英国・里帰り&庭巡り いよいよ湖水地方へ入る③
湖水地方入り口の町、と言われるケンダル。
以前湖水地方に来たときに、来たことあるのかないのか忘れてしまったので、も一度寄ることにした。
ど~んな感じの町かなあ?・・・
こ~んな感じ。
f0153164_2048434.jpg

観光サイトお勧めの散歩コースなどもあったのだが、もう遅いし寒いし疲れたので、一番の目的のチョコレートハウスへ。
店構えはかわいくていい雰囲気。
f0153164_2050348.jpg

紹介されているサイトには、チョコレートドリンクとかチョコレートアイスとかあったので、楽しみにして来たのだけど・・・
寒くてアイスどころではない。
とりあえず店内へ。
中はチョコレートは勿論、湖水地方名物ミントケーキとかトフィーとかファッジとか・・・
f0153164_20522999.jpg

f0153164_20524654.jpg

もう見ているだけで鼻血が噴火しそう。(笑)
それでも一応来たんだから・・・とファッジを少し購入。
購入しながら「・・・これもきっと食べられないだろうなあ・・・」という予感と言うか確信と言うか・・・。

昼食がまだだったので手ごろな店を見つけて食事をすることに。
今回、クリームティーとともに絶対食べよう!と決めていたのがフィッシュ&チップス。
今まで何度もイギリスに来ながら、な~んと!一度もフィッシュ&チップスを食べたことがなかったのよ。
このイギリスを代表するジャンクフードを。
しかし、このとき入った店ではなぜかキッシュを注文。
ダーはフィッシュ&チップスだったけど。
疲れていたから脂っこいものが食べたくなかったのかな。
でもキッシュもそこそこ美味しかった。
f0153164_20584822.jpg

ハイ・ストリートの店もあまり面白くないので、ケンダルを出て今夜の宿のファームハウスへ向った。
ホークスヘッドの町外れにあるこの宿で、ダーのmumとご主人のJohnと待ち合わせしているのだ。

今回の旅行のプランを立てるとき、いつものようにダーのmumの住むスコットランドにも寄るつもりだったのだが、mumは家を売ってイングランドへ引っ越す予定だったので、プランを立てる時点ではスコットランドかイングランドか、どちらにいるのか分からなかった。
なので結局このファームハウスで落ち合うことにした。
ここで一緒に数日滞在しながら湖水地方を一緒に回るということにした。
その、宿泊予定のファームハウスに到着。

宿に入ろうとすると、玄関から突然ダーのmumとJohnが現れた。
2年ぶりにダーと対面したmumは涙、涙でダーを抱きしめて、しばし言葉を忘れて感涙。
私とダーとmumとJohnとでお互い久しぶりのご対面を喜んだ。

宿の玄関前にはかわいい鉢植えが。
f0153164_2029164.jpg

ファームハウスなので当然ここは農場。
周りは広々とした牧場が広がり、たくさんの牛やら羊やらがのんびり草を食んでいたり走り回っていたり。
人馴れした牛たちがすぐそばまでやって来て・・・迫力。
f0153164_20313492.jpg

部屋からはのどかな牧場の景色が見える。
ここも勿論このファームハウスのファーム。
向こうに見えるのはエススウェイト・ウォーター。
湖がすぐそばなのだ。
f0153164_20301329.jpg

久しぶりに再会を果たした私たちは、オーナーの出してくれたお茶とケーキでしばしリヴィングで寛ぎながら歓談。
そうするうちにちょっとホークスヘッドの町なかまで出かけてみよう、ということになった。
ここからホークスヘッドの中心地までは歩いてもさほどかからない。
ただ、今にも雨が降りそうな空模様だったので、とりあえず車で行くことにした。

ホークスヘッドはいわずと知れたピーターラビットの町、日本人が団体で行脚する聖地、ニアソーリーのヒルトップもすぐ近くだ。
今から20年近く前、ピーターラビットの世界に魅了された私は、憧れを胸にヒルトップへと向ったのだが、その当時でさえいたるところに日本人ばかりウロウロしていた。
ホークスヘッドは勿論ヒルトップなんか歩いているの全員日本人?って感じ。
なのでもう今年はピーターラビットはいい。(笑)
ホークスヘッドの町だけブラブラと歩く。
あれはワーズワースの通っていた学校?らしい。
f0153164_2131373.jpg

もう夕方のせいか、町の中はあまり人がいない。
f0153164_214387.jpg

でも家々のハンギングとか鉢植えとか、とてもかわいい。
これは寒色系でまとめたハンギング。
f0153164_215779.jpg

玄関もきれいに飾っている。
f0153164_2154160.jpg

雰囲気のある小道とか・・・
f0153164_216360.jpg

道沿いで見つけたこの注意書き・・・
これって「犬にフンさせるな」というやつ?
しかも罰金£1000って・・・・
今のレートでぇ・・・・・17万円!?
ワンコにフンさせて持ち帰らないと罰金17万!?(笑)
ずげー。
さすが世界に名だたる観光地、厳しいのう。(笑)
f0153164_2184049.jpg

しばし町の中をウロウロした後、寒いのともう遅いのと、店も皆閉まっているので宿に戻ることにした。

宿とはいえ元は普通のご家庭なので、宿泊できる部屋数は限られている。
今は私らとmumたちだけの貸切みたい、よかった。
私たちの部屋はとてもシックで落ち着いたいい感じの部屋。
f0153164_2113504.jpg

f0153164_2114359.jpg

窓から勿論牧場がよく見える。
f0153164_21133428.jpg

ダーは久しぶりに会ったmumたちとリヴィングで遅くまで話し込んでいたけど、私はもう意識朦朧だったので早々に床に就いた。
はあー・・・でも無事にmumたちと会うことができて良かったー!
Top▲ | by sukomama | 2013-06-22 20:37 | イギリス 2013年 | Comments(0)
<< 英国・里帰り&庭巡り 素晴しい... | ページトップ | 英国・里帰り&庭巡り いよいよ... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin