<英国 里帰り&庭巡り> 極寒の村巡り
朝起きると・・・ダーも私も喉がとても痛かった・・・。
あまりに寒いので、昨夜からガンガンにヒーターをつけていたのだが、タダでさえ乾燥している気候なのに、強力ヒーターを長時間つけていたせいで二人ともすっかり喉をやられてしまった。
これがきっかけでこの後大変なことに・・・
大体イギリスっていつも、髪を洗ってもドライヤーなど使わなくてもすぐに髪が乾くくらい乾燥してるのよー。
それなのに超強力電気ヒーターなんぞをずーっとつけていたせいで、もう皮膚も粘膜もガビガビに乾燥しちゃって・・・
「ヤバイな・・・」と思ったときにはもう手遅れだった・・・。

ともあれ、朝食。
はい、典型的イングリッシュ・ブレックファースト。
f0153164_17544966.jpg

シリアル美味しかったー。
日本では高くて食べられないので、貪り食っちゃったわよー。(笑)
f0153164_17554087.jpg

朝食後にお庭を散歩でも・・・と思っていたのに、雨なので、というか雨より何よりすっごい寒くて諦めた。
外に出ていたくないくらいの寒さ。

というわけで朝食を食べた後、次の目的地へ出発。
今日は一日コッツウォルズに滞在できる日なので、ゆっくりあちこち行くプランだったのだけど・・・この雨となによりすごい寒さで、無理かも・・・
あ~あ・・・。

第一目的地のBiburyへ。
個人的にコッツウォルズではここが一番好き。
本当にきれいなところ。
前回も来たのだけど、時間がなくてゆっくりできなくてずっと心残りだった。
なので今回は時間をとって、foot pathをのんびり歩く予定だった。
こういう美しい村は、のんびりfoot pathを歩いて堪能するのが一番。
なのだが・・・・
寒い・・・・あまりに寒すぎる・・・・
ダーが「無理だからやめておけ」というのも聞かず、せっかく念願のBiburyに来たのだからと無理に散策し始めた。

コルン川の白鳥と黒鳥。
f0153164_18457.jpg

ここも有名な観光地なので、あちこちの普通のお宅もきれい。
f0153164_185494.jpg

Biburyの写真に必ず出てくるお庭。(個人宅)
f0153164_1855560.jpg

入口に日本語で「私用庭」と書かれてある。
きっと無作法な日本人が、ずんずん中まで入って写真撮ったりするんだろうなあ。
ああ、恥ずかしい。
f0153164_1873615.jpg

実際まわり、日本人ばっかり。
大型バスで乗り付けた観光客の。
f0153164_1883131.jpg

おなじみ、スワン・ホテルを臨む。
f0153164_1812930.jpg

それにしても・・・・さ、さぶい・・・
ひ~・・・
もう、あまりの寒さに意識が朦朧としてきた・・・
本当はこのコルン川に沿って、美しい景色が続くfoot pathを午前中ずっと歩く予定だったのだが、もう限界。
寒すぎて倒れそうになり、車へ戻る。
ああ、せっかくコッツウォルズで一番美しい村なのに・・・
ダーも「すごくいいところだねえ」と気に入っていたのに・・・残念。

泣く泣くBiburyを後にして、じゃ、店でも見ようか、とStow-on-the-Woldへ。
ここはアンティークのショップがたくさんあるので、ウインドウ・ショッピングでも・・・と思ったんだけど・・・
やはりムッチャさぶい。
雨も嫌だけどそれ以上に耐えられない寒さ。
店を眺めながら歩くことさえ出来ない。
とりあえず写真だけさっさと撮って・・・
f0153164_18183670.jpg

f0153164_1819122.jpg

とりあえず昼食も食べて温まった。
まだ時間があるのでまたとりあえず次の町へ。
Broadway。
f0153164_1821362.jpg

ここで、今夜の宿に電話して、まだ少し早いんだけどあまりに寒いのでもうチョックインしたいと伝えたら快くOKしてくれた。

でもせっかく時間があるのでもったいなくて、またちょっと別の町、Chipping Campdenへ。
ここも来るのは2回目でとてもきれいなところなんだけど・・・
やはり寒すぎて外を歩けない。
また写真だけ少し。
f0153164_1826409.jpg

バジャー・ホールだって。
ほんと、アナキン(←もバジャー)の足跡と同じ~。(笑)
f0153164_182708.jpg

f0153164_18285688.jpg

もうこれ以上外にいたらほんとに死にそうなので、これで諦めて宿へ向かった。
あ~、せっかくのんびり見て回れるよう時間をとってあったのに・・・

予約しておいた宿はなかなか由緒ありそうなゲストハウス。
外観はこんな。
f0153164_2133230.jpg

部屋はこんな感じ。
f0153164_18314451.jpg

f0153164_1832682.jpg

部屋に入った途端・・・あー、失敗したーって思っちゃった。
「チャイナ・ルーム」ってのを選んだんだけど、インテリアや家具が中国のアンティークで、なんだか暗くて怖いんだよね。
もう一つは「チューリップ・ルーム」っていうのでそちらにしたかったんだけど、バスタブだけでシャワーがないというので、こっちにしたのよ。
ま、仕方ないか。

この日だけちょっと夕食を張り込んで、ディナーを予約していた。
宿泊客皆で食前酒の乾杯。
f0153164_1836926.jpg

皆でワイワイやっているうちにディナーの時間になってダイニングへ。

彼女がここのオーナーのポピーさん。
彼女は若い頃フェンシングの選手で、東京オリンピックに出場して優勝したのだそうだ。
f0153164_18385946.jpg

食事の野菜やベリーはここの菜園で採れたオーガニックのもの。
メニューはあらかじめ私がメールでリクエストしておいた、エビのサラダに牛ヒレ、ベリーのデザートやらチーズ・ボードやら。
ポピーさん、料理が趣味とあってとっても美味しかったー。

その後、また雑談室に移動し、夜遅くまで皆でワイワイ状態なのであった・・・
しかし・・・!
夜、風呂に入ろうとしたら・・・湯が出ない!
ああ、ここでもかー!
イギリスで何が一番辛いかといって、風呂に入れないこと!
殆どの家が「溜め湯式ボイラー」なので、タンクの中にある湯を使ってしまうと、水しか出なくなる。
誰かが湯を使った後だったので、もう湯が出なくて結局この夜も風呂に入れなかった・・・。
昨夜も、シャワーしかなかったので入浴できなかったし・・・
頭、洗いたかったのになあ・・・
結局シャワーも水しか出なかったので全然体も温まらず疲れも取れなかった。

もともと風呂に入る習慣のないイギリスでは、給湯設備は日本とは比較にならないほどお粗末。
イギリスに来ると毎回ろくに風呂に入れず、旅の終わりには疲れきって帰国するのだ。
これだけは何年経っても、改善してないのね・・・

ろくに風呂に入れなかったダーと私は、昼間の寒さもあってすっかり具合が悪くなってしまった。
天気予報を見たら、なんとこの日の気温は5℃だったそうだ・・・
Top▲ | by sukomama | 2011-06-12 17:45 | イギリス 2011年 | Comments(0)
<< <英国 里帰り&庭巡り> スコ... | ページトップ | <英国 里帰り&庭巡り> マー... >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin