クラブアップルが来た!
先ほど、先日注文しておいたクラブアップル&その他の樹類が届いた。
嬉しい~~~!
もう・・・小躍りしたくなっちゃう。
ずーっと欲しかったんだよねー。
f0153164_19174999.jpg


ここ何年もクラブアップルが欲しくてあちこち探し回ったけど、日本にはまだあまり入って来ていないようでなかなか見つけることが出来なかった。
欧米ではどこにでもある、日本で言えば桜のような樹なのにね。
でも最近ではターシャ・テューダーの影響で「クラブアップル欲っしい症候群」の患者数がうなぎ上りに増え、あちこちの園芸ショップでは問い合わせに追われていたらしく、昨年の終わりごろから今年にかけてあちこちのショップで販売するのを見かけるようになった。
先号のBISESでも載ってたしね。

でも、私がクラブアップルを欲しかった理由はそうじゃあないの。
まずは昔から好きなイギリスの石鹸メーカー、「クラブツリー&イヴリン」。
「香り好きなら絶対エヴリン」と言われるこの薔薇を、今年こそは是非お迎えしようと思うの。
で、エヴリンを植えたら絶対「クラブツリー」だよね!・・・ってあんまり根拠ないんだけど・・。
まあ・・・私にしか理解できない理由ではあるが、そんなわけだ。(どんなわけ?)

そして、何よりの動機が、うちの庭で私が一番好きなのがエゾノコリンゴだから。
キッチンの窓の前に植わっているんだけど、ここに植わっているのは以前から知ってたけど全然興味はなかった。
いつも蓼科に来る時期はこの樹には花も実もないときだったから。
「ふ~ん・・・」って感じで。
そうして十数年も経った一昨年の初夏、生まれて初めてこの樹に花が咲くのを見た。
もう・・・・・・・なんてことなの!!?っていうくらい美しい。
ここらにいっぱい自生しているズミの花が好き、って言う人が多いが、ズミの花なんか足元にも及ばないくらい美しいのだ。
蕾も花も本当に純白で、それが各枝にびっしり花をつけ、満開の様子はほんとうに夢のよう。
キッチンで朝昼晩料理をするたびに、ダイニングで食事をするたびに、毎日毎日うっとり窓の向こうを眺め続けた。
はかなく短い花の期間ではあるけど・・・・。
f0153164_19204096.jpg


で、あるときこのエゾノコリンゴとクラブアップルの花がよく似ていることを知った。
もともとマルス族だしね。
エゾノコリンゴは完璧な純白なのに対して、クラブアップルは淡いピンクや濃いピンク、赤に近いものなど華やかな色合い。
でも花の大きさや形、枝の付き方、咲き方は同じだし、花の後に出来る実も似ている。
今回私が購入したのは、蕾が濃いサーモンピンクで、花が淡~いピンク。
この色合いが欲しくてずっと探していたの。
これからはクラブアップルも少しずつ普及してきて、あちこちで見られるようになるかもしれない。
f0153164_19335848.jpg


今日は今年初めて苗たちを日光浴させてあげた。
ずーっと真っ暗な部屋の中で、モヤシになってきちゃったからね。
いきなり直射日光はきついので、日陰で少しずつ慣れさせて。
なんか苗の販売コーナーみたい。
f0153164_19225286.jpg
f0153164_1923631.jpg

Top▲ | by sukomama | 2008-02-22 19:28 | Comments(6)
Commented by 0-chan at 2008-02-23 08:44 x
いい苗が届きましたね~!
私が探して探して2年前に届いた苗は もう少し小さかったです^_^;
やっぱ寒冷地は 少し張り込んで大き目の苗を買わないと
すぐ1回目の雪に会って枝が折れての繰り返しで、
思うように大きくならないんですよネ
なので今回 にこさんが買った苗木は やる気満々な感じなので 
期待大ですネ(^・^)
ちなみに私がクラブアップルを探したのは ブログ友達のアメリカ在住
アップルさん(HNもクラブアップルだった;)の前庭にある木が
むちゃくちゃキレイで大木だったので、
それに憧れたのが始まりでした。欧米じゃポピュラーな木なんですね~

木に咲く花の見ごろに出会うのは 住んでる者の特権です(^・^)
花木を増やしていくのって、庭の景色の変化が如実なので
きっとこれから楽しくなると思いますヨ♪
日向ぼっこしてる苗っこたちもみんな がんばれ~~(^◇^)
Commented by sukomama at 2008-02-23 10:18
O-chanさん
仰るとおり、ここではかな~り生育が遅いので、チョットくらい高くても大き目の苗を買うことにしました。
といってもそんなに高額じゃなかったけどね。(私が買える位だから)
でも樹はなかなか大きくならなくてもとりあえず丈夫だから、植えておけばほっといても育ってくれるので安心ですね。
そう、クラブアップルってアメリカやイギリスでは、日本の桜とかツツジみたくどこにでもある花木なのに今まで日本にあまりなかったのは、きっと寒冷地に適した樹だからかもしれないですね。
ほんと、自分の庭に花木を植えられる幸せは田舎暮らしの特権ですね。
(この辺では庭を作りたくてこっちに引っ越してきたというお宅も結構あります)
草花も好きだけど、やっぱり花木だ~い好き!
Commented by スコタイ at 2009-05-02 19:01 x
初めまして。クラブアップルは英名で、和名はハナリンゴ、学名(正確には属名)ではマルス(Malus)。これらはみな同じ花木のことです。ハナリンゴ・エゾノコロンゴ<蝦夷の小林檎>(学名:Malus baccata var. mandshurica)は種名のことです。桜<サクラ>で例えると桜にあたるのがハナリンゴで、ソメイヨシノ〔種名)にあたるのがエゾノコリンゴです。ハナリンゴ・ハナカイドウ(学名;Malus halliana)、ハナリンゴ・ミカイドウ(学名:Malus x micromalus)、ハナリンゴ・ヒメリンゴ(学名:Malus prunifolia)も種名または種小名のことです。

ハナリンゴは寒さに強く桜に比べて寿命が長いので、アメリカのニューヨークやボストンなどのニューイングランド地方では、ハナリンゴが多く植栽されています。ニューヨークのニックネームのビッグ・アップルからも想像がつくと思います。

そういう意味では日本でも冬の寒さが厳しい、長野県や北海道、東北地方などで、もっと色々な種類のハナリンゴが植えられて綺麗な花が見られると、私たちとしては嬉しいですね。
ハナリンゴは桜の後に花が咲きだし、蕾が紅色またはピンクなので、桜とは違った美しさがあると思います。
Commented by sukomama at 2009-05-02 21:47
スコタイさん
はじめまして。
私もちょっと調べましたが、マルス族ってとてもたくさんあって、しかも交雑しやすいのですごく複雑ですね。
うちにはズミもエゾノコリンゴもあるのですが、この二つは交雑しやすいと書いてありましたが実際このハーフのような木もあるんです。

日本は殆どの地域が高温多湿なので今までクラブアップルはあまり見かけなかったのですが、最近は少し出回るようになって来ましたね。
でもやはり日本の気候にはなかなか向かなくて、病虫害が多そうです。
クラブアップルの園芸種はとてもきれいな花のものが多いので、もし機会があったらもっと増やしたいですねえ。
Commented by 大阪っ子 at 2011-01-14 11:13 x
このクラブアップルはどこで購入されました?教えてください
Commented by にこ at 2011-01-14 14:31 x
大阪っ子さん
こんにちは。
このクラブアップルは「園芸ネット」さんで買いました。
こちらのショップではいろいろ種類もあるようですよ。
クラブアップルは本来寒冷地向きの木なので、暖地で植えると薔薇や桜と同じくとても病虫害が多いので、殺菌・殺虫は必須のようです。
お世話が大変なこともあるかと思いますので、よくご検討されて購入するとよろしいかと思います。
素敵な花と、たわわな美しい実が見られるといいですね。
<< 確定申告 | ページトップ | デンジャラスな季節 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin