<   2009年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ローズウォークに着手
今日は珍しく雨がなかったので、いよいよ超難関の「ローズウォーク」に着手した。
しかし・・・・今日一日掛かって植え込み出来たのは・・・これだけ。
f0153164_17502160.jpg

たったこれだけ。
それでも精魂尽き果てちゃった。
なぜなら・・・・
こーんなのがあとからあとから・・・・
f0153164_17511294.jpg

もう分っているとはいえ、これ1個掘り出すのに七つ道具使って渾身の力で掘り出すので、本当にヘトヘトになるのだ。
そして、この場所自体が・・・・
これ。
f0153164_17523287.jpg

この白っぽく見えるのはクマザサ。
全~部クマザサ。
クマザサ、クマザサ、クマザサ・・・・
びっしり!クマザサだらけ。

上部の葉っぱの部分は先日ダーにチョキチョキ切ってもらったのだが、地下はそのまま。
バチヅルを叩き込んでも跳ね返されてしまうくらい、もうびっしり、みっちり、クマザサの根が張っていて、これを取り除くのに、この1㎡あるかないかのスペースで殆ど一日がかりだ。
そして、私が遂行しようとしている愚かな計画は・・・
f0153164_1757528.jpg

この、ネット沿い、幅1メートルほどのスペースをずーっと向うまで、30m近い距離を薔薇と宿根草を植えてロングボーダーにしようとしているのだ。
名付けて「ローズ・ウォーク」

とはいえ別に世のロザリアンのように薔薇だけを集めたローズガーデンを作りたかったわけではない。
カタログとか写真を見て「あ、あれ欲しい、これ欲しい・・・」と無節操に買いまくってしまった薔薇がいつの間にか結構な数になってしまい、植え場所に困って「ええ~い面倒だ、全部まとめてここに植えちまえ」ってことで「ローズガーデン」になっただけ。
薔薇だけでは詰まらないから、これまた植え場所に困った宿根草もここに集めることにした。
しかし・・・この場所は↑にもあったようにうちの庭中で一番過酷な、開墾困難な場所。
果たして今年中に全部植え付け終わるのだろうか・・・・?
Top▲ | by sukomama | 2009-07-31 17:47 | Comments(2)
遠来よりの客人
今日は遠方より客人がここ蓼科へ来てくれた。
そう、山を越えた長野の西からO-chanさんと、アメリカからアップルさんが。
急ぎでの観光なのでどこもご案内は出来なかったが、お気に入りの郭公で一緒にランチを摂ることが出来た。

通常は木曜日定休なのだが、この日は夏のハイシーズンということもあってオープンしていた。
よかった。
畑で取れた自家製野菜を使ってのヘルシーなお料理。
f0153164_1740237.jpg

この他にも前菜や食後のデザートがついていたのだが、例のごとく食べるのに忙しくて撮るのを忘れた。
でも美味しかった!

この後更に標高を上昇して我が家へ。
連日の雨で、この日の予報も雨だったのだが、アップルさんパワーで快晴にしてくれて、庭で寛ぐことが出来た。

今までネット上でしか話した事なかったけど、こうして実際にお会いすると一層親近感が増して嬉しい。
何より「山庭の師匠」O-chanさんに実際にうちの難物庭を見てもらえたので、これからはより具体的なイメージも分ってアドヴァイスがいただけるのでは、と喜んでいる。
短い時間だったけど貴重なひと時であった。
Top▲ | by sukomama | 2009-07-30 17:35 | Comments(2)
ピヨの新居
ピヨたちもうちに来てから一週間が過ぎちょっと大きくなってきた。
とりあえずで入れておいた段ボールも狭くなってきたので、新しいハウスを作った。

一回り大きなダンボールを使って、ライトは上からにして覆いもつけた。
前はダンボールの切れ端で遮光していたが、今度はカーテンもついた。
何より、素晴しいビューハウス!
大きな窓をつけて眺めが抜群。
ピヨたちも今まで閉鎖された箱に閉じ込められてストレスだったろうが、私たちもピヨたちの様子がいつも見られて嬉しい。
f0153164_17313032.jpg

練る時はこんな風に二匹ぴったり寄り添って、頭を前に投げ出してばったり倒れ込むような格好で寝るのだが、いつも「死んだんじゃないか?」と焦る。
f0153164_17331691.jpg

そろそろ箱の外に出して遊ばせたいのだが、スコがすごくクレイジーになるので困っている。
猟犬だしなあ・・・。
Top▲ | by sukomama | 2009-07-29 17:25 | Comments(0)
原村のケーキ屋さん
今日はブログでお知り合いになったスノーマンさんが、私の育苗した苗たちをもらっていただけるということで、原村の新しいケーキ屋さんで待ち合わせた。

この辺りは年々新しい店が出来てくる。
多分ペンションのお客さんや別荘族が客層なんだろうけど、別荘にも最近では永住する人が増えてきているようなので、通年お客さんが入ってくれるようだ。
新しいケーキ屋のグリーンエッグ。
f0153164_19385875.jpg

お庭がよく整っていてかわいらしい感じ。
f0153164_19392934.jpg

ケーキ類が中心だが軽食もいただける。
オリジナルの野菜のアイスクリームが美味しいらしい。
f0153164_19403469.jpg

ビンボー暇無しで、あちこちにいろんな店が出来て「行ってみよう」と思っていてもなかなか外出できない。
そのうちに知らない店がどんどん出来てくる。
最近ではお店の情報をいつもスノーマンさんから教えてもらっている。

スノーマンさんは、ブログのあの美しい画像からはちょっとイメージが違って(アハハ、ごめんなさい!)すごく楽しくて気さくな方。
ずーっと笑いっぱなしだった。
誰かとお喋りしてワハワハ大笑いするのは何年振りだろう。
とても楽しいひと時を過ごさせていただいた。

私も、庭仕事が一段落したら、せめて月に一度は新しい店を訪れられるような、そんな余裕のある生活がしたいなあ・・・サイフに余裕ないから無理か・・・。
Top▲ | by sukomama | 2009-07-27 19:35 | Comments(2)
庭仕事の買い物
先日、ホワイト・ガーデンの植え付けをしている時に、例によってデカ岩が出現したので取り除こうとしたら、スコップが折れた。
はあ~・・・・
f0153164_19183319.jpg

この、中央に頭が見えている岩ね。
結局この岩はとうてい人力では掘り出せなかったので、このまま縦にして置いて庭のオブジェとした。
写真、左下にも別の巨岩が見えるよね。
こんな特に欲しくもなかったオブジェが庭中のいたるところに置いてある。

たまたま下界に所用があったので新しいスコップを買った。
f0153164_19205757.jpg

今度のは軸が鋼製なので、もうちょっと強いかな?
うちでは本当に庭仕事用品がすぐダメになる。
剪定用のノコギリだってもって半年。
一輪車だって数ヶ月でパンク。
道路工事の工具だってもうちょっと長持ちするんじゃないか?

このところ雑草についていつも文句垂れ垂れの私であるが、先週末ガーデン雑誌を買ったらなんと!雑草の対処法の特集が載っていた。
f0153164_19253793.jpg

大抵雑草の対処法としては「早めに抜くこと」「見つけたらすぐに抜く」と「抜く」ことが基本になっているが、ここに書いてあるのは違っていた。
すなわち「雑草を手なずける」「雑草を利用する」

だって抜いても抜いてもあとからあとからすぐ別の雑草が生えてくるじゃん?
だったら何か・・・害のないようなものを生やしておいた方がよっぽど楽。
それに、何も生えていないむき出しの土って植物(自分で植えたものね)にとってもよくない。
そんなわけでこんなものも買ってきた。
庭用バリカン&延長コードもね。
f0153164_1929551.jpg

そう、刈ってしまえばいいのだ。
刈ってしまえば高くならずにそれほどウザクない。
それに、低い高さで花を咲かせることもあるので、もともと自生している山野草なんかかわいくなる。
今まで花切りバサミでチョキチョキやっていたんだけど、もう手が疲れるし血豆だらけになるしで、ちょっと文明の利器の力を借りることにした。
バリカンが小型なのは、植えた植物と植物の間の狭い隙間も刈れる様に。
今までハサミでチョキチョキやっていたところをこれでサクサク少しずつ刈っていくのだ。
しかし・・・ずーっと雨ばかりでこれの出番がこないうちに秋になってしまうのでは・・・とも思う。

只今のピヨちゃんたち。
元気です。
f0153164_19352491.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-07-26 19:15 | Comments(4)
花が見たかった・・・
おととしは、気象観測史上2番目に遅い梅雨明けだった。
2月の一番厳冬期に雪がなく、雨が降ったのを見てすごく恐ろしい気がしたが、やはり夏は異常な天候になった。
今年も、2月に雪が溶け雨が降ったのを見て、すごく嫌な予感がしたが、的中した。
的中して欲しくなかったけど。

5月の中旬に、カーテンやソファカバーを夏物に変えたが、冬用のラグを洗いたいのにずーっと洗えないでいる。
ラグは洗濯機や乾燥機に入らないのでベランダで洗ってそのままベランダの手摺に干すのだが、ビショビショなので最低3日は晴れが続かないとそこそこ乾かない。
つまり、5月中旬からずーーーーーっと・・・「3日連続で雨が降らない」日がないのだ。
いかに異常な気象か分るだろう。

数ヶ月続く雨と低温で、庭の花も咲かなかった。
昨年植えて今年開花するのを楽しみにしていた宿根草たちも、殆ど蕾ができない。
蕾が出来ても皆腐ってしまった。
昨年植えつけて、今年咲くのを楽しみにしていた薔薇も全くだめ。
昨年植えて昨年は花を見られなかったが、今年はたくさん蕾が上がってきてとても楽しみだった。
しかし、蕾ができ始めた頃からずーっと雨が続いてほとんど腐ってしまった。
せめて1個くらい見てみたかった。
どんな色なのか、どんな形なのか・・・。
楽しみにしていたオールドローズも、結局1個も花を見ることなく終った。
すごく悲しい・・・・・。
たくさん蕾がついていたのに・・・・・。

でも、それよりも私がもっと気が重いのは、「今年が特別異常な年」ではないということだ。
山に住んでいるとはっきりと分るが、これは明らかに温暖化が原因。
ということは、これからこうした気象になっていくということだ。
雪のない冬と、太陽のない夏・・・。
庭の植栽もこうした気候に合わせていかないと・・・。

今日の庭仕事。
大型ペレニアル・ガーデンに植え付け完了。
オリエンタル・ポピーとかジギタリス、バーベナ・ボナリエンシスとか・・・
あ、バーベナ・ボナリエンシスは宿根しないんだっけ。
しまった、しまった。
f0153164_2311216.jpg

f0153164_2313316.jpg

小型メドウに植え付け完了。
リナリアとかリナム、サポナリアなど。
f0153164_2332354.jpg

種蒔きしたオミナエシ、リナリア、など。
f0153164_2341123.jpg

カワラナデシコ、リナリアなど。
f0153164_2345872.jpg

先日pripriさんにもらったヘメロカリスと一緒にリナリアなど・・。
f0153164_2365066.jpg

やたらリナリアばかりですねえ・・・。
リナリア・アンティークシルバーやリナリア・パープレア、リナリア・ネオンライトなどいろいろなリナリアを植えた。
だって、リナリアってすごーく丈夫なの。
道沿いガーデンに15年前に2株ほど植えたリナリア・パープレアが、その後なにもしないのにどんどん増殖している。
昨年植えたリナリア・ダルマチカも、秋に植えたのに無事に越冬して、しかも!コボレ種ですごく増えてる。
こんな丈夫なものはなかなかいない。
しかも、花は繊細で色もバリエーションが豊富できれいでかわいい。
放っといてもいろんな色で増えてくれるのでメドウにぴったり。
来年が楽しみだなあ。

毎日10℃ちょっとの気温でトンボも飛び始めハサミムシも出没し始めた。
もう秋だ。
なんだったんだろう、この夏は・・・空しさだけが残る。
Top▲ | by sukomama | 2009-07-25 22:34 | Comments(4)
ホワイト・ガーデン完了
昨日はダーに手伝ってもらってホワイト・ガーデンの雑草を取った。
それほど広いスペースではなかったが、雑草が暴れまくっていたので二人がかりで一日かかった。
今日はそこにまた苗を植えつけていく。

シャスタデージーやリアトリス、ムスクマロウ、マトリカリアなど。
f0153164_2330313.jpg

ラムズイヤー、カンパニュラ、ガーデンの回りにはぐるっとセラスチウムを植える。
f0153164_23333030.jpg

全体を見るとこんな感じ。
さほど大きくはないのだが、ダーと二人かがりで2日かかって完了した。
f0153164_23343751.jpg


この後、今度取り掛かる小花のメドウの雑草をまたダーにとってもらったのだが・・・。
クガイソウやヤナギランなどは手で引っこ抜ける。
クマザサもハサミで小まめにチョキチョキしていれば段々出てこなくなる。
ところが・・・この頃はとんでもない雑草がはびこるようになってしまった。
これだ。
f0153164_23365687.jpg

このシバみたいなやつ。
f0153164_23372142.jpg

これはもう、頑強に地面に張り付いているので手ではとても取れない。
ホームセンターに売っているようなオモチャみたいな「雑草取り」なんか全く役に立たない。
唯一クワかバチヅルで除去できる。
体重をかけてクワやバチヅルの刃を根元に叩き込んで、シバをはがしていくのだ。
それでも力が甘いとクワの刃が弾き返されるくらい強靭な雑草なのだ。
ところが、私は腰を痛めてしまったので、このクワやバチヅルが使えなくなってしまったのだ。
土に刃を叩き込むとき強く腰に来るので。
今回はダーが有給を取っていてくれたから頼めたけど、これからどうしよう?
もう、今、庭中これがはびこってどうしようもなくなっているのだ。
こんな感じでびっしり生えている。
f0153164_23424153.jpg

f0153164_23425838.jpg

これを今日一日掛かってダーに少しの範囲をとってもらった。
f0153164_23435244.jpg

「雑草は早いうちに抜いておけば楽」なんて言うけど、到底追いつかないのだ。
少しずつ抜いていっても生える方が早いので、数メートル四方を抜き終わった時には庭中がコイツらに占領されている。
他の庭はどうなんだろう?
どうしているんだろう?
こんなとんでもないバケモノ芝なんか生えないのかなあ?
Top▲ | by sukomama | 2009-07-23 23:47 | Comments(12)
無事
朝起きて、ぴよぴよの声を聞いて心底安心した。
ダーは心配で、一晩中、3回も覗きに行った。
昨日はぴよたちも緊張して神経質になりずーっと鳴いていたが、今日は静か。
サラは更に大人しく、レイラはしょっちゅうジャンプして脱走を企てるようになった。
それぞれ性格が分ってきて楽しい。
ダーと二人、入れ替わり立ち代り何度も箱を除いては「かわいい~」とニタニタ。
新しい家族が増えて、大変だけど、楽しいな。
f0153164_23254179.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-07-22 23:19 | Comments(0)
娘達がやって来た
今日は朝から出かけて、pripriさんに教えてもらった松本の種鶏場へ出かけた。
松本まで普通なら高速で行くのだろうが、私たちには高速代が払えないので山道を峠を幾つも越えて松本市へ。
着いたのはここ。
f0153164_22484785.jpg

こちらで頂いてきたのが、この子たち。
f0153164_22492836.jpg

ぴよちゃーん!
がわいい~のー!
息子はもういるので、娘が欲しくなりいただいてきました~。(笑)

Sara(サラ)とLayla(レイラ)という名前はもう決めてあったのだが、どちらがどちらか分らないので何か印を付けるか?と思っていたけど、やはり微妙に違う。
何より性格が、片方は勝気で片方は大人しい。
勝気な方がしょっちゅうもう一人を突いて苛める。
体型もちょっと違う。
そこで、勝気な方にちょっとは分別がつく(笑)ようにSara、いじめられっ子の方にもうちょっとポジティブになれるようにLaylaと、名付けた。
ところが・・・!
名前を付けた途端、二匹の性格が変わった!
人間でも、赤ちゃんに名前を付けたときから性格が決まると言われるけど、この子達もそれぞれサラはなんだか臆病に、レイラは妙に元気に強気になってしまった。
不思議~。

そして、種鶏場の人に言われてびっくりしたのだが、雛は1ヶ月くらいは保温が必要それも30度以上を保つこと、なのだそうだ。
そんなこと全然知らなかったので、「鶏は丈夫だから」と思っていたのでびっくり。
30℃以上!?
家に帰りよく調べてみたら、やはり少し成長するまで30℃くらいの保温が必要とのこと。
これを知らないで雛を飼って、死なせてしまう人が多いらしい。
夜や明け方の冷え込みに(といっても人間では全然寒いと感じないのだが)体が冷え切って、朝には死んでいた、ということが多いそうだ。

すぐに電気ヒ-ターをつけて温めたが・・・あ、あづい・・・。
それに、1ヶ月以上も24時間電気ヒ-ターを点けっ放しにしたら・・・電気代払えない・・・。
ということで、すぐにダーにホームセンターに行って電球とソケットを買ってきてもらった。
ダンボール箱でハウスを作り電球を取り付けて中に温度計を置き、なんとかピヨのハウスが出来で一安心。
どうか明日の朝も元気な顔を見せてくれますように・・・。
朝9時に家を出て片道2時間、往復4時間の道のりのあと、保温のハウスを作ったり、ご飯をあれこれ試しに作ったり・・・体温低下で死にはしないかとずーっと夜中まで心配であれやこれやと気を遣ったり・・・で二人ともグッタリで熟睡した。

右がレイラ、左がサラでーす。
f0153164_2392953.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-07-21 22:45 | Comments(2)
ブルーガーデン完了
今日はブルーガーデンに取り掛かった。
昨年いろいろ植えたのに、一年草を結構植えてたり、二年草のサルビアも昨年花が咲いたので消えてしまったし、2種類5株も植えたエリシマムが越冬できす全滅したので、ブルーガーデンには植物があまり残っていなかった。
リナムとマツムシソウくらい。
マツムシソウだって二年草だからすぐになくなる。
そこに改めて青系のものを植えていった。
今度はもう一年草、二年草は植えない。
毎年何かを植え直すのは大変だもの。

移植してきたトウテイランとか今年種蒔きしたエリンジウムとか。
f0153164_22322989.jpg

アデノフォラやアガスタシェ リコリス・ブルーなど。
f0153164_22383868.jpg

セントーレア・モンタナとかデルフィニウム・ブラウアーツベルグ、エリンジウム。
f0153164_22405750.jpg

殆ど今年種を蒔いたもの。
気がつかなかったけど、青系のものを好んで蒔いていたのかな?
半分くらいは生き残って来年花を見たいものだ。
Top▲ | by sukomama | 2009-07-20 22:26 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin