英国・里帰り&庭巡り 近郊のガーデンとサンクチュアリ③
次にやって来たのはリンカーンの市街地からも結構近いWhisby Nature Parkという自然公園。
mumとJhonさんはバードウォッチングが趣味なので、よくこのパークに来るそう。
カーパークに車を停め入口から歩いていく。
f0153164_17171747.jpg

ワンコの為のこんなものまで。
立派なトイレ。
f0153164_17171190.jpg

大きな池の周りをぐる~っと一周できる散策路が通っている。
池の周りにはところどころ小さな小屋があり、細い窓の隙間から水鳥たちの様子を見ることができるようになっている。
東京にいた頃よく行った水元公園みたい。
池の中には小さな島がいくつか点在する。
ここは鳥たちのコロニー。
f0153164_1717613.jpg

拡大してみると・・・
わ~、鳥が一杯。
f0153164_1717031.jpg

f0153164_1716553.jpg

散策路の傍らも自然のメドウといった感じで、野草が茂っている。
その野草の中に、不思議なトンボを発見。
f0153164_1716498.jpg

これ。これ。
この水色トンボ。
きれ~い・・・
f0153164_17163737.jpg

皆でのんびり散策。
時々小屋に入って双眼鏡で鳥を観察したり。
f0153164_17163221.jpg

何というトンボだろう。
きれいな色だけど、草の中に入ると意外に目立たない。
f0153164_17162535.jpg

f0153164_17162085.jpg

池を一周した後、池のほとりにあるボードウォーク・カフェでお茶でも、と予定していたのだけど、すでに閉店の時間を過ぎてしまっていたので、ショップで少しお買い物をした後mumの家に戻った。

家に戻り、mumとJhonさんとダーは積もる話のお喋りに興じて。
私は庭の片隅のブランコ・ベンチに座りお茶をいただく。
夕方の暖かい陽を浴びながらブランコでユラユラ、お茶をいただき庭を眺める・・・・
この時心底思ったのだけど・・・
庭というのは、庭として大事なことは、どれだけたくさんの植物があるか、とか、どれだけデザインが素晴らしいか、とかではなく、そこで気持ちのよい幸せな時間を過ごせるか・・・が一番大事なのだ、と突然悟った。
そうなのだ、「幸せな時間」を過ごす場なのだ、庭というのは。
これは日本庭園みたいな「眺める庭」とは異なる価値観かもしれないけど・・・
少なくとも私はそうした庭を目指したいなあ、と心から思った。
Top▲ | by sukomama | 2015-06-28 06:49 | イギリス 2015年 | Comments(0)
<< 英国・里帰り&庭巡り 近郊のガ... | ページトップ | 英国・里帰り&庭巡り 近郊のガ... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin