2008年 02月 29日 ( 1 )
Top▲ |
ナツロウバイ、届く。ビオラ・・・死す?
先日お亡くなりになっていたナツロウバイの代替品が、昨日届いた。
それはいいんだけど・・・ヤマトが電話してきて、別荘地の入り口まで取りに来てくれとのこと。
雪があるのでうちまで来れないというのだ。
なんなの、それ?
だって同じ時に、コープの宅配も佐川もちゃんと来てるのに・・・それってただの怠慢じゃない?
でも「取りに来られなければ、自分で荷物を持って歩いて届けます」なんて言うので「じゃ、そうしてください」と言いたい気分をぐっとこらえて、ダーに車で取りに行ってもらった。
ダーが言うには「まだ運転慣れていないんじゃないの?」だと。
長野にはもっと険しいところもあるのだぞー!
雪だって北部じゃ豪雪なんだぞー!
・・・と、言いたいところをぐっとガマンしてその場は収めた。
私って、おとな。
でも、今度また同じことを言ってきたら・・・キレるかもしれない・・・。

ま、とにかくナツソウバイは届いた。
確認のため枝を折ろうとしたら柔らかく折れない。
よし、よし、これなら生きている証拠。
春の芽出しを期待しましょう。
f0153164_1993033.jpg


午後になってちょっとウトウトしていたところ・・・本日もいい天気なので、またいつものように「ゴゴゴゴォ~!」と物凄い轟音と共に屋根の雪が落ちてきた。
「うるさいなあ・・」と思いながらもついウトウト・・・・と、「し、しまったあ!」
急いでベランダに出てみると・・・日光浴のために外に出していたビオラのポットが陰も形もない。
すっかり屋根からの落雪に埋まってしまっていた。
急いで雪をホリホリして助け出したものの、数時間雪に埋もれていたためすっかり変わり果てた姿に・・・。
f0153164_19142794.jpg

悲し~い・・・ちょっと高かったのにー・・・。
特に気に入っていた色だったのにー・・・。
かわいそうなビオラちゃん。
生き返ってくれるかなあ・・・。
f0153164_19145888.jpg


キッチンの窓から見た眺め。
以前は蓼科山が眼前に迫って絶景だったけど、木々が伸びてすっかり隠れてしまった。
木の枝の茂った向こうになんとなく白い山が見えるの、分るかなあ・・?
f0153164_19173381.jpg

Top▲ | by sukomama | 2008-02-29 22:54 | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin