<   2008年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
寒冷地ガーデニング・マガジン
もうずーーーっと雨。
うんざり。
今日で9月は最後だけど、結局殆ど雨ばかりで何も出来なかった。
一年で一番やる事がてんこ盛りの、一番忙しい時なのに・・・・。
ほんっとこの天候が恨めしい。

雨ばかり続くのでやはり具合が悪くなり、皮膚もどうしようもなくなってしまったのでとうとう病院へ行く。
珍しくそれほど待たずに終了。
この諏訪中央病院には、ハーバルノートが監修しているハーブガーデンがあるのだが、いつも忙しくてなかなか見ることが出来ず、今日も急いでいたので写真を撮るのを忘れてしまった。
家でダーとスコがお腹を空かせて待っているので、早く帰らねばならないのだ。
こうしていつも私は外出のときは走っている。

途中本屋へ寄り、頼んでいた雑誌が届いたとのことで取りに行った。
よくお邪魔しているブログの方から教えてもらった、北海道のガーデニング雑誌、「My LoFE」。
北海道って最近、道内まるごとガーデン化キャンペーンとかでがんばっているが、こんな道内オリジナルのガーデニング雑誌まで出版しているとはなかなかの力の入れよう。
f0153164_12183886.jpg

中味は、「耐寒性」に留意した品種選びや育て方など、寒冷地ガーデナーにとって嬉しい情報がいっぱい。
「特集 北海道での冬越しの仕方」など、嬉しいじゃあありませんか。
でもってこの雑誌で紹介しているナーセリーには耐寒性のあるプランツがたくさん取り揃えてあるのだが、うちで冬を乗り越えてくれる植物達がどれも「耐寒性 中」なのにびっくりした。
「中」ですよ、チュー。
もっと屈強な「強」ってのがあって、それを必要としている地域の方がいる、ということなのだ。
へへー、恐れ入りましたー。
そうした耐寒性「強」の植物を必要としている、日本で一番の超極寒冷地にお住まいの方にとっては、うちで難なく越冬できる植物なんかも「なんだ、全然耐寒性ないじゃんー!」ってことになるのだ。
へへぇー、御見それいたしやした。
うちなんか、まだまだヤワな方です・・・。
雑誌の中にも「道南なら越冬できても道東や道北では難しい」という表現が随所で見られ、やはり私らなんか想像も及ばぬ厳しい自然の中でガーデニングをされている方もいるのだ・・・と頭が下がる思いであった。
あ~・・・蓼科でよかった・・・。

午後、ちょっとだけ雨が小降りになったので、ずっと植えられなかったダイモンジソウを植えつけた。
野菜を買いに産直店に行ったら、あまりに可愛い花を見つけてしまって・・・・。
あまり陽の当たらなさそうな木の根元に植えつけた。
f0153164_123306.jpg

ダイモンジソウって、湿気が好きだけど同時に根腐れとかでダメになってしまうことが多いらしく結構難しそう。
この子はどうだろう?
来年もまたこんな可愛い花を見せてくれるかな?
f0153164_12351644.jpg

Top▲ | by sukomama | 2008-09-30 22:14 | Comments(8)
また雨ー?
もう、毎日毎日雨ばかりでほんとうに頭に来る。
おまけにめちゃくちゃ寒い。
寒くなる前にやり終えなくてはならないことが山のようにあるのに・・・。
ほんとに、雨なんか大嫌いだー!

昨日の茅野市の明け方の最低気温は6℃位だったそう。
ということは、うちではやはり0℃くらいだったと思う。
寒さに弱い鉢物を、早く取り込まなければ。
なんでこんなに寒いの?
また平年並みに戻るの?

先日手を付けた水道管凍結防止ヒーター、結局今日も続きが取り掛かれずイライラ。
早いとこやるべきことを全部片付けて、安心して冬を迎えたいのに・・・。

仕方がないので、また料理など作ってみる。
なぜか・・・このクソ寒いのに夏野菜カレー。(笑)
f0153164_17265988.jpg

またまた近所の人にズッキーニとピーマンをもらったので、ナスもあることだし、じゃ夏野菜カレーでも作ってみようか、ということで。
なかなかはけない茗荷の甘酢漬けを、このときとばかりたくさん盛って添える。
もう夏じゃないけど、お味はとっても美味しかったです。

で、カレーを食べた後なにかデザートも、ということでチョコレートケーキ。
f0153164_17302862.jpg

中にはクルミと大きめチョコチップを入れて、味はなかなか。
トッピングはこれもクリームチーズとホイップクリームのブレンド。
美味しかったけど、2切れ食べたらハナヂ出そうになった。
やはり甘いものはほどほどに・・・ね。
Top▲ | by sukomama | 2008-09-29 17:41 | Comments(2)
水道管ヒーターの取替え
今朝8時の外気温、3℃。
突然急激に下がった。
この時間で3℃ということは、明け方の最低気温は0℃近かったのでは?
うそでしょー、まだ9月だよー。

コンサバトリーも急ぐのだがそれ以上に一番心配なのが水道管の凍結防止ヒーター。
家が出来た当時から一度も取り替えていないので、取り付けてからもう15年になる。
といってもおととし私たちが引っ越してくるまでは、冬季は全く使用しなかったので、実際に使用した年月は実質一昨年からの2~3年くらいかもしれない。
それでもやはり耐久年数があるのか去年はあちこちでトラブルが発生し、極寒の中ほんとうに大変な思いをした。
いろいろな理由で毎日、毎朝水道管が凍った。
凍っても町の水道屋は来てくれない。
「便利なクラシアン」も「忙しくて当分行けません」。
自分達で-10数℃の大雪の中、新しいヒーターを巻き直してその上から毛布で覆ったりと、涙ぐましい努力で昨冬を切り抜けたのだ。
もうあんな辛い思いはしたくない。
多分もう寿命に近いので、全部のヒーターを新しくすることにした。

例年水道管が凍結する気温に達するのは10月頃なのに、今年はなんだか異常に寒くて、もしかしたら冬の訪れも一ヶ月近く早まるかもしれない。
10月に手を付ける予定でいたヒーターの全面巻き替えを、即実行することにした。

しかしぃー・・・さぶい!
日中でも9℃しかない。
しかもどんより曇っていて今にも振り出しそうで、暗くて寒い。
私が外に出て作業できる最低気温はギリギリで10℃なのだが、それも下回っている。
外に出てヒーターのカバーをはがすうち、10分もしないうちに病気の症状が出て耐えられなくなった。
家に入りヒーターで体を暖め、また外に出て作業し、また少しすると家に入り・・・を繰り返してなんとか全てのヒーターのカバー部分をはがすところまでいった。
f0153164_17141295.jpg

f0153164_17144394.jpg


「痛い、痛いー!」と泣きながら作業する私にダーは「もうやめろ!」と怒鳴ったが、彼には任せられないのだ。
冷水と温水がどこをどう通っていて、どのヒーターがどこからどこまで巻いてあって、どこの電源と連結するか・・・。
節電器のセンサーはどこについているか、どこにセンサーをつけると、どの管のヒーターが作動するか・・・。
これをもし一箇所でも間違えると大変なことになる。
とっても複雑怪奇なのだ。
こうした入り組んだややこしい構図を把握するのは、彼はすごーく苦手。
勿論、それを再生することも。

カバーを外したところで写真も撮り、更に冷水と温水の構図をイラストに描き、使用しているヒーターの起点と終点、長さなどを書き込んでいく。
あまりに寒いので、本日の作業はここまでとした。
f0153164_17151473.jpg

Top▲ | by sukomama | 2008-09-27 16:47 | Comments(10)
漬物作り
今日は一日買出しに出ていたので、庭には立たなかった。
雨も降っていたので、本日は家内で漬物を作ることにする。

茗荷の塩酢漬け。
先日、茗荷の甘酢漬けを作ったのだが、一向に手をつけていない。
出来は良かったの。美味しいし・・。
しかし・・・・・私は甘いものが好きではないのだ。
特にご飯のおかずに甘いもの、なんてちょっとね・・・と、この部分だけ珍しく日本人ぽさをアピールしちゃったりしている。
イギリスで知人のお宅に泊まったときは、朝食に砂糖の塊がベッタリかかった極甘ペストリー(菓子パン)を大皿に山盛出していただいて、貧血起こしそうになった。

そんなわけで甘酢漬けは殆ど食べられなかったので(ダーはこうした漬物とか、梅干とか納豆とか豆腐とかおでんとか、日本的ドメスティックなものは苦手なので勿論一口も食べない)思いついて「甘酢漬け」でなく「塩酢漬け」を作ってみた。
果たして味はいかに・・?

野菜の味噌漬け。
最近味噌漬けづいてる私。
先日道の駅はくしゅうで買った、地元の人が作った味噌漬けがとても美味しかったので、これなら私にも作れるかも?と挑戦。
やっぱりこういう塩辛いものが好き。

ちなみに・・・本日使った茗荷も、きゅうり、ナスなども、全て頂き物である。
f0153164_19544475.jpg



夕方晴れてきたのでスコットの散歩に出かける。
山の道を歩いていて、ふと顔を上げると・・・信じられない光景が。
一本のサワフタギが夕陽を浴びて、この世のものとも思われぬ美しさで輝いていた。
全身びっしり青い実を付け、若葉色の葉が夕陽を受けて金色に輝き、青い実が黄金色のハイライト効果で更に彩度を増して・・・・あまりの美しさに圧倒された。
サワフタギって、もしかしたら今の季節が一番この樹の良さを認識できるのかもしれない。
うちにもサワフタギが2、3本あって特にこれといって取り柄のない木だったので、来年はランブラーを数本絡ませようと思っていた。
形がいい具合にパラソル型なのでね。(このような、沢を塞ぐような樹形からサワフタギと言われるらしい)
でも、今日この素晴しく美しい光景を目の当たりにして、その計画は即座に却下された。
来年からはせっせと肥料やって、いっぱい実を付けさせよう・・・・。
単純。

でもね・・・イギリスのガーデンではこの青い実がとても好まれていて、サワフタギの園芸種?があちこちで植えてあるのよ・・・。
Top▲ | by sukomama | 2008-09-26 20:08 | Comments(4)
今年の反省と来年の計画 ①
今朝8時の外気温、11℃。
日中の最高気温13℃。
日に日に朝の気温が低くなりつつある。

そろそろ冬の足音が少しずつ聞こえてきそうな今日この頃、今年の作業を振り返って、記録の為気が付いたことなど書き留めておこうと思う。
まだ庭に緑が残る今のうちに、できるだけあっちこっち写真を撮って、冬の間あれこれ来年の計画を練る一助としたい。
①としたのは、これからまたいろいろ気に入らないことや反省点が出てくると思うので。

それでぇ・・・今年の大きな失敗の一つがこれ。
f0153164_212838100.jpg

何が失敗かと言うとーぉ・・・これ、じぇーんじぇんダメ。
このフェンス。
これじゃ全然表通りからの目隠しにならない。
あと、このフェンスに続くオーチャード・ストリートに植えた木々や果樹も。
全部失敗。

完全に外から見えない、外界から隔絶されたプライベートガーデンにするには、この場所だと、少なくとも2mくらいの中低木を並べて植えて、更にその隙間に1.5mくらいの低木を密に植えないといけない。
そして更にその隙間に背の高い宿根草などを植える。
ここまでしないと通りからの視線を遮ることが出来ない。

初めはここにツルものを絡ませればいいと思って、ハニーサックルやクレマチスを植えた。
ここは南側なので木をたくさん植えてあまり暗くしたくなかったしね。
が、このままではスカスカで全然目隠しにならない。
通りを通る人が皆、歩きながら中を覗いていき、通る車はスピードを緩めて中をジロジロ観察していく。
もう、すごく気分悪い。
「ナンか用ッスかー!!」と怒鳴りたくなってしまう。
ここに2mほどの低木を植えても、それで出来る日陰なんかたかが知れてる。
植えた植物の生育に支障をきたすほどのものでもない。
それに・・・・今では、一日中陽に当たるより、数時間でも日陰になったほうが植物の為に良いと分ったし。
来年はびっしり低木を植えよう・・・。
ちなみに・・・このベンチの横に植えたバイカウツギも、灼熱の紫外線の為、葉っぱが黄色くチリチリに焼けて枯れてしまった・・・。
来年はもっと日陰に植え替えないと・・・・。

ゲラニウム・ロザンネイ。
この子はほんとに優秀。
他のゲラニウムは夏場、ちょっと途切れたり、今の時期にはもう終っちゃったりしているのに、これだけはずーっと咲き続けている。
花も大きいし色もきれい。
ブルームス・コレクションなので少々お高いけど、来年余裕があったらもっと増やしたいな。
今のところブルームス・コレクションはどれも満足している。
アラン・ブルームスもカッチョイイ人だったし。(笑)
f0153164_21483881.jpg

カリホーが今頃になって返り咲いている。
気温の低さもあってものすごく色がきれい。
グリーンマーケットではこれが直径2mくらいの巨大株になって満開に花をつけていたが、うちでもそうならないかなあ・・・・ならないだろうなあ・・・
f0153164_21541258.jpg

今になってやっと花が咲いたダッチェス・オブ・エジンバラ。
4月におぎはらで苗を買って6月に咲いてみたら紫の別種のクレマチスだった。
新しいものをもらって植え直したのだが、これもまた別のクレマだったらどうしよう?とかなり心配していたものだ。
とりあえず本物のダッチェス・オブ・エジンバラでよかった。ホッ。
f0153164_21571121.jpg

Top▲ | by sukomama | 2008-09-25 22:04 | Comments(4)
百合予定地
先日サカタとかタキイで注文した百合の球根、そろそろかなあ?いつ来るのかなあ?
と思って注文明細書を見てみたら・・・げげえ!?
なんと12月!それも12月中旬以降!
その頃にはもう地面は雪で覆われているし、土だって凍結している。
まして百合の球根なんか深植えなのに・・・掘るのは無理じゃん。

・・ということで今から穴を掘っておかなければならなくなった。
他のショップではもう来月辺りに届く予定なのに・・・ブツブツ・・・。
でも欲しい品種がここでしか買えないので仕方ない。
場所を決めて、以前買っておいた「球根掘り器」でグリグリ穴を開ける。
この「球根掘り器」は10cmしか掘れないので、スコップで更に深く掘っていく。
掘った穴にポットを埋めて、目印の支柱を立てて完了。
f0153164_22231649.jpg

これで、到着した球根をここに入れて土を被せればいいんだけど・・・実はその頃には土(袋入りの培養土)も凍っているのだ・・・。

ところで百合って増えてくれるのかなあ?
高かったし、ずっと欲しかった品種なので増えてくれるといいなあ・・・・つうか、その前に食べられないように気をつけねば・・・。

玄関に飾っているインパチェンス。
ここは朝の30分~1時間ほどしか陽が当たらないのに、すごく元気いっぱい。
うちにある植物で、こんなモリモリ元気な姿を見せてくれたのはこの子だけだ。
こんな短時間しか陽の当たらない場所でも、半日陰が好きな植物にとっては居心地がいいんだあ・・・。
最近は今までの思い込みを覆させられる事ばかり。
f0153164_22274669.jpg

Top▲ | by sukomama | 2008-09-24 22:32 | Comments(9)
ノコンギク移植
ダーがせっせとコンサバトリー作りに精を出している間に、(時折「ぐーうっ!」とか「うわああ!」とか「くっそー!」とか聞こえてくるが、無視する)私はやり残した庭作業の続きを。

ノコンギクがいっぱい生えてきて、これはこれできれいなんだけど、ここは来年ハーブガーデンにしようと計画しているので、移植することにした。
f0153164_2242468.jpg

ノコンギクの群生地。
f0153164_2234322.jpg



ノコンギクの薄紫と、ハギのピンクがきれいそう・・・とハギ(これも自生)の隣に植えたが、よく考えたら咲く時期が全然違った。
まあいいや、あとで考えよう。
f0153164_2265393.jpg

キッチンの窓から見えるところにも移植。
外に出て見る機会も減ってくる時期なので。
f0153164_2275283.jpg


ほんとは、勿体無いので自生地に生えている全部を移す予定であったが、掘り起こしてみるとなんとノコンギクって地下茎で増えているの。
だから少しだけ植えておいても結構増えそうなので、全部移植するのはやめた。
・・・と同時にそこはかとなくイヤな予感・・・・
爆増殖したら・・?・・・
Top▲ | by sukomama | 2008-09-23 22:12 | Comments(2)
コンサバトリー 6
本日の作業はここまで行った。
縦方向の梁だけだと雪の重さで屋根のポリカがたわんでしまうので、横方向にも梁を組んだ。
で、屋根材を乗っける。
f0153164_21414620.jpg

f0153164_21433586.jpg

今日は1枚までで終ったが、なんか段々といい感じになってきた。
屋根材は、中が細かい空洞になっているポリカの板に同じくポリカの波板を重ねた。
これでかなり強度ができたし、保温もありそう。
ポリカの板はどれも切らないで、買ったままのサイズをそのまま使う。
重ね部分が多いので、更に保温ができそう。

ポリカの穴あき板は、セルフビルドの菅原さんから教えていただいたもの。
また、このままでは横に渡した4×4の梁が重くて歪んでくるので、縦の柱は何本も入れたほうが良いとのアドヴァイスに従い、これから柱も入れる予定。
この柱は窓の枠にもなるものなので、今は固定せず、つっかえ棒の様に入れておくだけにする。
窓に取り掛かるのは来年の予定なので。
窓の作り方や、材料なども、先日菅原さんのお宅でいろいろ教えてもらった。
冬の間窓のデザインをあれこれ考えよう・・・。

で・・・これから面倒なのが・・・これ。
f0153164_21534084.jpg

FFヒーターの排気口。
このまま壁を作ったら中で酸欠で死ぬ。
この排気口をどうやって避けるか?
なかなかヤヤコシイ難題なのだ。
・・・つうか、コンサバトリー作りで一番な問題かも・・・。
Top▲ | by sukomama | 2008-09-23 21:40 | Comments(4)
頂き物を食す
今日も朝から雨。
もう、ウンザリー!
やる事が山積みなのに、毎日毎日雨ばかりで全然はかどらない。
外で作業できるのは今月一杯くらいなので、本当に「イライラする。

仕方がないので家の中で出来ること、先延ばしにしていたことなどに手を付ける。
まず、昨日マメママさんからいただいた栗を茹でた。
圧力鍋で5分、すごく簡単&短時間で美味しく茹で(蒸し?)上がる。
取れたて、新鮮なので美味しい。
f0153164_19384866.jpg


次に、先日米屋でもらったニガウリを料理する。
塩揉みして茹でてから、ワカメと醤油マヨあえ。
下ごしらえをしっかりするとさほど苦味は気にならないが、料理して少し時間を置くと更に苦味が消えて食べやすくなる。
一緒に映っているのは「卵の味噌漬け」
美味しいけどちょっと塩辛い。
味噌漬けなんだから当たり前だけど。
f0153164_1941315.jpg


最後に・・・近所の人にもらったカボチャでパンプキンケーキを作る。
カボチャのお菓子というといつもはパンプキンプディングなので、今日は初めてケーキに挑戦。
トッピングはチーズクリーム。
うん、なかなか。
f0153164_19443551.jpg


というわけで、今日は一日頂き物お料理づくしであった。
Top▲ | by sukomama | 2008-09-22 19:47 | Comments(4)
スコットの親戚
マメママさんが丸子町の別荘に来ていると言う電話をいただいたので、スコットを連れて遊びに行った。
マメママさんは、ウェスティーのママ・千尋ちゃん、パパ・マメ吉くん、娘のヒロちゃんの3頭のウェスの飼い主さん。
千尋ちゃんはスコットと同じ犬舎で、スコットと近い親戚でもある。
スコットと出会ったのも、マメママさんの紹介で。
丸子町はうちから30分程、さほど遠くないので、午後から出かけた。

玄関で3頭のウェスにギャンギャン、ギャンギャン、賑やかに出迎えられスコットもかなりびびったけど、そのうちみんな仲良くなった。

マメパパと娘のヒロちゃん。
f0153164_19204165.jpg

スコットのいとこの千尋ちゃん。
とても近い親戚なので顔が似ている。
f0153164_19213758.jpg

おいおい、そりゃ私のケーキだよ、ヒロちゃん。
f0153164_19235268.jpg



スコットは殆ど野犬状態なのでボッサボサだが、こちらのウェスたちは皆綺麗にウェスティーカットされていて、お育ちが良さそう。
合計4頭ものウェスに囲まれて、賑やかなとても楽しいひと時を過ごした。
ボサボサスコットにトリミングをしてもらいとっても可愛くしてもらった上、帰りにはお手製の大福、たくさんの梅干漬けやブドウ、山で採って来たクリなどたくさんいただいて来た。
スコットには、異常に気に入ったチーちゃんたちのおもちゃまでもらった。

帰りに白樺湖に寄りスコットを散歩させた。
すると・・・・なんと、ここでもウェスに出会った。
ウェスのオーナーさんって、お互い知らない人同士でもすごく親近感があり、すぐに声を掛け合ってしまう。
この時もお互いちょこっと挨拶などして少しお話した。

今日は不思議な、ウェス三昧の一日だった。
Top▲ | by sukomama | 2008-09-21 19:09 | Comments(4)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin