<   2010年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
哀しきレモンパイ
今朝8時の外気温、-5℃。
毎日毎日雪と雨ばかりでウンザリ・・・。

毎日こんな天気なので、待機苗や種蒔き苗たちを日光浴させることができず、皆徒長しまくってる。
待機苗はもう10日以上も玄関ホールに置いたままなので、ほんとにモヤシ状態。
種蒔き苗も、せっかく芽が出たのにまともに陽に当たらないので、これもスプラウト。
ちょっと見美味しそうだ。
太陽が出ればコンサバトリー内はかなり温度が上がるのだが、こんな天気なのでコンサバトリーの中も寒い。
今日も中の温度は0℃ちょっと上回るくらい。
それでもこれ以上はもうイカン、ということで待機苗や種蒔き苗をコンサバトリーの中に出した。
日が出ずかなり寒いが、真っ暗の玄関ホールなどよりはまだマシだろうと思って。
しかし・・・・

夕方出した苗たちを取り込もうと見てみると・・・・
ああ・・・ブルーデイジーが・・・
f0153164_1904120.jpg

ヘレボラスも・・・地上部がなくなった・・・
f0153164_1915884.jpg

プラムも・・・
シオシオのパー・・・
f0153164_1911769.jpg

アジサイも・・・煮しめ状態・・・
f0153164_1923989.jpg

種蒔き苗も、弱いものは皆お浸し状態の変わり果てた姿に・・・・
せっかくここまで芽出しできたのに・・・。

かといって日に当てなければヒョロヒョロのまっちろモヤシだし、外に出したら出したで寒さでお浸しになっちゃうし・・・
どちらを選択すべきか?
モヤシか、お浸しか・・・どっちが美味しい?
・・・なんて言ってるバーイじゃない、「生き残るだけマシ」ということでやっぱりモヤシ?

ところで今日はダーさまのバースデイなので、ケーキを作ることにした。
mumからはずっと欲しかったマクロレンズを、伯母さんからはキャッシュを、既にもらっていたので、もう私からは何かブツをあげる必要はない。
ということで一番喜びそうなスイーツを。

というわけでレモンパイを焼いた。
3時間もかかって疲れちゃった。
で、出来上がりは・・・・
こ~んな。
メレンゲてんこ盛り。
美味しそうでしょ?
f0153164_1911455.jpg

ところが・・・
このてんこ盛りのメレンゲが災いして・・・

オーブンで焼くとメレンゲの表面がすぐに焦げるので長時間は焼けないのだが、メレンゲの中がまだ生状態。
なので、時間とともにどんどん溶けてきて・・・
焼きあがったすぐでももうこんな感じに・・・。
下の黄色い部分はレモンカスタードクリームだったのだが、すでにレモンスープ状態・・・。
f0153164_19145539.jpg

結局この後、4時間後にダーが帰宅した時には・・・・
もうすでに原型を留めず・・・。
なんか分んないモノに変わり果てていた。(悲)
でも、そこはダーさま、「ありがとう、ありがとう」と喜んで食べてくれた・・・・
・・・・のはいいんだけど・・・・
ワンホール全部一気に食べるなよー!
数分で全~部平らげちゃったのよー、一人でー!
糖尿になるでー!
Top▲ | by sukomama | 2010-03-31 18:53 | Comments(6)
種蒔き 第五弾
今日もまた冷え込んだ。
日中はそれでも-10℃ほどあったが、夕方になると気温がグングン下がり-15℃ほどになった。
真冬じゃん・・・・。
今の時期、この気温は普通なのだが、先だっては異常なくらい高温が続いたので植物達が冬眠から覚めていなかったか心配。
今月初めに「今年は暖冬だったから、生き残ったものがたくさんあってよかった・・・」なんてお気楽に喜んでいたが、それもこのところの急激な冷え込みでダメになったかもしれない。
そう、植物がダメになるのは殆どがこの3月、4月の芽出しの時期の冷え込みでなのだ。

今日も引き続き種蒔きに勤しむ。
<今日蒔いたもの>
・セラスチウム・シルバーカーペット
・インカルヴィレア ローズ
・ホワイト・イヴニングプリムローズ
・インカルヴィレア ホワイト
・ポレモニウム
・アクィレギア ノラ・バロー
・キキョウ 紫雲
・白花ミヤマオダマキ
・シレネ・ブルガリス
・アクィレギア リトルランタン
・ジギタリス・ルテア
・カエロフィラム・ヒルスタム・ロゼウム
・シレネ パープルプリンス
・アクィレギア ウインキーダブル・アップルブロッサム
・シレネ レイズ・ゴールデンキャンピオン

この頃ではやっと種蒔きの「コツ」を摑んだのか、蒔けば大抵発芽するようになった。
こうなってくると、発芽の難しい一部の山野草や高山系を除いて、発芽しないのは種がだめなものだ。
熟していないとか、保管が悪かったとか・・・。
「世界の花の種」は今のところ全滅。
もうここで買うのはやめよう。
こうした「代理店」はあまり信用できない。
特にあの激高の「ブリシー」などひどいものだ。
買うんなら、自分のところで種を採取している種会社が信用置ける。
あと、サカタやタキイのような有名ブランド。
こちらは種蒔き初心者にも対応しているので(芽が)出ないと信用にかかわるので、さすがに発芽率はすこぶるよい。
でも何にもまして一番発芽率が素晴らしのが、自分で育てて種を採って送っていただいたもの。
特に長年育てている成熟した株から採っていただいた種の発芽率は素晴しい。
芽が出るのも早いし。
これは、どんな有名な種会社もかなわない。
やっぱりお友達同士で種交換するのが、コストも押さえられるし発芽もいいし、一番かもね。

昨年は、蒔くもの蒔くもの、みんな珍しくてあればあるだけ皆蒔いて、発芽したら発芽したで殆ど全部育苗する、というキチガイ沙汰を犯していた。
一種類、40株も60株も作ったものもたくさんあった。
おかげで夏中大変だった。
今年はちゃんと計画して、一種類につき大体20株くらい作るようにしている。
これだとスペースもとらずとても楽。
このうち半分は保険。
半分ダメになったとしても、残り10株。
10株あれば「必殺 ターシャの三ヶ所植え」で、3株ずつ3箇所に植えて生育を観察し、どこが一番植え場所適地なのかが分る。
昨年みたいにたくさん苗を作って、いろんな友人知人にお分けすることは難しくなるが、やはりこの方が自分に負担が少ない。
バカな失敗をたくさんして、だんだんと知恵を働かせることが出来るようになった。

でもやっぱり・・・先日蒔いたシャレー・ポピー。
ひとマスにこんなに出てきちゃった・・・。
これじゃあ、間引くのも一苦労・・・。
f0153164_18322089.jpg

Top▲ | by sukomama | 2010-03-29 22:00 | Comments(4)
自分に呆れる日
昨晩から今朝にかけてまた随分冷え込んだ。
-15℃。
まあ、今の時期例年なら珍しくない気温だが、今まで異常に暖かかったからなかなかこたえる。
こんな激しい寒暖の差を繰り返していては、植物だって参ってしまうだろう。
多分、こういう気温の繰り返しだと、植物の方もちょっとくらい暖かくなっても「油断はできぬ」となかなか冬眠から覚めないようになるのだろう。
まあ、そのほうが安全なんだけど。

今日は外出。
一日外に出ていたので、諏訪のラーメン屋で昼食を食べた。
こちらが、あの一風堂で修行した人が開いたというラーメン屋、「狼煙」。
結構美味しいと思う。
f0153164_18431443.jpg

家に帰り、改めて去年の今頃は何していたのかな~?
と昨年の写真を探していたら・・・・
これは昨年3月28日に撮ったもの。
f0153164_18444014.jpg

同じ時期に同じ場所で同じもの食べてる・・・。
しかも同じアングルで同じような写真撮ってる・・・。
なんかもう「進歩がない」を通り越して、まじでアタシってアホなんじゃない?って危機感を抱いてしまった・・・。
自分で自分が悲しくなった一日・・・。
Top▲ | by sukomama | 2010-03-27 18:36 | Comments(8)
今日も雪・・・
昨夜から今朝にかけて、かなり冷え込んだ。
久々に-10℃。
天気もこのところずーっとぐずぐず雨雪ばかり。
今日だって、天気予報では晴れマークが出ているけど・・・・外、雪、それも吹雪いてるんですけどぉ・・・。

しかもこんな寒いのになぜか「トマトとレモンの冷たいパスタ」なんて作っちゃったりして。
f0153164_21221833.jpg

う~・・・さぶかった。(笑)

なかなか良い天気が続かないので、発芽した苗たちも徒長しがちでヒョロヒョロしている。
それでも、蒔けば殆ど順調に発芽してくれるようになった。
ああ、今まで無駄にした種たち・・・ゴメンなさい・・・。
こ~んな風に。
f0153164_2118291.jpg

カンパニュラの種って粉みたいに小さいので、一マスにたくさん蒔いてしまうんだけど、発芽率もそこそこいいので、こーんな混雑状態で生えてくる。
これじゃ間引きも大変。
でも間引きはしっかりする。
やっぱりあとあとちゃんと生育してもらうために。

本当は今日は下界に買出しの日だったのに、今朝ダーが「明日、休みだから明日一緒に行こう」と言ってくれた。
昨夜のビチョビチョ雪が今朝の冷え込みで凍結して、道路がまたツルツル状態になっているからだ。
そんなわけで・・・今日は外に出ずに室内改装作業を再び再開。
今日やったのは・・・・
ペイント塗り塗り作業。
f0153164_21272798.jpg

これはコンサバトリーに置くローテーブル。
昔から家にあったものをりぬーある。
テーブルの上にはいろいろ置くので、油性のペイントを使ってみた。
水性だとどうしても被膜が弱くて、ちょっと擦ったりぶつかったりすると剥れちゃうんだよね。
考えてみたら、耐久性が必要なコンサバトリーも油性のペイントにすればよかったかなあ・・・。
ま、いいか。
剥れてきたら今の上から油性で塗りなおそう。

こっちは・・・・
逆さにしてるけど、ラタンの鉢置き台。
でもこれ・・・塗ってみて気がついたんだけど、すっごく塗りにくい。
面倒な形で。
こっちは水性ペイントを使ったけど、やはり水性の方が塗りやすいなあ。
f0153164_21314913.jpg

庭に出られなくてもこうしてやることは山積みなんだけど・・・。
「で、隣の部屋の片付けはどうなったんだ?」って声が背中に浴びせられそうだけど・・・・
あれはね、今、ちょっとした事情があって保留状態なの。(笑)
ちょっと・・・深い事情があってね・・。(笑)

カフェルームに置いた薔薇咲きインパチェンス。
これは去年の4月に玄関に飾ろうと思って苗を買ったもの。
玄関に置いていたけど、秋に室内に取り込むまで、結局夏の間中1個か2個くらいしか咲かなかった。
寒くて。
それもクチャクチャに潰れて花の形にならない、腐ったようなものが。

秋に室内に入れてからどんどん蕾が上ってきて、冬の間中ポツン、ポツンと咲き続けている。
しかも、こっちの部屋に置いてからは環境が合っているのか、本来の(そして一番私が見たかった)「薔薇咲き」の優雅な形で。
夏の外より、冬の室内の方が暖かいのね・・・。(笑)
f0153164_21393541.jpg

Top▲ | by sukomama | 2010-03-26 21:39 | Comments(2)
昔の日記
毎日毎日雨のような雪ばかり。
気温が高めなので、雪でもビチョビチョの湿った雪。
今日もザンザン降りの雪。
ザンザン降りって・・・雨みたいにザンザン降ってるの。
f0153164_15471189.jpg

写真ではよく分らないけど、カキ氷みたいな雪がザンザカ降ってるの。
外は暗いし湿気で具合は悪いし・・・で、こんな日はもう何もする気がしなくて、昔の画像などを整理していた。
そうしたら、以前書いていた日記を発見。
いつもは写真だったのだけど、時々絵日記を描いたりして楽しんでいた。
で、改めて見て自分で爆笑。
自分で描いていて笑えるわ~。
なので、懐かしさでちょこっと載っけてみたりして。

f0153164_15493536.gif

これは・・・
パパと足の長さが違いがありすぎて、散歩の時いつも私は「レレレのおじさん」状態なのだ。
でも考えたらスコットも足短いので、3人で散歩する時はスコと私、二人でレレレ状態なのだ。
パパが一歩歩く間に私とスコは3歩ほど足を動かさなければならないのでかなり忙しく、暑くなるのだ。(笑)

f0153164_155228.jpg

これは・・・
この頃、なんか忙しくて、いつも疲れていて睡眠不足で目の周りがアヴリル・ラヴィーンだったの。
今でも彼女が現役で頑張っていて頼もしいわ。

f0153164_15545928.jpg

これはねえ・・・私がハクサイ家にあったの忘れてまた買って来ちゃったところに、近所の方から畑のハクサイまたゴッソリいただいて・・・。
二人(と一匹)の生活でたった一個の丸ごとハクサイ消費するのも大変なのに・・・
ど、ど、どうしよう・・・と苦悩していた時期・・・。

f0153164_15572244.jpg

これを見ると・・・何年も前の日記なのに・・・今と変わらないことやってんな・・・って情けなかったりして・・・。

f0153164_15591879.jpg

これは・・・
オヤヂがケイタイ欲しいって言うもんで、「そんな金ない!」って突っぱねた頃のこと。
ちなみに今は自分用のケイタイ持っている。
勿論料金払う余裕などないので、会社に「そんな金ない!」って言ってケイタイ代はもらっている。(でも苗は買う・・・)

f0153164_1613730.jpg

これは・・・
スコットに眉があるのを発見して、新鮮な驚きを覚えた頃・・・。
そう、ほんとにうっすらとした平安マユなのだ!
でもってゴマフアザラシの赤ちゃんとおんなじマユなの・・・。

・・・・こうやって過去の日記を眺めてみると・・・・私っていつの時代もやっぱりおバカなことやってんのね。(笑)
でも、絵日記たのちいから、また描いちゃおうかなー・・・?っと。
Top▲ | by sukomama | 2010-03-25 16:10 | Comments(8)
種蒔き 第四弾
昨日はあんなに良い天気だったのに、今日は起きてみればやっぱり雪。
待機苗を毎日出したり入れたりするのにもうウンザリして外に出しっぱなしにしておいたら、この寒さでおひたしになってしまった。
でも、そこは種蒔き苗、おひたしになってもまだ生きている。(みたい)
やっぱり自分で種を蒔いたものは強いわあ。
というわけで今日も今日とて雪降る中、種蒔きに精出し。

<今日蒔いたもの>
・ジャーマンカモミール
・シャレーポピー
・オリエンタルポピー パティーズプラム
・銅葉マツモトセンノウ
・ヒルザキツキミソウ
・ホルデューム・ユパツム
・ホリホック ブラック
・リナム ブルー
・リナム ホワイト
・アリッサム・マウンテンゴールド
・カタナンケ ホワイト
・カタナンケ ブルー
・白花モウズイカ
・ヴァーバスカム・サザンチャーム
・ヴァーバスカム・ニゲラム

今日もさほど珍しいものはないけど・・・
でも始めの頃は一年草ばかりだったので、やっとこれから宿根草主体になってきた。
芽が出てきたのを確認した時、一年草だと「な~んだ」という感じなのだが、宿根草だととっても嬉しい。
あの喜びは宿根草ならではだ。

今まで知らなかったが、カリフォルニア・ポピーやシャレーポピー、アイスランドポピーなど、ずっと一年草だと思っていたが寒冷地では宿根するらしい。
ずっと一年草だとばかり思っていたので手を出さなかったが、今回は宿根草として蒔いてみた。
今年は花を咲かせないでなんとか越冬させてみよう。
そういえば先日チラッと地面が見えた時に確認してみたら、昨年蒔いたアリッサムも宿根していたようだ。
昨年花も咲かせてしまったのに・・・。
宿根するなら今年も蒔いてみよう。

さてさて、欲しかった宿根草を蒔く段階にやっとなってきて、これから本来の種蒔きの開始。
う~ん、無事に発芽するかどうか、悲喜こもごも・・・楽しいなあ・・・。
Top▲ | by sukomama | 2010-03-23 21:17 | Comments(8)
一瞬の春
昨日の暴風雨が一夜明けて今日は良い天気。
「暑さ寒さも彼岸まで」とは言うが、ここは彼岸過ぎてもさぶい。
晴れては地面が見え、次の日にはまた雪に覆われる。
ま、4月でも-20℃まで下がるのも普通なので寒いのが当たり前なんだけど。
というか、今年は暑すぎるんだけど・・・。
例年だったら今頃はまだ1mくらいは積雪が残っているはずだし。

そんなホカホカ陽気の中、とうとう一番乗りの花が開花した。
スノードロップ。
うちの庭で初めてこの花が咲いたのを見たときにはすごく感動したものだ。
それまでは雪の中から咲くフクジュソウが、4月になってやっとその年初めて見る花だったから。
それがもう・・・2年、3年たってくると有り難味が薄れてきちゃって・・・。
10個球根を植えたはずが今年の開花は僅か1個だけ。
この場所をしょっちゅう掘り起こして何か植えるからだ。
そういえば昨年何かの苗を植えつけるときに、ちっちゃな球根が出てきて「なんだ、これ?」と放り投げて捨てた記憶があるが・・・。
ひどい扱いのスノードロップだが・・・実は、あまり好きではないの。
私にはジミすぎて・・・。

それでも新しいマクロレンズを、バースデイのプレゼントでmumに買ってもらって大はしゃぎのダーは美しく撮ってくれた。
f0153164_20503939.jpg

f0153164_20505411.jpg

Top▲ | by sukomama | 2010-03-22 20:32 | Comments(4)
再び雪
今朝おきて外を見てみたら・・・やっぱり真っ白。
何度も見た土色が、また何度も白く塗り替えられている。
ここにいると「三寒四温」という言葉が、東京にいた頃などよりもしみじみ強く感じられる。
f0153164_20223359.jpg

でも、一瞬一面の白世界になろうとも、それほど重く感じられないのは・・・もうすぐそこまで春が来ているのがよく分っているから。
この雪も晴れたら数時間で溶けるだろう・・・。
Top▲ | by sukomama | 2010-03-19 20:19 | Comments(6)
ナーセリー巡り開始
今日は、昨秋ご近所?に越してこられたショパンさんを誘って、今年最初のナーセリー巡りに出かけた。
例年ならどこのナーセリーも本格的に販売し始めるのは4月に入ってからなのに、今年は暖冬で植物の生育状況もいいのか、あちこちが今月3月くらいから苗を販売し始めた。
うちの庭ではまだ雪が溶けていないけど、あまり遅くなっても欲しい苗が完売してしまっては困るので、本日行ってみることにした。
おぎはらなんか全国的に人気のナーセリーなので、ちょっと目をつけたものはウェブショップの方ではすぐに売切れてしまう。
というわけで、とりあえず今日の一軒目はおぎはらへ。

例のごとく、到着した途端に目を血走らせてハウスに突進してしまうので(笑)すっかり周りの景色など写真を撮るのを忘れてしまった。
一応ハウスの中。
f0153164_200495.jpg

ヒューケラもいろんな種類が出揃っていて、もうすでにたくさん持っているのにまた欲しくなってしまう。
きれいでしょう~?
f0153164_19594710.jpg

でも、ちょっとはオトナになったワタシ。
あらかじめメモしておいた「欲しい苗リスト」を取り出し店の人に頼んで揃えてもらった。
リスト、たくさんあるので。(笑)
あれも、これも・・・と食指が動き回って困るのを無理に押し込め、後ろ髪引かれつつ次のグリーンマーケットさんへ。

グリーンマーケットさんも昨年は苗が出揃うのは連休辺り・・・ということだったので連休中にお邪魔したのだが、今年は気合いが入っているのか昨年秋頃から一心不乱に種蒔きされ続け、すでに多くの種類が出揃っていた。
なんせ600種も種を蒔くそうなので・・・大変な状態なのだ。
f0153164_209636.jpg

もうすでにたくさんの種類の苗が所狭しと並んでいて、欲しいものを探すのが一苦労。
欲しかった苗の幾つかはまだ育苗中との事で、あるものだけ頂いてきた。

帰りにはショパンさんのお宅に図々しくも上りこみ、お茶など頂いてしまった。
しかもお土産までいただいて。
ショパンさんが挿し木や種蒔きした苗など。
f0153164_20134020.jpg

リストにあげておいた欲しかった苗も一通り手に入り、一安心。
あとは今度は山梨・八ヶ岳方面のナーセリー周りなのだ。

本日の収穫。
f0153164_2016872.jpg

数年前と比べたらほんとに少なくなった。
でも出費はあまり変わらない・・・・おぎはらの苗が年々高くなってきたからだ。

浅科を出る頃から雪がちらつき始めていたが、家に着いた時にはすでにかなり積もっていた。
あぶない、あぶない、帰れなくなるところだったかも。
リストに書いたものだけでさっさと引き上げてきてよかった。
Top▲ | by sukomama | 2010-03-18 19:53 | Comments(2)
暖冬の影響
今朝は久しぶりに朝の気温が-10℃くらいだった。
昨晩はとても寒かった。
だんだん暖かくなる気温に慣れてくると急な気温の低下に弱い。
これは植物も同じなんだろうな。
雪が溶けたところに急激な低温・・・無事だといいんだけど・・・。

今日はやっとコンサバトリーにあったゴチャゴチャを片付けて、玄関ホールで待機していた待機苗たちを初めて日光浴させてあげた。
f0153164_1928627.jpg

f0153164_19282064.jpg

しかし・・・おかしいなあ・・・
もう苗は買っていないはずだから、待機苗は少ないはずなのに・・・
なんか、コンサバトリー内がいっぱい。
これは殆どが、昨年に種を蒔いた子苗が、8月までに大きくならなかったのでそのまま待機苗にしたもの。
5月を過ぎてから種を蒔いたものは、8月の定植リミットまでには大きくならないのだ。
寒いのでなかなか成長しないのだね。

ま、それはいいとしても・・・・
な、なんだかすご~く悲惨なんですけど・・・。
これはクランベ。
うう・・・モヤシ・・・。
f0153164_19312382.jpg

こっちなんかもっとひどい。
デルフィニウム。
モヤシ軍団。
f0153164_19315944.jpg

か、かわいそう・・・。

なんでこんな哀れな姿になってしまったかというと・・・
玄関ホールは室内とはいえ冬には-5℃くらいになる。
待機苗たちは完全に冬眠状態のはずなのだ。
ところがこの冬は異常な暖冬で、玄関ホールの温度は0℃を下回ることがなく、2~3℃、日によっては10℃くらいにまでなった。
なので、待機苗たちは完全冬眠せずにこんな風に芽が出てモヤシに育ってしまったのだ。
それだけではない、今年の冬ほど愕然としたことはない。
待機苗のポットの土が皆カビが生えてしまっているのだ。
仕方なく今日は殺菌剤を撒いた。

カビって実は低温だとすごく生えやすいのだ。
通常空気の温度が高いと水分をよりたくさん抱え込むので、モノのうえにある水分は皆空気の中に蓄えられる。
これがいわゆる「蒸発」。
だけど空気の温度が低いと空気は水分を抱え込まないので、水気がずーっとそこに残ったまま。
なので常にジメジメしていてカビには絶好の環境になる。
だからここ蓼科の梅雨時はものすごいカビ天国になるのだ。
気温が低くてそこらじゅうの水分が全然蒸発せずにいつまでもいつまでもジメジメ濡れているので。

玄関の待機苗も、例年通りマイナスの温度だったらさすがにカビは生えないのだが、中途半端な温度なのでポットの水分が乾かずにすぐにカビが生えてしまった。
それだけではない、今日日光浴をさせようと待機苗たちを外に出していると・・・
げっ!?
なななんと、芽が出てきた苗にびっしりアブラムシがー!!
やっと芽を出した数センチの苗に、どれもこれもアブラムシがびっしりとたかっていた。
もう・・・ショックー!

今まで玄関ホールにどれだけ大量の待機苗を置いておいても、こんなことはなかったのにー・・・。
コンサバトリーに、発芽した種蒔きトレイも一緒に出していたので、こっちに移動されてはたまらないので、種蒔きトレイは撤収。
アブラムシまみれの待機苗たちに、殺虫剤のスプレーと水溶液を掛けて回った。
暖地ならともかく、こんな寒冷地のそれもまだ3月に、これほどの病虫害に悩まされるとは思いもしなかった。
暖冬のおかげで無事に越冬できたものも多いかもしれないけど、今度はまた別のお悩み事が増えてしまった・・・。
これから温暖化で病虫害の少なかったうちの庭にも、その心配が出てきたかと思うと憂鬱・・・。

一方こちらはダメになった球根たち。
ヒアシンス。
f0153164_19512710.jpg

このままどんどん枯れていって、全然動きがなくなった。
お亡くなりになったのだと思う。
こちらの「野放しプレミアム」も。
f0153164_19522433.jpg

欲しかった花だけにガッカリ。
他にも日本水仙など、待機していた球根は全てダメになった。
これらも、暖冬によりカビが生えたり、早く芽が出てきてしまったところに急激な気温の低下に会って。
本当に待機苗の管理は大変。
少しずつ勉強しながら、うまい方法を考えていかないと。
Top▲ | by sukomama | 2010-03-17 19:57 | Comments(8)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin