<   2009年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
対策に乗り出す
しばらくドン底状態。
庭の植物の根元、全てがボコボコだったので、ひどいショック。
皆、枯れてしまうのだろうか?
もう何も植えられないんだろうか?
もうガーデニングは続けられないのかなあ・・・・
もう立ち上がれなかった。

一番辛いのは何も情報が入手できないこと。
モグラの被害について、対策についてネットで調べても不思議なくらいまともなものは何もでてこない。
庭を台無しにされたり畑を荒らされたりして何か対策を採った人、そしてその後はどうだったか、とか・・・・
どんなに探してもそうした類の記事がほとんど見つからない。
モグラの被害を受けてる人っていないの?
それとも記事にするほど深刻ではないのか?

虫に襲われたり病気になったり、或いは過酷な気象条件で木や苗がダメになることがあっても、それは当然だしよくあることだと理解している。
越冬できなくてダメになるものがあっても多少は当然、と受け入れられる。
でも・・・こんなひどい状態になったのは初めてだし、どうしてよいのか、どうなってしまうのか全く分らない。
鹿の時はそれなりに防御できる対処法があったけど、このモグラ被害に対してはこれ、といった方法がないし情報も全然ない。
このような状態が続いたら庭の植物は全て枯れてしまうのではないか?
だとしたらもう何も植えられないし、ガーデニングは諦めなくてはならない。
そうしたらどうやって生きていこう・・・
生きていけるかなあ・・・

普段なら「それは当然のこと、自然のこと」「自然の中で生活するんだから当たり前」とか「貴方の方が間違ってる」とか、神経逆なでするようなこと並べるダーだが、今回ばかりは私に同情的だ。
食事も殆ど食べられなくなり、夜も寝られない、口も利けない、立つことも出来ず寝たきりになってしまったのを見て、さすがに心配して他の国やイギリスではどうなのか、など調べてくれた。

そのうちpripriさんから良いアドヴァイスをいただいた。
それで何とか希望が出てきた。
こんな時、やはり経験者の励ましやアドヴァイスは何よりも嬉しいし頼もしい。
ありがたくてほんとに涙が出そうになった。
真っ暗だった心の中に明りが差し込んだ様。
早速実行に移すことにした。
このまま何もしないとどんどん大勢のモグラたちに居座られることになってしまう。

そんなわけで気を取り直して、以前からグリーン・マーケットさんにも行く予定だったので、やっと立ち上がって出かけてきた。
グリーンア・マーケットさんで販売している種が、そろそろ出揃ってきたのだ。
「もう庭仕事はできない・・・もう種を買ったって無駄だ・・・」と絶望していたけど、もしかしたらちょっとは希望があるかも・・・と気持ちを奮い立たせて。
それに、pripriさんから頂いたアドヴァイスのカザグルマ作りの材料も買わなくてはならないし。

まだまだ花がいっぱいのグリーン・マーケットさん。
f0153164_21161373.jpg

f0153164_21184750.jpg

ラプソディー・イン・ブルーもきれーい。
f0153164_21192211.jpg

種を何種類か買って帰った。
グリーン・マーケットさんのガーデンで咲いた、イキの良い新鮮な種だ。
だから発芽率もとてもよい。

あとはこれ。
f0153164_21204433.jpg

ペットボトルのカザグルマ用材料。
いろいろなところに「モグラ除けに作った」とあるが、同時に「すぐに効かなくなった」ともよく書いてある。
「全然効き目なし」とも。
でもpripriさんのガーデンではかなり効果があったそう。
ダメでもともと、一応試してみる。
あとこれも。
f0153164_21225355.jpg

本当はハバネロのパウダーがあればそれを買いたかった。
このカラシパウダーとニコチン粉をモグラ穴に突っ込んでやる。
あと、トウガラシ燃やした煙とかも。
家に帰ってモグラ用の忌避剤も注文した。
複合的嫌がらせで少しでも追い出してやるのだ。
なんだか自分の顔が段々騒音オバサンに似てくるような気が・・・。

それはそうと、先週注文していた班入りクワズイモが届いた。
以前東京に居た時ずっとクワズイモを飼っていた。
丈夫できれいで気に入っていた。
あれは、どうしていなくなっちゃったんだろう・・・?
f0153164_21285663.jpg

これは班入りなんだけど、普通の、白とグリーンの班入りならよくあるので買わなかった。
この班入りクワズイモが変わっているのは、この班が白とグリーン、そしてグレーになるのだ。
はっきりとした白、グレー、緑のトリカラーがとても素敵。
f0153164_2132027.jpg

買っちゃった後でよくよく調べてみたら、耐寒温度は5℃・・・とか。
「冬場でも5℃以上あれば大丈夫です」とか・・・。
ところによっては「10℃は必要」とか・・・。
うち、真冬は夜間ヒーター切ると3℃くらいに下がっちゃうんだけど・・・。
生き残れるか?班入りクワズイモ・・?

そしてこれも一緒に注文したもの。
大好きだったシラー・ペルビアーナ。
なかなか売っていないのだが、たまたま珍しくネットショップで見つけたので即注文した。
f0153164_21353449.jpg

だけどこれ・・・サカタ?
サカタで売ってたのー?
カタログにはなかったのに。

シラー・ペルビアーナは東京ではどこでも大株になって、放任でも毎年見事な花をたくさん咲かせるが、ここではどうだろう?
一応O-chanさん庭で細々と生存しているらしいので、大丈夫かも・・・
と思ったが、心配なので鉢植えにしようっと。
モグラも居ることだし、ユリ科なのでチューも心配だし。
それで大きくなって球根も増えたら地植えしよう。
なにしろ大好きなペルビアーナだから。
しかし・・・「プレミアム野放し」って・・・・・・・?
f0153164_2140434.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-09-30 20:52 | Comments(2)
深刻な事態
先日モグラの掘った跡を「困ったちゃん」なんて書いたけど、今日改めてよく調べたらそんなおちゃらけたことを言っている場合ではないくらい事態は深刻であることが分った・・・。

昨日は穴の開いている箇所だけいくつか見つけたが、実際にはどうなっているのか今日よく調べてみた。
試しに近くの土を指で押してみると・・・びっくりするほどあちこちズブズブ穴が開いていた。
あそこも、ここも・・・そこらじゅう押してみると、もうそこらじゅう穴だらけ・・・。
愕然とした。
こんなことになっていたとは・・・。

思えばこの頃成長が思わしくない植物が多く、どうしたんだろう?と思っていた。
それらの植物の根の下や回りを調べてみたら、どれもズブズブ、根の回りは空洞だったのだ。
ただでさえ炎天の紫外線で土はカラカラ、雨も随分降っていないのでものすごく乾燥している。
そこへこんな状態で、枯れ死しないわけがない。
「乾燥が続いているけど、なんとかしっかり地中に根を伸ばして水分を吸収して・・・」と思っていたが、地下はこんなことになっていたとは・・・。
これではもう水分を吸うどころではない。
しかもすごくショックだったのは、うちの敷地、すべてがこうしたモグラの穴だらけだったのだ。
本当に信じられないくらい、敷地の端から端まで、庭の全て、が地下がモグラの穴の空洞だらけだった。
本当に、殆ど全ての植物の根の周りがモグラの穴が張り巡らされていた。
もうショックで途中からへたり込んでしまった。

どうしてこんなことになってしまったのだろう?
いつの間にこんなことに?
今までモグラ塚を見ることはあったが年に数回程度だったし取り立てて被害は見えなかったので気にしていなかった。
ミミズを食べることは知っていたが、「まあ、多少は・・」と気楽に考えていた。
ある程度なら虫害でも病気でも自然に治まるのを待つのが常だったので。
ところが、モグラの被害はそんなレベルを遥かに超えている。
もう、鹿害やテッポウムシどころの騒ぎではない。
このまま庭中モグラの穴だらけになれば、夥しい数の植物が枯れ死するだろうし実際殆どの植物の根の周りが空洞状態にされている。
どうしよう・・・?

ネットで調べてみたが、よくあるペットボトルの器具やソーラー電池の振動を発する器具は、始めは逃げてもすぐに慣れて全然効果はないらしい。
そうだろう、それは鹿対策でよく分った。
相手だって食べるために必死なのだ、多少のことは気にしていられない。
特にモグラは十数時間食べないと死んでしまうらしいので、物凄い勢いで食べまくるらしい。
モグラ用の忌避剤は、ある場所に埋めても他の場所を掘られる。
それを防ぐには庭中に忌避剤を埋めなければならない。
それは途方もない膨大な量で、庭中薬品だらけになってしまう。
モグラを追い出す前に植物がやられてしまう。
それに、庭中に埋めるのは気の遠くなるような作業だし、薬の持続期間が切れるたびに埋めなければならない。
またモグラは冬眠せず冬の間もエサを求めて地中を掘り続けるらしいが、冬の間はこちらが動きが取れない。
そして、一番確実、といわれている刺して殺す駆除の器具でも、一匹駆除してもあとからあとから別のモグラがやってくるらしい。
次から次からずーっと駆除し続けなければならない。
かといってこのまま放っておけば枯れ死する植物が増えるだけだ・・・。
もう、どうしたらいいのだろう・・・?
鹿なら何とか防ぐ手立てがある。
でもモグラにはほとんど決め手がないのだ。
今まで苦労してやってきたこと、何時間もかけて岩を掘り出したり太い木の根を切ったり、朝から暗くなるまで、汗まみれドロまみれになりながら体がボロボロになるまで働き続けてきたのは何だったんだろう、と無性に悲しくなる。
こんな結果を迎えようとは・・・・。
あまりにショックで夕方にはもう立っていられなくなってしまった。

農業や山間部で庭を作っている人なら、こうした問題を抱えて取り組んでいそうなものだが、不思議なことにネットで調べてもそうした実例が殆ど出てこなかった。
他の人はどうしているんだろう?
こんな災いに見舞われたのは私だけなのかな・・・?

トリアシスミレ、ヘレボラス、五色ドクダミ、マロウ・・・今の時点でもかなりの植物が根の回りを空洞化されて枯れてしまった・・・。
今の時期は冬越しに備えてしっかり根を張らなければいけない時期なのに・・・。
庭中どこもかしこにもびっしりトンネルが張り巡らされていて、このままこんな状態が続くと、或いはもっとトンネルが拡張されたら・・・・考えただけで真っ暗になる。
そのくらいものすごい数と範囲の穴なのだ。
こんなにひどい状態は今までどこにも見たことがないくらいに。
もう庭作りは諦めなければならないのだろうか。
ここまで頑張ってきたのに・・・・。
f0153164_208156.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-09-28 20:20 | Comments(7)
今日の作業
今朝8時の外気温、13℃。
このところ暖かさが戻って来た。
それはいいのだけど、夏の長雨で今年の水分はみんな降り切ったみたいにずっと晴天続き。
地面も空気もカラカラ。
やはりほどほどに晴れたり降ったりが一番いい・・・。

今日は、先日行ったJマートで安くなっていたのを買った、ニンニクを植えた。
今頃の時期、他の人は皆球根の植え付けであろう・・・。
でも私はニンニク。

もう球根はいい。
殆ど咲かないし。
途中で消えちゃって(地上部がなくなる)イライラするし。
でもこのニンニクも出なかったらどうしよう・・・。
f0153164_193159.jpg

今日の庭の風景。
大分色が暖色系に染まってきた。
f0153164_19315878.jpg

f0153164_19321830.jpg

f0153164_19323616.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-09-26 19:32 | Comments(0)
再び動物病院へ
先週岡谷の獣医さんのところに行き、今日また経過を見せに行って来た。
経過は良好で、耳の炎症も殆ど治っていた。
もうあとちょっと薬を続けるだけ。
今日はちゃんと見えるところからワンコの湯を撮って来た。
なーんか、気持ち良さそうでしょ?
f0153164_1853628.jpg

f0153164_18532388.jpg

この後買うものがあったのでJマート諏訪店に寄った。
新しく出来たので苗やガーデングッズがたくさん置いてあり、「ちょっと見てくるね」なんてダーとスコを先にやってちょっとウロウロしてみた。
ちょっとウロウロ・・・のはずが・・・何気に覗いたクレマチスの売り場で、欲しかったハーグレイ・ハイブリッドとニオベが安く売っていたので「やっぱこれは一期一会かもー」とかなんとか自分に言い訳して・・・やっぱり買ってしまった。
他には、薄いブルーのクジャクアスターを見つけたのでそれも。
うちの「鮮やかなブルー」のクジャクアスターはどう見ても紫に咲いているので、やはりブルーが欲しかったのだ。
f0153164_18583557.jpg

しかし、家に帰ってみると・・・・
これはその「鮮やかな青色」のブルーダイアモンド。
f0153164_1859561.jpg

f0153164_1901163.jpg

咲いているときはピンクがかった紫色なのだが切り花にしてしばらくすると退色してこんな色になってくる。
f0153164_19165.jpg

で・・・これが今日買った「八重咲きクジャクアスター・ライトブルー」。
f0153164_1925025.jpg

・・・・・・・・同じじゃん・・・・
みんなどれも同じじゃん・・・・・
しかもどれも八重だし・・・・
また愚かなことやっちゃったかしら・・・?

夕方スコの散歩に山幾つか越えて別の区画(同じ別荘地内だけど)へ散歩してきた。
こちらは何十年も前から定住しているおうち。
会社の保養別荘だが管理人さんがずっと定住している。
ずーっと住んでいるマルチーちゃん。
f0153164_1983488.jpg

入り口の明るいコンテナ。
f0153164_1991116.jpg

いつもは「遠慮しときます」のマリーゴールドだけど、思っていた通り山で見るときれい。
自然の中で見るとなかなか良いのだ。
f0153164_19105128.jpg

ルドベキアもそろそろ終わりかな。
ルドベキアとスコ。
f0153164_19113779.jpg

これはその数軒先のおうち。
常住はしていないけど少しずつ庭を手入れしている。
この巨大株に育っているのは十数年物のレモンバーム。
f0153164_1913473.jpg

いい感じのバードハウス。
でも地面のすぐ上に置いてあるので実用向きではない。
庭の飾りかな。
f0153164_19141970.jpg

f0153164_1914375.jpg

帰ってきた自分の庭。
買ってきたアスターを持って、どこに植えようかウロウロしていたのだが・・・
丁度夕陽が沈みかけて金色に輝く夕陽が庭の植物を照らし出した。
ひときわ明るく照らし出されたトウカエデ「花散里」を見た途端・・・「ここに決めた!」
緑から黄緑、そして黄色からオレンジ、赤へと移り始めた葉色が夕陽に照らされてなんとも言えず美しい。
このそばにブルー(・・・だかパープルだか)のクジャクアスターがぴったり・・・と即決した。
f0153164_1920698.jpg

やはり頭の中であれこれ計画したりプランを練っても、実際の庭に立って作り上げていくのが何よりだよね。

庭の花たち。
咲き出したシモバシラ。
f0153164_19215774.jpg

何度もヒツコく・・・マチルダ。
f0153164_19225665.jpg

やっと今頃開花してきた、でももう庭仕舞い・・・のガウラ。
f0153164_19234122.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-09-25 18:50 | Comments(2)
これは本当に困ったちゃんたち
先日記したうちのお庭の困ったちゃんたち、あれらはそれほど害の無い人畜無害なかわいいものだ。
実はもっと困った・・・ほんとに困ったヤツらが他にいるのである。

朝、窓から外を眺めたら・・・なぜかナナカマドの大きな枝が折れて転がっている。
ナンだろう?
と外に出て見てみたら・・・・
なんと根元からザックリ折れている。
しかも根元には・・・例のオガクズ!
そう、テッポウムシの仕業であった。

こんな感じのかなり大きな枝。
太さは3cmくらい、長さは3mくらい。
f0153164_18231084.jpg

根元を裂いてみるとこんなに太いテッポウムシの食害道が・・・
f0153164_1824419.jpg

七回かまどにくべても燃えないと言うナナカマド、木の質も硬質なのかもしれない。
そのナナカマドをこんなに見事にくりぬいて食べていくテッポウムシとは・・・!
昨年は薔薇が3本やられた。
今年はミスルーシー。
そのほかヨダーマム、シャスタデージー、ラズベリーなど宿根草などは数え切れないほど被害にあっている。
一度卵を産み付けられて幼虫が孵化すると、3年は茎の中にもぐって食害し続けるというので、これからもっと被害が現れてくるだろう。

そしてこれ・・・。
f0153164_18302352.jpg

f0153164_18304074.jpg

そう、モグラ。
モグラのホリホリ。
もう、庭中モグラの穴だらけなのー。
実はこいつが一番タチが悪いのだー。
害虫に葉を食われても株自他に大きなダメージを与えることは少ない。
テッポウムシに入られても、枝の途中だったらその株が全て死んでしまうことはない。
鹿に食べられたって一度くらいだったら枯れたりはしない。
ところが・・・モグラに地下から根っこをズタズタにされると株がダメになってしまう。
植物の生死に係わるくらい被害のダメージは大きいのだ。
「モグラ除けを置けばいい」なんてそんなレベルではない。
ここにモグラよけを置いたらあっち、あちらに置いたらこっち・・・ときりがない。
庭に絶対入って来ないようにするのは不可能。
これはもう被害にあったら黙って諦める他ないのだ。
悔しいけど・・・。

一方こちらはというと・・・
f0153164_1838816.jpg

f0153164_18395896.jpg

うちの庭に(勝手に)出入りしているキツネどんが食い破ったネットの穴。
これはあまり困ったちゃんではない。
それどころか、もしかしたらモグラを食ってくれる救世主かも・・・。
同じく勝手にうちの庭に出入りしているアナグマ・アナキンも、時々ミミィを食ってしまうのは困ったもんだが、昨年はジバチを退治してくれたし、もしかしたらモグラも何とかしてくれるかもしれない。

先日はうちの庭で初めて蛇を見た。
それも別々のところで、二匹。
蛇を極度に嫌う人がいるが(というか殆どの人がそうかもね)毒蛇でない限り何の害もないのだ。
それどころか蛇は昔からその家の守り神とされている。
毒蛇だとちょっと困るけどでもスズメバチみたいに攻撃的ではないし、こちらが何もしなければ逆に怖がって逃げるものだ。
この蛇たちもモグラ食ってくれないかなあ・・・。

というわけで、私たち家主が知らぬところで、いろいろな生き物の食物連鎖、弱肉強食が繰り広げられているようなのだな。
やっぱり山の生活って不思議だ。
Top▲ | by sukomama | 2009-09-24 18:17 | Comments(6)
いろいろ作った一日
昼間は全てのビニールシートを外した寒いコンサバトリーで根気の要る作業をしたので疲れてしまったが、室内に戻ってからまたいろいろ作った。

これは今朝作ったイチジクの赤ワイン煮。
朝食のヨーグルトに乗っけて食べる。
f0153164_22543916.jpg

これは、庭に植えるはずだったO-chanさんからのハナマメ。
植えるはずだったのに気が付けばもう秋・・・。
と、いうことで腹に収めることにした。
O-chanさん、すんません、これに懲りずまた来年余ってたら豆くださいね。
今度はきっと蒔きますから・・・。
f0153164_22571243.jpg

ウリの漬け物を作ったりとか・・・
f0153164_22574037.jpg

そして一日のシメはこれ。
アクリルタワシ。
タワシというか、洗いニット?
これでもう3代目のアクリルタワシ。
重宝してます。
f0153164_2259214.jpg

そんなこんなで今日はなんだか一日中いろいろ作っていたなあ・・・。
疲れた。
それにしても・・・・コンサバトリーでの作業は寒い!
気温10℃だし、もう今月いっぱいで作業できなくなるかなあ?
まだ9月なのに・・・。
Top▲ | by sukomama | 2009-09-23 23:00 | Comments(2)
コンサバトリー 11
数日前からコンサバトリーにようやく着手しようとしているのだが、いざ取り掛かろうとすると木材が無い、買いに行けば売り切れ、やっと材料を買ってきたと思ったら電気ドリルがイカレル・・・となかなか手をつけられない。
ドリルなんか買ってからまだ一年しか経たないのに、もう壊れてしまった。
こんなもんなの?
そんなに安物じゃなかったのにぃ・・・。

ようやく木材も工具も揃って、今日に至ってやっと手をつけられた。
今日からいよいよ壁、というか窓、を作る。
その前に壁を置く土台になる木材の1×4を3辺に敷く。
こんな感じで3面の壁のところに。
f0153164_22413330.jpg

f0153164_224151100.jpg

ところが角に立てた主柱の土台の金属は微妙に高さがあったり凸凹があり、そのまま敷くと床に密着しない。
こんな感じで金具の厚さ分の高低差とか、溶接部分のデコボコがある。
f0153164_2244447.jpg

この分をトリマーで削ってぴったり床に付くようにする。
まあ・・・私としてはこんなの気にしていなかったし、どーでもいいとは思ったんだけどね。
多少差があっても、密着しなくても、ビスで留めてグシグシ押し付ければいいや、という無謀かつ荒っぽいやり方で行くつもりであった。
というか、そこまでじぇんじぇん気が付かなかった。
しかしミューなところでヘンな執拗性がでるダーがこだわる為、こんなしち面倒臭い細工をする羽目になっちゃったのよ。
全部で6箇所、トリマーで削って2段階の微妙な高低差をつける、という手の込んだ細工を施した。
f0153164_23205056.jpg

これだけで一日掛かってしまった。
これで今日の作業はおしまい。
あー、疲れた。
Top▲ | by sukomama | 2009-09-23 22:51 | Comments(2)
秋の花と秋の菓子
日に日に庭の花の色が濃さを増してゆく。
今年はリンドウの表年なのか、何だかワサワサいっぱい咲いている。
しかも隣のシャリファ・アスマの肥料を吸収してか、花つきや大きさもかなり良い。
f0153164_20364525.jpg

ピンクのクジャクアスターも大分咲いてきた。
f0153164_20372249.jpg

どれもノッポなのだが先日の強風に煽られて倒れてきたので、切って花瓶に生けてみた。
ピンク、白、ブルーのクジャクアスター。
でもやっぱりブルーには見えないなあ。
f0153164_20392247.jpg

リンドウもたくさんあるので切って生けた。
f0153164_2040730.jpg

なかなか豪華になった。
f0153164_20402842.jpg

庭の花だけでこれだけ華やかになるのは嬉しい。
しかももう秋なのに・・・。
この花束を近所のご老人夫婦に差し上げたらすごく喜んでくれた。
お彼岸にお供えする花ができたと・・・。

午後からは先日のルバーブがまだ残っていたので(まだあったのかよー)リンゴと一緒にコブラーを作った。
コブラーと言ってもヘビじゃないのよ。
f0153164_20431194.jpg

これじゃあ一見何だか分らないけど・・・
このサクサクのクリスピーが美味しいのだ。
この中にトロトロのルバーブとリンゴが入っている。
大きなドンブリ2つにもなってしまったのだが、ダーに見せたらあっという間にこのドンブリ1個平らげてしまった・・・。
Top▲ | by sukomama | 2009-09-21 20:45 | Comments(6)
偽物のヤマナシと本物のヤマナシ
今日、自由農園に寄ってみたら「ヤマナシ」の実が売っていた。
それを見て、先日私が買って果実酒にしたもの・・・
これね。
f0153164_20244851.jpg

・・・はヤマナシではなくジナシであると確信した。

本物のヤマナシはまさに梨の木で高木になる。
ジナシはいわゆるクサボケの実で低木。
前のものは売っていた時パックには「ヤマナシ」と書いてあったのでそのまま信じて買ってきて果実酒にしたが、今日売っていたものが本当のヤマナシだ。
早速買って来ちゃったのだけど・・・これね。
f0153164_20273819.jpg

見て分る通り、本物のヤマナシは果物の梨をそのまま小さくしたような感じで、表面も梨と同じようにザラザラしている。
昔、今から十数年前に作ったヤマナシの果実酒を思い出したが、あの時の実も「ほんとに梨と同じだなあ」と思ったことを思い出したのだ。
一方先日買ったニセヤマナシの方は表面がツルツル、色も梨の色ではなかった。
あれはクサボケの実だ。
ま、いいか、今までクサボケの実の果実酒を作ったことないし、喉にもいいそうだし。
ちなみに本物のヤマナシの実の袋にはちゃんとこう記してあった。
f0153164_20331458.jpg

なんか由緒正しそうだよね。
Top▲ | by sukomama | 2009-09-20 20:18 | Comments(0)
大工仕事に精を出す
今日も朝の外気温、5℃ほど。
日中の最高気温・・・10℃以下?
あいかわらずさぶ~い。

庭仕事はまだまだ残ってはいるが、もういい加減コンサバトリーに着手せねば。
今年はまだ全然手をつけていないのだ。
しかも今年は冬になるのが早そうなので、一刻の猶予もなさそう。
しかし・・・コンサバトリーだけでも大変なのに、それと同時進行でやらなければならないことが出てきた。
それは・・・ぴーちゃんたちの新居。

だって・・・もうこんなにデカくなったの。
f0153164_23133629.jpg

デカイでしょ?
トサカだって出てきた。
f0153164_23141495.jpg

この鋭いツラ構えは多分レイラちゃんだが・・・台に乗っかっているサラちゃんの足も逞しいでしょ。
つい最近この新しいホームに引越ししたのに、もう狭くなってしまった。
でも・・・こんなに大きくなって殆どニワトリに近くなっても、鳴き声はまだ「ぴよぴよ、ぴよぴよ」なのがかわいいの。
ヒヨコ(ニワトリも)って性格や行動がとってもユーモラスで面白くて見ていても飽きない。
ニワトリがこんなに面白い生き物だったなんて・・・知らなかったなあ。
飼ってみなければ分らなかったことだ。
Top▲ | by sukomama | 2009-09-19 23:09 | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin