<   2011年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
雪よりも白く・・・
朝7時の外気温、-18℃。
日中の最高気温、-8℃。

朝、雨戸を開けた途端思わず声を上げて叫びそうになった。
そのまま寝巻きのまま、カメラを摑んで外に飛び出した。
なぜって・・・・外の世界があまりにも美しかったから。
f0153164_2355293.jpg

昨夜から極寒の低温と降雪が続き、朝にはあらゆる木々が樹氷の衣をまとい、この世と思われぬくらいの美しさ!
年に数回はこんな朝を迎える。
こんなとき、冬の厳しさも苦労も何もかもいっぺんで吹き飛んでしまう。
しかも・・・それが私の庭なのだ!
f0153164_23545363.jpg

もう、思わず誰彼にともなく叫びたくなってしまう・・・
「見て、見て、見て!なんてきれいなんでしょう!
これが私の庭なの!私の庭の冬なの!」
自分の庭の冬の光景がこんなにも美しいことがとても嬉しい。
いつも思うけど、どんなに一生懸命土木作業に汗流しても、どんなにたくさん種を蒔いて苗を植えつけても・・・自然が作り上げた造形美には到底かなわない。
ああしかし・・・無粋な薔薇の冬囲いさえなければもっとよかったのにね。
f0153164_23544666.jpg

こうした景色が見られるということがとても有難いと思う。
こうした瞬間が自分の人生の中に一瞬でも存在するということに、感謝。
それを見ることができる、目がある、目が見える、ということに感謝。
庭に立つことが出来る、歩ける、足があることに感謝。
それを見て自分の心が「美しい」と感じることが出来ることに、感謝。
ダーが一生懸命働いてくれるおかげでこうした生活を送らせてもらえることに、感謝。
そのダーを雇ってくれて、毎月お給料をいただける会社に感謝・・・
こんな日は、全てのことに感謝が溢れてくる。
神々しいまでに清らかな光景に出会ったこんな一瞬だけは、樹氷よりも雪よりも真っ白な心にさせてくれる・・・・・一瞬なんだけどね。(笑)

で・・・ティータームには、昨日作ったレモンパイを頬張りながらしばし戸外の景色を堪能するのであった。(←俗世に戻る)
f0153164_23543884.jpg

f0153164_23543216.jpg

Top▲ | by sukomama | 2011-01-31 23:21 | Comments(11)
山のねずみ
昨夜は、ずーっと見たかった映画のDVDを借りることが出来てやっと観ることが出来た。
「西の魔女が死んだ」
あ~・・・・すごくいい映画だった。
こんなにしみじみ感動したのは久しぶり、本当にいい映画だったなあ・・・。
お隣、北杜市のロケーションも勿論、話の内容も全然押し付けがましくなく淡々としていてすごく胸に染み入る・・・というか。
私もこんなおばあちゃんのような生き方がしたい。

この映画を見た人の多くは、その緑溢れる自然の中の景色にうっとりするだろうけど・・・やはりこれって都会に住む人から見たら、魔女修行をするにふさわしい現実からかけ離れた理想郷なんだろうな。
「素敵ね~」と憧れはするけど、実際に毎日住む場所ではない・・・と。
でも・・・その理想郷に私は住んでいるの。
ここに出てくる緑滴る八ヶ岳の自然の佇まい、それは事実私の住んでいる世界だ。
フィクションでも理想郷でもなく、ここは私たちにとっての「日常」なのだ。

この別荘地のオーナーさんたちに何度も同じことをよく聞かれる。
今まで何度もいろいろな人から同じことを聞かれてきた。
というのは・・・「よくこういうところに住んでますねえ」
(大きなお世話 笑)
少し前にも、近所の別荘のご主人から聞かれた。
「うちの家内が一度聞いてみてくれって言うんだけど・・・こういうところに住んでいて平気なんですか?
数日ならいいけど、ずっと住んでいて・・・寂しくないですか?退屈しないんですか?」って。
私「はあ~・・・?」
「いえね、うちの家内とここに来ても、家内はすぐに東京に帰りたがるんですよ。だから奥さん(私のこと)がずっとここに住んでいられるのが信じられない、よくずっと住んでいられるって・・・」
「だから一度聞いてみてくれって」
(はああー・・・?)
私からしたらその人たちが信じられない。
つか、理解できない。

でも同じことを別の人たちからも何度も聞かされた。
別荘オーナーの、特に揃いもそろって奥さん方は皆「ここに来てもすぐに帰りたくなる」んだって。
実際に、ご主人だけが来荘されて、奥様は「ウチのは来るのは嫌だって言うんですよ」っていう人がとても多い。
また、私たちがここに越してくる前はうちの母が冬以外ずっとここに住んでいたのだが、母もやはり何度も同じことを聞かれたらしい。
「よく毎日ここに住んでいられますね」
「寂しくないんですか?」
「退屈しないんですか?」

そう聞いて来る人たちに答えて「東京なんてあんなクソ忌々しいところになんか誰が住んでられっか!」・・・とは言わないけど、こうは言う「東京が嫌で嫌でたまらなくてやっとここに越してこられたんですよ」って。
「毎日が素敵で楽しくて仕方がないんです」って。
こうした別荘オーナーの奥様方はきっと、毎日着飾って出歩いたりショッピングに出かけたり美味しいものを食べ歩いたり・・・そうしたことが大好きで楽しくてたまらないのだろう。
確かにたまにそうした楽しい時間を持つことは楽しいけど、それは「たまに」であって日々がそれだけで終ってしまうのは、そうしたことだけにしか喜びや生活の張りを見出せなくなってしまった人たちって・・・なんだか哀れに思えてくる。
私には西の魔女のおばあちゃんみたいに、毎日の何でもないちょっとしたことに感動したり生きる勇気を貰ったり・・・そんな暮しの方が合っているんです。
毎日スコットの散歩で歩くのは・・・「まいのサンクチュアリ」みたいな素敵な場所。
f0153164_22205744.jpg

f0153164_22194457.jpg

こんな素敵な景色が日々の暮らしの中にある、そんなここの生活が何より好きだし、幸せなことだし、多分とても贅沢なことなんだろう。
f0153164_22193440.jpg

「都会のねずみと田舎のねずみ」って寓話があったけど・・・私は間違いなく「山のねずみ」だ。
Top▲ | by sukomama | 2011-01-30 22:33 | Comments(14)
深夜の大運動会
今朝おきて雨戸を開けてみると・・・
庭の雪の上がすごいことになっている。
庭中縦横無尽に足跡だらけ!
f0153164_2141499.jpg

おお~!?
一体なにがあったというんだー!?
f0153164_21405830.jpg

いつもチョコチョコ足跡が1、2本続いていることはあったけど、こ、これは・・・!
アナキン一匹だけではないみたい。
キツネもいるのか?
なんだか知らないけど昨夜は私たちがぐっすり休んでいる間に、大運動会でも催されていたらしい・・・。
Top▲ | by sukomama | 2011-01-29 21:38 | Comments(0)
押入れとの格闘、続く
今日も押入れの中に入り込み、格闘が続く。
今日は昨日の隣の押入れ。
寝室にはやたら押入れがあるのだ。

昨日ダー用の押入れ整理していたらマットレスがたくさん出てきた。
信じられないくらいダッサーイ!ダサすぎー!なキョーレツ極彩色花柄の安っぽいマットレス、即捨て!と思ったのだが、まてよ・・・これは断熱材として使えるかも・・・。
というわけで押入れの壁に断熱の為(というか断冷)貼り付けることにした。

しかしこれが簡単には壁に張り付かず、すぐベロンチョになってしまって・・・
f0153164_2322951.jpg

結局一日粘着テープやカムテープ、カビ(押し入れ内の)と格闘し続け一日が終ってしまったのであった・・・・空しい・・・。

疲れたので甘いもの補給・・・・
とか言いながらまたまた作ってしまった。
ハワイ風ココナッツケーキ。
f0153164_232258.jpg

ここでもO-chanさんブルーベリーが大活躍。
お茶はストロベリーティー。
昔はお高いフォーションのアップルティーとか有難がってよく飲んだものだが、このハーバルノートのものも劣らず美味しい。
値段もお手頃で、これがうちに分相応かな。

一応目指しているのはここ・・・このショップで提案するようなコンセプトのお部屋。
しかし今の段階ではまだまだ程遠い。
この極彩色マットレスとかね。(笑)
まだまだ道のりは長いのだ・・・・
Top▲ | by sukomama | 2011-01-27 23:14 | Comments(2)
イザ、寝室!
カフェルームの改装が一段楽したので(正確には壁紙の剥れ修正結果待ち)、いよいよ次は隣の寝室へと触手を伸ばすことになる。(笑)
「カフェルーム」とか寝室とか・・・一体なんなん?
・・・と思っていらっしゃる、この拙ブログの貴重な数少ない読者の中の方もおられると思うが・・・メンドーなので説明はしない。(笑)
去年の続きね。
これは家屋大改造計画ビフォー・アフターなのよ。

で、次は寝室へとなるわけだが・・・
これがまたコテコテの和室。
f0153164_22122749.jpg

この純和風の寝室を、おされチックな小粋でシックなフレンチカジュアルの、(笑)アーバンな夫婦の寝室へと改造しようというわけよ。
ふう~・・・・

まず今日は押入れ。
ここをいずれダーのユーティリティースペースにしたいので、まず中を整理。
というか、なんでも突っ込んでみた。(笑)
f0153164_2212233.jpg

ちなみに・・・ダーはワイシャツもズボンも自分でアイロンをかける。
自分で自分の服にアイロンをかけるのはイギリスでは当たり前のこと。
つか、自分のことは自分でやるのが当たり前。
日本で、妻が夫の服をアイロン掛けするのをイギリス人から見ると、妻が召使いか、夫が赤ん坊のようだ、と言う。
ま、それはともかく・・・整理整頓。
この下段の衣装ケースは昔妹に貰ったものなのだが(買う金がなくて)、安っぽいプラスティックで通気性悪くてすぐにカビが生えるので(うちはカビ天国)いずれ木製できちんとしたものを作る予定。

でもって上段にアイロン台を置いたのだが・・・結局狭すぎてここでのアイロンがけは無理と言うことが判明した。
しからばダーのユーティリティールームはいずこへ・・・?(続く)
Top▲ | by sukomama | 2011-01-26 22:11 | Comments(0)
カフェルームの仕上げ
今日は例の「にこカフェルーム」の仕上げ。
昨年、死ぬ思いで貼り付けた壁紙が、その後張り合わせた部分から剥れて来てしまったので・・・・
こんな感じに。
f0153164_2295213.jpg

これを修正。
試しに幾部分か修正してみて、これが剥れてこなければ全ての剥れた箇所を修正する。
これが終れば一応カフェルームは完成。
Top▲ | by sukomama | 2011-01-25 22:08 | Comments(0)
ジミな日々
このところジミ~な日々が続いている。
天気もイマイチなので室内DIYもできないし。(晴れじゃないと細かいところがよく見えないので)
毎日の楽しみと言ったら、こんなことぐらい。
f0153164_14591470.jpg

玄関ひさしにいつの間にかできたつらら。
これが日に日に長く伸びていく様を観察している。
どこまで伸びるかな~・・・・
あー!ジミすぎる!
なんて刺激のない毎日なんでしょう?(笑)

一方庭はというと・・・
もうスノーブーツでも埋まってしまうので庭の中に踏み込めない。
私は入れなくても、相変わらず誰かが徘徊しているけど・・・
f0153164_14591167.jpg

ここはラズベリー養殖場。
なんと、大寒さなかというのに地面が見えている。
信じられない・・・今の季節だったらここは1m以上は雪が積もって歩くことすらできないのに・・・
やっぱ今年の少雪は異常かも~。
f0153164_1459787.jpg

ロサ・ピンピネリフォリア。
丈夫だと思って防寒服は着せていないけど・・・
大丈夫かなあ?
f0153164_145927.jpg

その隣のプチプチぐるぐる巻きはロサ・フェティダ・ビコロール。
原種だから寒さに強いと思って買ってみたんだけど・・・原種は原種でもなんと中近東原産だったのよ~、くくぅ・・・とんでもなく手が掛かるものを買っちゃった・・・
しかも砂漠原産だから湿気嫌いなの・・・・ジメジメ過湿天国のうちの庭なのに~・・・
他にも丈夫だと思ってガリガやアルバに防寒服着せなかった。
大丈夫かなあ・・・・
葉が出てくるまでまだあと5ヶ月もあるし・・・。

午後のお茶にはレモン・ケーキを作ってみた。
f0153164_14585321.jpg

こんなもんばっか作ってる。
ダーは喜んでるけど。
連日の色のない世界に理性を見失ってとんでもない買い物しちゃうし(苗とかね)、毎日お菓子ばっか作っちゃうし、全然肉体労働しないから体重計に乗ると出てきた数字に気絶しそうになるし・・・
寒冷地ガーデナーにとって冬は忌まわしい季節だわ・・・
Top▲ | by sukomama | 2011-01-23 14:58 | Comments(16)
ヤネノコシカケ
朝7時の外気温、-13℃。
日中の最高気温、-5℃。
やっぱり暖かい・・・・
大寒なのに・・・
まあ、雨よりはマシだけどね。
去年は大寒に大雨が降って大変だった・・・・次の日一気に-16℃位まで冷え込んで・・・・何もかもがカンカン凍り付いて・・・。

キッチンに立ちながらふと上方に目をやると・・・
えっ!?
ジメジメ、キノコ天国の我が家、我が庭。
とうとう屋根にまでキノコが生えてきたか・・・(んなわけない)
ヤネノコシカケ。
f0153164_2133126.jpg

あれ、薬効あるかなあ・・・
Top▲ | by sukomama | 2011-01-20 21:33 | Comments(8)
ケーキつくり
今日も懲りずにケーキを焼いてみた。
今度はリンゴとブルーベリーとクルミのケーキ。
これも美味しかったが・・・やっぱり前回のバナナがより美味しいかな。
2個のうち1個はうちで、もう1個はよそ様に差し上げる分。
ただでさえ全く外に出ないでブクブク太っていく冬なのに・・・こうやって毎日のようにお菓子作りに励んで・・・・
考えるのもオソロシイ季節です・・・。
f0153164_21281053.jpg

Top▲ | by sukomama | 2011-01-19 21:25 | Comments(2)
脳内ガーデニングは楽しいな
今朝の気温はマイナス十数度くらいだったのに、昼頃にはなんと-2℃に!
暖かい!暖かすぎる!
例のカフェルームで窓枠塗りの最終仕上げをしていたら、暑いの暑いの、Tシャツ一枚になって作業をした。
で、その窓ですが・・・
こちらのような感じだったのが・・・
f0153164_1936795.jpg

こんな感じにきれいになった。
f0153164_1936337.jpg

これでこの部屋の作業は殆ど終わりに近づいた。
あとは壁紙の修正だけ。

午後からスコットの散歩に。
モンティパイソン・ウォークもいくらか普通の歩き方になってきた。
しかし、まだ違和感があるらしくなかなか素直に歩いてくれない。
そりゃイヤだよなあ・・・
私だってできることなら靴なんか履かせたくないし。
履かせるのは面倒だし、歩いているとすぐに脱げるし、何より本犬が嫌がってなかなか歩かないし・・・
これからずっと冬の間は散歩には靴を履かせるのかと思うと憂鬱になってくる。

蓼科山。
f0153164_19355890.jpg

北横岳。
f0153164_19355114.jpg

毎日見ても、何度見ても、飽きない。
きれいだなあ・・・やはり山は冬が一番きれいだな。

帰ってきてから少し、今年の庭プランを練る。
昔の写真とか探し出して・・・
これは確か2006年頃かな?
6月の写真。
f0153164_19354313.jpg

丁度ズミとレンゲツツジが一緒に咲く頃。
f0153164_19353461.jpg

f0153164_1935231.jpg

こうして見ると・・・随分変わったなあ。
こうやって写真を見るだけだと、以前の感じもなかなかいいんでない?って思うかもしれないけど・・・・
確かに写真だといい雰囲気だけど・・・
しかしこの鬱蒼と木や草が茂っているところは真南。
こんなに鬱蒼としているので、庭がすごく日当りが悪くてキノコだらけだった。
日照がないので何を植えてもうまく育たず・・・
実際にはここらへんの木を全部切ってよかった。
これからまた新たに植えて日当りと日陰とを上手くバランスをとりながら管理していけばいいし。

でも、こうやってあれやこれやとプランを立てているときが、もしかしたら一番楽しいかも。
だって、雪が溶けていざ庭シーズンが始まったら、考えている暇ないもんね。
時間が限られているからひたすら体を動かすのみで。
せいぜい頭の中で素敵な夢を繰り広げましょう・・・・。
Top▲ | by sukomama | 2011-01-18 19:51 | Comments(8)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin