・
この日はとってもいい天気で、ホカホカ春の気温。
空は晴れ渡り小鳥はさえずり・・・
町なかではじいちゃんやばあちゃんが野菜の作付けの話しながらのんびり散歩していて、高校生のカップルが手をつなぎながら楽しそうに笑って過ぎていく・・・
ガソリンも普通に買えるようだし、コンビにも普通に食べ物が売っている。
オギノでは恒例のセールで激安食品が山積みになりオバチャンたちが買い漁っている・・・。
こ・・これは・・・・毎日NHKのニュースで流されていた映像とあまりにかけ離れた世界・・・。
なっ、なんなんだ、この緊迫感のなさは?
家の中で連日手に汗握り、原発事故の処理を祈りながら食い入るように見つめていた私は・・・なんだったの?・・・というか。
あれは・・・別の国のこと?あるいは・・・夢?だった?
という感じの穏やか~な田舎の昼下がり・・・であった。

なんだか今朝までの緊張感が夢のようで・・・思わずオギノでいろいろ買ってしまった。
あと、こんなのも。
f0153164_1827151.jpg

70円で安売りしていたヴィオラ。
色がかわいかったので。
それにしても・・・・異常なくらい平和な下界であった。
あ、でもトイレットペーパーが買えなかったよ!
なんでこんなところで買占めするわけ?
なに考えてるんだあ?
Top▲ | by sukomama | 2011-03-18 19:47 | Comments(0)
種蒔き 第四弾
今日もまた種蒔き。
今日は、もう少し後に蒔く予定の一年草以外、残っているものを全部蒔いてしまう。
それでもさほど多くはならない。

<今日蒔いたもの>
・アメリカフヨウ
・タナセツム・ジャックポット
・リクニス・フロスジョビス ナナ
・チロリアンデージー ロベラ
・ホリホック レッド&ピンク
・セファラリア・ギガンティア
・エキナセア ミックス
・エキナセア パウワウ・ワイルドベリー
・ゲウム サンライズ
・ゲウム ダブルブレイジング
・ガイラルディア アリゾナレッド・シェード
・イベリス スノーフレーク
・コレオプシス ライジング・サン
・コレオプシス マホガニー・ミジェット
・キキョウ アトラス・ラベンダー セミダブル
・キキョウ アトラス・ピンク

とりあえず手持ちの種は、あとで蒔く一年草の数種を除いて全て終了。
・・・・・もう終わりー・・・?
つまんなーい・・・・・
もうこれで終わりなの?もっと蒔きたいー・・・・
しかし、あとでの植え付け地獄をちゃんと考慮して、ガマンしましょう~。

今年蒔いてみて、去年の種(つまり2009年産の種)でも十分に発芽することが分った。
今まで「種は新鮮なうちに蒔かないとだめになる」と思い込んで、ムリヤリ袋の中のもの全て蒔いてあとで大変な目にあっていたけど、何も無理に全部蒔く必要はなかったのだ。
勿論、昨年蒔いたもので今年は出ないものもあるけど、それは極僅か。
保管さえきちんとしていれば、種は数年は生き続けてくれるようだ。
よかった。
f0153164_1510498.jpg

先週、先々週蒔いたものは殆どが元気に発芽してスクスク育ってきている。
f0153164_15104427.jpg

先月蒔いた一年草はもう仮植えしなくちゃ。
Top▲ | by sukomama | 2011-03-15 14:50 | Comments(4)
二年草を見直そう
明日はまたしても種蒔きの日。
今日は準備で一日かかってプラグトレーを消毒したり、種を浸水したり。

一昨年から本格的に種蒔きを始めて、いろいろ分ってきたことがある。
その中で特筆すべきことは、二年草の扱い。
今までは二年草って殆ど無視していた。
植えても(蒔いても)意味がない、というか。
一年草は一年で終っちゃうけど、蒔いたその年に咲いてくれるし(実はこれが咲かないのだ)多年草は何年も楽しむ事が出来る。
でも二年草って・・・蒔いた年には咲かず、次の年まで待たなくてはならない。
しかも、一年待ってようやく花が見られたと思ったら、もう寿命は終わり・・・・(実はこれがまだ終わりではなくもうちょっとある)
全然無駄じゃない、って思っていた。
けど、実際に育ててみるとこれが結構いいこと尽くめだったりするんだなあ。

まず、発芽率が抜群。
自分で種を採って蒔いてもいいが、万一採り忘れても種をつけさせてコボレ種させれば、大抵新しい苗が発芽してくれる。
ただし発芽は2年後だけど・・・。
一年草はまず種が出来ない、とういかそれ以前に花が咲かない。
万一咲いて種ができても、全然熟していないので、種を採って蒔いても発芽率は0%、絶対に発芽しない。
その点、一年待って株が充実してから咲く二年草は、種も成熟したものが実り、次の年もその次の年に蒔いてもすごくたくさん発芽してくれる。

そして、必ず花が咲く。
それも花付きがよく見事な花が咲く。
一年草だと、ほとんど花が咲かないで終ったり、咲いたとしても貧弱な花が1個か2個ショボショボ・・・だったり。
しかもやっと花が咲く頃にはすでに季節は冬、咲いたショボイ花の上に雪が降る。
その点二年草は、勿論1年待たなければならないが、1年待った甲斐があり充実した株に見栄えのする花がたくさん咲く。
毎年花が見たければ、毎年蒔けばちゃんと一昨年蒔いた株から咲いてくれる。
もし面倒だったらコボレさせてもしいし。

しかも花期が長い。
宿根草は1週間くらいで花が終わってしまうが、二年草はある種の一年草と同じく春から秋までずーっと咲いていてくれる。
勿論梅雨でもへたれず元気。
梅雨の間小休止することもあるが、そのあと雪が降るまでずっと頑張って咲いてくれる。
手軽に一年草代わりに寄せ植えなどにも使える。

つまり二年草って宿根草の良いところと、一年草の良いところを併せ持っているのだな。
一年草が咲かない我が庭、一年待つ時間はあるものの、これはなかなか重宝するのではないか。
と、今後はちょっと二年草を見直して用いてみようと思う。
あ、勿論「耐寒性」の二年草ね。

ちなみに今うちにある二年草はというと・・・
勿論ジギタリス。
f0153164_18572844.jpg

これはホント、いい。
花が可愛い、どんな植物とも相性バッチリ、しかし何より素晴しいのはその根性。(笑)
なんせ一昨年、昨年のあの豪梅雨にもへこたれず、折れもしなければ倒れもしないで豪雨の中ずっとスックと林立し続けてくれたのだ。
倒伏大魔王ルーピンとはえらい違いだ。
種が交雑しやすいのはナンだが、咲いた花の色を見ながら抜いている。

こちらは新規参入のルナリア。
f0153164_18572150.jpg

こちらがいいのはまず、開花が早い時期。
早春のまだ花の少ない時期からモリモリ咲いてくれ、しかも秋までずーっと長期間華やかに彩ってくれる。
で、勿論あの愛らしいキラキラ・ペンペン種でドライフラワーとしても大活躍。
普通リナリアは紫花が多いけど、この白花がお気に入り。
そこらじゅうにワーッと群生しても鬱陶しくなくて他の草花を引き立ててくれる。

あと、他にも何があるかな・・・。
さあて・・・他にもどんな耐寒性二年草があるか、ちょっと調べてみようっと。
Top▲ | by sukomama | 2011-03-14 19:07 | Comments(2)
まだ雪深し
ここ数日は朝の気温が大分高くなってきた。
プラス気温もたびたびある。
ただ、まだ積雪がかなり残っている。
日中の気温が高いので、日に日に嵩は減ってきているけど、まだ1メートル以上はある。

今日は天気が良いので、またスコとダーと3人で、ちょっと遠距離の散歩。
うちのまわりはこんな状態。
f0153164_1753489.jpg

まあ、まだ3月だし。
例年、3月、4月になっても何度も雪は降る。
春はまだまだ遠い・・・かな。
Top▲ | by sukomama | 2011-03-13 17:50 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin