<   2009年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
春への一歩
今日は久しぶりの晴天。
空も真っ青。
しかし、コンサバトリー内の温度がいつまでたっても0℃なので、コンサバトリーの屋根の雪を下ろしてもらったら・・・・
温度がぐんぐん上昇してなんと20℃に。
f0153164_9562128.jpg

この違い。
いかに紫外線が強烈かわかる。
ちなみに室内の温度は暖房をつけていて18℃。

というわけで、日に日にモヤシ化しつつある待機苗たちに危惧を感じつつある今日この頃、気温もいいのでそろそろ日光浴させることにした。
今年の待機苗たち。
全然少ないでしょ?
f0153164_105029.jpg

まだこっちにもちょっとあるけど。
f0153164_1073825.jpg

数が少ないこともあるけど殆どの待機苗は無事に生き残っている模様。
よかった、よかった。
あとは紫外線に当て過ぎるのを気をつけるだけ。

ずっと寒い日が続いてなかなか植えられなかったレモンも、やっと鉢植えできた。
f0153164_1064076.jpg


そして・・・いよいよ種蒔きを決行することにした。
只今の室内温度は18℃前後なので、殆どの種の発芽に丁度よい温度。
明日からの種蒔きの準備。
f0153164_10103217.jpg

一晩水に漬けて。
今まではHB-101を使っていたけど、芽と根がデ~ルの方が安いという情報を読んで、今回はそっちを使用してみる。
今年からもう「ローコスト&ローメンテ」だもんね。

明日から3月。
極寒地にも春が来る・・・。
Top▲ | by sukomama | 2009-02-28 09:55 | Comments(8)
基本は大事
今日も週一の買出しの日なので、下界まで行ってきた。
先週の金曜もそうだったが・・・今日もひどい天候。
雪が降るのはいいんだけど、今の時期、温度が0℃前後して雪だと、もう・・・すっごく危ない。
案の定、ビーナスラインはジャバジャバのシャーベット雪が溢れ、もう滑るわ滑るわ・・・。
この別荘地内は逆に気温が低いので、雪は雪のまま安定していて良かったのだが、一般道は雪とシャーベットでしかも下りなものだから、滑るわ、ブレーキは利かない、ハンドルは利かない、おまけに金曜なのでやたら対向車は多い・・・もうマジで命がけだった。
途中、何度もブレーキが利かなくなり、車体が対向車線の向こう側まで滑っていって、ガードレールを突き破って転落するかと思った。
或いは、そのときに対向車が来ていたら一巻の終り。
命からがら帰ってきた。
やっぱり雪の日はなるべく外出は避けよう・・・。

ところで、先日買った「堆肥の作り方」熟読しているが、これがとってもいい。
買って良かった!
堆肥のことや肥料のこと、基本から応用まで役に立つことがたくさん書かれている。
これから先ずっと庭仕事をするのなら、こうしたものは1冊は手元にあったほうが良い。
鶏糞と鶏糞堆肥では成分がこんなにちがうんだあ・・・とか
堆肥の炭素、窒素の配合は正確でなくてもいいけど、しくみや原理はこうなんだあ・・・とか
草や剪定クズだけだとなぜ堆肥化に時間がかかるのか・・・とか
牛糞堆肥って、長年大量に使用していると土壌に窒素が蓄積して窒素過多になってしまうんだあ・・・とか
身近なもので、どんなものが堆肥作りに使えるのか・・・とか
役に立つことや知っていていいことがたくさん。
これを元に、今年の種まき用や鉢植え用の土や肥料を買ってきた。

種蒔きにしてもそう。
今まで我流でやってきて、昨年は失敗だらけでもうコリゴリ、「種蒔きなんかもうしなーい!」なんて言っていたけどあれは自分に非があったのだ。
種蒔きの達人の方々のブログなどを拝見すると、自分がとーんでもないバカなやり方をしていたのが分ってきた。
で、謙虚にテキストなどを始めから読み直し、種蒔き達人の方々を質問攻めにし、種蒔き関係のサイトでお勉強をして・・・。
目ウロコがいっぱい。
やはり何事もまず基本をしっかりマスターすることが何より大事と思い知らされた。
基本をマスターして、それから自分流に工夫を加えていってもいい。
やっぱり幾つになっても謙虚に、初心忘れるべからずで、初々しい心で学び続けなくちゃね。

昨日とどいたMY LoFE最新号。
やっぱり、のヘラボ特集。
f0153164_165249.jpg

何でこんなにヘラボって人気があるのかなあ?
私、嫌いじゃないけどそれほど凝らなくても・・・という感じ。
やはり「冬の花のない時期に庭を彩ってくれる」から?
しかし、ここではヘラボが咲くのは6月から7月頃・・・・・。
確かに寒冷地には合っているけど、取り立ててそれほど特別扱いするほど希少価値はないんだけどなあ・・・。

まあ、でもバラの冬眠お目覚めの管理とか、手の掛からない庭メンテとか、の役に立つ記事もたくさんあるのでいいけど。
f0153164_1664817.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-02-27 16:13 | Comments(4)
再び長野市へ
今日はまた長野市に遠征。
先日届いた永住権許可の葉書を持って手続きに行った。
多分、長野(の入管)に行くのも今日が最後と、しっかり写真も撮って来た

早朝に家を出たのだが途中ちょっと混んでいたりもして、結局うちから入管まで3時間半近くかかった。
とおーいいー!
入管に付いたのは午前9時半頃。
しかし・・・・
がら~ん。
f0153164_2146310.jpg

だ・・・誰もいない・・・。
品川の入管だと、9時の開場時間なんかに着こうものならすでに600人から700人の外国人がもう順番を待っていて、その日のうちに終るのかどうかさえわからないくらいなのに・・。
長野は・・・・
がら~ん・・・・・。
f0153164_21484692.jpg

約一名。
おいちゃんだけ。
手続きにかかった時間も1分かからなかったくらい。
道中、片道3時間半。
手続き、1分。
はあ・・・・

部屋の隅にはこんな子供の遊び場コーナーもあったり
f0153164_2152578.jpg

授乳室などもあり、明るくて清潔で、受付の人も親切で、一度行ったことのある品川の入管とはえらい違い。
尤も今は東京の入管ももっと不便な場所に新たに作られたらしいので、もう少しはきれいになっているかも。
ともあれ、もう入管には二度と来なくていいのだー!
もう片道3時間半もかけてここまで来ることもあるまい。

そして・・・・
初めて来た時からずーっと気になっていた、怪しくも斬新な、県庁前のインド料理店。
これも最後とやっと写真に撮る事が出来た。
f0153164_21564459.jpg

ね、すごいインパクトでしょ?
市内のメイン通りに突然現れた、一目見て忘れられないこの看板。
絵柄も斬新なんだけど・・・このゾウ・・・。
なぜか飛び出す絵本みたいにこの部分だけ立体的になっているの。
f0153164_220912.jpg

なんでだろう?
どんな意味があるのだろうか・・?
考えれば考えるほど・・・ナゾだ・・・。
しかも、しかもこのインド料理店、ウラもなんとなくすごい。
f0153164_2253445.jpg

アップにすると・・・
f0153164_2225471.jpg

ね。
・・・・・しかも・・・・向いは県庁・・・。
f0153164_2224167.jpg

つまり、ここって県庁とか合同庁舎とかがある、市内の一等地、すなわち長野県でも一等地ってことだよね・・・。
う~ん・・・やっぱりよくワカンナイ・・・。
しかし・・・・それ以上にワカンナイのは・・・・この写真を撮る為に、わざわざ県庁の駐車場に車を停めようとして、でも満車なので駐車場のおじさんに空いている敷地に誘導してもらい車を停め、わざわざここまで写真を撮りに来た・・・ワタシだー!

以前「永住権とれたら、その日に長野市でなにかご馳走を食べよう」なんて見果てぬ夢を見ていた二人であったが、結局この日はダーは午後から仕事なので、入管で手続きを終えると直ぐに帰路に。
茅野に戻ってから、近場のデニーズで昼食をとった。
それでもビンボー夫婦にとっては滅多にないご馳走。
で、ガツガツ貪り食ったので、やっぱり写真はナシ。
Top▲ | by sukomama | 2009-02-25 21:42 | Comments(4)
さっぱりー
先日、コロナの人がヒーター排気口の工事に来てくれたときに、邪魔だったのでどかしたテレビ。
あまりにデカすぎて、もう元の場所に置く気もない。
こーんなにデカいの。
f0153164_21255099.jpg

昔買ったものだから仕方ないのだが、幅1メートルくらいあろうかというくらい、でしかも奥行きが同じくらい長い。
ものすごーく重くてものすごーく邪魔。

こんなバカみたいにでかくて邪魔なもの、しかももうテレビなんか全く見ない。
ダーは「日本のテレビはrubbishu!」と忌み嫌っていたし、私もテレビを見るとすごく不快になり精神的に嫌~な気持ちになって気分が悪くなってしまうので、最近では全く見なくなった。
というわけで不燃ゴミ場に捨てに行くことにした。
ところがこの怪物みたいなテレビ、とてつもなく重いのだ。
ダーと二人、車に乗せるのに随分時間を費やし、手を血豆だらけにしながらやっとのこと積み込んだ。
あー、もうこんなもの絶対にいらない!

不燃ゴミ場に持っていったら今度はこれは電気店に持っていって処理料金を払い引き取ってもらわねばならない、とのことで仕方なく今度は電気店へ。
そこで3千数百円も払ってやっと引き取ってもらった。
あー、こんなものもう絶対いらない!

・・・というわけで、これで晴れてうちはテレビのない生活になった。
あー、すっきりした!
Top▲ | by sukomama | 2009-02-21 21:41 | Comments(6)
読むものが増えてきた・・・
今日は週一の買出しの日。
ついでに図書館に行った。
BISESのまだ読んでいない号とか出ていないかな・・・と思って。
BISESはなかったが、これを借りてきた。
f0153164_2155450.jpg

今までちゃんと読んだことはなかったので、始めから読んでみようと思って。
昔は「園芸家の12ヶ月」というタイトルだったのに、いつからか変わったんだね。

で、少しずつ読んでいるのだが、これがメチャメチャ面白い!
昔はそれほど感じなかったのに、今自分で庭仕事をするようになると、ほんと「うんうん、そうそう!」と納得のことばかり。
一行読むたびに大笑い。
「園芸家にとって常に、気温はいつも高くて暑過ぎだったり低くて寒すぎたり、雨が少なすぎたり雨が多すぎて湿度が多すぎたり、で丁度よくて安心できるときがない・・・」とか、雪が降れば枝が折れないかと気が気ではなく、雪が溶ければ溶けたで露出した植物が心配だし・・・とか、自分そのものでもう笑ってしまう。
国が違っても、時代が違っても、やっぱり庭仕事をする者ってみんな同じなんだー。

そして、家に帰ってみたら・・・これが届いていた。
f0153164_21173488.jpg

Gardeners' Worldの1月号。
先日届いたのは確か・・・10月号だったような・・・。
で、突然1月号。
英国・日本間の郵便事情はよく分らない・・。

1月なので草花の話題はやはり少なく、その代わり・・・
「小鳥ちゃんたちにゴハンをあげよう!」特集。
丁度今日、早く鳥のエサ台作りに取り掛からねばと、曲線を切る為の糸鋸を買ってきたところ。
よく読んで勉強して、早く鳥ちゃんたちをエンターティンしようっと。
Top▲ | by sukomama | 2009-02-20 21:04 | Comments(4)
今日届いたもの
今日、コープから届いたもの。
これ、これ、これ!
これを待っていたのよ~。
「堆肥のつくり方・使い方」
f0153164_205344.jpg

これから植物も増えてくると、庭で使う堆肥の量は大変な量になる。
少しでも節約の為、身近な材料で堆肥を作ることは出来ないものかと、勉強しようと思って。
秋に大量に落ちている落ち葉とか、毎日落とすスコちゃんのフンとか・・・。
生憎うちから出る生ゴミの量はとても少ないのだが、探せばいろいろなものが堆肥になるかも。

・・・それにしても「月刊 現代農業」はすごい。
私はウェブサイトに掲載されているものをちょこちょこ読んでいるだけだがそれでもどの記事も素晴しく為になる。
目からウロコ、というか「そうかあ!」って感じ。
毎月購読しちゃおうかな・・・。

そしてこれ。
f0153164_20593390.jpg

旭山動物園の菓子パン。
かわい~い。
ダーのお弁当用に買ったんだけど、当日お弁当の袋を開けたときにびっくりさせてやろうと思って隠していたのに、しっかり見つけてしまった。
「これ、なーに?」って嬉しそうに聞いてきた・・・。

最近は何でもコープで注文である。
こんな山の中だととっても便利でありがたい。
Top▲ | by sukomama | 2009-02-19 20:45 | Comments(4)
一件落着~
今日、ずーっと待ちに待っていたコロナの人が来てくれて、ヒーターの排気管付け替え工事をしてくれた。
例の、コンサバトリー最大の難問、ヒーターの不完全燃焼。
コンサバトリーの壁をどうやっても、どんなかたちにしても、どーーーしても吸・排気のバランスが悪くなってヒーターが不完全燃焼してしまう。
それで、考えに考え、結局排気管そのものを別のルートで取り付け直し、ベランダ側に出した排気口の位置を変えることにした。

これが今までのヒーターとその吸・排気管。
こんな風に高ーいところまで持ってきて外に出しているのは、ちょうどこの壁の外側に雨戸の収納ケースがあるので、穴を開けられるのは上方だけだから。
f0153164_21124741.jpg

で、どうしたかというと、こうやって吸・排気管を、外ではなく一旦隣の部屋に通す。
f0153164_21144324.jpg

で、こちらはその隣の部屋。
この部屋を通った吸・排気管はこの部屋の壁から外に出す。
f0153164_21155086.jpg

それで・・・こんな感じになりましたー。
なんとかコンサバトリー(左側)を避けて排気口を出すことが出来た。
f0153164_2117949.jpg

これでコンサバトリーはぴっちり壁を作ることが出来るし、コンサバトリー内を当初の予定通りの広さで使える。
やったー!
今までの排気口はこんな感じに塞いで・・・
f0153164_21183851.jpg

ちょっとみっともないけど、まあ仕方ないか。

これでも、新しい排気口の近くにコンサバトリーの壁が出来るので、それでまた幾分通気が遮断される可能性はあるけど、今まであれこれ考えてきた不自然で使い勝手の悪い壁を設置するよりはマシだと思う。
今のところ、もうこれが最善の策なので、これ以上どうしようもない。
なにかあったらそのときはそのときね。

はあ・・・・・・去年からずーっと長い間悩み続けてきた排気口の問題が、これでひと段落。
これで雪が溶けたら一気にまたコンサバトリー作りが進捗するぞー。
ね、ダーさま?
Top▲ | by sukomama | 2009-02-18 21:25 | Comments(6)
やった、やった、やったー!!!
今朝届いた1枚のハガキ。
長野市の入国管理局から・・・・・
おわああああーーー!!!
やったー!!!
ダーの永住権が降りたのだー!!!

9月に長野へビザの申請に行き一緒に永住権の申請書類も提出してきた。
審理とその結果は6ヵ月後に届くことになっていた。
だめかな~?・・・でも、もしかしたら・・・・
と半分期待、半分諦めでダメもとで待っていた。

永住権申請の受理はなかなか簡単にはいかないのだ。
通常日本人の配偶者としてのビザは最長3年。
そのビザを2、3回繰り返してもらい、10年近くたってようやく永住権が認められる。
ダーは初めて来日してから8年とはいえ、結婚してイギリス滞在から帰ってきてからまだ5年しか経っていない。
しかも一度スピード違反で点数ついちゃっていたし・・・。
こんなに早く許可が下りるとはびっくり。
結婚してアメリカに住んでいる妹ももう10年以上経つのに未だに永住権が降りない。
それほど永住権をもらうのは大変なのだ。
だから、ほんとによかったー!

これでもう「交通安全週間」の取り締まりにビクビクすることないし(たった10キロのスピード違反でもそのために次回のビザの申請を却下されることがあるのだ。犯罪などは勿論論外)
正式に個人として仕事を起こすことも出来るし、何より・・・3年おきに遠い長野市まで出向いて高額の申請手数料を払ってビザをもらうことももうしなくていい。
ばんざ~い!!
f0153164_14301572.jpg

「ダーの永住権が降りてから・・・」と思っていた、改名も手続きしようかな・・・
先日は本籍もここ蓼科に移したことだし・・・。
婚姻届を出した時点ではすぐにイギリスに引っ越してそのままずっと永住するつもりだったので、名前は変えなかったのだ。
それに親が私の名前を名義にした不動産がいくつかあったので、「名前を変えると面倒!」と母にブーブー言われたから。
また、自分の名前にまだ未練があったしね。
でも・・・・今、こうしてダーの永住権も降りてこの先ずーっと日本で暮らすかも知れないとなった今、さっぱりと名前を変えて晴れて「夫婦」として出発したいな・・・という気もしてきたのだ。
若い頃は、結婚すると大抵女性が夫の姓になることに、ものすごーーーく怒っていた。
完全に男尊女卑の思想!なんで女が男の所有物にならなければならない!?
それまで馴れ親しんできた自分の名前を捨て唯々諾々と夫の姓に従属する女性達にも怒りを覚えて「男の従属物か!不甲斐ない!」とハラワタ煮えくり返らせていた。
それが・・・・なぜに今更改名か?
・・・・っていうと・・・・・もう飽きちゃったのよー、今までの名前にー。(爆)
今まで生まれ持った名前で十分暮らしてきたんだから、あとの反省は違った名前で暮らしたいなー・・・っと。
それも、英語名よ、ちょっと。(笑)
新鮮じゃない?
アタシ、新しいこと大好きなの!
・・・ってなわけでそのうち裁判所に出向かなくては。
名前を変えるには、裁判所に申し立てをしなければならないので。

結婚した当時、ダーは大学生、私は日に数時間のアルバイト。
二人合わせて収入は僅か12万円。
勿論結婚式も、結婚指輪も、新婚旅行もなくたった1枚の婚姻届を出しただけだった。
しかも・・・婚姻届を出した日は生憎休日で区役所は休み、裏口の守衛室のおじさんに手渡したのだった。
質素な結婚生活のスタートだった。

今、やっと小さいながらも自分達の家を持ち、庭も持ち、ダーの永住権も降り、私もやっとダーと同じ姓になり(今までは表札なんか二人別々の名前だったので同居人みたいだった)・・・・これから夫婦一緒の本当の第二の人生のスタートのような気がする・・・・・。

来週は永住権の手続きにまたまた長野市まで遠出。
今度こそ県庁前交差点のあのアヤシいインド料理店の写真を撮るぞー!(爆)
f0153164_14484254.jpg

Top▲ | by sukomama | 2009-02-17 15:00 | Comments(20)
お食事会
今日はダーの上司ご夫妻にお食事会に招かれた。
会社の経営者でもあるご夫妻の、ご主人は私と同じ2月生まれなので、一緒に誕生日祝いを兼ねて・・・ということでご馳走になった。
奥様のほうも、ダーと同じ3月生まれでなんと1日違いなのだ。
お互い年も近く、同じように子供もなく、東京からの移住組ということで、いろいろ懇意にさせていただいている。
本当はこちらがご馳走しなければいけないのかもしれないが、お言葉に甘えてご馳走になった。
まあ、ビンボーだしね。(ってそーゆーことではないのだが)

場所は、以前から行きたかった、バラクラの向かいにあるイタリアンの「イル・ポルト」。
f0153164_13312421.jpg

ランチセットは2種類ほどの価格があるのだが、遠慮というものを知らない私は高い方のを頼んだ。
前菜に始まって、メイン、デザート・・・・
f0153164_1333183.jpg

f0153164_13333321.jpg

f0153164_13335421.jpg
f0153164_13341089.jpg

いつもは食べるのに夢中ですっかり写真撮るのを忘れてしまうのだが、今日は「何が何でも撮るもんねー!」と意気込んでいたので(こういう豪華な外食は滅多にできないので)しっかり撮影した。
こちらはダーの頼んだちょっとお手頃価格の「パスタセット」
f0153164_13362233.jpg

さすがに隣の皿までは撮影の手が回らずメインのパスタだけしか撮れなかったが、こちらもお手頃価格だけどちゃんと前菜、パン、メインのパスタ2種類、デザートにコーヒーもついてくる。
かなりいいメニューだと思う。
私が好きな「いろいろ種類を少しずつ」な構成だし。

そんな内容の割りにお手軽な価格でなかなか美味しいので(しかもバラクラの向かいなので)殆どの季節来店するお客さんで混んでいる。
でも、ここはランチは予約できないので、順番を待つ人の列が店の外にずら~っと並んでいるのだ。
道なんかいつも駐車場に入りきれない駐車待ちの車が停車していて、かなりウザイのだ。
昼食時に行ってすぐにテーブルに付けるのは今の時期くらい。
ずっと行きたかった店で食事が出来てよかった。

昼食後、ご夫妻とは別れて私らは直ぐそばの「郭公」で買い物。
いつも入り口で店番しているにゃんこ。
見えるかな~?
f0153164_13434880.jpg

ここ、ここ。
f0153164_1344854.jpg

「郭公」では石鹸とマスコバド糖を買って次は富士見町へ。
途中ハーバルノートでもお買い物。
f0153164_13452652.jpg

いつも、店に近付いただけでハーブの良い香りが漂ってくる。
勿論店内もホ~っとするハーブの良い香り。
f0153164_13463230.jpg

ハーブ類は勿論、フルーツも乾燥中。
ポプリとかポマンダーとか作るのかな。
f0153164_13473123.jpg

ここでは、ダーのリクエストでバナナ、ココナッツのフレーバーティー、私の選んだライム・フレーバーティー、そして種を少々購入。
f0153164_1349922.jpg

これは上司ご夫婦にいただいたブーケ。
とってもきれい。
部屋の中にいっぺんで春が来たみたい。
f0153164_1404382.jpg


それにしても・・・・今日は暑かったー・・。
この蓼科でさえ「あっちぃ~!」って感じだったから、他の地域ではさぞ・・・と思っていたら、やっぱり全国的に4月から6月の気温だったらしい。
こんな変な気候だとかえって体を壊しやすいなあ・・・。
Top▲ | by sukomama | 2009-02-14 22:24 | Comments(4)
咲いてきてしまった~
このところの温暖で、土の上の雪はすっかり溶け、殆ど地面が露出した状態になってきた。
そんな昨日、何気にスコと散歩に出ようとアプローチを通り過ぎようとすると・・・・「えっ?」
アプローチ入り口の花壇にスノードロップがー!!
は、早い~!
昨年は3月だったのに・・・・もう花が開きそう。
昨晩から少し降雪があり今朝には10cmほど積もっていた。
でもそれもすぐに溶け始めて・・・昨日のままでまだ開花はしていないけど、ちゃんといらっしゃった。
f0153164_1555086.jpg

でも・・・・やっぱりヤバイよなあ・・・。
一応ここは寒冷地です。
いくら早春咲きのスノードロップとはいえ、開花はやはり平地とは1ヶ月違うはず。
それなのにまだ2月というのに咲いてきてしまったのは、気温が高いのもそうだが陽の光が暖かいから。
つまりそれだけ紫外線が強いということ。
今、この2月でこれだけ紫外線が強いということは・・・これが真夏になったらどうなるんだろう・・・。
考えると本当に怖い。
ただでさえ高山の紫外線は強烈なのに、更にもっと強さを増していったら・・・
ただでさえ高山の紫外線の破壊力は凄まじい。
それが更に強烈になっていったら・・・
とても普通の植物の細胞は耐えられない限界に来てしまうかもしれない・・・・・。
とにかく・・・もう・・・ここでは寒さより紫外線に気を付けていかなければならないのだ。

午後にはコープで注文していた苗が届いた。
f0153164_1523113.jpg

格安のお買い得苗。
プリムラとかホスタとか。
それにしても・・・O-chanさんのブログにもあった「ヒマラヤン・ブルーポピー」というネーミングもかなりアヤシイが・・・・何よ、この「ほんのり香るアロマクレマチス」って名前は。(爆)
系統も書いてないしさ。
多分形からいってヘラクレフォリアの一種だとは思うけど。
「アロマクレマチス」はなあ・・・。
ま、とにかく、嬉しいけど。
明日にでも仮植えしとこう。
Top▲ | by sukomama | 2009-02-12 15:29 | Comments(15)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin