<   2009年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ナゾのエキナセア
前に文句タラタラ、サカタへの怒りぶちまけ、の例のエキナセアだが・・・
白花かと思ったら色付いてきた。
ピンクに・・・。
f0153164_20154418.jpg

これって・・・・これってもしかして本物のエキナセア・パープレア?
じゃ、じゃ、これは何?
f0153164_20163189.jpg

ピンクのダンゴギク?(笑)

「ピンク色が花壇でひときわ目を引くエキナセア・パープレア」とあったのを注文して送ってきたのがこれよ。
でも双方明らかに違う品種。
f0153164_20183275.jpg

どっちがアキナセア・パープレアでどっちがナニ?
或いはどちらも全然違うエキナセア?
或いは突然変異?

もうナニがなんだか分らない。
こんな時は購入したナーセリーに聞けばいい、と思うかもしれないけどサカタはダメだ。
聞いたって絶対「さあ~・・・」って答えるに決まってる。
何だか分らないけど、でもま、いっか。
両方ともかわいいしきれいだし。
違う種類が2種あると思えばいいか。

あ、ところでこれもハーブだからお茶にできるんだよね。
大きくなったら株分けしてハーブ・ガーデンにも植えよう。
Top▲ | by sukomama | 2009-08-31 20:13 | Comments(4)
今日はのんびり
朝8時の外気温、15℃。
日中の気温、18℃~20℃。
今日もこんな感じの気温。
庭仕事には丁度いい。

こらは・・・・今年春に蒔いたリアトリスです・・・。
f0153164_1840522.jpg

すごーい、リアトリスって紫とか白系の花だけかと思っていたら、こーんな鮮やかな黄色もあるんだー、へえー。
それに形だってお花っぽくてかわいー・・・・・
なんて冗談言ってる場合ではないのだ、なにこれ?
どこから見たってルドベキアじゃん!

もう・・・勘弁してよー、今年の春に「リアトリス・ブレージングスター」を蒔いたはずなのに、咲いてみたらコレよ。
ほんとだったら来年花が見られるはずなのに、今年蒔いてすぐに咲いてきたから変だと思ったのよ。
種袋にはしっかり「ブレージングスター」って書いてあって写真まで載ってるのにー。
ORのセレッシャルのそばに、セレッシャルの花色に合わせてリアトリスを中心にパープル系から白への美しいグラデーションになるよう植栽したのにー・・・突然まっ黄っ黄の脳天気なルドベキアがああぁぁぁ・・・・

すぐにショップに文句を言ったら正しい(ほんとか?)ブレージングスターとその他のリアトリスの種を送ってきたけど・・・・これってもう今年は蒔けないから来年。
花を見るのは再来年よー。
リアトリスを中心にデザインしたのに、その肝心のリアトリスが来年見られない・・・・あんまりです。
普通のリアトリスを買ってきて植える、って手もアリかもしれないけど、ブレージングスターでなくちゃイヤなの!(笑)
はあ・・・やっぱりガーデニングって気の長~い作業だわあ・・・。

今日はとりあえず薔薇にカリ肥料を撒いた。
これからまだ他の宿根草にも追肥したり、まだまだ木の枝切りがあるし、いくつか移植もしたいし・・・植え付けは終わっても庭仕事は果てしなく続くのであった。
でもゆっくりやろうっと。

ところでピヨたちですが・・・こんな大きくなりました。
もうピヨコでなくニワトリです・・・。
あまり大きくなったので、今日は新しいハウスにお引越ししました・・・。
f0153164_1855398.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-08-29 18:55 | Comments(2)
ボチボチ庭仕事のはずが
朝8時の外気温、15℃。
日中の気温、18℃。
ちょっと前はかなり冷え込んだが、このところこのくらいの気温が続いている。
でもやっぱり例年と比べると低い。

今日の庭の様子。
アプローチから臨む。
f0153164_18315365.jpg

f0153164_1832117.jpg

f0153164_18322528.jpg

今日は気になっていた木の枝を切って回る。
ズミなんかすごく成長が旺盛なので、ほとんど毎年切らないとグチャグチャになる。
暖地の暴れ薔薇もこんな感じなのかなあ。

あと、元から生えているツノハシバミやレンゲツツジジ、ヒョウタンボクなどもバシバシ切って回った。
これらも一年ですごく伸びるので毎年切らないと邪魔になってしようがない。
レンゲツツジもいたるところに生えているので半分くらい抜こうと思う。
ノリウツギも数え切れないほどあるに加え、あとからあとから新しい株が生えてくるのでこれもどうしようもない。
でもとりあえず白花なので見逃している。

こんなことをしていて一日ギコギコやっていたら汗びっしょり。
やはり今日も肉体労働に費やされた一日であった。
Top▲ | by sukomama | 2009-08-28 22:28 | Comments(2)
チャツネ作り
やっと時間が出来たので今日は毎年恒例のトマト・チャツネ作り。
毎年トマトの旬の時期に一年分まとめて作る。
トマトにオリーブ、パセリ、玉葱など一緒にグツグツ煮込むだけだけど、これがなかなか美味くて毎年作っている。
来年はイタリアン・トマトの種を蒔いて挑戦してみよう。
f0153164_035569.jpg

午後からはまたゆっくり撮影。
今年植えたサマーソングが咲いた。
きれーい。
オレンジのERってなかなかないでしょ。
オレンジのERというとパットオースチンの名前が挙がるけど、あれはちょっと黄色とかコパーがかっているけど、これは全くのオレンジ。
そのおかげでデヴィッド・オースチンのERリストから外された、って話もあるけど・・・いい色ではないですか。
本当にきれいなオレンジです。
これだけひどい天候が続いたのに、葉っぱもツヤッツヤ。
f0153164_0394377.jpg

プリンス・プロミスもどんどん花開いてきて・・・うっとり~。
香りはそばでクンクンしないと分らないくらい強くないけど、一本咲いているだけでパーッと華やかになる。
特に今頃の季節にはありがたいです。
f0153164_0422539.jpg

セダム・オータムジョイもオータムしてきた。
葉っぱが紅葉するらしいのでこれから楽しみ。
f0153164_0432014.jpg

日差しがきれいなので、いつもの花を逆光で撮ってみました。
曇りの日は色が鮮明に出てきれいだけど、こんな日差しの中もそれはそれで美しい。

ヤマトリカブト。
f0153164_0441835.jpg

バーベナ・ボナリエンシス。
f0153164_0452855.jpg

ヘリアンサス・レモンクイーン。
f0153164_046949.jpg

アプローチ入り口に移動してみると・・・
ここにもレモンクイーンが。
ああ、ネットが嫌だ、醜い。
f0153164_0481154.jpg

ここのパンジーもやっとやっと調子が出てきた。
もう秋なのに・・・。
f0153164_0494058.jpg

一年草は、梅雨がなければここはここは気候がいいのでとてもよく咲いてくれるはずだ。
でも現実には6月、7月の梅雨でもうグチャグチャ、ドロドロになってだめになってしまう。
これが暖地だったら5月くらいから梅雨入りまでにたくさん咲いてくれるだろうけど、ここでは寒すぎて無理。
大体芽吹きのシーズンが6月だしね。
梅雨の明ける8月から咲くようにしても、すぐに気温が下がって寒くなりもう終ってしまう。
やっぱりここでは一年草は無理かなあ・・・。
Top▲ | by sukomama | 2009-08-27 00:30 | Comments(2)
穏やかな日々
あー、もう植え付けは終った!
もう自由だー!(笑)

朝起きて「時間がない!時間がない!」と焦って身支度したり朝食食べたりしなくていいのだ!
朝もゆっくりコーヒーをカップ一杯飲める。(今までは時間がなくカップ3分の一だけだった)
時計を気にしながら「今日中にあれをしなくっちゃ、これをしなくっちゃ・・・」と焦らなくていいのだ。
昼食もろくに摂らず半分だけ食べて外に飛び出していかなくていいのだ。
昼食後に体が疲れて横になりたいのを無理やり奮い立たせて再び庭に出なくてもいいのだ。
何より・・・・ゆっくり庭の植物達と会話できる。
せっかく咲いてくれた花もゆっくり楽しむことが出来る。
時間があるっていいなあ・・・。

今日は昼食に焼きカレーを作ってみた。
サラダは先日O-chanさんにいただいたモロッコ・インゲン。
アルコールだって飲んじゃうもんねー。
グラスには昨年作ったレモン酒。
丁度一年経過してまろやかになって美味しくなった。
昼食もゆっくり。
f0153164_0281437.jpg

午後からはこれまたゆっくり庭仕事。
ランナーで増えてきたピンク花イチゴをポット上げする。
今年植えたので越冬できるか分らないけど、こうして予備を作っておけば安心。
f0153164_0293337.jpg

夕方は日没まで庭のベンチでお茶する。
ああ、時間があるって・・・いいなあ・・・。
Top▲ | by sukomama | 2009-08-26 00:18 | Comments(6)
寒いぞ!
今日もすごーくさぶい。
朝の外気温・・・9℃??
日中になってもあまり上らず13℃ほど。
あまりに寒くてなかなか外に出る勇気がでない。
でも仕方ないので、10℃以上に上った時点でやっと庭へ。
そのうち陽が差してくると陽の当たるところは何とか暖かい。

そして・・・・・・
終っだー・・・・・・

本日でやっとやっとやっと・・・・・苗の植え付け完了。
ああ、長い戦いの日々だった・・・・。
4月から始まって本日まで約5ヶ月近くの日々を植え付けに費やしてきたのだ。
5ヶ月ですよ、5ヶ月・・・。
一年の半分近いじゃん。
もう・・・この夏は一体何だったの?
2009年の私の夏はどこ・・・?みたいな・・・
私の青春を返してー!みたいな・・・

昨年の日記を見ると、去年は植え付けが終ったのが8月5日。
今年は一ヶ月近くも遅い。
昨年より待機苗をずっと減らしたと言うのに。
しかも去年は植え付けと同時進行でコンサバトリーも手掛けていた。
今年はコンサバトリーにはいまだ全く手付かず。
それもこれも今年の異常気象、長雨のせいだ。
例年並の天候だったらもうとっくに終っているはずだったのに・・・。
まあ、何事も予定通り、予測どおりには行かないことも多々ある、ということですな。
それにしても疲れたー・・・。

本日植えつけたアクィギレア・コテージガーデン・ミックス。
f0153164_23392752.jpg

f0153164_23395125.jpg

これで一応今年植えつける予定のものは終了。
でもまだ種蒔き苗で中途半端な大きさのものが結構残っているのだけど。
今植えるにはちょっとまだ小さく、かといって待機苗にするにはあと数ヶ月でかなり大きくなりそう。
でも今植えたら冬までに大きくなって無事に越冬できるか分らない。
ということで今は植えずにとりあえず待機苗候補のものが何ケースか。
f0153164_23443994.jpg

植え付けしてしまったのでちょっと余裕。
またしばし庭の花などを撮影。

ベッシカリア。
「風のガーデン」の影響か、これを植えているお庭を多く見かけるようになった。
昔懐かしいネコマンマの親戚かな。
でもこちらは大株になり群植するととても素敵だ。
f0153164_23462667.jpg

コープ苗のソー・スイートも咲いている。
近寄ってクンクンするといい香り。
「So sweet!」(笑)
f0153164_23493946.jpg

ベルガモットもどんどん咲いてきた。
モナルダと言えばやはりこの赤い「タイマツバナ」。
でもこれってハーブティーとして飲めるんだよね。
f0153164_23505566.jpg

ノリウツギ・クイックファイアー。
f0153164_23521789.jpg

普通のノリウツギよりずっと早く赤くなるそうなのだが・・・
こっちの普通のノリウツギ。
これだって同じくらい赤くなってるじゃん。
f0153164_23524539.jpg

ご近所のノリウツギはもっと赤くなってる。
ずっとファイアーしてるぞ。

あちこちで咲いているマツムシソウも今が盛り。
一度も植えたことなくいつもコボレ種で咲いてくれる。
f0153164_23534585.jpg

朝晩が寒くなってきたので色を深めたユトリロ。
たった一つだけ咲いた花。
今年は異常気象で殆ど咲かなかったけど、来年はもう少し見せてくれるかなあ・・・。
f0153164_23571059.jpg

昨年種を蒔いたラークスパー。
昨年の秋になっても全然大きくならず結局待機苗として冬を越して今春植えつけた。
でも結局たったこれだけしか咲かない。
これでもうおしまい。
一年草だから。
やっぱり一年草って空しい・・・。
f0153164_23593560.jpg

ヘリアンサス・レモンクイーンはすごーく元気。
雨だろうが晴れだろうが異常気象だろうが・・・植えた年からモリモリ大株になって全然平気に越冬。
しかもものすごい大株になったので春に株分けしてあちこち植えたがそれでもモリモリ。
こういう子、結構好き。
f0153164_021319.jpg

フロックス・フラワーパワーも元気だ。
フロックスでも、小花が塊になって咲かずナチュラルな感じなのがいい。
f0153164_045452.jpg

長雨が終息し晴れの日が続くようになったので、ヴィオラも咲いてきた。
ここではヴィオラやパンジーは春から秋まで咲いてくれる。
すごーくコスト・パフォーマンス。
いろんな色や形がたくさん出てきて楽しいしね。
また来年も蒔こうっと。
f0153164_08577.jpg

ヤマトリカブトも色付いてきた。
これも植えたことなくあちこちにウジャウジャ出てくるので、邪魔になってよく引っこ抜いている。
一箇所にかたまって咲いてよー。
タリクトラム・ヒューイッツダブルと。
f0153164_010211.jpg

一方アプローチ入り口辺りに目をやると・・・
ナスタチウム・チェリーローズが返り咲きしてきた。
夏場はすごく嫌な色で咲いていたのに、やっと本来の色が出てきたみたい。
やはり灼熱の紫外線は合わないのかな。
f0153164_0143565.jpg

春に蒔いたビスカリアもやっと咲いてきたがやはり情けない感じ。
もうじきにもっと冷え込むようになるので、こんな感じだけで終るのだろう。
やっぱ一年草は悲しい。
f0153164_0164769.jpg

これからほんのつかの間の間だけだけど、こんな風にゆっくり庭の花を観察したり撮影したりできる。
あー、やっぱり春からこんな風に余裕のある生活がしたーい!
Top▲ | by sukomama | 2009-08-25 23:26 | Comments(2)
寒い・・・・
お盆を過ぎてからググッと気温が下がってきたが、とうとう朝晩の気温が10℃まで下るようになってきた。
明日はもっと下がるらしい。
10℃って・・・・これって東京じゃ冬の気温よ。
10℃以下って・・・東京じゃ真冬よ・・・。
まだ8月なんだけど・・・。

それでも日中は20℃近くまで上がるのでまだいろいろ咲いている。
緑も濃く、今のところはまだ夏の庭らしい。
現在の庭。
全体はこんな感じ。
f0153164_23583424.jpg

f0153164_2359533.jpg

長雨が一段楽したので今になっていろいろ咲いてきた。
f0153164_001923.jpg

お日様サンサンだけど気温が低いので、木陰は気持ちいい・・・というか、さぶい。(笑)
f0153164_02582.jpg

アーチに防腐剤を塗るダーさま。(笑)
f0153164_01361.jpg

まだまだこれから改良の余地アリのハーブ・ガーデン。
f0153164_032195.jpg

ハーブ・ガーデンから東の林床を望む。
f0153164_04962.jpg

なんかワイルド。(笑)
あの向うもまだ未開拓地帯だけど・・・もうあまり考えない。
つーか、あまり手をつけたくない、つーか・・・。

リリー・ビートルにボロボロに食われながらも高貴な花を開いたプリンス・プロミス。
すごーく神々しい感じ。
f0153164_07369.jpg

薔薇もチラホラと咲き始めた。
耐寒性高いから・・・とORばかり集めがちだけど、こんな時はやはり四季咲きの種類がありがたい。
モーリス・ユトリロ。
f0153164_054664.jpg

ウイリアム・シェークズピア2000。
f0153164_085741.jpg

花後、バッサリ切ったチェトルチャームも返り咲いてきた。
へぇぇ~、うちの庭でもこんなことあるんだー。
f0153164_09519.jpg

ポテンティラ・ヘレンジューンも今頃ワサワサ咲いてきた。
長雨のせいでグランドカバー化して。
f0153164_0192183.jpg

春に種を蒔いたバーベナ・ボナリエンシスもちらほら咲き始めた。
ずーっと雨だったので私の背より高くなってしまった。
f0153164_0103288.jpg

シダルセア・リトルプリンセス。
かわいいんだけど・・・これは今度はコンパクトすぎ。
もうちょっと高くナチュラルになってくれないかなあ・・・。
f0153164_01278.jpg

そして今日は・・・・これを植えた。
O-chanさんから頂いたミョウガ。
横には大きくなってきた種蒔き苗のアクィレギア・フレグランスも植え付け。
f0153164_0133097.jpg

ミョウガの後ろにプリンス・プロミス。(笑)
う~ん、美しい・・・青々しい緑が花をより引き立ててるじゃん。
f0153164_0145744.jpg


昼はまだ暖かいけど朝晩はすごく寒い。
これって10月の気温。
こんな調子でどんどん寒くなっちゃったら・・・今まで植えつけた苗が根を張れずに越冬できないじゃん。
ああ心配・・・。
Top▲ | by sukomama | 2009-08-24 23:48 | Comments(8)
ご近所の個展へ
毎年楽しみにしている、ご近所の方の個展へ行って来た。
毎年夏のお盆の時期にご自宅を開放して個展を催される。
勿論入場無料。
ご近所と言っても車で10分かかるかかからないかの、近くの別荘地だ。

作品は広くて居心地のよいテラスで展示。
f0153164_23392742.jpg

f0153164_2339432.jpg

庭の奥には川も流れている。
f0153164_23403874.jpg

一通り作品を拝見したあとテラスでお茶とお菓子を頂いてお喋りなど。
「また絵を始めるとお聞きしていたけど・・・その後どうですか?」
とイタイところを聞かれて
「はあ・・・」と言葉を濁したり。
優雅でのんびりとした時間を過ごさせていただいて帰ってきた。

で、家に帰ると今度はほんとにご近所の翁が苗木を持って来てくれた。
f0153164_23451661.jpg

うちから歩いてすぐのところに、うちより数年前から定住している老ご夫婦なのだが、ご主人がいろいろ種を蒔いたり挿し木をしたりしながらコツコツと地道に庭作りをしている。
以前私が、オオカメノキがうちにないので欲しい、と言ったらなんと種を蒔いて苗木を作って持って来てくれたのだ。
ありがたや、ありがたや。
もう少し根が張ってから植えつけることにしよう。
Top▲ | by sukomama | 2009-08-23 23:34 | Comments(0)
師匠宅への巡礼
山の庭作りをさせたらこの方の右に出る者はなし、と言われる(爆)山庭の師匠、O-chanさんのお庭拝見ツアーにやっと出かけることが出来た。
私一人では往復の運転は過酷なので、ダーに運転を頼んで二人して出かけた。

思えば庭作りを始めた頃、庭の木を切るのにどうしたものかと困ってあちこち検索してめぐり合ったのがチェーンソーで庭木の剪定をしていたO-chanさんのブログ。
今思うと、チェーンソーで庭の木を剪定する人(正確にはご主人なんだけど)なんてやはりなかなかいるものではない。
やはり師匠だけのことはある。

ま、とにかく山と峠を幾つも越えて片道3時間、辿り着いたO-chanさんちは静かな山の中の佇まいだった。
いつもブログで拝見しているお庭だけど、実際に眼で見てみるとやっぱり感動。
まず、これに圧倒された。
すっごくきれいなキッチンガーデン。
f0153164_23132294.jpg

勿論土もホクホクだし、境界線だってピッチリよ。

なんちゃってロックガーデンだって、全然なんちゃってじゃないの、とってもきれーいな作り。
f0153164_23144414.jpg

なんちゃって小川だって、山からの水をしっかり引いてきてきれいな小川が流れている。
カエルだっている。(笑)
こんなの羨ましい~。
f0153164_23164180.jpg

私がすごく感動したのがこれ。
始め、切り株に鉢植えを置いているのかなあ?とおもったけど、違う。
切り株自体が鉢なの。
f0153164_231749100.jpg

すごく素敵~。
これ、いつか真似させてもらおう。

で、花壇もいろいろ。
ユリがきれいですー。
この白い小花はなんだろう、アスターかな?
とってもいい感じの取り合わせ。
f0153164_23193577.jpg

まだまだいろいろモリモリ咲いてる。
みんなとても元気そうな大株になって。
f0153164_23201933.jpg

とにかく、どこもとってもきれいに整備されているのに感動。
ほんとにきっちり丁寧なお仕事ぶりなのだ。
こんなところに普段は気付かないO-chanさんのA型気質を垣間見た気がした。(笑)

お庭拝見、のあとご夫婦二人で作り上げたマイホームを見せてもらい、あれこれ勉強させていただいた。
実際にこれから私たちの家を改装していくのに、とても参考になった。

帰りにはこんなお土産までいただいて。
ミョウガ。(笑)
大好きだけど、買うと高いので最近では自粛していたのだ。(笑)
f0153164_2325477.jpg

あとO-chanさんちではなかなかハケナいというあわおこしも頂いてきたのだが・・・これはその日のうちに二人で完食してしまったので、写真はナシ。
なんでハケナいのかなー?

帰りは少しだけ近い道を教えてもらって帰ったが、それでも2時間半くらい。
地図上ではそれほど離れているようには見えないのだけど、山があるからやはり遠いのだ。
それでもまた今度は別の花のシーズンなどにお邪魔させていただきたいなー。
O-chanさん、どうもありがとうございました!
Top▲ | by sukomama | 2009-08-22 23:00 | Comments(2)
サカタはほんまに・・・アホじゃー!
今までアホのサカタには散々ひでぇ目に逢っているのだが・・・
送ってきた苗木は枯れているは・・・
耐寒性の認識のいい加減さとか・・・
いつも送ってくるカタログがなかなか来ないので電話してみると毎回かなりの買い物をしているにもかかわらず「お送りするお客様にはいろいろ条件があるので・・・」とかふざけたことぬかしやが・・・じゃない、仰られちゃったりとか・・・
でも今回はもうサイテイ!
もう、笑っちゃうくらいひどい。

一昨年に注文して送ってきた「エキナセア・パープレア3株セット」
届いてみたら、中の1株はすごく貧弱で「これでも売り物?」というくらい悪かった。
今思えばあの時返品とか交換とかすればよかった。
案の定越冬できずに翌年には消えていた。
それでも「あと2株あるから、まいいか」と寛大にやり過ごした。
そして・・・3年後の今、やっと!その2株が咲いてきたのだが・・・・
こ、これはーーーー!!?

これはそのうちの1株。
ま、これはちゃんとしたエキナセア・パープレアだ。
f0153164_0113259.jpg

だが、これは!?
f0153164_0124950.jpg

エキナセア・パープレアじゃないじゃーん!
花芯は茶色っぽいし花びらの色からすると、多分ホワイトスワンかなにかだろう。
茎の色だって全然違う。
パープレアの方(右)は赤いが不明エキナセア(左)は緑。
f0153164_0145619.jpg

明らかに全然違うシロモノだ。

もーーー・・・・・!
ええ加減にせい!サカタのどアホー!!!
丸々2年も花が咲くのを待って、これかよーーー!!

文句を言って新しい苗を送ってもらっても、花が咲くのはまた3年後だ。
それだったらこの大きくなったパープレアを株分けしたほうがずっと早い。
それでも何だかムカムカして腹の虫が収まらないので、やっぱり電話した。
この電話だってなんでフリーダイヤルじゃないんだー!
ここから横浜にかけるのは電話代かかるんだぞー!

で、結局今はエキナセア・パープレアの苗はないので(こんな、今ではどこにでも売っているものなのにね)返金して「預かり金」として置いてもらうことになった。
でも・・・なんだかムカムカする。
やっぱり腹の虫が収まらない・・・。
ムカムカムカムカ・・・・・・

でもま、エキナセアはそのうち大株になってくれるだろうから、そしたらいくらでも株分けできるでしょう、ということで気を取り直して庭仕事に取り掛かる。
本日の作業は、コレ。
パスにジプソフィラを植える。
石板のスキマにちょぼちょぼ見えるちっこい緑色がそれ。
「ホワイト・ガーデン」に続くパスには、白のジプソフィラ。
f0153164_0243194.jpg

ピンク・ストリートに続くパスには、ピンクのジプソフィラ。
f0153164_025185.jpg

来年はどうなっているかなあ、楽しみだなあ。
来年まで果たして何株生き残っているか・・・?

今回の作業でも勿論大岩ゴロゴロ掘り当てた。
f0153164_0263172.jpg

しかし、最近ではこんなもの「ヘッ」でもなくなってきた。
一抱えある岩でも、バチヅルやバール入れてグラグラするくらいなら全然何でもない、掘り起こし可能のただの石っころ。
60cm、70cmの岩が何でもないただの石ころになってきたら・・・あなたも立派な山庭ガーデナー。
・・・って、誰もなりたかーないか、そんなもの・・・。

はあ、でも・・・もうこんなに寒くなって・・・・果たしてこんなに苦労して植えつけた種蒔きチビ苗たち、無事に越冬できるかしら?
心配だー。
Top▲ | by sukomama | 2009-08-19 23:51 | Comments(10)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin