カテゴリ:イギリス 2015年( 29 )
Top▲ |
英国・里帰り&庭巡り リンカーンでの盛りだくさんな一日⑤
ガーデンのメインエリアに戻ってきて今度はお屋敷の裏手をウロウロ。
寄せ植えがゴージャス。
f0153164_13415471.jpg

f0153164_13571583.jpg

さりげなくオブジェが。
f0153164_13423033.jpg

水の流れ落ちる一角。
f0153164_1345255.jpg

お屋敷の裏が広いエリアになっていて、ここが今日のウェディングセレモニーのメイン会場みたい。
f0153164_13484988.jpg

準備されているゲームで遊んで楽しそうなダー。
壊すなよー。
f0153164_13494122.jpg

何?何?フィッシングゲーム?
f0153164_13502821.jpg

アヒルちゃん釣りね・・・
かわいいー。
1個欲しいな。(これこれ)
f0153164_13512468.jpg

テントの中がパーティ会場?
f0153164_13521330.jpg

わあ~・・・かわいい!
お屋敷の中でパーティをするのでなく、やっぱりガーデン・パーティなのね。
f0153164_13542048.jpg

外にはいろんなゲームが並んでいて・・・
f0153164_13553377.jpg

こんなのとか・・・
f0153164_13555786.jpg

こんなのとか・・・
f0153164_1356186.jpg

こんな素敵なガーデンで、こんな楽しく心のこもったセレモニーで祝ってもらえるカップルは本当に幸せだなあ。
きっと末永く楽しく暮らせることでしょうね。

そうして再びお屋敷正面に戻って来た。
あ~、本当に素敵なガーデンだった!
f0153164_13593445.jpg

こぢんまりとしたそれほど広くはないガーデンだったけど、すご~く私の好み!
だだっ広くないから手入れもちゃんと行き届いていて、どこをとってもきれいだし。
こういうガーデンが好きだなあ。
なにより一通りどこも見て回れるし、歩き疲れないしね。
ウェディングパーティの雰囲気一つ取ってみても、このガーデンの雰囲気が分かると思う。
とにかく、可愛くて、楽しくて、きれい!
ずーっと私たちに同伴してくれたワンコもとっても可愛かった!
最後に「よし、よし、いい子だったね」と名残を惜しんだ。
f0153164_1464048.jpg

連れて帰りたいくらい可愛かったあ。
お別れが寂しいなあ。
f0153164_1471550.jpg

f0153164_1473179.jpg

皆でワンコにお別れを告げてガーデンの門を出る。
ガーデンの前にはこれまたかわいいコテージが。
f0153164_149494.jpg

ホテルのランクのプレートが貼ってあるので、このガーデンのホリディ・コテージかな。
ここでは宿泊もできるのかも。
コテージの隣にはクラフト・ショップが。
f0153164_14121167.jpg

このガーデンでは何人かのクラフツマンを抱えているそうなんだけど、このオブジェとかもそうした職人さんの作品でしょう。
で・・・この支柱?ポール?がすっごく気に入ってしまって・・・
これこれ、このポピー!
特にこの花が終わった後のカッパちゃんの支柱!
これ、欲しいー!って思って買おうとしたのだけど・・・長過ぎてスーツケースに入らない。
機内持ち込みにするのも手続きがなんだか面倒そう・・・ということで諦めたんだけど、いつかアイアンの工房で作ってもらおうとしっかり写真に収めてきた。
ほんと、これかわいいわあ・・・
f0153164_14164761.jpg

そんなこんなの・・・ほんとにいいところでした。
初日のガーデンが当り!だったので気分もウキウキ。
次の目的地へ。
Top▲ | by sukomama | 2015-06-27 10:38 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り リンカーンでの盛りだくさんな一日④
ガーデンを奥に進むと段々鬱蒼としたエリアになってくる。
f0153164_19433894.jpg

こんな木陰のベンチも気持ちよさそう。
f0153164_19442655.jpg

さらに奥には池に続く道が。
この池の散策も気持ちのよいお勧めコースらしい。
行ってみたかったけど、でも時間がかかりそうなのでここは引き返すことに。
f0153164_19473752.jpg

引き返して、今度はメドウに出た。
f0153164_1948528.jpg

あ、またワンコ。
この子がねえ・・・なんか私たちと一緒にいるのが楽しいのかずーっと一緒についてくるの。
f0153164_1951179.jpg

このメドウがほんとに素敵で・・・
オーナーさんが土地を開墾して種を蒔いて地道に作ってきたものだけど、よくここまできれいにできたなあ、と。
f0153164_1953232.jpg

ワンコ、ほんとに嬉しそう。(笑)
f0153164_19535746.jpg

始め、行きたいガーデンをリストアップしているとき、ここのウェブサイトを見てオーナーさんが自力で土地を開墾している様子になんか共鳴しちゃったのと、このメドウの可愛さに即決したのであった。
メドウはイギリスのガーデンでも一番人気のあるガーデンで、いろんなガーデンにいろんなメドウがあるけど、ここのメドウは本当に「カワイイ」!
オトメの心、鷲掴み!(笑)
f0153164_19585072.jpg

ワンコもカワイ~イ!(笑)
f0153164_19593213.jpg

メドウを抜けて、またかわいいガーデンに戻りま~す。
f0153164_2003710.jpg

小さなエリアに区画されているんだけど、どこもほんとにきれいなの。
植物の状態も花の状態も、とてもきれいに手入れされていて。
f0153164_2022812.jpg

どこを見ても「わあ~」「わあ~」・・・って感じで。
f0153164_2035568.jpg

はあー・・・うちも梅雨さえなければねえ・・・
気温も低いからきれいな状態が保てるはずなのに・・・・
本州のお庭ははどこも梅雨でめちゃめちゃになっちゃうんだよねえ・・・
梅雨がなくて夏が涼しくて・・・ほんとイギリスが園芸大国なのはそれなりの要因があるんだよねえ・・・
f0153164_2071680.jpg

ワタシ的に、ここもとても好き。
チェスのボードを模したスモール・ガーデン。
いい雰囲気~。
f0153164_2083221.jpg

この、チェスのコマがすっごくいい感じなの~。
こんなの庭に1体だけあっても素敵なオブジェだなあ。
欲しい~。
f0153164_2010161.jpg

庭の片隅にこんな一角、いつか作りたいなあ。
f0153164_20111771.jpg

そうそう、これも・・・
こんな風に通路の一部にネットのフェンスをを張って、何色ものスイートピーを絡ませるの、いいアイディアだなあ・・・と思って。
一年草の香りのいいやつね。
f0153164_20124574.jpg

ほんと、ここのガーデン、好きだわぁ。
f0153164_20144861.jpg

ロマンティックでとってもかわいい・・・
f0153164_20155127.jpg

ネペタも、梅雨さえなければこんな風にイイカンジのカーブでシャキっと茂るのに・・・
f0153164_20161245.jpg

f0153164_20163266.jpg

オーナーさんが散水中。(笑)
この、右に通じるパスもね・・・
f0153164_20174271.jpg

これも一つ一つ・・・手作りしたんだよねえ・・・
そうやって自分たちの手でコツコツ作って来たところも、好きだなあ・・・
f0153164_2019992.jpg

Top▲ | by sukomama | 2015-06-27 08:35 | イギリス 2015年 | Comments(4)
英国・里帰り&庭巡り リンカーンでの盛りだくさんな一日③
mumの家でちょっとお茶した後、皆で始めに向かったのはHall Farm。
ここはそれほど大きなガーデンではないのだが、個人(なのかな?)でコツコツと作り上げたとても可愛いガーデンなのだ。

カーパークに車を停めて。
どこのガーデンもカーパークは緑の芝生。
イギリスではガーデンでアスファルトにライン入りの駐車場なんて見たことないなあ。
f0153164_1940049.jpg

ここがそのお家。
マナーハウスだったのかな?
個人の家にしては大きいものね。
f0153164_19413279.jpg

入ってすぐのところにレイズドベッドが。
匍匐性のものが彩りよく。
それにしてもいい天気・・・なのはいいけど、これでは写真がきれいに撮れないなあ・・・。
f0153164_20193482.jpg

とっても愛想のよいワンコがお出迎え。
すごくフレンドリーでかわいい。
f0153164_19462410.jpg

早速中に入ってみる。
よく手入れされた可愛いガーデン。
f0153164_19473982.jpg

やっぱりレンガ造りのの家とよく似合うなあ。
つるバラって絶対こういう壁に這わせるのが一番きれいだよねえ。
f0153164_19484863.jpg

さらに奥へ。
f0153164_19504871.jpg

ここに来て、PLフィルターを車の中に置き忘れてきたことを後悔。
でも取りに戻るの面倒だし・・・
うう、コントラスト強すぎ・・・
f0153164_19525966.jpg

mumとJhonさん。
f0153164_19541330.jpg

植栽の色味がソフトで優しい。
女性のガーデナーかな。
f0153164_19552626.jpg

ガゼボの中にあったのは、結婚パーティで使うくじ?みたいなもの。
今日はこれからパーティーがあるんだって。
f0153164_1957570.jpg

素敵~・・・でもってカワイイの。
しかし・・・日差し、強いー!
せっかくの柔らかな色彩がコテコテに・・・・
f0153164_19581196.jpg

f0153164_19584140.jpg

一角には小さな池もある。
池の周りには水辺の植物が植えてあり落ち着いた雰囲気。
f0153164_201452.jpg

結婚パーティのゲスト用の席がセッティングしてある。
なんか楽しそう。
f0153164_2014718.jpg

と、後ろを向くと先ほどのフレンドリーワンちゃんが池を泳いでいるではないか!
水、好きなの?
魚みたいに、植物の隙間を縫ってスイスイ泳いでいる。(笑)
f0153164_202578.jpg

芝生の上ではパーティ用の何かを作っている。
何でしょう?
でも、なんだか手作りイベントって感じで楽しそう。
f0153164_2053921.jpg

大きなアーチをくぐって。
f0153164_2061756.jpg

庭の雰囲気は、かわいい感じからナチュラルな植栽に変わってきた。
f0153164_2071587.jpg

でもやはりどこもきれいに手入れされている。
f0153164_2081569.jpg

あまりに広すぎると手が回らないけど、個人で管理するにはこのくらいで丁度いいのかも。
f0153164_2091433.jpg

とってもナチュラルでさりげないんだけど、ちゃんと考えられてデザインされて植栽されているんだよねえ。
f0153164_2011218.jpg

Top▲ | by sukomama | 2015-06-27 06:41 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り リンカーンでの盛りだくさんな一日②
mumとJhonさんは去年までスコットランドに住んでいたのだけど、もう年だし少しでも子供たちの近くにいた方が安心できる、ということでイングランドに引っ越してきたのだ。
彼らの子供たちは(ダー以外は)ほとんどがイングランドに住んでいる。
スコットランド人のmumとJhonさんにとって、自国を出るのは寂しかったと思うけど、良いところが見つかってよかった。
以前住んでいたパースもいいところだったけど、ここリンカーンは小さな町だけど活気があって明るくてここはここでいいところだと思う。
何より・・・私たちが会いに行くのに近くなったし。

私たちが泊まっているPremier Innから車で数分の近くにmumたちの家がある。
ここがその一角。
可愛い家が並ぶ区画の真ん中にはきれいな中庭が。
f0153164_1510133.jpg

どの家もとってもかわいい。
それぞれのお家が庭に趣向を凝らしていて。
f0153164_1510621.jpg

ここがmumたちの家。
フロント・ガーデンがきれいに手入れされていて素敵。
f0153164_1595666.jpg

mumとJhonさんの熱烈歓迎を受けて家の中に通してもらう。
おじゃましまーす・・・
家に入ってまず右にJhonさんの書斎。
f0153164_1594832.jpg

書斎というか・・・趣味の部屋?(笑)
Jhonさんはミニカー(というか、呼び方があるんだけど忘れた)が大好きでたくさんのコレクションを持っている。
f0153164_1594319.jpg

コレクションはたくさんあるけど、部屋はすっきりと片付けられて整然としている。

廊下にかけられたミラー。
額の部分の鳥の絵がかわいい~。
mumは鳥が大好きで、二人の趣味はバードウォッチングなのだ。
f0153164_1593654.jpg

廊下の一角。
以前送った、私が描いた絵をわざわざ飾っておいてくれている。
蓼科山と冬眠中のヤマネを描いたもの。
その心遣いが嬉しいですね。
右上のランプシェードにも鳥さんが・・・
f0153164_1592929.jpg

リビング。
素敵~・・・
インテリアはmumによるものだけど、ほんとにセンスが良いのよ~。
デコレーションも程よくまとめられていてお洒落だし~・・・
あ、ソファ横に投げ出してあるきちゃないバッグはダーのね。
f0153164_1591928.jpg

とーっても居心地が良いの。
うちと全然違う。(笑)
ゴミ箱だってちゃんと見えないところに隠しているし。
前の家もそうだったけど、mumはほんとにほんとにセンスの良い人で、自分でカーテンを縫ったりキャンドルをたくさん飾ったり、食器や家具も素敵だし、ファッションもアクセサリーもいつも素敵だし・・・
そうそういつも送ってくれるクリスマスやバースデイのギフトもセンスのよいものばかりだしね。
私はいつもお手本にさせてもらっている。
もう・・・絶対絶対うちには呼べないわ・・・(笑)
この、左に見えるドアからコンサバトリーに続いている。
f0153164_1591158.jpg

コンサバトリーへ。
f0153164_1585925.jpg

小さいけれど、すごく居心地のよいコンサバトリー・・・
うちのコンサバトリーみたいに泥とかコケとかカビなど勿論ない・・・(笑)
f0153164_1584963.jpg

アンティークのチェストにクッションを置いてベンチにして。
f0153164_1584067.jpg

コンサバトリーからお庭に出られます。
f0153164_1583149.jpg

こちらはテラス。
f0153164_1582337.jpg

広くはないけどとてもきれいに手入れされていて、これまた居心地よい。
f0153164_1581258.jpg

庭の隅にはブランコ・ベンチが。
これに座ってユラユラしながら庭を眺めながらワインをちびちびなんて・・・極楽ですね~。
f0153164_158248.jpg

いつもmumの家に行くと素敵なインテリアやきれいに整備されたお庭とかにうっとり感動して、すごくインスパイアされて帰って来る。
でも家に帰ってゴチャゴチャの室内やドロドロの山庭に向かうと・・・気持ちが萎えてしまうのであった・・・
う~ん・・・なんでmumの家はあんなに物が少ないんだろう・・?
Top▲ | by sukomama | 2015-06-27 04:53 | イギリス 2015年 | Comments(2)
英国・里帰り&庭巡り リンカーンでの盛りだくさんな一日①
朝はやっぱり早起きさん。(笑)
鳥よりも早く、夜が明けるずっと前からもう目がギンギン。(笑)
だって、日本時間のお昼過ぎたらいくら私でももう寝ていられない。
寝るの飽きた。
しかし・・・
やっぱりPremier Innはいいなあ。
部屋はきれいで広いし、お湯はたっぷり出るし。
特に、このリンカーンのPremier Innは新しいのでとても居心地が良い。

昨日買ったフルーツとヨーグルトで朝ごはん。
f0153164_1859660.jpg

があーーーー・・・!!
ナニこれーーーー!
フルーツ、メッチャうめーー!!
一口食べた瞬間「うをおお・・!」と叫んじゃうくらい美味しい。
このっ!このっ・・・扁平モモ!
これがまたすっごく美味しいの!
ヘンな形だから(笑)買う時一瞬躊躇したけど・・・買ってよかったわー。
想定外の美味しさ!
日本の桃なんて柔らかくてジューシーだけど、甘さはばらつきがあるでしょ?
でもこの扁平モモ、すごく甘くて美味しいの。
勿論このイチゴも美味しい!
日本のイチゴって、色も形もきれいなんだけど、味がイマイチでかなり酸味が強かったりするけど、イギリスのイチゴは本当に甘くてジューシーで美味しい。
やっぱり露地栽培で殆ど無農薬だからかな。
どのフルーツも甘みが濃厚なのね。
日本のフルーツって色形は世界一綺麗だけど、味はイマイチなんだよなあ・・・やっぱり湿度の高い国だからねえ。
気候もそうだけど、農薬の凄さがなあ・・・・
ヨーグルトも美味しい。
イギリスの乳製品は本当に美味しい。
日本とは牛が違うからミルクの濃さが全然違うのだ。
きっと製法も違うのだろうな。
・・・などどささやかな朝食に舌鼓を打ちつつ深く考察いたしながら、美味しく堪能したのであった。

そのうち夜も明けてそろそろダーのmumのところへ出かけましょうか、という時刻に。
外に出てホテルの外観をパチパチ。
f0153164_1859128.jpg

見よ!このイギリスらしくない真っ青な快晴の空!
f0153164_18585544.jpg

これが今回の私たちの頼もしいパートナー。
三菱のなんたらという車。(←車、全然分かんない)
f0153164_18584994.jpg

写真で見るとそうでもないように感じるけど、実際はやっぱりデカいのよお。
f0153164_18584331.jpg

ところで、車の列の後方にカラフルな人たちが集合しているのが見て取れるけど・・・
彼らはサイクリストたちなんだけど、この時は全然気にも留めなかったんだけど後で、ここに彼らが集まっている訳を知ることになったのだ。
さて、それでは待ちに待ったmumのお家に出かけましょう。

ところで・・・イギリスに帰ってきて自国に戻ったというのに、ダーはいつの間にか十数年暮らした日本での習慣がすっかり身に染み付いてしまったようで
「あ、しまった!お辞儀しちゃったよ!」
と悔しがっている。(笑)
廊下ですれ違った人と挨拶をする時もついお辞儀。(笑)
運転中に、譲ってもらった相手に挨拶する時もついお辞儀・・・・
あっちでペコ、こっちでペコ・・・・(笑)
「あっ!くそー!またお辞儀しちゃったよー!日本人みたいだ!」
と、すっかり日本人になってしまったダーなのであった・・・(爆)
Top▲ | by sukomama | 2015-06-27 02:54 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り やっぱりこの時が一番Happy・・・なの④
今までは空港で多額の日本円をポンドに両替していたのだが、レートのことをよく調べたらこれが一番損なことが判明した。
なので今回は空港で両替はせず、できるだけカードを使うようにした。
カードのレートの方が若干お得だからだ。
あとは現金が必要な場合の為にATMでキャッシングする。
どうなるかは分からないが、試しに今回はこの方法で行くことにした。
なので、空港で荷物を受け取った後はすぐにHertzのピストンバスに乗ってHertzオフィスへ向かった。
f0153164_17252631.jpg

今回もエコノミーなコンパクトカーを予約していたのだが、実際に用意されていたのはHertz会員の特典?で何だかよく分からないけどワンランク上に変更された車種だった。
しかし・・・・それが・・・・なんだかミョーにデカい車・・・
コンパクトカーだとイギリスの狭い道を走るのも丁度良いのだが、こんなにデカいとどこかでぶつけそう・・・
それにガソリン食いそう・・・
しかも!しかもですよ、ディーゼルなのよ、これー!
イギリスではディーゼルって普通のレギュラーガソリンよりも高いのよー。
ただでさえガソリンの高いイギリスで更に高価なディーゼル・・・・それも燃費悪そうなデカい車・・・とほほ・・・・
ほんとはただのコンパクトカーに変更して欲しいのだけど、チンタラのんびりのオフィスでまた時間を無駄にするのももったいないので仕方なくそのまま出発したのであった。

途中いつものようにスーパーで夕食と明日の朝食を購入。
f0153164_17252140.jpg

f0153164_17251764.jpg

あとはダーのmumとJhonさんの住むリンカーンへまっしぐら・・・・

リンカーンに着き、今日は疲れたのでこのままホテルにチェックインして、mum達に会うのは明日にする。
いつものPremier Innにてチェック・イン。
部屋には・・・・
きゃああぁぁぁx---・・・・・・
f0153164_17251163.jpg

なっ、なっ、なんでジェリービーンズがあーーー・・・!??
おい!持って来ちゃったのかよー・・・!?・・・
結局、車中に残すのは忍びなくてはるばるイギリスまでJBを持参したダーなのであった・・・・とほほ・・・

今回はかなりの宿泊をPremier Innにした。
お値段もリーズナブルだけど、何よりもシャワーとお風呂がある!
しかも「使えるシャワー」!
バスタブだってちゃんといっぱい熱い湯が溜められる!
もうね、これはね、何よりも代えがたい、宿泊施設に何より私が求めるもの!
宿泊で疲れが取れるのって・・・すごく大事!
f0153164_1725775.jpg

こうしてこの晩は風呂に入ったら夕食もとらず即行熟睡であった。
只今の日本時間、朝の6時だもんね。
なにはともあれ、無事UKの大地を踏むことができてよかった、よかった。
Top▲ | by sukomama | 2015-06-26 18:23 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り やっぱりこの時が一番Happy・・・なの③
機内の様子。
f0153164_1572996.jpg

キツキツのエコノミークラス。
私でもきついくらいだから、体の大きい人は辛いだろうなあ。
ダーも隣で苦しそう。
このきつさで長距離の国際線は・・・辛いよなあ。
ずっと座りっぱなしだったら、そりゃエコノミー症候群にもなるわなあ。
死ぬまでに、ファースト、とは言わない、ビジネスクラスに1回でも乗ってみたいけど・・・無理だろうなあ・・・

席について暫くするとやがて機体は走り出して、大好きなテイク・オフ。
何回、何十回経験しても大好きなこの瞬間。
ノロノロと動いていた機体が、滑走路の手前まで来てしばし停止。
やがてエンジンの回転数が一気に上がって全速力で滑走路を走り出す。
そして前輪が地面を離れ後輪が離れフワッと浮く瞬間・・・全身に気圧がのしかかるこの瞬間・・・最高ー!
あー、もうこのまま死んでもいい!って思うくらい・・・

・・・・
そんな興奮もどこへやら、すでに機体は安定した飛行に入り、そうなってくると手持無沙汰~。
今度は頭の中は食べることに意識が移行。
メシまだかなあ・・・
窮屈で退屈極まりない長時間のフライトでのささやかなお楽しみは機内食、別名ブロイラー養成食。
ずっと座りっぱなしのところに、次から次と食べ物をつぎ込むので。
早速私はワインを注文。
後で何かで読んだら、機内では気圧の関係でアルコールを飲酒するのはとても体に負担がかかるのだって。
この時は知らなかったので「飲まなきゃソン」というビンボー人根性丸出しで飲みまくっていたけど、次回からは慎ましくアルコールは控えようっと。
f0153164_1572425.jpg

間もなく運ばれてきた食事。
なぜ飛行機の機内食が不味いのかって・・・これも何かで読んだなあ・・・
忘れちゃったけど・・・でも理由を知っても、やっぱり不味いものは不味いなあ。
f0153164_157188.jpg

そのあとは例によって映画を見たりウトウトしたりトイレに行ったり・・・・
一人でイギリスに行っていた頃は、少しでも体を労わるためにできる限りの時間を睡眠をとることに集中していたけど、今はもうどーでもいっかー・・・て感じ。
やはり一人旅と、夫、それも英国人が一緒なのとでは精神的な緊張感が全然違うのであった。

そうこうして時間を潰している間に機体は北欧の上空に。
フィンランドの上あたりらしい。
さすが森と湖の国、きれいそうだなあ・・・寒そうだけど・・・
今度フィン・エアーが日本にも就航することになり、それを利用してヒースローまで行くと、途中ヘルシンキで30分ほどウロウロできるらしい。
それもちょっと面白そう。
ヘルシンキ空港でシナモンロール買えるかなあ。
f0153164_1571485.jpg

そして、いよいよ目的地のヒースローへ近づいてきた。
嬉しいなあ。
あと2時間半。
でも、毎回この到着までの最後の1時間とか2時間がとっても長いんだよねえ。
f0153164_157935.jpg

そしてまたしてもお食事。
これは、朝食だったかな?
ブロイラー養殖なんて言ったけど・・・実は機内食だけではお腹が空いて、搭乗前に買ったあのじゃがポックルを貪り食っていた私なのであった。
う~ん、広いガーデンをたくさん歩いてカロリー消費しなくちゃ。
f0153164_157579.jpg

そうこうしているうちにもうじきイギリス上空~。
f0153164_157050.jpg

f0153164_1565521.jpg

テムズが見えてきた!
f0153164_1565011.jpg

実はこの写真、私が窓の外の写真を撮ろうと通路をうろついていたら、CAのお姉さんが親切にも「撮ってあげましょうか」とカメラを受け取って、景色のよく見える場所から撮ってくれた写真なのだ。
おねーさん、ありがとう!
きっと私を、初めてイギリスを目にして舞い上がってるいじらしい観光客と思ったのね、ま、殆どそうなんだけどね。(笑)
f0153164_1564487.jpg

はあ~・・・なつかしいテムズ川・・・
f0153164_1563979.jpg

そしてとうとう空港に到着ー。
f0153164_1563494.jpg

懐かしいUKの空気。
懐かしい独特の臭い・・・・

今回は入国審査もさほど混んでいなくて割とスムーズに流れて通過できた。
前回はひどかった、物凄い人、長蛇の列で1時間以上?かかったかな。
おまけに「入国審査を通ったらその場所で待っていて」ってダーに言っておいたのに、勝手に階下に降りて荷物を取りに行っちゃったので、審査を通り過ぎてもダーの姿が見えなくて、私は一人でずっと探し続けて大変だったのだ。
(ダーは英国人なので自国民用のゲートをサーっと通過するだけの簡単審査なのだ)
今回はちゃんと待ち合わせ場所でスムーズに合流し、二人して荷物引き取りに。
f0153164_156291.jpg

お、ダーのスーツケースが流れてきた。
f0153164_156994.jpg

今までは、布製の大きなバッグを2つも3つも背負っていたのだが、今年はやっとちゃんとしたスーツケースを買ったので移動がすっごく楽!
布のバッグにはキャスターが付いていなかったので、すべて肩にかけたり手で持って移動していたのだ。
十数キロもある大荷物を手で持って階段上ったり電車に乗ったり、移動するのはそれはそれは大変な難行苦行であった。
キャスターがついてるってすっごーく楽~。
しかも最近のスーツケースは薄手になっているので軽い、軽い。
もっと早く買うんだったー。

帰ってきたぞー、UK!
不味いスタバはもう飲まんぞー!(←しつこい 笑)
Top▲ | by sukomama | 2015-06-26 15:05 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り やっぱりこの時が一番Happy・・・なの②
無事に成田に到着。
うう、懐かしい・・・2年ぶりの成田空港。
f0153164_17361074.jpg

搭乗するBAのチェックインカウンターへ向かう。
f0153164_17395051.jpg

もう成田からヒースローへの直行便はBAだけになってしまった・・・寂しい・・・
以前はJALや全日空の国内航空会社、BAとヴァージン・アトランティックなどいろいろ選択肢があったのに・・・。
大好きなヴァージンももう就航を終わってしまったし。

と、そんな感傷に浸る間もなく突然空港ロビーで店を広げるにこさん。
何やってんだ・・・?
ダーがこっそり私のスーツケースにジェリービーンズを忍ばせていないかチェック?
いや、いや、チェックイン書類の確認です。
f0153164_172949100.jpg

無事に荷物を預けて身軽に。
f0153164_17294412.jpg

時間は、離陸までまだ2時間ほどあるので余裕。
さあて・・・ここからが楽しい時間。
f0153164_1729396.jpg

この、11時の「ロンドン行き」のBA6ね。
f0153164_17293453.jpg

いつもそうだけど、こうしてチェックインカウンターで荷物を預けた後、空港内のショッピングゾーンをウロウロしている時間が、実は一番楽しいのであった。
これから始まるバカンスにウキウキ、ワクワクしているこのひと時。
やっぱり最高に楽しい。
もう、ずっとここでこうしてウロウロしていたいくらい。(笑)

ロビーの休憩エリア。
座っている人、見事に殆ど皆携帯に夢中でおかしい。
f0153164_17292896.jpg

秋葉原の電気ショップが空港に進出。
たくさんの中国人観光客が群がっていた。
勿論、TOTOの温水便座、ウォシュレットも売っていた。(笑)
f0153164_17292360.jpg

おもちゃ売り場にはトトロが山積み。
f0153164_17291866.jpg

そんなこんなしているうち、私たちの乗る機が到着した。
ロンドンからの長旅を終えて今成田に到着したのだ。
f0153164_17291164.jpg

搭乗口にどんどん近づいてくる・・・
f0153164_1729742.jpg

近すぎてパイロットのネクタイの柄まで分かるくらい。(笑)
f0153164_1729292.jpg

これから点検をして再びロンドンへと折り返す・・・
f0153164_17285791.jpg

・・・ってマジ?
大丈夫なの?
もう十数時間飛び続けてきたのにまたすぐUターンしちゃうの?
そんなに機体を酷使して大丈夫なのかなあ・・・?
とかなり不安に。
でも、ほかの航空会社も皆こうやってるのかしら?
うう・・・どうか無事にヒースローに着きますように・・・

という私の不安もよそに、ダーさまは一人ロビーに備え付けのマッサージチェアで寛ぐ。(笑)
f0153164_17285324.jpg

「おい、何やってんの、無駄なお金使わないでよ」
「まあ、いいじゃん、これから楽しい旅行なんだから」とワケ分からぬ。
普段はマッサージなんか全然興味ないのに、出発前のウキウキでなぜかマッサージ。

そろそろ時間も迫ってきたから、搭乗口に移動しよう、と長い廊下を搭乗口に向かった。
搭乗口付近にも小さな売店がいくつかある。
店内をウロウロしていたら・・・
あー!じゃがポックル見つけたー!
f0153164_17284837.jpg

以前、妹からの北海道土産でもらったじゃがポックルがとても美味しくて、また食べたいなーと思っていたのだ。
まさかこんなところで再会するなんて・・・!
きっと中国人観光客目当てなのね。
中国人には北海道が人気らしいので。
空港のあちこちにも中国語で書かれた北海道の土産物ポスターが貼ってあるもの。
でもダーはじゃがポックルよりこちらの巨大スルメが衝撃的だったみたいで、何枚も写真を撮っていた。(笑)
ほんと、デカい。
f0153164_1728437.jpg

出発の搭乗口で待つ人々。
f0153164_17283780.jpg

エコノミーの一般ピープルはこうやって手持無沙汰で搭乗できるのを待っているのだけど、ファーストクラスやビジネスクラスのリッチピープルは一足先に早々と機内に入れてもらえるのよね。
あの時の、エコノミーの人混みを縫って悠然と搭乗する人たちを見ていると、「タイタニック」で金持ちから救命ボートに乗せてもらってビンボー人は指加えて眺めている、あれ思いだすなあ・・・。
ま、それはともかく・・・・
やっと時間が来て私たちも搭乗できました。
f0153164_17282631.jpg

Top▲ | by sukomama | 2015-06-26 08:27 | イギリス 2015年 | Comments(0)
英国・里帰り&庭巡り やっぱりこの時が一番Happy・・・なの①
朝、3時20分に家を出て5時前にはすでに八王子通過、6時には成田に着いてしまった・・・
おいおい・・・離陸予定時間11時なんだけど・・・いくらなんでも早過ぎ。

今までイギリスに行くときは、東京の実家までうちの車で行って、実家の駐車場に車を停めて電車とタクシーで成田に行っていた。
しかし、母がホームに入居したので実家がなくなった。
今年はどうしよう?といろいろ模索した結果、車で成田まで行ってしまえ、ということになったのだ。
今までイギリスに行った帰りは、東京の実家から蓼科のうちに帰るのだって車の運転はそれはもう疲労困憊で大変危険だったのに、成田から蓼科までなんて・・・絶対途中で事故起こしそう・・・と始めは自分たちの車でなく、空港タクシーを使うつもりでいたのだ。
多少金額がかかっても安全には代えられない。
空港タクシーなら自宅まで迎えに来て空港までダイレクトに行ってくれる。
帰りも勿論空港から自宅まで直通。
すっごく楽。
ところがよくよく問い合わせてみると、茅野市内はどこでも来てくれるのだが、うち地方だけ来てくれないんだって。(笑)
山だから。(爆)
なによ、それ。
というわけで結局、決死の覚悟で自分たちで成田まで運転することにしたのだ。
行きはまだいいの。
ワクワク興奮してるし、それまでの生活リズムが普通だったら多少早く起きて長距離運転しても、それほど大変ではない。
問題は帰りよ、帰り。
旅行の疲れと時差とで体力も限界、疲労でフラフラなのに自宅まで長時間の運転・・・
絶対無事に帰宅できなさそう・・・
でも仕方ない、他に方法がないのだから。

というわけでうちから成田まで余裕をみておよそ5時間くらい・・・ってことで3時過ぎに家を出たのだ。
そしたら・・・6時に着いた・・・
仕方ないので空港パーキングの直前にあったセブンイレブンでちょっと仮眠をとることに。
f0153164_1823355.jpg

ちょっとうとうとしたらやっと7時半になった。
じゃ、そろそろパーキングに向かいましょう・・・ということでその前にもう一度スーツケースやバッグの中をチェック。
そこでダーがおもむろに旅行バッグを開けると中にはダー愛用のジェリービーンズが・・・
f0153164_18225928.jpg

「何・・・これ」
「だって・・・飛行機の中で眠るのに必要だと思って・・・」
「やめてよ、置いてってよ!」
「え~、でも置いてくのは寂しいなあ・・」
「そんなもんに貴重なバッグのスペースとるなー!」
「う~ん、やっぱりやめようかあ、持って行くの・・・」
ということで無事、ビーンズちゃんは旅行中車の中でお留守番ということになった、やれやれ。

自分たちの車で成田まで・・・といっても、旅行中、車は空港近くのパーキングに停めておく。
空港の周辺にはたくさんの私営パーキングがあるのだが、あらかじめいろいろ調べて、口コミランキングで評判の良い空港パーキングに予約をしておいた。
駐車料金は激安でもあまり対応が良くなかったり、旅行期間に車を移動されて傷つけられたり・・・というパーキングもあるらしいので、パーキングは慎重に選んだ。
パーキングに8時少し前くらいに着く。
愛車とはしばしのお別れ。
ここは預けている間に車を動かしたりしないので安心。
f0153164_18225412.jpg

パーキングのカウンターで手続きを済ませたら、パーキングの人の運転する車で空港へ。
運転手のおっさん。(笑)
f0153164_18224928.jpg

無事8時ちょっと過ぎに成田空港に到着。
Top▲ | by sukomama | 2015-06-26 03:53 | イギリス 2015年 | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin