英国・里帰り&庭巡り やっぱりこの時が一番Happy・・・なの③
機内の様子。
f0153164_1572996.jpg

キツキツのエコノミークラス。
私でもきついくらいだから、体の大きい人は辛いだろうなあ。
ダーも隣で苦しそう。
このきつさで長距離の国際線は・・・辛いよなあ。
ずっと座りっぱなしだったら、そりゃエコノミー症候群にもなるわなあ。
死ぬまでに、ファースト、とは言わない、ビジネスクラスに1回でも乗ってみたいけど・・・無理だろうなあ・・・

席について暫くするとやがて機体は走り出して、大好きなテイク・オフ。
何回、何十回経験しても大好きなこの瞬間。
ノロノロと動いていた機体が、滑走路の手前まで来てしばし停止。
やがてエンジンの回転数が一気に上がって全速力で滑走路を走り出す。
そして前輪が地面を離れ後輪が離れフワッと浮く瞬間・・・全身に気圧がのしかかるこの瞬間・・・最高ー!
あー、もうこのまま死んでもいい!って思うくらい・・・

・・・・
そんな興奮もどこへやら、すでに機体は安定した飛行に入り、そうなってくると手持無沙汰~。
今度は頭の中は食べることに意識が移行。
メシまだかなあ・・・
窮屈で退屈極まりない長時間のフライトでのささやかなお楽しみは機内食、別名ブロイラー養成食。
ずっと座りっぱなしのところに、次から次と食べ物をつぎ込むので。
早速私はワインを注文。
後で何かで読んだら、機内では気圧の関係でアルコールを飲酒するのはとても体に負担がかかるのだって。
この時は知らなかったので「飲まなきゃソン」というビンボー人根性丸出しで飲みまくっていたけど、次回からは慎ましくアルコールは控えようっと。
f0153164_1572425.jpg

間もなく運ばれてきた食事。
なぜ飛行機の機内食が不味いのかって・・・これも何かで読んだなあ・・・
忘れちゃったけど・・・でも理由を知っても、やっぱり不味いものは不味いなあ。
f0153164_157188.jpg

そのあとは例によって映画を見たりウトウトしたりトイレに行ったり・・・・
一人でイギリスに行っていた頃は、少しでも体を労わるためにできる限りの時間を睡眠をとることに集中していたけど、今はもうどーでもいっかー・・・て感じ。
やはり一人旅と、夫、それも英国人が一緒なのとでは精神的な緊張感が全然違うのであった。

そうこうして時間を潰している間に機体は北欧の上空に。
フィンランドの上あたりらしい。
さすが森と湖の国、きれいそうだなあ・・・寒そうだけど・・・
今度フィン・エアーが日本にも就航することになり、それを利用してヒースローまで行くと、途中ヘルシンキで30分ほどウロウロできるらしい。
それもちょっと面白そう。
ヘルシンキ空港でシナモンロール買えるかなあ。
f0153164_1571485.jpg

そして、いよいよ目的地のヒースローへ近づいてきた。
嬉しいなあ。
あと2時間半。
でも、毎回この到着までの最後の1時間とか2時間がとっても長いんだよねえ。
f0153164_157935.jpg

そしてまたしてもお食事。
これは、朝食だったかな?
ブロイラー養殖なんて言ったけど・・・実は機内食だけではお腹が空いて、搭乗前に買ったあのじゃがポックルを貪り食っていた私なのであった。
う~ん、広いガーデンをたくさん歩いてカロリー消費しなくちゃ。
f0153164_157579.jpg

そうこうしているうちにもうじきイギリス上空~。
f0153164_157050.jpg

f0153164_1565521.jpg

テムズが見えてきた!
f0153164_1565011.jpg

実はこの写真、私が窓の外の写真を撮ろうと通路をうろついていたら、CAのお姉さんが親切にも「撮ってあげましょうか」とカメラを受け取って、景色のよく見える場所から撮ってくれた写真なのだ。
おねーさん、ありがとう!
きっと私を、初めてイギリスを目にして舞い上がってるいじらしい観光客と思ったのね、ま、殆どそうなんだけどね。(笑)
f0153164_1564487.jpg

はあ~・・・なつかしいテムズ川・・・
f0153164_1563979.jpg

そしてとうとう空港に到着ー。
f0153164_1563494.jpg

懐かしいUKの空気。
懐かしい独特の臭い・・・・

今回は入国審査もさほど混んでいなくて割とスムーズに流れて通過できた。
前回はひどかった、物凄い人、長蛇の列で1時間以上?かかったかな。
おまけに「入国審査を通ったらその場所で待っていて」ってダーに言っておいたのに、勝手に階下に降りて荷物を取りに行っちゃったので、審査を通り過ぎてもダーの姿が見えなくて、私は一人でずっと探し続けて大変だったのだ。
(ダーは英国人なので自国民用のゲートをサーっと通過するだけの簡単審査なのだ)
今回はちゃんと待ち合わせ場所でスムーズに合流し、二人して荷物引き取りに。
f0153164_156291.jpg

お、ダーのスーツケースが流れてきた。
f0153164_156994.jpg

今までは、布製の大きなバッグを2つも3つも背負っていたのだが、今年はやっとちゃんとしたスーツケースを買ったので移動がすっごく楽!
布のバッグにはキャスターが付いていなかったので、すべて肩にかけたり手で持って移動していたのだ。
十数キロもある大荷物を手で持って階段上ったり電車に乗ったり、移動するのはそれはそれは大変な難行苦行であった。
キャスターがついてるってすっごーく楽~。
しかも最近のスーツケースは薄手になっているので軽い、軽い。
もっと早く買うんだったー。

帰ってきたぞー、UK!
不味いスタバはもう飲まんぞー!(←しつこい 笑)
Top▲ | by sukomama | 2015-06-26 15:05 | イギリス 2015年 | Comments(0)
<< 英国・里帰り&庭巡り やっぱり... | ページトップ | 英国・里帰り&庭巡り やっぱり... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin