<   2009年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
寛いでちょうだい
予報では昨夜から雨だったが、当然ここでは降雪になった。
朝起きてみたら、やはり積雪。
でも気温も暖かく積雪量も大したことはない。
f0153164_19455694.jpg

f0153164_19461473.jpg

雪が降るとモグ穴も見えなくなるのでチェックしようがなくなるが、それでも一応朝の見回り。
すると・・・あった、あった。
f0153164_19464953.jpg

f0153164_1947423.jpg

これはキツネの足跡。
よかったー、まだうちの庭に遊びに来てくれているんだ。

敷地の周囲を鹿除けネットで囲んでしまってから、庭に入れなくなりすっかり姿を現さなくなってしまったのだけど・・・。
ネットの下のほうがあちこち齧られて穴が開いているので、まだ時々は徘徊しているらしいとは思っていた。
こうして明らかに足跡を発見すると、ホッと安心。
ネットをガジガジしなくても入りやすいように、ネットの何箇所かをちょっと開けてあげた。
f0153164_19513838.jpg

どうぞ、いらっしゃいまし・・・という感じ。
できれば毎晩庭を散歩して、モグチューを一網打尽にして欲しい・・・。

日本の各地で、モグチューに農作物を荒らされるため地域で一斉に殺鼠剤を撒いていたらしい。
しかし、殺鼠剤を食べて死んだチューをキツネやテンが食べ、これらが大量に死んでしまった。
ネズミの天敵のキツネやテンがすっかり姿を消してしまったため残ったネズミが爆発的に増え、以前よりももっと事態はひどくなってしまったらしい。
やはり、ただ駆除すればいいという単純な問題ではないのだ。

午後から糠漬けを作った。
なぜに今頃?
ある日突然「糠漬けが食べたい・・・」と思っちゃったのね。
で、よく考えてみたら、昨年も今くらいから糠漬けを作り出したような記憶がある。
普通糠漬けって夏に作るものだけど、ここでは夏はすごく寒くてなかなか上手くいかない。
うちでは、夏より冬のほうが暖かいので、冬に作った方がいいのだ。
夏場は室内の温度が15℃ちょっと上回るくらい。
寒すぎて全然漬からないの。
でも冬はヒーターをつけているので室内が暖かい。
大体20℃近くはあるかな?
そんなわけで今から糠漬け。
f0153164_20104080.jpg

更に駄目押しで、より暖かいところに置いておく。
部屋の上方。
オーブンの上とか。(笑)
f0153164_20115447.jpg

しかし・・・冬より夏のほうが寒いとはなあ・・・。
ほんっと、夏は寒いのよ・・・。
Top▲ | by sukomama | 2009-11-30 20:12 | Comments(4)
勝手口フードも完成
最近は鹿の出現頭数が激増しているらしい。
ダーは昨晩帰宅途中に、あちこちの数箇所で30数頭くらい見たという。
秋には繁殖期に入り鹿たちもパートナー探しに忙しくて庭や農作物を荒らす暇がなくなるが、それもひと段落してまた食い荒らし始めたのかな?
うちの庭も、ネットの外側、道沿いガーデンに植えた草花がことごとく被害をこうむっている。
「クリンソウやプリムラは不味い?ので鹿は食べない」
とよく言われるがプリムラ・・・・・
食われた。
f0153164_19323441.jpg

プリムラ・ブルガリスの葉っぱがほとんどない。
葉っぱがあるままで越冬するのだが、こんな状態にされて大丈夫なのだろうか・・・。
f0153164_19345731.jpg

わざわざ、こっちが植えたものばかりを食べる。
クマザサとかタンポポ食えよー!
ほんと、頭に来る。

先日の玄関フードに続いて、今日はやっと勝手口のフードも設置完了した。
f0153164_193722100.jpg

この勝手口も、こうしてビニールシートを張っても、ドアに巨大な結露の氷の塊が張り付き、冬場は開け閉めが出来なくなる。
勝手口のドアは樹脂製なのだが、ドア枠がアルミなのでこのドア枠に結露が凍ってすごいことになるのだ。
本当にイライラ。
例え業者に相談しても、長野県は全然寒冷地じゃないので業者も本当の寒冷地の住宅の作り方を知らないのだ。
ああ、イライラ・・・・
Top▲ | by sukomama | 2009-11-28 19:26 | Comments(8)
玄関フードに取り掛かる
先日書いたモグレスの件だが、きっと多くの方が「そんなバカな」「何か勘違いしてるのでは?」「気のせいでしょ・・」と思っているに違いない(笑)と思い、本日はその証拠写真を撮ってみた。(笑)

今朝もモグ・チェックしてみると・・・ある、ある。
あっちにもこっちにも。
f0153164_1932060.jpg

こんな風に、毎日ボコボコ。
しかも!!
この下にはモグレスを埋めてあるのよー!
f0153164_194843.jpg

こうやって穴だらけにされているのは、モグレスを埋めた木ばかりなのよー!
モグレスを埋めなかったものは、全然痕跡なし。
表面からは見えないけど地下に掘ってあるのかな?と、指や棒で確認してもそれらしき陥没はナシ。
明らかにモグレスを埋めたものばかりが被害にあってる。
f0153164_197449.jpg

こんなのアリー!?
もう・・・なんでー!?
穴を埋めても埋めても、毎日こんな状態。
もう、疲れた・・・・・
f0153164_1983832.jpg

これで来年、モグ道やネズのせいで枯れてしまったら・・・もう薔薇と果樹は諦めよう・・・。
薔薇と果樹は子供の頃両親が庭で栽培していて、私にとって懐かしくて幸せだった頃の思い出深い記憶だったのだけど・・・悲しいなあ・・・。


冬囲いが終わってすっかり気が抜けてボ~・・・っとしていたが、忘れていた、忘れていた、玄関と勝手口にビニールシートを張らなければ。
というわけで今日は玄関フードを作ってみた。
北海道の家には玄関の手前に「玄関フード」とか「風除室」とか呼ばれるもう一つの玄関があるということを、最近になって知った。
これがなかなかコンサバトリーみたいでユースフル。
長野でも、北の方の豪雪地帯では同じような「雪落とし」と言うんだったかな?玄関の一歩手前の空間があってそこで雪を落したり、室内への冷気を一旦遮断する場所がある。
でもここ諏訪地方はもともと積雪は少ないし市街地では殆ど積もらないくらいだし、この家を建てた建築メーカーは「冬場の最低気温が-1℃」という東京とさして変わらない温暖な南信州・伊那の会社だし、でうちにはそんなスグレモノの設備がない。
だから自分で作るしかない。

大体だねえ、殆どの日本の家が玄関や風呂場が北にある。
これ、すごくイヤなの。
人が尋ねてくる玄関とか、体をきれいにして気持ちもリフレッシュする風呂場とかをなぜジメジメして寒い、北に造るの?
風水を知らなくったって、こんなデザイン、なんかイヤだ・・・と本能的に感じてしまう。
まあ、仕方ないね、「夏しか使わない避暑地の別荘」なんだから。
両親がこの家を建てた時には、冬に来るなんてとんでもない!そんなことは一生ありえない!と思って作ったんだろうから。
あ、でも他のお金持ちの方々の別荘はちゃんとした夏冬快適な立派~な注文建築のログハウスなのよ~。

そんなわけで、今日一日掛かって玄関にお手製フードをしつらえた。(笑)
f0153164_19273960.jpg

結構ね、この中、快適なの。
なんか「ねぐら」って感じ。(笑)
篭りたくなる。
f0153164_19282537.jpg

玄関だけで一日かかったので、勝手口の方はまた次回。
あ~あ・・・ここもいずれ、もうちょっと何とかマシにしたいなあ・・・。
ちなみに・・・これやっても相変わらず玄関ドアは結露して、拳大の氷が張り付く・・・。

家の中では・・・そんな現実のあーだ、こーだとは無縁に春を夢見てバコバが繚乱・・・。
f0153164_19324819.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-11-26 19:44 | Comments(4)
危険な季節がやって来た
今朝の気温は久しぶりに0℃を上回っていた。
しかも、日中の気温なんか14℃!
真夏より高い。
コンサバトリー内なんか、こ~んな。
f0153164_1852875.jpg

40℃!!
さすがにコッコたちもちょっと暑そう。

今日は時間もあったので久しぶりに峠を越えて(笑)山向うの区画までスコと散歩に行ってきた。
コンサバトリーの中はいくら暖かいとは言っても、やはり11月。
一歩日陰へ入ればこの通り。
すごいでしょ?
f0153164_1882551.jpg

降った雪が溶けたり凍ったりで路面、スケートリンク状態。
カンカンに凍結。
f0153164_189737.jpg

しかもよく見ると分るけどかなりの傾斜。
うちの回りはこういう斜面ばかりで、平らな道がないのだ。
それでこんなスケートリンク状態なのでほんとに危ない。
滑って転んだら、笑い事じゃなく骨を折りそう。
これからスコの散歩のたびに、こんな危険な道路を歩かなければならない。
本当に気をつけなくちゃ。
ちなみに四駆で軽のスコは、どんなすごい凍結路でもじぇんじぇん平気。

♪レモン~の花が咲いている~・・・
f0153164_18211062.jpg

少しずつ開花してきたレモンの花。
昼間はそれほど気が付かないのだが、夕方近くになると、だんだん素晴しい香りが満ちてくる。
たった2、3個の花でも部屋中が柑橘系の爽やかな良い香り。
う~ん、しゃーわせ・・・。
こんなに気持ちを和ませてくれるのなら、もう実がならなくったっていいや。
この素晴しい香りの贈り物だけで満足、満足。

先述したクチナシとかチューベローズとかの私の好きな香り物の植物達って、ほとんどが昼間より夕方から夜にかけて強く香りを漂わせるものが多い。
ということは、庭に植えたとしても夜に庭をウロウロしない限り香りを楽しむ機会がない、ということだよね。
これらの植物はうちでは室内飼育しかできないんだけど、室内飼育だったら夜間もそばで香りを楽しむことが出来る・・・・
これはなかなか良い発見をした・・・。
やっぱ鉢植えで香りを楽しもう。
Top▲ | by sukomama | 2009-11-25 18:03 | Comments(4)
モグレスは効かない!
・・・とういか、むしろモグラを引き寄せる!

冬囲いが終わっても、毎日朝、庭を回ってモグ・チェックするんだけど・・・
なんということか!大事な花木や果樹、それも根元にモグレスを埋めたものだけが穴だらけにされている!
以前「忌避剤じゃなくて誘引剤じゃないのー?」なんて言ってたけど、本当にそのとおりだった!
毎日、穴を開けられているものとそうでないものとをチェックしているけど、見事にモグレスを根元に埋めたものだけが穴だらけにされていて、入れなかったものは殆ど無事。
まさかそんなはずは・・・とか、何かの間違いか、偶然だろう・・・と思っていたけど、もう間違いなく
「モグレス」を使用したものだけが標的にされている!」

もう、信じられないー!!
なにこれー!?

せめて大事な花木と果樹だけは守りたいと、大事なものだけわざわざ忌避剤を使用したのに。
もう・・・こんなことならモグレスを使うんじゃなかった!
一番大事なものなのに、あんまりだー!

それも、木から離れたところに穴を開けているのでなく、モロ木の幹の元のところから下に向かって穴が開いているのだ。
これでは、ここから簡単にネズミが入って、木の接木部分や根を食べられてしまう。
木の皮なら、一部なら、食べられてもなんとか生きていけることもあるが、接木部分や根を食べられてしまったらもう完全に木が死んでしまう。
毎日チェックして穴を塞いではいるけど、それでも毎日穴が開けられている。
やはり、こんな山で薔薇や果樹を栽培するのは始めから無理なのだ・・・。

植物にとって、最大の脅威はこの「ネズミ」だ。
病虫害で木そのものが死んでしまうことは少ない。
病気は、早期発見すればなんとかなるし、虫だって気をつけていればそうそうひどいことにならない。
よく、薔薇にとって一番の大敵はテッポウムシ、と言われるけど、これだって深植えしたりネットやテープを巻いたり「キマモール」などの使用で防げる。
食害されるのが地上部だったらなんとか打つ手はある。
鹿の食害だって一度で枯れることはないし、防御の方法もある。
でも・・・地下からやって来て根を食べられてしまうネズミには、まったく打つ手が無いのだ。
これは植物にとって最も致命的な獣害だ。

しかしネズミの食害についてネットで調べても、モグラ被害以上に件数は少ない。
なぜなら、この獣害は日本のごく一部でしか発生しないからだ。
すなわち・・・
1.モグラが出没するほど山奥(モグラの穴を利用してネズミが深い部分の根も食べてしまう)
2.有機肥料や堆肥を使用し完全オーガニックの庭作り(有機質や堆肥を使いオーガニックだとミミズが大量に発生してモグラが押し寄せる)
3.積雪が多い(ネズミの食害と積雪は切っても切れない関係)
4.薔薇や果樹を育てている(ネズミが主に好むのは薔薇と果樹)
この4つの条件全てに当てはまる場所だけが、致命的なネズミの食害を受ける。
そして、うちはこの4つの全てに当てはまる。

だからネズミの深刻な食害に悩まされるのは、信越や東北の山奥で薔薇や果樹を作っている特殊な事例だけなのだ。
(北海道でもネズミの食害は多いが、ケースや防御方法がちょっと違う)
うちの庭でどうしても薔薇の栽培が不可能ということになったら、それは標高のためでもなく寒さのためでもなく、ネズミの為だ。
モグラには忌避剤は効かなくても、ネズミにはねずみ用の忌避剤が効くのであろうか・・・?
でも、そんなことをしていたら、果樹が薬漬けになってしまう・・・。
ちなみに他の動物もいるので、ここでは殺鼠剤とか餌を入れておびき寄せるネズミ捕りも使えない。
今はもう雪で覆われつつあるけど・・・・雪融けが怖い・・・。
春になるのが憂鬱・・・。
Top▲ | by sukomama | 2009-11-24 23:50 | Comments(6)
待機苗を室内へ
一大事業の庭の冬囲いも終わったことだし、ノルマに追い立てられることもなくなったので、もうゴロゴロゴロゴロ一日中寝ていたいところだが・・・まだまだやることがたくさんある。
今日はやっとコンサバトリーにビニールシートを張った。
そう・・・やっぱり今年もビニール・コンサバトリー。(悲)
予定では今年完成のはずだったんだけどなあ・・・。

こんな感じで今年も、ビニールの一部を透明なものにして視界をよくした。
これだけでコンサバトリー内の温度が上がってすごく暖かいのだ。
f0153164_9112115.jpg

結局今年できたところは・・・
屋根を支えるこの3本の柱を立てて・・・(まだペンキを塗っていない)
f0153164_9121097.jpg

pripriさんとgrigriに手伝ってもらって仕上げたこの格子枠・・・のみ。
f0153164_9131787.jpg

たったこれだけよ~、今年一年で。
去年は床から骨格の柱に、屋根まで一通り完成したのに、今年はこれだけしか進展が見られなかった。
それというのも、私がバカみたいに苗をたくさん買い込んで、バカみたいに山ほど種を蒔いて、結局雪融けから秋までずーっと植え付けで終わってしまったからだ。
こういうバカなことはもう今年で終わりにしたい・・・ものです。

あ、でも、この子達の素敵なハウスが完成したけどね。
f0153164_922247.jpg


すっかりビニールを張ってコンサバトリー内をきれいに掃除して・・・置いてあった待機苗を玄関ホールに移動した。
まだ暖かい日が続き、ちょっと早いかな?とは思ったものの、コンサバトリー内は晴れると日中すごく暑くなり、夜間にはマイナス気温に下がるという激しい温度差なので、やはり温度が一定の玄関ホールのほうが苗たちにとっていいだろう。
f0153164_9224735.jpg

玄関ホールの待機苗たち。
今年はとっても少ないでしょ?・・・・と思ったけど・・・なんか今までと変わらないような・・・。
でももうこのあと絶対増やさないのだ!
絶対!
絶対・・・・・(笑)
Top▲ | by sukomama | 2009-11-23 09:06 | Comments(0)
花だった・・
今朝8時の外気温、-2℃。
日中の最高気温、0℃。
少しずつ気温が下がってきた。

今朝、先日発見したレモンの「実」を、「少しは大きくなってきたかな~?」とよーく観察してみたら・・・
こ、こ、こんなになってた・・・。
f0153164_22402419.jpg

ひ、開いてる~!
花だ~!
これは・・・花だったー!

そして、他の枝も見てみると・・・・
開花している!
f0153164_22412781.jpg

こ、これ、実じゃなかったのね!
花だったのね!
知らない間に花が咲いて、実がなってきたと思っていたら・・・今、花が咲いたのだ!

そりゃそうだよなあ、いくら植えつけに忙しくしてるからと言ってこんなに大きくてしかも薫り高い花が開花したの、気が付かないはずないよねえ。
そばでクンクンしてみると、すご~くいい匂い。
今こうしてPCに向かっていても、とてもいい香りが漂っている。
たった1、2輪花開いただけなのに、部屋中よい香り~・・・。

これで決めた!
以前から欲しいなあ、と思っていたジンジャー・リリー。
届いたばかりのサカタのカタログに載っていたこともあり、どうしようかと迷っていたけど・・・やっぱり購入することに決めた!
思えば香り物大好きな私の好きな、よい香りの植物って寒冷地では育てられないものが多い。
ジャスミン、ヘリオトロープ、クチナシ、チューベローズ、プルメリア、ジンジャーリリー・・・
勿論寒冷地でも育つ良い香りのする植物はたくさんあるけど、これら熱帯植物特有の妖艶で濃厚な香りに弱いのよ、ワタシ。

今日は昨日タキイから届いたアスチルベを鉢に仮植えしたり、夏の間使ったスコップやバチヅルを洗ってしまったり、雪かきに邪魔になりそうな岩などをどかしたり、肥料や土などを片付けたり、した。
庭の閉店準備、着々と進みつつある。
Top▲ | by sukomama | 2009-11-22 22:58 | Comments(6)
あやしいパン屋
冬囲いも終わったことだし、少々時間の余裕も出来てきたので、今日は先日ベスちゃんのパパとママに教えてもらったアヤシイパン屋へ買いにでかけることにした。
うちから車で10分もかからない近くなので、気軽に行ける。

なぜにアヤシイかというと・・・
こんな感じだから。
f0153164_20264439.jpg

看板も何もなく、駐車場の入り口に「パン」とだけ書かれた紙が張り出してあるだけで、車で通りかかったら絶対見過ごしてしまうと思う。
しかもこのあたりは殆ど山の中、向かいは川が流れて滝なんかある風光明媚な田園地帯。
勿論商店街でも町なかでもない。

で、「店内」はこんな感じ。
やはりアヤシイ。
f0153164_2029532.jpg

なぜこんなに安いかというと、規格外のものだからだそうだ。
ちょっと形が悪かったり、中味がはみ出ちゃっていたり・・・。
でも、その程度で「規格外」にされるなんて・・・こんな贅沢は日本だけだよね。

欲しかった食パンは既に完売だったので、デニッシュパンをいくつか購入。
しかし、こんなロケーションにもかかわらず、意外にも次から次とお客さんが入ってくる。
やはり今のご時世、どこからか情報を仕入れたのか、こんなに激安でパンを買えるのはありがたいとばかりに結構繁盛している。
なんか、こんな場所にこんな店が?・・・でやっていけるのか人事ながら心配だったが、ちょっと安心した。

そのあと再び郭公へ、砂糖を買いに寄った。
ここでしか購入できないマスコバド糖が必要なの。
この日もドアの前には先だっての3匹が同じ場所に同じ格好で座っていたので、笑えた。
(車から降りてカメラを構えたら、2匹が移動してしまった)
f0153164_20383322.jpg

このあとは家に戻ったのだが、残った庭仕事を片付けてしまおうと思ったのに、体が全然動かず、夜まで熟睡した。
短い時間の間に大きな標高差を行き来するせいか、体が受ける気圧の急激な差のせいか、下界へ下りると家に戻ってから必ず倒れてしまう。
健康な人もそうなのかなあ・・・。

一応昼食はこんなものを作ってみた。
海のご飯に肉じゃが、大根とワカメの味噌汁。
珍しくワフー。
f0153164_20432129.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-11-21 20:21 | Comments(2)
冬囲い、終了ー
朝8時の外気温、-5℃。
日中の最高気温、2℃。
このところまだ暖かい日が続く。
太陽が出れば更に日差しが暖かい・・・というか、アツイ!
気温は低いけど。

昨日やっと紐とプチプチを買ってきたので、これで冬囲いの続きが出来る!
雪が降ったのは4日前で、しばらくは晴れが続いたし本日も太陽が出て暖かいし・・・
と思ったら・・・・
雪、溶けてないじゃん・・・・。
f0153164_21381233.jpg

こっちも・・・
まっちろ~・・・
f0153164_21402287.jpg

でも仕方ない、予報では明後日からずーっと雨マークが続いているし、下界で雨マークということはここではもう雪ってことだし、こんなにまだ雪が残っている状態で更に降雪が続けばもう完全根雪になっちゃうし・・・・
ということでスコップでガリガリ凍った雪を削りながら、冬囲いの続きに取り掛かった。

で・・・夕方にはとうとう全ての冬囲い、終了ー!!
薔薇と花木、果樹、あわせておよそ100本の冬囲いが・・・ようやく・・・ようやく・・・
お・お・終ったー!!ゼイゼイ・・・
もう・・・・ゼイゼイ・・・
ヤダ・・・ゼイゼイ・・・
ヤダ・・・・こんなこと・・・・ヒィ、ハァ・・・
f0153164_2148476.jpg

f0153164_2149340.jpg

植えた年は過保護に冬囲いするけど、少しずつ寒さに慣らして手をかけないようにしていこう。
そうしなければ庭に私の生活も命もスポイルされちゃうわ。
薔薇は、不繊布だけのものや不繊布プラスプチプチをしたもの、または何にもかけないもの、などいろいろなパターンを試してみたので、来年の状態でまた工夫できていくと思う。

とにかく、これで一大作業がやっと片付いたー。
根雪になる前に終わってよかったー。
もうこんな面倒極まりないこと、今年で終わりにしたいー。
ふうぅぅぅ・・・・・・・・

冬囲いが終わっても、屋根はまだこんな状態・・・。
f0153164_2014837.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-11-20 21:56 | Comments(8)
大出費の一日
朝8時の外気温、-5℃。
日中の最高気温、2℃。

今日は週一の買出しの日。
ダーも有給をとっていたので一緒に下界へ下りる。
なんのために有給をとったかというと、家の冬支度のため。
家周りにビニールシートを張ったり外に出してあるものを片付けたり、冬タイヤに交換したり・・・。
先日交換した冬タイヤだが、やはり今年4年目に突入とあってやはり怖いので、結局新しいタイヤを買うことにした。
事故も怖いが、タイヤも痛い。(出費が)

まずは途中で砂糖を買う為郭公に寄ってみる。
木曜定休だが、やはりこの日も休みであった。
入り口のドアの前には先客が。
f0153164_17592223.jpg

いつものようにご飯をもらえるのを待っているのだろう。
でも今日は定休日。
「ねえ、猫ってさあ、『今日は定休日だ・・』って分らないのかな?」とダーに言っても答えてくれなかった。

自由農園で野菜を買ってタイヤショップへ。
少しでも安いものはないかと探したが、結局今年製造したものはどのメーカーのものも同じくらい高かったので、いつものブリジストンで一番新しいものを買った。
今まで使っていたスタッドレスは、週一しか車に乗らないしタイヤの溝もクッキリでほとんど新品同様。
町なかを走る分には十分だと思う。
下界で利用する分ならあと1、2年は使えると思う。
しかし、私たちが走行するのは命がけの雪と氷の山道。
急斜面に急カーブ、路面は厚さ5センチくらいの氷のスケートリンク。
しかーも!急カーブでスリップしてそのままガードレールを突き破ったら、崖下数十メートルまで転落して多分即死。
私たちが冬の間走行するのはそんな山道ばかりなのだ。
たかだか数万ケチったために命を落しては元も子もない。
というわけで3年に一度の大出費、新しいスタッドレスに履き替えた。

タイヤ交換を待つ間、冬囲い用の紐とプチプチをJマートで買ったあと、ずーっと入ってみたかったとんこつラーメンの一風堂へ。
諏訪に新しく出来てから何度か寄ってみたのだがいつも行列で諦めていた。
今日は平日で2時過ぎということもあって、珍しく順番待ち客はいなかった。
3度目の正直でやっとありつけた。
f0153164_18121320.jpg

お味のほうは・・・とんこつといっても、あっさりとした上品な味。
まあまあ、といったところ。
個人的には、このへんのとんこつだったら諏訪湖近くの「狼煙」が好みだなあ・・・。
と思ったら「狼煙」は「一風堂」で修行した人が開いたそうな。
なんだ、師弟店なのかー。
一風堂での昼食は二人で2千円近く。
一食1000円かあ・・・・ラーメン一杯1000円はちょっと贅沢だなあ。

最後のトドメの贅沢で、今月出たBISESを買って帰宅。
たった一日で大変な散在をしてしまった日であった。
Top▲ | by sukomama | 2009-11-19 22:52 | Comments(4)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin