英国・里帰り&庭巡り いよいよ湖水地方へ入る①
今朝もフルーツとヨーグルトで簡単に朝食を済ませホテルを出発。
ここから車で10分ほどの町、Tarporley(タルポリー)に到着。
チェスター近郊のアンティークショップやマーケットをあれこれ探していて、この町を見つけた。
「タルポリーアンティークショップ」というのがあるらしい。
で、この町の詳細を調べてみたら、なかなか味のあるいい感じの町みたい。
というか、町と言うより小さいから村なのかなあ?
本当は昨晩はここに泊まりたかったのだが、タルポリーにある宿泊施設はお高い所ばかり。
小さな村の割にはなぜか宿泊施設はどこもお高い。
それから見ても、ここが結構人気のあるスポットだということが想像できる。
なので、午前中の時間を利用してちょっと寄ってみることにした。

カーナビに町の中心地を入力して到着すると・・・
やはり小さな町だった。(笑)
ハイストリートも短くてすぐ終点で終わる。(笑)
そのハイストリートに車を停めて、しばし散策した。

しかし・・・・
一昨年イギリスに来たときにはムッチャクチャ寒かった。
寒くて寒くて凍死するかと思った。
その経験から今回は渡英する時期を考えたり、持って行く服などもよくよく考慮したつもりだった。
湖水地方なんてイギリスの北の方だからね。
しかし・・・・
チェスターもムッチャさぶかった・・・
それも予想を遥かに超えて。
北部ならともかくチェスターなんてイギリスの中部に近いあたりなんだから、6月の下旬だったらもうちょっとあったかくてもいいいのに・・・
しかし、中部もさぶかった・・・・
とてつもなくさぶかった・・・・(笑)
タルポリーに着いた後も、車を出るとすっごい寒いので、セーターやジャケットを着込んで歩いたが、そんなもので対応できるほど甘くなかった。
寒い・・・・とにかく寒い・・・
寒さに震えながら歩いた。

いい雰囲気の狭い路地・・・
f0153164_13283660.jpg

そこを入っていくと・・・
教会?
f0153164_13292637.jpg

教会の周囲もきちんと手入れされた芝に薔薇が植えてあって・・・やはりイギリス。
ハイストリートにまた戻って歩くと・・・
これはクリーニング店の看板らしい。
かわい~い。
f0153164_13305318.jpg

更にウロウロして、よそのお宅の庭など拝見させてもらう。(勝手に)
きれいに手入れされていますね~。
f0153164_13323056.jpg

狭い路地を入っていくと・・・ここにも教会?
或いは町の集会場みたいな・・・
f0153164_13331575.jpg

美しいマツボックリを発見。
f0153164_13334415.jpg

私が真剣に写真を撮っているとダーが「何?」とやってきて
「へぇー、面白いね」と。
しばし二人で一心不乱にマツボックリの写真を撮影。
結構不審者。(笑)
f0153164_13352253.jpg

更におうち&お庭探訪は続く。
庭は小さくても、建築物とよく合っていて美しい景観ですねえ・・・
f0153164_13373897.jpg

観光客も多いのか、見栄え良くしてどの家もきれいに手入れされている。
f0153164_13381552.jpg

なーんか、余裕を感じるなあ・・・
高所得者のお宅なんでしょうなあ・・・
f0153164_13391211.jpg

f0153164_13392732.jpg

ダーにそう言ったら
「普通だよ」だって。
こういう家は昔からある普通の家なんだそう。
そーかなー。
なんかとてもリッチそうに見えるんだけど。
でも、ここが観光地になってきたので、土地や家屋の値段とか高くなっているかもしれない、とのこと。

ハイストリートに戻ると・・・
また花いっぱいのパブ。
f0153164_13431910.jpg

看板がカワイイじゃ~ん?
f0153164_13441595.jpg

今回、あちこちにベゴニアが多用されていて、不思議に思った。
だって、すっ・・・ごい寒いのよ?
この寒さでどうしてベゴニアがこんなきれいに咲いてるの?
温室育ち?
でも外に出してこうやってハンギングに吊るしておいたら、寒さですぐにダメになりそうなのに・・・
不思議だ。
f0153164_13545531.jpg

このパブの隣がちょっといい感じのカフェだった。
ここで午前のお茶をすることにした。
f0153164_13554834.jpg

店内。
かわいいんだけど・・・なぜかウシの絵。(笑)
f0153164_13562443.jpg

ここで、ダーは「ティーケーキ」というものを、私は「クランペットケーキ」というものを食べてみた。
どちらも初めて食べたが、パンとパンケーキのハーフみたいな感じ。
それほど甘くなく美味しかった。
本当はクリームティーを試してみたかったが(メニューにも「名物の美味しいクリームティー」とあった)さすがに午前のお茶ではなあ・・・と諦めた。
なかなか美味しそうだったのに・・・残念。
今まで独身時代にはイギリスに来るたび毎日クリームティーを食していたのに、おととしの旅行では一回も食べる機会がなかった。
今回は「絶対クリームティーを食べるぞー!クロテッドクリームとジャムをこれでもか!これでもか!とてんこ盛りにして吐くほど食べるぞー!(げぇ・・)」と意気込んで来英したのであった。
しかし・・・ここでもまたクリークティーを逃してしまった。
ザンネン。
f0153164_16521852.jpg

カフェを出て車に戻る道すがら、何やら賑々しい色のお菓子の並んだテントが。
これ、チャリティーだそう。
これらは彼女たちの手作りのお菓子で、これを買ってそのお金で何やらを救済するための登山?に挑戦するらしい。(←全然分かってない)
f0153164_16573033.jpg

売り子の女の子たちが盛んにダーに勧めるので、二人でちょっとだけ買ってみることにした。
しかし・・・
なんか・・・・
すごい色・・・
いかにも甘そう。
買っても食べきれないかも。
でもとりあえず募金のつもりで。
f0153164_1659665.jpg

お菓子を頬張りながら車に戻った。
勿論ムッチャクチャ甘かった・・・
ダーでさえ一度に食べられなかったくらい。
ところでこの売り子さんの美人のお姉さん。
なんとまだ高校生?なのだ。
恐るべし・・・
まだ若いから痩せてるわねえ。
でも、毎日こうしたもの作って食べていたら・・・ハタチで立派なメタボ・レディになるわな・・・
Top▲ | by sukomama | 2013-06-22 13:12 | イギリス 2013年 | Comments(0)
<< 英国・里帰り&庭巡り いよいよ... | ページトップ | 英国・里帰り&庭巡り チェスタ... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin